林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

早稲田をめぐる画家たちの物語 小泉清

b0081843_2105825.jpg

『早稲田をめぐる画家たちの物語 小泉清・内田巖・曾宮一念・中村彝』(早稲田大学會津八一記念博物館、二〇一二年九月二四日)図録より、小泉清「ベコニヤ」(一九一二年)。小泉清は小泉八雲の三男。この作品は清が早稲田中学に入学した年に描いたもの。美育部(美術部)に所属し委員として活躍したという。同級生に安藤更生がいた。

流行だったのかもしれないが、三歳年長の村山槐多を連想させるスタイルだ。色彩にみずみずしい感覚がみなぎっていて、好感をもつ。この展覧会は昨年十月に上京中に開催されていたのだが、足が向かなかった。図録を見ながら実物を見たかったなと少し後悔している。

《偉大な父・八雲の存在そのものも大きな重責となった。八雲の遺児たちは幼い頃から注目される存在だった。時局によっては、好意的にも批判的にも新聞記事に取り上げられたようで、その都度清は気を揉んでいる。清が画家として一人立ちした後も、その紹介には八雲の息子という言葉がついてまわった。》

「成人した八雲の子供たち/前列左から三男の清、次男の巌、長男の一雄、その後ろに妹の寿々子(小泉八雲記念館蔵)」。

b0081843_214113.jpg

《八雲の死後、セツ夫人やその子供たちを陰から支えた人に、当時、早稲田中学の英語教師をしていた會津八一と、セツ夫人の遠縁にあたる日本史学者の三成重敬(みなりしげゆき、一八七四〜一九六二)の二人がいる。會津が自宅の秋艸堂で開く研究会や勉強会には、一雄、清がそれぞれに参加していたし、成人した後も頻繁に書簡が交わされている。三成はヴァイオリン弾きとして不遇の生活を送る清を金銭面でも精神面でも支え続けた人である。清が京都に放浪していた時期も、しばしばその家を訪ねた。》

年譜によれば清が京都の映画館の楽士としてヴァイオリンを弾いていたのは大正十四年だという。

b0081843_2103573.jpg

上は小泉八雲の書斎。下は清の画室の一部。昭和三十七年二月二十一日の夜。清はガス自殺した。

b0081843_2102573.jpg

《ながらく小泉の絵は売れなかったから、撞球場を開きその稼ぎで暮らしていたことがある。のちに撞球場だったところを客間として使用していたが、その入り口のトビラのノブの下に「ただ今外出中」との張り紙がしてあった。
 鍵穴に耳をあてるとシューシューとガスの音がきこえた。たまたま小泉家の右前にある篠パーマの三男が店の外にいたので、大声で「スマンが南側へ廻って寝室の窓を叩き割ってくれ」と頼み、私は私で大声で強引にドアを打ち破って室内に突入した。
 [中略]
 三十分ぐらいしたら、担架をかついだ消防士が三人現れ、清を外へ運びだしたが、門のあたりでその中の一人が「完全に死んでいる」と言った。そして小泉清はベッドに戻された。
「絵を描くということは死闘である」
 そんな言葉が、死のベッドの頭の横の壁に書かれてあった。》(石井則孝「トナリのオジチャン 小泉清のこと」より)

現在では考えられない処置だろうが、清にとっては幸いだったのかも知れない。墓所は浅草の善光寺別院である。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-31 21:54 | 雲遅空想美術館

零録4 後素協会

b0081843_20551439.jpg

徳川時代の絵師に関する逸話を羅列した前半(横井鉄叟筆話)は終り、後半は明治二十八年に京都で結成された日本画の結社・京都後素協会についての記述に変っている。後素協会はこういう団体だった。

《明治時代の京都で活躍した画家の結社である後素協会に関する資料、5点。後素協会の前身は慶応2(1866)年に土佐光文・鶴沢探真・狩野永詳・原在照・吉村孝一・国井応分が中心となり、新古書画展覧および動植物写生などの研究のため創設された。のち、明治元(1868)年に後素如雲社と命名し、ついで同28年に京都後素協会と改称した。》(京都府総合資料館・古文書解題

