林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ヨヘイ画集

b0081843_2121616.jpg

渡辺与平『ヨヘイ画集』(文栄閣書店+春秋社書店、一九一〇年一二月一九日)がヒョンなことからわが家にやってきた。ちょうどスミカズとの影響関係を調べていたところなので、まったくグッドタイミングだった。日頃の行いはまったく良くないのだが、こういう巡り合わせもある。

ヨヘイが新聞や雑誌のために描いたコマ絵を集めたもの。コマ絵とは一コマ漫画のようなものだが、当時の印刷用語で「コマ」というのは活字のことで活字と同じ高さに組むように彫刻した挿絵の版木(およびその印刷されたもの)を「コマ絵」と呼んだらしい。明治末頃だと、まだ写真製版で鋳造した挿絵よりも木版の挿絵の方がコストが安い(あるいは手っ取り早い)時代だった。だから原稿は残らない。おそらく原稿をそのまま版木に張り付けて製版したと思われる。よってこういう画集を作るためにはその彫ったコマ絵の版木を印刷所から回収しなければならなかったようだ。

ここでは与平が自分自身をカリカチュアとして描いたコマ絵をいくつか拾ってみる。まずは「敗軍の将は兵を語らずサ」。裏返しにした大きなキャンヴァスの前で酒をくらってふて寝している男。展覧会に落選した図というこころ。実際、与平は明治四十二年の第三回文展に落選した。妻の文子は入選したために、

 与平可愛いやおふみに惚れて秋のサロンにはねられた

という戯れ歌が画学生の間で流行したくらいちょっとした話題になったらしい。文子は美人だったので画学生の間でも人気が高かった。
b0081843_2120577.jpg


こちらも与平だろうか「ENNUI」(退屈)とフランス語の題名。この壁に足をもたせかけるポーズは小生もよくやっている。
b0081843_21204792.jpg


歯を磨く男。題は「日三竿」(日が高いの意味)。
b0081843_21203470.jpg


長女美代子が誕生したのが明治四十三年八月だから自分の娘かもしれない。
b0081843_21202214.jpg


「モー三分モー二分」、こちらも朝寝坊の図。どうやら朝は苦手だったらしい。
b0081843_2120992.jpg


与平の写真はこちら。美男美女のカップルだった。
b0081843_21523020.jpg


ということで、明日は午後二時より与謝野晶子文芸館にて瀧克則さんとスミカズ対談。お近くの方はぜひご参集ください。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-31 22:01 | 古書日録

大正ロマンの画家 宇崎純一を語る

b0081843_21372538.jpg

b0081843_19314738.jpg

・日時=平成24年9月1日(土) 14時~15時30分
・定員=80名(先着順)
・参加費=500円(晶子文芸館、ミュシャ館もご覧いただけます。)
・会場=堺市立文化館3階ギャラリー「もず」
・主催=公益財団法人 堺市文化振興財団、堺市立文化館

●申込み方法●
往復ハガキまたはE-mailにて、氏名(ふりがな)、住所、電話番号、どこでこの講演会をお知りになったかを明記の上、下記までお送りください。
※1通につき2名様まで申込みできます。

●満席でないかぎり、当日参加もできますので、どうぞお越しください。●

〒590-0014 大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館
「与謝野晶子文芸館講演会係」
E-mail:akiko☆sakai-bunshin.com
☆の部分を@にしてお送りください。

与謝野晶子文芸館
http://akiko.sakai-bunshin.com 
[PR]
by sumus_co | 2012-08-30 21:37 | 宇崎純一資料

古本海ねこ古書目録No.5

b0081843_20333234.jpg

海ねこさんの『古本海ねこ古書目録』第五号(二〇一二年九月)が届いた。前号の内容が素晴らしく濃かったので、今回はどうかな? とわくわくしながら開いてみたが、これがまた四号とはひと味違った濃さを保っている。開巻一ページ目に出ているウィリアム・ニコルソンの『The Square Book of Animals』(1900)は欲しくなる一冊。お値段はなかなかのものだが、アベさんで調べるとコンディションによって相当な値段の開きがあるようだ。そのなかでは穏やかな方に入る。

