林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

薔薇の回廊

b0081843_19373967.jpg

マンディアルグ『薔薇の回廊』(松本完治訳、エディション・イレーヌ、二〇一二年一〇月二〇日、造本=アトリエ空中線・間奈美子、挿画=山下陽子)。

カルパントラ(Carpentras、南仏ヴォクリューズ県の町)からパリへやってきた高校生のフローラ・ファーニュはメトロの切符一枚でパリ中を巡ろうと思いつき《薔薇色の薄っぺらい綿のワンピースを身につけているだけで、それも洗いざらして縮んでいるせいで、体の線がくっきりと露わになり、下着の黒いブラジャーやパンティが透けて見える》という出で立ちでオペラ駅のエスカレーターを下って行く。一巡りしてたどり着いたシャトレ駅の動く歩道で日本人の男達に取り囲まれて……。ちょっと劇画タッチの短篇で楽しめる。松本氏による解説も三島や谷崎に心酔していたマンディアルグの側面を伝えて読み応えあり。

原題は「Le Tapis Roulant」。「動く歩道」という意味(直訳すれば「転がるじゅうたん」? 他に健康器具の「ウォーキングマシーン」をも指す)。シャトレ(Châtelet)と RER(鉄道)のシャトレ・レアール(Gare de Châtelet - Les Halles)との間には二駅をつなぐフランス国内でいちばん長いとされる動く歩道が設置されている。パリのど真ん中にあって五本のメトロ線と三本のRER線が交錯する巨大な地下駅である。

できればここでは乗り換えたくない。何度も通ったことがあるが、ラッシュ時にどんな様子なのかは知らなかった。Dailymotion にその不思議な情景がアップされている。

http://www.dailymotion.com/video/x5z57a_tapis-roulant-a-chatelet_news

本の隣のマン・レイの絵葉書は写真を撮ろうとしていて偶然現われた。「肖像」1925。薔薇色なので並べてみた。下は山下陽子さんの挿絵の一点。

b0081843_13135429.jpg


シュルレアリスム、エロティシズム、デカダンスの文藝出版
エディション・イレーヌ
http://www.h4.dion.ne.jp/~irene/
[PR]
by sumus_co | 2012-11-30 20:42 | おすすめ本棚

鹿田松雲堂五代のあゆみ

b0081843_20151999.jpg

『なにわ古書肆 鹿田松雲堂五代のあゆみ』(上方文庫39、和泉書院、二〇一二年一一月二五日)を頂戴した。本ブログでも鹿田松雲堂については散発的ながら何度か取り上げている。

『古典 松雲堂月報』第三冊
http://sumus.exblog.jp/14307926/

鹿田静七書簡
http://sumus.exblog.jp/18965058/

巻頭に、肥田晧三さんが、というのもしっくりこないので、肥田せんせいが、としておこう、「鹿田松雲堂と私」と題して懐旧談を載せておられる。なんともいい話。肥田せんせいの目配りの幅広さはこのようにして胚胎されたのである。

《昭和三十六年の秋、私の三十一歳の時である。『日本古書通信』の大阪の中央堂書店の出品目録に鹿田松雲堂の『書籍月報』と『古典聚目』合計百四十冊が載つた。『書籍月報』は明治二十三年に第一号を出し、以後、古書籍の通信販売目録として続刊、明治四十二年『古典聚目』と改題、昭和十八年二月まで全部で百五十六冊に及ぶ、この業界で最も重んぜられる書目である。》