『零録』の意図はこういうことである。

《今歳 壬寅 京都の後素協会の東京に展覧会を開きしや 彼地美術家をして京都に明治の新画風を失はさらんことを希はしむ これ正に新派勃興の一期節として文芽なるもの この新画風に対する各派画家の意見を叩き新派画観と題して公す依て左に摘録して其趨勢を観んと欲す》

後素協会の若手たちが油絵の描法を取り入れて「日本画」を描いた(要するに横山大観らの日本美術院に呼応した京都の動き)。代表作家として後素協会の委員だった竹内栖鳳を思い浮かべればいいだろう。制作年代はかなり後になるが洋画と日本画のいいとこ取りの見本のような例として竹内栖鳳「斑猫」(一九二四年、山種美術館蔵)を掲げておく。

b0081843_20555291.jpg

その東京展(壬寅は明治三十五年)に対する感想が集められている。《新派画観と題して公す》とあるので何かの媒体に発表されたものだろうか。パンフレットのようなものだったか(?) そのダイジェストだそうだが、さらにそのごく一部を引用しておく。

《余は京都の画家か悉く生硬の洋画家となりて固有の描法を失ふに至らん事を杞憂に堪さるなり》(田村宗立、1846〜1918、洋画家、画僧、別号に月樵)

《如何に新派の画か洋画風に傾くも之を描きたるものか日本人にして日本流より出たるとすれは日本画なるに相違なし/新派を攻撃するものは京都の画風をのみ古社寺的に保存せんと欲するは斯道に忠なるものに非さるなり》(谷口香嶠、1864-1915、幸野楳嶺門下、京都市立美術工芸学校および京都市立絵画専門学校で教職)

《絵の流行は尚衣裳の模様の如し 竪縞か流行れは次に横縞となり又竪縞に戻る 無地の次には友仙か流行し友仙かすむと又無地の流行するか如し》《余は此際に門下の油絵風に化するを戒め自ら描くにも殊に隈取を省き線を確かにして日本固有の風を遺さんとせり 雪舟元信の絵はいはば地合の良き流行に従はさる着実なる織物なり》(鈴木松年、1848〜1918、鈴木百年の長男。上村松園の師)

《現時京都の青年者流の描く処に就て或は油絵流或ハ新派と称し居る向きあるも余は其意を解するに苦む 余か視る所に依れは油絵を摸したるものにあらす 唯社会進歩の趨勢か自然に青年者流を融和したるなり》《当時攘夷を唱へたる人今日の形勢に見て何の感かある 思ふに所謂新派を排するの人 他日又この攘夷家の今日に対すると同一の感あらんなり》(山元春挙、1871‐1933、京都市立絵画専門学校教授、帝国美術院会員)

《新派の画は流行するに相違なきも今尾及余の如き老人ハ迚もこの風を採るの勇気なし只この新派か美術院に比して筆の立ちおるは稍頼もしき処あるも画を為すに際し彩色せして絵具を塗抹する計りなるは相似たり》(原在泉、1849-1916、原在照の子、京都府画学校教授)

《日本画は到底洋画と混一すへきものにあらす もし日本画を以て洋画たらしめんと欲すれば到底彼に及はさるへきなり 然れとも日本画の写生以外の写生の妙を得んには先つ写生に入て写生を出てさるへからす されハ日本画家の写生を忽にすへからさる勿論なり》(三宅呉曉、1864-1919、森川曾文門下、京都市美術工芸学校教諭)

《画に東西の区別あるも真物に模せんとするか終極の目的なれは他日の彼是相調和して東西の人をして観て共に其妙を感せしむるの域に至らんは必せり 呉道子ノ如き以て徴すへし》(巨勢小石、1843-1919、東京美術学校教授)

日本画と洋画の折衷の問題よりも「日本画」という言葉が、この明治三十五年頃には、すでに確立していることに興味を覚えた。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-30 21:10 | 古書日録