初山滋や武井武雄の装丁・装画特集や『コドモノクニ』他の絵雑誌特集も見応えありと思うが、『コドモアサヒ』三十冊のページには目をみはった。関東大震災後の大正十二年十一月に大阪朝日新聞社から創刊され『コドモノクニ』に対抗して半額の二十五銭で売り出されたという。

編集兼発行人は赤松静太(作家・土師清二)から大道弘雄(歌人)へ。大阪人脈で古家新、持田卓二、奈良音蔵、村上寛らの参加があり、目次をざっと見ただけでも田村孝之介、樋口富麻呂、平井房人らの関西の画家が筆を執っている。宇崎純一も何度か執筆していることは分っているのだが、はっきり確認できたのは昭和六年五月号のみ。残念ながらこの三十冊のなかにはないようだ。

b0081843_2033252.jpg

他に『VAN』(イヴニング・スター社)も十九冊掲載されている。松本竣介のイラスト入りがあれば……と探したが、どういうわけか、そこだけ欠号になっていた、残念。とににかく良い目録だ。


古本海ねこ
http://www.umi-neko.com
[PR]
by sumus_co | 2012-08-30 21:09 | おすすめ本棚

京都新聞

b0081843_16594673.jpg

京都新聞二〇一二年八月二九日号にパリの古本屋について書かせて頂きました。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-30 17:00 | 著述関連

芳惠のモデル、その他

b0081843_19563535.jpg

藤島武二「芳惠」。大正十五年五月に開催された第一回聖徳太子奉賛美術展に出品された。『別冊太陽 竹久夢二』(平凡社、一九七七年)を見ていると、この絵のモデルは夢二が大正八年頃からモデルとして雇い始め一緒に暮らすようになる「お葉」(佐々木カ子ヨ)だと書いてあった。

ネットで調べると、十二歳からモデルをやっており画学生の間では大人気だったということだ。夢二とお葉との関係は大正十四年頃まで続いたようだから、夢二と別れた後すぐに武二のモデルをつとめたということになる。下の写真は夢二が撮影したお葉の写真をタテ位置にしたもの。横顔を較べてみよう。
b0081843_20184318.jpg

『別冊太陽 竹久夢二』には昨日の亀高文子の回想に出てきた和田古江の写真も載っていた。武井武雄「本と夢二」の記事である。『コドモノクニ』(東京社)は大正十一年一月創刊。
b0081843_19562819.jpg

b0081843_1956205.jpg

次はガラリと変って、しかし少しはつながりのある写真。星野画廊から届いたばかりの図録『京都洋画の先達・伊藤快彦遺作展 忘れられた画家シリーズ34』。「浅井忠の一周忌に集う関西美術学院の画家たち 1908(明治41)12月19日 南禅寺・金地院」。梅原龍三郎もいるようだが、気になるのは足立源一郎。
b0081843_1956671.jpg
b0081843_19555427.jpg

足立は、亀高文子の回想によれば、文子と太平洋画会研究所でイーゼルを並べたこともある。文子が入所したのは明治四十年と与平の年譜に出ているから、同時期の写真だ。関西美術学院と太平洋画会研究所をかけもちしていたのかな? というか、これら二ケ所がこの時代の絵画を志す若者にとっては東と西の代表的な絵画道場だったということだろう。どちらも現存するのがスゴイ(太平洋画会は太平洋美術会と改称)。