《私は和本のことをもつと深く知りたく、どうしてもこれを手に入れたいと思つたのだが、なにぶん高価で、貧乏書生にとつてはたやすからざる事態である。でも、江戸時代にどのような書物がどれ位刊行されているのか、この目録の全冊に眼をとおしたら、その流れが手取り早く勉強できるのではと直感、かならず大きな教示をうけるにちがいないと確信して、無理をして入手したのである。折から長い病床生活の最中で自分に出来ることは読書だけ、たつぷりある時間を熱中して毎日のように目録を見ることを続けた。好きな作者の著述、大阪先賢の人たちの著述、刊本、写本、自筆稿本、その書名をノートに摘記する。たちまちノートが積み上るたのしい作業。書名を覚えて中味を知らぬ変則なことで、こんなのが"外題学問"とでもいうのか、しかし無一物の私にとつてこの時の勉強は生涯の最も大きな収穫になつた。当時を回想するにつけ、鹿田松雲堂代々の遺産からうけた量り知れぬ恩恵に、感謝の思いが一杯である。》

b0081843_20151250.jpg

巻頭口絵写真「大塩平八郎市中施行券引札」。大塩平八郎が米価の高騰を見兼ねて自らの蔵書を売り払って得た金子を困窮している家々へ分配した、その引き換え札。初代鹿田清七はここに名前の出ている旧主家の河内屋新次郎より引き渡し済み券を多数貰い受けていたという。

幸田成友『大塩平八郎』(中公文庫、一九七七年)に《第二は施行札である。この実物は今の鹿田静七から自分に贈られたもので、縦九寸二分、横四寸五分、すなわち美濃判三ツ切である》云々とあるように、明治時代になっても残部があったようだ。幸田によれば大塩平八郎の蔵書は以下のようなものである。

《挙兵前に所有の書籍を鬻[ひさ]いで貧民に壱朱宛を施し、その金額総計六百両に上ったといえば、多数の蔵書があったわけであるが、その大部分は兵庫県西出町の家持柴屋長太夫が金を出したものらしく、天保三年同人入門以来同八年正月に至までに、書籍代金として金二百両銀十二貫六百目余を貢いだとある。》

《本箱は玄関から講堂、書斎へかけて、二、三段に積み上げ、土蔵中には一切経もあった。》

《一万軒に金一朱宛を施すといえば、総計六百二十両余となる算当だから、珍本奇籍が必ず多くあったろうと思うが、売払いが突嗟のためか、目録が残って居らぬ。》

なお『鹿田松雲堂五代のあゆみ』の口絵解説では《獲得資金七百五十両》とされている。また幸田が『書籍月報』第六九号(明治三十八年十一月二十七日)に寄せた「鹿田静七翁小伝」も収録されており、それはこう結ばれている。

《去夏翁疾を獲しや、一切の店務を令嗣伸四郎君に譲り、優遊自適し、殆ど世事を省みざりしかど、親戚故旧に対する情誼は愈々厚く、又自ら往事を追懐して思ひ出の記一篇を作れり、(本伝は主として之に因る)翁今春再び起つべからざるを知り、口占して曰く、

  合点して嵐待つ間のさくら哉

  五月雨やさてもきまつて降るものを

是歳八月十三日竟に逝く、越えて二日長柄に荼毘に附し、骨を春陽軒に葬る、大阪及び近畿の諸名流多く其葬に会せり、享年六十、自ら諡して釈古丼といふ、
  明治三十八年十一月   辱知 幸田成友記》

蛇足ながら文中「長柄」は明治九年操業を開始した火葬場・長柄葬儀所(現・北斎場)。「春陽軒」は大阪天王寺にある曹洞宗の寺。
[PR]
by sumus_co | 2012-11-29 21:51 | おすすめ本棚

薔薇園小稿 

b0081843_19181732.jpg

『薔薇園小稿 附茶山詩抄』の恵贈を賜った。木内龍山が筆写した頼山陽と菅茶山の漢詩抄である。はっきり言って、木内龍山が何者なのかまったく知らなかったが、ネット検索してみると、幕末の勤皇の志士で讃岐国円座町の小橋家に生まれ、長じて高松町帰来の木内家の養子となっている。『龍山漫録』や『撃攘録』他の著作があり、経営した私塾はやがて官制の小学校(現・古高松小学校、校庭内に木内龍山碑あり)へと発展した。

b0081843_19181047.jpg

前半は頼山陽の詩集抄である「薔薇園小稿」。頼山陽の詩集についても詳しくないのだが、薔薇園は頼山陽が京都の両替町押小路上ル東側の自宅に付けた名称である。現在で言えば烏丸通御池の京都マンガミュージアムの北側あたりになる。とにかく山陽は頻繁に引っ越しをした。詳しくは下記論文を参照されたい。