安部公房全集[カタログ]

b0081843_1718343.jpg


b0081843_17182892.jpg


b0081843_17182027.jpg


b0081843_17181346.jpg

『新潮社創業100周年記念出版 安部公房全集[カタログ]』(一九九七年四月一日)を頂戴した。この全集の装幀もじつにシブかったが、内容見本はかっこよすぎる。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-30 17:22 | おすすめ本棚

零録3 頼山陽

b0081843_19371440.jpg

頼山陽に関する話も二度ほど出てくる。まずは硯についてのくだり。

《老山曰研ハ得かたきものにて其内真眼のあるもの甚だ稀なり 支那に留在中真眼あるもの漸く一研を見たり きらきらとして実に夜光とも云へく其後曽て見たる事なしと 山陽翁云真活眼吾唯河合漢年在江洲従董肆得一小佩硯命工改彫忽呈〓鵒重眼圜嬌瞳射人とあり余も五十年間一も見るなし 生涯にハ見たきものなり》

老山は安田老山(1830〜1883、文人画家、美濃国養老下生まれ、元治元年中国に密航)であろう。「眼」は端渓硯の石紋の一種(詳しくは「端渓硯の石眼」など参照されたし)。河合漢年は姫路藩の家老河合寸翁である。薄田泣菫「古松研」には頼山陽を贔屓にしていた河合寸翁と同藩の幕府の御附家老松平太夫が紫石端渓を賭けて碁を打つ話が出ている。昨年十一月に山陽の「薔薇園小稿」から引用した《手自提携唯二物/一枚端硯一嬌児》は決して大袈裟ではなかったようである。

図録『野呂介石 紀州の豊かな山水を描く』より「頼山陽旧蔵 紫端硯」
b0081843_20274718.jpg

もうひとつは山陽の人となりを示す逸話。

《山陽無口にてあれとも筆をとれはいかなる事もかゝれたり 或時書林手代来り書物代を乞しに 今日は留守なりといへと下女へ云ハれしを聞き 只今の声は先生にてはなきやといへは先生内より今手紙をやるといわれし 其応答をいやかられしものか》

借金取りに居留守を使うのがほんとうに無口なのかどうか(笑)。

b0081843_20303478.jpg

『山陽先生』(京都府教育会、一九三一年九月二五日)より「先生の肖像」。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-29 20:44 | 古書日録

古書店の窓から

b0081843_17373188.jpg

狩野俊「古書店の窓から」(しんぶん赤旗、二〇一三年一月二八日)に挿絵を提供させていただきました。かりの・すぐるさん、コクテイル書房の店主です。

古本酒場コクテイル
http://koenji-cocktail.com
[PR]
by sumus_co | 2013-01-29 17:40 | 画家・林哲夫

日葡辞書

b0081843_1402492.jpg
b0081843_1401342.jpg

[PR]
by sumus_co | 2013-01-29 14:01 | おすすめ本棚

零録2 池大雅

b0081843_209745.jpg

池大雅「楽志論図巻」(寛延三年1750)部分。後漢の仲長統の著書『楽志論』を主題にして乱世を慨嘆し平和を楽しむ隠者の生活を描いている。

『零録』に池大雅の逸話が出ているので引用しておく(一文字アキは読みやすいように引用者が施したもの)。

《八田楽菴とて医師あり 管絃を好ミ四辻家の門に入る 又画もかけり 京に遊ひし時 大雅堂を訪ひしに 坐中書籍をとりひろけ坐するに所なけれは 左右にかきやり坐し給へと云ハれしゆへ 唐本をかやうに手荒くしたまへは損し申すへくと云ひしに 我ら子孫もなけれは譲る者もなし 生涯に見尽くせハ入用はなしと云はれたり 其洒落なる思ふへしと話されたり》