足立は山岳画家として印象に残っているが、大正二年頃に大阪道頓堀中座前に友人たちとともに旗乃酒場(キヤバレー・ジ・パノン)をオープン、姉夫婦に経営を任せたことで知られる。大正九年ごろまでミナミ文化人の溜まり場として名を馳せた。もちろん宇崎純一も常連でパノンのナンバーワン・ウエイトレス三浦静江と大正六年に結婚している。

b0081843_19554688.jpg

こちらは橋爪節也編著『モダン道頓堀探検』(創元社、二〇〇五年)より足立源一郎。「一九一六年夏、巴里にて」。クリクリ坊主から八年後とは思えないほどの変貌ぶり。二十七歳(宇崎純一と同い年)。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-29 20:54 | 古書日録

さらに亀高文子

b0081843_19595318.jpg

『長崎の美術3 渡辺与平展』(長崎県美術館、二〇〇八年)より、渡辺文子、長男一郎、長女美代子。大正四、五年頃。

文子自身の回想文が神戸新聞学芸部編『わが心の自叙伝(一)』(のじぎく文庫、一九六七年一〇月二〇日)で読めるということは分っていたが、入手するには至っていなかったところ、読者の某氏よりコピーを頂戴した。まったく有り難いことである。深謝。以下注意を惹かれた文章を抜粋してみる。

文子の父は渡辺豊洲(州)という画家だったことはすでに述べた。

《今もまだ残っている父の蔵書ーー「豊州図書」と、父の自刻の印を押された外国の美術雑誌は、なつかしく私の幼いころの記憶を呼びさましてくれます。「スタジオ」「ユーゲント」「カラー」その他泰西名画集などは、毎号必ず丸善から届けられ、これらおびただしい蔵書にひかれて、私の家には、後年に大を成した有為な画学生が数多く集まって来るようになりました。》

恩地孝四郎の回想にも竹久夢二の部屋で『ユーゲント(ユウゲンド)』を見たことが書かれていたが、日清戦争とくに日露戦争以降はこういう外国の美術系の雑誌を参照するのはごく普通のことであった。むろん部数はそう多くはなかったであろう。けれども、見たい者はどうにかして見ることができる状況だった。

女子美術学校へ明治三十五年に入学する。校長は藤田文蔵、洋画科主任が磯野義雄。岩村透の西洋美術史に久米桂一郎の解剖学が印象に残っているようだ。親しい友人には、足助恒子、犬塚きぬ子、会津しゅう、埴原久和代。

卒業後、満谷国四郎の絵に魅了されて満谷の指導する太平洋画会研究所へ入る。フランス帰りの中村不折にデッサンを厳しく仕込まれた。指導は中村の剛、満谷の柔というふうだった。

《太平洋研究所[ママ]でともに勉強した仲間には、中村彝、中原悌二郎、堀進二、鶴田吾郎、大久保作次郎、足立源一郎、岡田穀、川端竜子(後に日本画へ転向)宮崎与平(後に私と結婚して渡辺に改姓)らがいました。また、荻原守衛、戸張孤雁らも毎日のように研究所に顔を見せていました。この中で、彝、悌二郎、与平らの仕事ぶりが仲間の尊敬を集めていました。
 こういう男性たちにまじって、ここでは、男女共学のハシリといえましょうか、私ともう二人の女性がいました。一人は女子美校で一緒だった埴原久和代さんで、もう一人は後に高村光太郎夫人となられた長沼智恵子さんです。『智恵子抄』でよく知られているその智恵子さんは、美しい、なよなよとした女性で話す声も聞きとりにくいほどの控えめな感じの外見と、その仕事ぶりは、また反対に自由奔放で強い調子のものでした。》

与平の死後、文子は二人の子供を抱えながら、親から求められる再婚を拒みつづけた。

《自活のための仕事を求めて、私は与平が生前広告の仕事をしたことのある「レート白粉」の平尾賛平商店に頼みに行きました。この時、快く私の願いを聞き入れて、しかも当時としてはかなり優遇して下さった平尾賛平氏のご好意は、私にとって終生忘れ得ない感謝の思い出です。》