安藤英男「頼山陽の京寓と其の生活ーー頼山陽書簡集をめぐって」
http://libw01.kokushikan.ac.jp/data/003432/0000/registfile/1346_194X_002_05.pdf

安藤氏によれば、薔薇園には山紫水明処(現存の山紫水明處は後の水西荘の別棟書斎で、ここではない)の後、京で五番目の家として文政四年(1821)四月から同じく五年十一月にかけて住んだそうだ。この家は庭が広く(五間×三間)、山陽はさまざまな植物を栽培し、南の垣根一面に薔薇の差木をして薔薇園と呼んだ。「移居築園 雑咏」十八首のうち第三首。

 鋤荒栽樹汗沾衣
 稍覚園容縁四園
 更慮南籬春寂莫
 又待疎雨挿薔薇

ただ本書の「薔薇園小稿」の題は木内龍山によるものか? 内容をみると寓居としての薔薇園と関係のありそうな詩は選ばれていないような気がする。山紫水明処で詠んだと思われる作はあるのだが。薔薇園=頼山陽の意だろう。題画詩が多く選ばれているのが特徴。なかに引っ越しの詩があった。

   移居

 奴肩搬運未言疲
 茉鼎香炉次第移
 手自提携唯二物
 一枚端硯一嬌児

山陽先生は片手に端渓硯、もう一方の手に女の子の手を引いて引っ越していたということかな。

b0081843_1918414.jpg

「茶山菅先生詩集」のページは筆跡というか書体を変えている。こちらでは題画詩少々と道中記のような漢詩を多く選んである。

b0081843_19175287.jpg

巻末に「天保十一年庚子二月浣写之」そして図書印「賞真亭図書印」。

b0081843_19174223.jpg

さらに古い古書店の値段札まで付いていた。代金四円は安くない。写本だから当然とも言えるが、現在の数万円にはなるだろう。
[PR]
by sumus_co | 2012-11-28 20:27 | うどん県あれこれ

風の伝言プロジェクト I

b0081843_15385480.jpg

このブロジェクトに協力していますので、拙作も並んでいることと思います。お近くの方はぜひごらんください。

2012年12月14日〜2013年2月3日

高松市塩江美術館
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/5041.html
[PR]
by sumus_co | 2012-11-28 15:56 | 画家・林哲夫

日の名残り

b0081843_20543579.jpg

「日の名残り The Remains of the Day」(ジェームズ・アイヴォリー監督、一九九三年、カズオ・イシグロの同名小説の映画化)を久し振りに見た。おおよそのストーリーは記憶していたものの、細部はすっかり忘れており、楽しく見られた。「チャリング・クロス街84番地」で古書店の番頭フランクを演じていたアンソニー・ホプキンズがここでは忠実な執事スティーヴンスを好演している。上は主人の書斎で新任のメイド頭ミス・ケントン (エマ・トンプソン)について報告している場面。

次は梯子に上って本を書棚に戻しているシーン。お盆に注目。こんな小物があったのだ!
b0081843_2054226.jpg

それから映画「Emma エマ」 にも登場した模造文庫(ニセの書棚)がこのお屋敷にもあった。

b0081843_20541259.jpg


b0081843_2054396.jpg


b0081843_2053543.jpg


b0081843_2053454.jpg

細かいところまでよく出来たラブストーリーである。俳優のなかで注目したのは執事スティーヴンスの父親(やはり執事として長年働いてきた)を演じているピーター・ヴォーガン(Peter Vaughan)。日本語のウィキにはまだ立項されていないが、「Internet Movie Database」によればイギリスのTV俳優として一九五〇年代から活躍しているようで、映画も「未来世紀ブラジル」「わらの犬」などに出演。本作ではこの執事一徹の父の死が見事にスパイスとなって効果を発揮している。
[PR]
by sumus_co | 2012-11-27 21:22 | ほんのシネマ