池大雅の住居と言えば、思い出した。伴蒿蹊『近世畸人伝』(岩波文庫、一九八七年十四刷)に合奏する池大雅と妻玉瀾の図が出ている。

b0081843_2029725.jpg

《坐中書籍をとりひろけ坐するに所》なしの書斎だったわけだが、なんだか夫婦で楽しげにやっているねえ。また執着のなさについては『近世畸人伝』にも次のような逸話が出ている。

《一書林の僕、主人の金を用て遊興し、放逐にあひ、他国へ行んとする時、道人のもとへ来たりて別を告ぐ。道人甚憐み、我主人に侘ん、といひて、持る所の書画調度を売て、その金をつくのひ、帰参せしめたり。中にも奇なるは、石刻の十三経を得んとて、年比心にかけしかば、たくはふる所の銭百貫に及べりしに、書賈なほ售ず。其銭を祇園の社に奉納す。》

使い込みで書店をクビになった店員のために書画調度品を売って金を作ってやるというのも、なかなか普通の人間にできることではないだろうし、その書店員との日頃の付き合いの深さも感じさせる。石刻の十三経を買うために貯金したが、売ってくれないので貯めたお金は祇園さんに寄付してしまった。これもまた非凡であろう。

小杉未醒『大雅堂』(アルス、一九二六年一月三日)より「大雅堂肖像(作者不詳)」と「大雅堂住居真景(月峰筆と云ふ)」。

b0081843_20335438.jpg


b0081843_203473.jpg

これが今の円山公園の南方になるとはとても思えないが、『大雅堂』には大雅の弟子だった木村蒹葭堂の追憶記が引用されており、そこに大雅の住居の様子が記されている。

《真葛ケ原の南の一端にありて、入口六畳、書斎四畳半の只纔か二室のみの小さな構にて、畳は足の引かゝる程ところどころ破れ、障子の窓に雨風に破れたるまゝつくろひもせねば、そのむさくろしき事譬ふるに言葉もなし》

《書斎には白紙唐紙の類を始めとして、礬沙引きたる美濃紙、絹地の一片など、膝を容るゝ所なきまで散り乱れ、一方には画きかけたる山水の画幅あるかと思へば、一方には花鳥の彩色を施さんとしたるものもあり、其の外、書に関したる帖、篆刻に関したる書など、順序次第もなくあたりに散乱れ、おのれの座るべき所も無き程の有様なりし》

b0081843_2104211.jpg

野呂介石「池大雅住居図」(寛政四年1792)。題詞にいわく

《居洛東祇園之地盖祇園女御之古迹云屋前後
 皆菜圃菜圃之外四環皆堵一面開門四環間縁
 堵為家他人居之霞樵所
 居之家甚矮陋茨以麦稈
 屋上葛〓蔦生垂下施入
 戸中戸扇不得〓焉屋之
 左纔施厚席其中[霞樵]居其
 中右間施六席妻玉蘭居
 之其中間為厨房》

ここで大雅は歿年までを過ごしたようだ。木村蒹葭堂はこう述べている。

《先生は猶利欲の途に迷はずして、着々として画法に熱中し、遂にその陋巷の一室に逝去せられしは、唐土の顔回にも増してゆかしき事と謂つべし。》

利欲に迷わずというか、上のような金の使い方は、迷う迷わないのレベルをとっくに越えているだろう。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-28 21:29 | 古書日録

零録 横井鉄窓筆話

b0081843_20212330.jpg
b0081843_20211526.jpg

写本『零録』を入手した。本文一行目に「横井鉄窓筆話 紅蕙山房主人」と書かれている。「鉄窓」はおそらく「鉄叟」であろう。紀州和歌山藩士。京藩邸奉行や軍事奉行を勤め、また詩文画を嗜んだという。明治四十年に八十歳で歿。『清人題画集覧』(文心堂、一八八二年)や『脱走始末』(横井精一、一九一三年)の著書もあるようだ。

