林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


胞子文学名作選

b0081843_17413774.jpg

田中美穂編『胞子文学名作選』(港の人、二〇一三年九月二三日、ブックデザイン=吉岡秀典)。本の装幀などをやっていると、必ずこういう本を作ってみたくなるときがある。しかしたいていは予算や著者の反応などを慮って結局はそこそこ大人しい仕上がりでまとめてしまう。そういう意味からすれば、この造本は相当に気張った仕上がりである。それは間違いない。ただそれが成功しているのかどうか、意見が分かれるかもしれない。意見が分かれるのはいい仕事だとも言えなくはない。

b0081843_17412743.jpg


b0081843_17411260.jpg


b0081843_1741532.jpg


b0081843_17405858.jpg

レイアウトは凝り過ぎている。対して、内容は安易といえば安易である。アンソロジーなどというものは所詮安易な企画だ。しかし、そこに腕の見せ所がある。何をどう選ぶかに全てがかかっているわけだ。その点では蟲文庫・田中美穂さんが選んだ胞子文学アンソロジーはさすが苔好き古書店主と思わせるものがある。

やはり唸ったのは「幽閉」だ。井伏鱒二「山椒魚」のプロトタイプ。同人雑誌『世紀』に掲載されたこの作品を読んだ中学生の太宰治はこの人に師事すると決めた。田中さんの解説によれば、

《井伏鱒二の生家近くに、訪れる人のあまり多くはないひっそりとした渓谷があります。》《ここを訪れると、かならず思い出すのがこの「幽閉」。名作としてひろく知られる「山椒魚」の原形となった井伏鱒二の処女作で、学生時代、郷里への帰省中に書かれたといわれています。山椒魚が出るに出られなくなった岩屋のそのわずかな隙間の外にひろがる景色は、おそらくこの場所がモデルではないかと思うのです。
 作中にある「岩屋の天井にぎっしりとくっついている、杉苔とぜに苔」という光景は、実際にはありえません。苔は光合成が必要な植物なので、日の光のとどかない環境で生活してゆくことはできないのです。でも、その苔についての描写はとても細やか。ここでは「苔の実」と書かれている胞子体の柄が静かに伸び、やがて「花粉」(胞子)を散らしてゆく、ひそやかでドラマチックなさまは、当の山椒魚の憂鬱を横目に、ついうっとりと繰り返し読んでしまいます。》

ということである。井伏はスタート時点から大嘘つきだった。見事な嘘つきだ。一方、井伏を天才だと見て取った太宰からは「魚服記」が選ばれている。つげ義春の「紅い花」を連想させる(むろん逆なのですが)短篇である。これがまた欄外註記のように小文字で組まれていてはなはだ読み難く心憎い。

千変万化の版面からしてどの作品が読みやすいというわけでもないが、《古今比類ない胞子文学》の金字塔、尾崎翠「第七官界彷徨」はふつうに読めるように配慮されている。これは有り難かった。「第七官界彷徨」を読もうとずっと思いながら、どうしてもその気になれず逃していたので、こんな瑞々しい少女マンガのような作品だったとはびっくり。初出は昭和六年。なんとも摩訶不思議な時代だったようだ。

アンソロジーでなければ出会わない作品もある、ということである。



港の人 『胞子文学名作選』
http://www.minatonohito.jp/products/141_01.html
[PR]
# by sumus_co | 2013-10-07 17:43 | おすすめ本棚

漢詩集写本

b0081843_103750.jpg

神戸まで一時間ほど電車に乗る。その間に何を読もうかと考えて、初日はこの漢詩集の筆写本にした。荷物が多かったため軽い本がいいのである。和紙で五十枚ほど。80グラム程度。

しかし、この表紙のタイトルが読めない。「幼詩雑記」(御教示いただきました)。巻末に《姓岡部名璞字韜光号曲江》と記名あり。岡部……でググってもとくにヒットせず。

b0081843_1025973.jpg

四季をうたった作品がほとんどである。固有名詞と思われるものとしては「象頭山」(ぞうずさん、香川県西部に位置する山)、「小笠原君賀婚姻」「内町」「橘園子」そしてこの頁の「赴高松舟中作」と「藤川先生云々」が登場する。岡部氏は讃岐西部に住していたのだろうか。時代もよく分らないが、明治ぐらいのものとしておきたい。漢詩の作柄は悪くないと思う。
[PR]
# by sumus_co | 2013-10-06 10:22 | うどん県あれこれ