書皮二点

b0081843_20205924.jpg

珍しい書皮をご恵投いただいた。深謝です。まずは丸善株式神戸支店。神戸市神戸区明石町三十一番地(現在の中央区明石町、神戸大丸の南側あたり)。神戸区は一九四五年に湊東区東部と統合されて生田区となっているから、それ以前のものと考えていいだろう。小生が神戸に住んでいた一九八〇年代から九〇年代にかけては元町通りにあった。よく洋書を立ち読み(眺め)に寄ったものだ。

b0081843_20205083.jpg

こちらは有斐閣。模様は現在も用いられている鷲と獅子のエンブレム。《小社の創業は1877(明治10)年になります。浮沈の激しい出版界にあっては,きわめて稀な存在といわれます。創業当初の社名は有史閣といい,東京は神田一ツ橋通町四番地で古本を扱う書店として出発し,2年後,有斐閣と改め出版に進出しました。》(有斐閣のあゆみ)。本店は神田区神保町二ノ十七、本郷支店は本郷区森川町八十番地。一九四七年に神田区は麹町区と合併して千代田区となり本郷区は小石川区と合併して文京区になったのでそれ以前のもの。
[PR]
by sumus_co | 2012-11-26 20:48 | 古書日録

モダンガール大図鑑

b0081843_19591243.jpg

生田誠『モダンガール大図鑑 大正・昭和のおしゃれ女子』(河出書房新社、二〇一二年一一月三〇日)。

生田氏の絵葉書ベースの仕事はますます絶好調のようである。とにかく論より証拠、モダンガールの図像を並べられるだけ並べたという「らんぷの本」にふさわしいテーマであり切り口だ。よく知られた作品から非常に珍しいレアものまで、ここ半年ほどで何度か会ったけれど生田氏の口からはモダンガールという言葉しか発せられていなかったから、どんなものが出来上がるのか楽しみにしていたがいかにも生田コレクションらしい仕上がりになっていると思う。この本をどう読み、どう使うかは読者しだい、きわめて間口の広いモダンガール大全である。

目を奪われた図版をいくつか紹介してみる。これはボストン美術館も所蔵するという絵葉書「富田濱へ」(三重県の海水浴場らしい)。なんとも鮮やか。同美術館のサイトをみるとちゃんと閲覧できるようになっていた。Art of Asia の Browse the Collection から Japanese Postcards へ。
http://www.mfa.org/collections/asia

b0081843_1959619.jpg


次はフルーツパーラー八百文のメニュー。昭和初期。最近まで京都祇園石段下にあった。今はローソンになっているところらしい。生田さんの生家のほん近く。

b0081843_1959081.jpg


次も京都ネタ。「1931年 女性乃新春 近代美」。《京都にあった「田中」(現・表現社)が1931年(昭和6)に発行した、アール・デコ調の絵葉書シリーズの袋。》

b0081843_19585436.jpg

本書刊行を記念してトークショーも開かれる予定とのこと。

第66回西荻ブックマーク
モダンガール立体図鑑
〜西荻窪レトロ・コレクション〜

日時:12月16日(日)開場:16:30/開演:17:00
出演:生田誠氏・淺井カヨ氏
会場:今野スタジオマーレ
料金:1500円
定員:30名
要予約
http://www.kawade.co.jp/news/2012/11/1216.html
[PR]
by sumus_co | 2012-11-25 20:34 | おすすめ本棚

