林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2018年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


木琴デイズ

b0081843_2085633.jpg

通崎睦美『木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」』(講談社、二〇一三年九月九日、装幀=間村俊一、本文デザイン=西岡勉)読了。力作である。

通崎さんは著名なマリンバ奏者。しかし小生にとって通崎さんと言えば『天使突抜一丁目』(淡交社、二〇〇二年)という著書を出しておられるように、京都の下京区に実在する天使突抜という住所に住んでおられるということで印象深い。この天使は耶蘇の天使ではなく平安時代に天神を祀った「天使の宮」ができたことに由来するというが、一度聞いたら忘れないインパクトのある地名だ。

本書の装幀を手がけておられる間村さん(装幀=間村、本文=西岡というのは通崎さんのご指名だそうだ。さすが)と親しい編集者Yさんが「ぜひ林さんに紹介したい」といって京都市中の料理屋のようなところでお会いしたのが最初だった。先日も拙作個展に来て下さってご挨拶くらいはしたが、こんな本格的な評伝を執筆されているとは知らなかった。

平岡養一という傑出した木琴奏者は若くして渡米、NBCラジオの専属アーティストになるほどの活躍を見せた。日米が交戦状態になるや、米国の友人たちの制止を振り切って帰国、戦時下で多くのレコードを吹き込み、コンサートを開き、音楽挺身あるいは従軍慰安活動に参加した。また敗戦を経ても変わることなく演奏活動を続け「紅白音楽試合」にも出演するなど大衆的な人気を博したそうだ。しかし徐々に木琴という楽器はすたれてゆき、マリンバに取って代わられる。ひとつの時代が終わる。

そして今、またその木琴デイズが復活しようとしている。木琴とマリンバとシロフォン(ザイロフォン)がどうちがうのか、知ってます? そのへんもぬかりなく本書においては詳述されているのでご心配無用。

歴史的記述や文化全般に対する目配りも充分になされており、著者自身が演奏者であるということから単なる評伝を越えた共感や、演奏者ならではの分析も随所に見られて、感嘆しながら読みふけっていたのだが、内容はもとより、その説明の分かり易さが小生のような音楽に昏い人間にも響いてきてある意味意外に感じたほどだ。例えば平岡養一のライバルだった同じ慶応出身の朝吹英一(朝吹の評伝にも一章割かれている)、二人の音楽的な相違を説明するくだり。

《たとえて言うなら、何か困った事態に遭遇したとする。「助けてくれ!」と大声で叫べる、あるいはつい叫んでしまうのが平岡の音楽だとすると、朝吹の音楽には、どんな緊迫した状況にあっても「すみませんが、こういう事情で困っておりますので、助けてはいただけませんか」というような折り目正しさがある。おそらく、朝吹は心から叫べる平岡を心のどこかでうらやましく思いながらも、それを軽蔑する心がないとは言えず、同時に自分は決して叫びたくない、という気持ちがあったに違いない。平岡からすれば、朝吹の美しい音楽作りはどこか「きれいごと」に思えたのではないか。しかし、朝吹の人となりを知る平岡は、その美しさが単なる「作り物」ではなく、朝吹そのものであることを誰よりも知っていたから、その美しさを認めざるを得なかっただろう。》

あるいは平岡の演奏を総括するくだり。

《平岡の弾く旋律は、時に不均等なゆらぎをみせはじめる。
 均等であることに慣れきった現代からすると、平岡の過度なアゴーギグは、時に理解を超えるものだが、どんなに独特の「平岡節」が出てこようとも、決して全体的なビートは揺らぐことがなく、またミス・タッチもほとんどない。平岡の音楽の変遷をみていけば、これが単なる癖ではなく、工夫であり、独特のセンスであったことがわかる。
 より多くの人に語りかけたいと思う平岡の歌心の表れだったのだろう。》

《これらの奏法により、透明感のある木琴の音色に「雑味」が加わったともいえる。音符としては表現できない、すなわち成分表示ができない「雑味」であったからこそ、誰にも真似のできない味わいが生み出された。一部分聞いただけでも「これは平岡の木琴だ」とわかる、平岡養一の世界を確立し、大衆からの人気を得た。》

断片的な引用だが、それでも通崎さんの文章の巧みさがよく分っていただけると思う。通崎さん自身が本書について語っている画像が YouTube で見られるのでご参考まで。また平岡養一と通崎さんの演奏もリンクしてみる。

木琴を弾く通崎睦美 平岡養一の評伝を書いて!
http://www.youtube.com/watch?v=vU854U0oHEY

平岡養一 夢見る人(Beautiful Dreamer) 1974
http://www.youtube.com/watch?v=wtV56wEnAu4

Recorder and Xylophone Duo
http://www.youtube.com/watch?v=CnF--KHdb0s

高遠先生の文楽の本もそうだったけれど、知らない世界の物語を読むのは少々骨が折れるにしても(専門用語や固有名詞に馴染みがないので)、そこから得るものはこちらが思うよりも深く大きいかもしれない。とにかく六十年近く生きてきても世の中知らないことばかりなのだ。だから本は面白い。
[PR]
by sumus_co | 2013-09-27 21:48 | おすすめ本棚
<< ソムニウムNo.2 No.3 ラ・アンリアッド >>