レート白粉の広告は「女優マチネー番組表」として以前紹介したことがある。そのときには文子のことにはまったく無関心だったのだが。

b0081843_19594539.jpg

『女学世界』(博文館)明治四十一年五月号よりヨヘイのコマ絵。文子がモデルなのだろう。

《さし絵を描いて「少女世界」や「少女画報」を通じ親しくなった「実業之日本」編集長の星野水裏氏や「東京社」の和田古江氏は当時の指折りのジャーナリストであると共に私にとって忘れ得ない人たちです。和田古江氏の依頼で吉屋信子さんの『花物語』のさし絵を描いたのもこのころのことで、なつかしくたのしい思い出です。》

挿絵を描き始めたのは大正六年と年譜ではなっている。単行本『花物語I』は洛陽堂から大正九年刊(書影はこちらのブログに)。

b0081843_2102996.jpg

文子は川端竜子夫人の紹介で大森の農家に住むようになる。大正四年には父が死去して母も同居。同じ大森で一軒家に転居。平尾商店の広告部で絵画部の主任となり、挿絵の収入もあって、一家五人(女中も含め)は苦労なく暮らせるようになった。

大森では大森文化人の仲間として「木原会」(木原山にあった望翠楼ホテルでもたれた画家や文士の集り)に参加し、本業である油絵を文展や太平洋画会に出品していた。しかし、女手だけの暮らしではいろいろ困難なこともあり、再婚を決意する。

《私の絵の仕事もそのまま、家族も全部そのままという望ましい条件も重なり合って、私は与平の死後六年たった大正七年の四月に、母と二人の子供をつれて、東洋汽船会社の船長であった亀高五市と再婚したのです。》

そして大正八年、日本で初めての女性画家だけの団体「朱葉会」の創立に参加した。津軽照子、尚百子、小笠原貞子、与謝野晶子、小寺菊子、津田敏子、埴原久和代、吉田ふじを、高安やす子ら。

夫は船長を辞めて、神戸港のパイロット(水先案内)の職に就くことになり、文子たち一家は神戸の熊内に住むことになった。まったく知らない関西での生活が始まるのである。それが、なんと関東大震災の三ヶ月前だったというから何ともラッキーだった。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-28 21:26 | 雲遅空想美術館

近代詩書在庫目録

b0081843_19553014.jpg

《私はもう十分に読みましたので、お送りします》と某氏より『近代詩書在庫目録』(田村書店、一九八六年)が届いた。《もはや歴史的(笑)文書でしょうか》と手紙の末尾に記されていたが、十二分に歴史的価値を持つ古書目録である。

表紙の書影は宮澤賢治『注文の多い料理店』。明治より昭和十年代まで(一部三十年代まであり)の詩書・関連書約五百点掲載。非常に高いレベルのコレクションである。書誌的な態度で編集したという通り、発行年月日や装幀者名が記載されていること、図版写真の縮尺が統一されていることなど(本の大きさが一目で比較できる)、今から見てもかなり意欲的な試みだと思われる。

幸いにも、この目録については『ユリイカ 詩と批評』(青土社)二〇〇三年四月号において田村書店主奥平晃一氏と川島幸希氏が対談「詩集初版本談義」のなかで詳しく触れておられる。それによれば、本書以外に田村書店は目録を発行していないそうだ。

奥平《親しくしてたお客さんが、家を新築するためにまとまったお金がいるということで、詩集をまとめて売りたいと言われてリストを見せられた。ざっとおおまかに計算して何千万だったかな、値段を言ったら、まあそれくらいだろうなと言ってくれて、現金で買ったんです。目録を出すまでに半年以上かかったでしょうか。》

川島《目録が出た時に、多くの本屋は、これは有名な詩集コレクターの小寺健吉の旧蔵書だと思ったそうですね。今だにそう言う人がいるくらいです。見る人が見れば小寺の出版した『現代日本詩書総覧』の内容とは傾向が違うんですが、これだけのラインナップですから、小寺くらいしかいないだろうというのが衆目の一致したところではあった。》