チャリング・クロス街84番地

b0081843_2119047.jpg

長岡天神で求めた『チャリング・クロス街84番地 書物を愛する人のための本』(江藤淳訳、中公文庫、一九八四年一〇月一〇日、カバー=田淵裕一)と少し前にブックオフで買った『チャリング・クロス街84番地 本を愛する人のための本』(江藤淳訳、リーダーズダイジェスト社、一九七四年三月一日四刷、初版は一九七二年)。後者の表紙の写真はマークス社の店頭。口絵に同じく店頭写真(人物が表紙とは異なる)およびロンドンの地図、書斎でのヘレーン・ハンフの写真とチャリング・クロス街の南端レスター広場の写真が掲げられている。文庫版ではそういったものはもちろん、挿絵代わりに本文中に配された切手などの図版も削られている。

テキストの内容そのものはほとんど変らないようだが、細かい改変はある。目立つところではタイトル副題が違っている。四刷りのカバー袖には谷川俊太郎のコメント。原著を読んでの感想になっているのが、さすがスヌーピーの翻訳者である。

《〈あしながおじさん〉ならぬ〈フランキー〉の、いつも律儀だけれど暖かみのこもった手紙と、ヘレーンの例えば一人称の I を小文字で書いたり、ぴちぴちした手紙の対照の妙、それがこの本の魅力のひとつでしょう。〈古書ブーム〉などというものと無縁なところで、書物のもつ本来の力が大西洋をへだてた心と心を結びつけたことに、私は感動します。》

『84, Charing Cross Road』(Grossman Publishers, 1970)
b0081843_2122348.jpg


文庫版の解説は元版の江藤による解説をそのまま収めて短い「文庫版あとがき」が付されているだけ。ゲスト解説は省かれている。

《私が、生まれてはじめて西洋の古本屋ののれん[三文字傍点]をくぐったのは、いまから十一年前、一九六一年の夏の終りごろのことだった。ところはロンドンで、私は西ドイツからの帰り途であった。大学で英文学を勉強した私にとって、この最初のロンドン訪問がどんなに胸躍るものだったかは、ちょっと筆舌につくしがたいほどである。私は緊張し、昂奮し、そしてあちこち歩きまわりすぎたので少し疲れていた。グリーン・パークのベンチに坐ってひと息入れてから、気をとり直してまた街に出ると、そこに一軒の古本屋があった。》

ここで江藤は貧乏な学生時代に神田の松村書店で買った『ローレンス・スターン全集』(W.ストレイハン、J.リヴィントン・アンド・サンズ、一七八三年)のことを思い出す。

《背皮・瑪瑙紙装の堂々たる装丁で、Oswald Toynbee Falk という蔵書票[ルビ=エクス・リブリス]が貼ってある。いまから十八年前に、そろいで二万円もした。》

AbeBooks で検索すると『The Works of Laurence Sterne』(London: printed for W. Strahan, J. Rivington and sons, J. Dodsley, G. Kearsley, T. Lowndes [and 6 others in London], 1783. 10v.)はだいたい千ドル少々で出ている。一九五四年頃の二万円(コーヒー80円の時代)は少し高めだろうが、オズワルド・トインビー・フォーク(1879–1972)の旧蔵書なら理由なしとはしない。現在はほとんど語られることはないものの、存命中のフォークは超一流の株式売買人でエコノミストだった。第一次世界大戦前後に四歳年下のジョン・メイナード・ケインズといっしょに政府の仕事をし、ケインズ理論に影響を与えたとも言われるようだが、後年、二人共に互いのことはほとんど語っていないのだそうだ。オックスフォードのベリオール・カレッジ(Balliol College)史料館にはフォーク旧蔵のパリ講和会議資料、一九三〇年代の英国外交政策資料に加えてケインズのフォーク宛書簡が多数所蔵されている。

b0081843_21184965.jpg

江藤はロンドンのその古本屋でヘレーンの文通相手だったフランク・ドエルかと思うような店員に声を掛けられた。

《名前も覚えていないこの古本屋で、私は結局シドニイ・キイスの遺稿集を一冊買った。場所が少しはなれているから、この店がマークス社であるはずがない。しかし『チャリング・クロス街84番地』を最初に読んだとき、私はほとんど反射的にあのロンドンの古本屋を思い浮かべないわけにはいかなかった。ヘレーン・ハンフのように、私がその後あのもの静かな店員と文通したり、本を送ってもらったりしなかったのは、あの当時円がまだ今日のように強くなかったからである。本当に、円を封筒に入れてそのまま送れば、希望する本が届くのだったら! しかし、それはあのころ米ドルだけが享受していた特権であった。》