季刊湯川五冊

b0081843_20551238.jpg

『季刊湯川』(湯川書房、一九七七年〜一九八〇年、七冊)の五冊を揃えた。あと二冊なのだが、まだしばらくかかりそうだ。先日の『ソムニウム』創刊号は某所に四千円で出ていたのでサッと買った、はずもなく、こちらも当分入手はないと思われる。

季刊 湯川 総目次(本はねころんで)
http://d.hatena.ne.jp/vzf12576/20080831


『季刊湯川』第二号
http://sumus.exblog.jp/9386733

先日物議をかもした宇佐見英治が「泉窗書屋閑話」と題して四回寄稿している。まずは知識人エッセイのお手本というところであろう。この四話(書物の整理、赤鉛筆、フランスの紙箋、印影)は『自選随筆集 樹と詩人』(筑摩書房、一九九四年)にも収められているので自信作と見てよい。実際、自選随筆のなかでも光っているように思う。

便箋の話の中に「Joseph Gibert」という店が登場する。Joseph Gibert 社製のレターペーパーを愛用しているという内容である。ところがこの書店、現在では「Gibert Joseph」と名前の順番(姓と名)を逆転させてしまっているので調べて見ると、同社HPの沿革のところに出ている写真でも看板はたしかに「Librairie Joseph Gibert」である。これは知らなかった。いつからそうなったのかは直ぐには分らなかったが、宇佐見のこの原稿が載ったのは『季刊湯川』第三号(一九七七年)だから、少なくともその頃まではジョセフ・ジベールだったということだろうか。
[PR]
# by sumus_co | 2013-10-04 21:35 | 古書日録

無事搬入そして展示

b0081843_9325110.jpg


b0081843_932434.jpg

名神、茨木の手前あたりで事故渋滞に遭遇してアセル。しかし神戸へ到着してみると、ほぼ予定通りだった。優秀なスタッフのみなさんのおかげで展示はスムーズに終了。

これまでほとんど展示したことのない初期作品(二番目の写真)もあります。5日土曜日正午よりオープンです。

ギャラリー島田
http://www.gallery-shimada.com/index.html
[PR]
# by sumus_co | 2013-10-04 09:37 | 画家・林哲夫

瀬戸内海のスケッチ

b0081843_19503945.jpg


b0081843_19503271.jpg

山本善行選『瀬戸内海のスケッチ 黒島伝治作品集』(サウダージ・ブックス、二〇一三年一〇日一九日、装幀=加藤賢一、装画=nakaban)読了。カバーの表と裏に nakaban のイラストレーションが配されているのが目を惹く。

小生も讃岐の出身ながら、小豆島には一度合宿で泊まったことがあるだけで(そのときは星空がたいそう美しかった)そう強い印象はない。他には子供の頃に父母たちと寒霞渓(藤沢南岳による命名)へ観光したおぼろげな記憶もあるが、これもはるか遠い昔のことだ。やはり小豆島と聞けば、オリーブであり醤油、そうめんであり、壷井栄であり尾崎放哉である(現在はどちらも記念館ができているらしい)。黒島伝治は

《僕の村は、文学をやる人間、殊に、小説を読んだり、又、小説を書いたりする人間は、国賊のようにつまはじきをされる村であった。》(「僕の文学的経歴」)

と書き、東京へ出た後ある講演会で

《ふと、同村の壺井繁治に出会した。そこで始めて、壷井が文学をやろうとしているのを知った。意外だった。文学をやる人間を国賊のように云う村から、文学がすきな人間が二人出ていたからである。》

と続けている。壷井も小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)の出身、壷井栄の夫。黒島より一歳年長で昭和五十年に七十八歳で亡くなっているが、昭和十八年に四十五歳足らずで歿した黒島の顕彰に努めた作家である。