今、詳しくは判らないのだが、この写本の書き出しが野呂介石の言行録から始まっているように、鉄叟には『介石雑話』という著述もあるらしいから、あるいはその著作からの引き写しかもしれない(?)。図録『野呂介石 紀州の豊かな山水を描く』(和歌山県立博物館、二〇〇九年)の参考文献には『介石雑話』が挙がっていないので確証が得られなかった。鉄叟の生没年は1827ー1907(日本古典作者事典)だから野呂介石の歿する(一八二八年)前年に生まれたわけで、雑話の内容は又聞きか文献(『介石画話』文政十二年1829、など)によるものだろうと推測できる。

横井鉄叟の個人情報に関することはわずかしか見えていないが、例えば、これなどはそのひとつ。

《余維新の際京師にあり 松菴長州より来りしと聞しゆへ 医艸老人より画を索めしに 久しく筆を廃せし故写すあたわすと伝言せり 松菴は長州にて奇兵隊に入り居し由也 此節はいかゝせしや》

鉄叟は文久二年(一八六二)に脱藩し京江戸間の国事に奔走したらしい。二年後に帰藩して京藩邸奉行となったそうだから、その時期のことを指すのだろう。松菴は浮田一蕙(宇喜多一蕙、1795〜1859、京都出身の画家、復古大和絵派、鉄斎の師)の子息で名を八郎というとある。

b0081843_2042882.jpg
野呂介石「那智瀑布図」(文政九年1826)

例えば『零録』には田能村竹田とのやり取りが見えている。

《介翁六十の頃竹田来訪社友集まりて和歌川に遊ふ 何れも詩を作り又和歌を咏する者あり 介翁懐紙に詩を書て竹田に見せける 竹田其侭懐中せしかは側より翁の詩如何と問へとも竹田笑て答へす 後日これを聞ハ翁の高名なるに此の作世人に見せハ何となく先生の名も下がるべくかとかくせしとなり 誠に其思慮の深き感すべき事 翁那智瀑布の詩あり其外ハみず》

こういうことがあったかどうか、森銑三の「野呂介石伝の研究」(著作集第三巻所収)でも繙けば明らかになるかもしれないが、今、手許にないので何とも言えない(乞ご教示)。なお前述図録の年譜では田能村竹田が和歌山を訪れたのは文化八年(一八一一)介石六十五歳のときとされている。

《翁那智瀑布の詩》に関するものとして図録には介石が医師・華岡青洲のために描いた「那智瀑布図」(文政十年1827)と対になる七言絶句が載っている。あるいはその詩を指すか。

 屢探屢写那智勝
 三瀑奇絶最難画
 々罷得否自不知
 投筆嗒然問造化

b0081843_21105293.jpg
野呂介石・松丘・崖南嶠「雅人参会図」(文化八年1811)。竹田が訪れたときにもこのような集会がもたれたのであろう。『零録』についてはもう少し紹介して行く。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-27 21:29 | 古書日録

長谷川三郎

b0081843_19301267.jpg

『長谷川三郎展』(佐谷画廊、一九八二年九月一三日〜一〇月二日)。佐谷画廊の住所が東京都中央区京橋2-5-22キムラヤビル4Fとなっている。一九九〇年前後には、上京するとたいていのぞいていた画廊で、当時は銀座の四丁目、数寄屋橋寄りの裏通りの地階にあった。佐谷画廊HPによれば創業は一九七七年、銀座移転は一九八二年。そして二〇〇〇年に銀座を撤退している。

『長谷川三郎展』が京橋での最後の展示だったのだろうか。同じ八二年の一二月に「M.エルンスト、ケルンのダダ展」を開催しているが…。

b0081843_19301982.jpg
案内はがき。「新聞コラージュ」(一九三七年)


b0081843_1930611.jpg

長谷川三郎は下関の生まれだが、六歳のときから神戸および芦屋で育った。小生は神戸で小規模な回顧展があったときに初めて見たと記憶する(その後、明石市立博物館などで開催されている)。そのときも思ったが、写真がいい。上は「室内」(一九四〇年)。