文中「シドニイ・キイスの遺稿集」というのは『THE COLLECTED POEMS OF SYDNEY KEYES』(Routledge of U.K., 1945)だろうか。今日ではシドニー・キーズ(Sydney Keyes, 1922–1943)と表記されるようだ。若くして死んだ英国の詩人である。

b0081843_21183697.jpg


講談社版の書影も参考までに。

b0081843_20531786.jpg


映画「チャリング・クロス街84番地」
http://sumus.exblog.jp/18436930/
[PR]
by sumus_co | 2012-11-24 21:33 | 古書日録

伊原秀夫 本と写真の居場所展

b0081843_15354661.jpg
b0081843_15353910.jpg

2012年11月18日〜25日

ギャラリー&陶芸教室
お伽工房
大阪府豊中市緑丘2-8-9 tel.06-6855-9870

b0081843_19224158.jpg

天神さんの後、豊中へ向かう。大阪モノレールの少路駅で下車。この辺りは初めて。緑丘というのは芦屋なみの高級住宅街である。その一角にギャラリー&陶芸教室お伽工房がある。うろうろしていると伊原さんが後ろから声をかけてくれた。毎日会場に出ているとのこと。

b0081843_19261930.jpg

風来舎の装幀本と伊原さんの写真作品の展示。装幀も伊原さんが手がけている。石井一男さんの新しい画集ができたばかりということで、ラフや色校の刷り出しも展示されていた。

b0081843_19263892.jpg


b0081843_19265030.jpg

かつて伊原さんが発行していた『REPO』という写真雑誌。土田ヒロミに森山大道インタビューという豪華版。小生も写真論連載として「死の器」と「写真はどこだ」を一号と二号に書かせてもらった(『帰らざる風景』所収)。

b0081843_1927267.jpg


b0081843_19271430.jpg


伊原さんの装幀の指定と色校正紙。

b0081843_19355876.jpg


b0081843_1936825.jpg


伊原さんの写真も独特なトーンがあって好きだ。愛機はこちら。エボニーの蛇腹カメラ。これを肩に掛けて持ち歩くというからたいしたもの。当たり前ながら乾板がデカイ。

b0081843_19365319.jpg

豊中辺りの街路樹もすっかり黄葉していた。海文堂書店の古本市まで足を延ばすつもりだったが、帰途、慣れない町で道に迷ってしまった。なんとか駅にたどり着いたときには疲れ果てていたのであきらめて帰宅。なさけない。

b0081843_19412098.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-11-23 19:48 | もよおしいろいろ

天神さんで一箱古本市

b0081843_1628328.jpg


b0081843_16274622.jpg


長岡天満宮での一箱古本市を初めてのぞく。特急なら一駅なのだが、前回はうっかり曜日を間違えてしまった。本日はあいにくの雨まじりの曇り日だっため、十時に到着すると境内の店舗のなかでみなさん開店しておられた。そのうちに外の方がお客さんは多いですよという主催者の方の言葉で、野外へ移動。格段に見やすくなる。顔なじみの古書柳さんとけんじどうさんで何冊か求める。なかなか出展者のみなさんそれぞれに個性があって楽しめた。継続して開催されるそうなので今後も期待しよう。

b0081843_16281982.jpg


b0081843_16282816.jpg


b0081843_16283999.jpg



第三回天神さんで一箱古本市
http://suirenndou.exblog.jp/16451193/
[PR]
by sumus_co | 2012-11-23 16:37 | あちこち古本ツアー