長い間、『渦巻ける烏の群』(岩波文庫)と『橇・豚群』(新日本文庫)が棚に差してあった。たぶんある程度は読んでいただろう、非常に上手い作家だという認識はあった。しかしそれ以上体系的に読むとか、全集を買うとか、そこまではのめりこめなかった。それが、いつだったか、わりと最近、ここ五年くらいの内に雑誌『文学時代』(新潮社)の昭和四年十月号を求めたことがあって、そこに「短篇小説二十五人集」という特集が組まれていた。当時流行だったプロレタリア作家とモダニスト(稲垣足穂も入っている)が選ばれており、黒島も「蚊帳と偽札」というコントを寄稿していた。これがちょっと面白い貧乏物語で、コミカルなオチまであって、黒島伝治ってこんな小品も書くのかと驚いたことを覚えている。下の紹介は『文学時代』より。

b0081843_21223317.jpg


そう思ったまま、黒島に関してはそのままとくに変化もなく、ただひとつ事件らしきものとしては、去年あたりしばしば帰郷していた頃に高松の古書店に黒島の初版本(重版もあったか)が五冊くらい並んでいたのを見つけた。ところがこれがまた絶妙な値付けであって、要するに日本の古本屋よりは確実に安くしながら、でもセドリするほどじゃないよ、という感じだった。それでも迷っているうちにめぼしい本は売れてしまったから、やはり黒島人気は手堅いのかもしれないとやっと気が付いた。

ちょっと検索してみると、二〇〇〇年代に入って黒島伝治に関する研究書が何冊も刊行されている他に、作品もポプラ社の百年文庫『村』(黒島伝治・葛西善蔵・杉浦明平、二〇一一年)に二篇、『アンソロジー・プロレタリア文学. 1』(森話社、二〇一三年)には一篇が選ばれるなどしている。

そしてこの本が出た。これは山本善行選だから、読んで面白いことは言うまでもない。そういう作品が注意深く選ばれている。短篇が連なっているから次はどんな話になるのか、読むのを止められなくなるくらいである。

《私は、黒島伝治の小説を読み始めると、その呼吸、リズムにからだをあずけるのが気持ちよく、気がつけば、からだがその物語の中にどっぷり浸かっているのだった。また、黒島の小説の特徴として、会話文の巧みさがあると思う。話し言葉を上手く使うことで、物語を生き生きと描き出している。》(解説)

これにはまったく同感だ。黒島の登場人物たちの会話を読んでいると、小生の父母や近隣に住む村人(「部落のしい」という、部落は集落の一単位である、「しい」は衆の訛)の会話を思い出す。

《「さあさあ、えいもんやるぞ。」
 ある時、与助は、懐中に手を入れて子供に期待心を抱かせながら、容易に、肝心なものを出してきなかった。
「なに、お父う?」
「えいもんじゃ。」
「なに?……早ようお呉れ!」
「きれいな、きれいなもんじゃぞ。」
[略]
「こんな紙やこしどうなりゃ!」
「見てみい。きれいじゃろうが。……ここにこら、お日さんが出てきよって、川の中に鶴が立って居るんじゃ。」彼は絵の説明をした。
「どれが鶴?」
「これじゃ。ーー鶴は頸の長い鳥じゃ。」
子供は鶴を珍しがって見いった。
「ほんまの鶴はどんなん?」
「そんな恰好でもっと大けいんじゃ。」
「それゃ、どこに居るん?」
「金ン比羅さんに居るんじゃ。わいらがもっと大けになったら金ン比羅参りに連れて行てやるぞ。」
「うん、連れて行て。」
「嬉し、嬉し、うち、金ン比羅参りに連れて行て貰うて、鶴を見て来る。鶴を見て来る。」せつは、畳の上をぴんぴんはねまわって、母の膝下へざれつきに行った。与助は、にこにこしながらそれを見ていた。
「そんなにすな、うるさい。」まだその時は妊娠中だった妻は、けだるそうにして、子供たちをうるさがった。》(「砂糖泥棒」)

……というような、ひとときタイムスリップしたような錯覚に陥る読書体験であった。多少、キャラクタ作り、物語作りがパターン化している気がしないではないが、それはある意味、面白さの秘密かもしれない。悪人はあくまであくどく、見栄張りは見栄を張りつづける。チェーホフ、フィリップ、メリメなどの影響もあるのだろう。しかし、所変われば品変わるで、彼らの作風を連想させるかと言うと、そんなことはまったくなく、あくまで大正時代頃の小豆島の人間模様が芝居か映画を見るように展開される描写にどっぷり浸れるのである。


サウダージ・ブックス
http://saudadebooks.jimdo.com
[PR]
# by sumus_co | 2013-10-02 21:36 | おすすめ本棚