《その後、年月がたち、長谷川三郎は画家であることを知った。さらに山田正亮さんから、自分の先生は長谷川さんだと聞かされて驚いた。山田さんは氏の年譜に長谷川三郎に師事すると明記しておられる。
 昨年、機会があって芦屋市の甲南学園甲南高等学校にある長谷川三郎記念室で長谷川三郎の作品を初めて系統的にみる機会に恵まれた。そして、感じたことは長谷川三郎の絵は学者の絵だな、ということであった。さまざまな実験的な仕事を含んだ作品をみていくとこの作家の志の大きかったことがみえてくる。新しい芸術を切り開いていこうとする作家の熱意がみえてくるのである。》(佐谷和彦「あとがき」)

文中《その後》の「その」は長谷川の著書『モダンアート』(東京堂、一九五〇年)を読んだことを指す。長谷川は評論家でもあった。このブログでも過去に長谷川三郎『理論と鑑賞 現代美術』(創元社、一九五二年)を紹介している。

   ***

この図録は東京のある古本屋さんから届いたものだが、本といっしょに下記のようなメモが同封してあった。

《今日の市場(入札会)に神戸の宇仁菅書店さんの在庫が出品されていました。千箱ほどが二〜三度に分けて出るようで(今日の分だけでも二フロアーがいっぱいでした)、どれにもお店のシールがついたままでした。一冊一冊に目配せをした丁寧な書棚が目に浮かぶようでした。行ったことはないのですが古本屋らしいいい店だったのでしょうね。》

宇仁菅書店、神戸に住んでいた頃には何度も立ち寄ったが、京都へ移ってからは一度か二度行っただけ。「古本屋らしいいい店だった」と思います。

宇仁菅書店閉店
http://sumus.exblog.jp/17923169/

宇仁菅書店(神戸市)
http://sumus.exblog.jp/10689255/
[PR]
by sumus_co | 2013-01-26 20:24 | 雲遅空想美術館

目の正月

b0081843_1973688.jpg

京都国立博物館へ。「国宝十二天像と密教法会の世界」(〜2/11)。上は十二天像のうち水天。久し振りに極上の古画の雰囲気に触れることができて満足した。この京都国立博物館蔵の十二天(大治二年=1127)、元は東寺(教王護国寺)に伝来していたもの。優美で繊細な線描や色彩は平安絵画のレベルの高さを見せつけてくれる。

と思って、次の次の部屋へ進むと、奈良西大寺蔵の十二天像のうち火天・帝釈天・閻魔天の三幅が並んでいて、ぶっ飛んだ! スゴイ。平安は平安でも九世紀の作とされ、かなり傷んで状態は悪いが、線描のおおらかさや色彩の美しさはこれ以上ないくらいである。たしかこれも以前、一度は見た記憶があるが(あるいは図版で見ただけかもしれない)、すっかりこの感激を忘れていた。いいものを拝見しました。まさに目の正月。


b0081843_197305.jpg

十二天像展示と連続して特別陳列「成立八〇〇年記念 方丈記」もある。上は鴨長明自筆と伝えられる「方丈記」(十三世紀、京都、大福光寺蔵)。初めて見るもの。他には明恵上人筆「夢記」(十三世紀、京博蔵)や国宝絵巻の「餓鬼草紙」(十二世紀、京博蔵)も陳列されていた。「夢記」は文庫本で読んだことがあるが、原本を見ると、その雑駁な、それでいて魅力的な筆の走りに圧倒される。やはり並の坊さんじゃない、たしかに。


b0081843_1972330.jpg

四条へ戻って何必館の「木村伊兵衛展」(〜2/17)へ。この写真は「永井荷風 昭和29年」(チラシより)。セレブであろうと庶民であろうと、ごくふつうにスナップでパチパチ撮っていながら(たぶんそうだと思うのだが)、それでいて前衛的でもあり、またノーブルな雰囲気も失っていない。それが才能というのもであろう。森山大道もコンデジが好きらしいが、木村伊兵衛にこそコンデジを使ってもらいたかった。
[PR]
by sumus_co | 2013-01-25 19:46 | 雲遅空想美術館