奥平《僕も買う時に、これは目録にさせてもらいますと言いました。もったいないからそうしましょうと。もう一つは、その頃、石神井書林、落穂舎、下井草書房といった、若い文学専門の古書店が台頭してきていた。参考書にもなるからひとつ作ってみるかな、というのもありました。多少彼らよりは年上ですから。文学堂さん、鶉屋さんや、先輩方には先輩方の値段や評価があるだろうけれど、僕の評価ではこうなんだ、ということをアピールしたかったんです。》

この発言は非常に興味深い歴史的展開を説いているようだ。発行後一番最初に売れたのは宮澤賢治『春と修羅』、『注文の多い料理店』、瀧口修造『妖精の距離』であった……とか。詳しくは『ユリイカ』参照のこと。

b0081843_195676.jpg

平井功『孟夏飛霜』と『爐邊子殘藁』。某氏が手書きで追加されている数字はこの目録より八年ほど前の鶉屋書店での値段だそうだ。

b0081843_19555956.jpg

尾形亀之助『色ガラスの街』『雨になる朝』『障子のある家』。

b0081843_19554831.jpg

高祖保『希臘十字』『禽のゐる五分間寫生』『雪』。『禽のゐる五分間寫生』は表紙貼り込みの画が欠けている。

b0081843_19554053.jpg

吉岡実『液體』。

他に北園克衛もかなりの点数掲載されていて、むむむ、と唸ったり、ボン書店や椎の木社はやっぱりひと味違う本の姿だなとしきりに感嘆したり、まったく見飽きない目録だ。深謝。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-27 20:51 | 古書日録

家庭重宝日記1929

b0081843_19221226.jpg

『家庭重宝日記1929』(「婦女界」新年号付録、婦女界社、一九二九年一月一日、装幀=竹久夢二)。日記というだけではなく、日常生活に必要だと思われる様々な知識や情報が盛り込まれている。だから重宝なのである。巻頭から暦はもちろんのこと、今年の日食、風の種類、地震の種類、世界各国祝祭日、今年の諸注意、旧暦朔日、神仏の縁日、標準時の知識……。

そして、毎月始めの頁には「第一線に立つ女性」のデータが掲げられているのだが、生年月日から出自、経歴、住所電話番号まで記されている。今日ではまず考えられないだろう。

四月の「第一線に立つ女性/文筆による人々」はこんな人選だ。

網野菊、今井邦子、宇野千代、岡田八千代、岡本かの子、小寺菊子、太田菊子、大村加嘉代子、北川千代子、さゝきふさ、澤ゆき子、城しづか、杉浦翠子、鷹野つぎ、中条百合子、茅野雅子、中田信子、野上弥生子、長谷川かな女、林芙美子、原阿佐緒、平林たい子、深尾須磨子、松田鶴子、松村みね子、八木さわ子、柳原燁子、横山美智子、与謝野晶子、吉屋信子、米沢順子、若杉鳥子、若山喜志子

宇野千代は尾崎士郎の妻である。岡田八千代は小山内薫の妹で画家岡田三郎助の妻。小寺菊子は画家小寺健吉の妻。さゝきふさは佐佐木茂索の妻。杉浦翠子は杉浦非水の妻。茅野雅子は茅野蕭々の妻。野上弥生子は野上豊一郎の妻、長谷川時雨は三上於菟吉の妻、若山喜志子は若山牧水の未亡人。

十月の「絵筆を持つ人々」はこんな人選。

荒木月畝、有馬さとゑ、生田花朝、石川丹麗、伊藤小坡、井上よし、上野秀薫、上原桃畝、尾形奈美、甲斐仁代、柿内青葉、梶原緋佐子、上村松園、亀高文子、木内てる子、木谷千種、久世とき子、佐伯米子、島成園、長山はく子、長谷川春子、埴原久和代、平岩夏子、深澤紅[ママ]、三木初枝、山本信子、吉田ふじを、吉田雪子、和気春光

画家の女子はご主人に記載がない人が多い。亀高文子は《水先業亀高五市氏》。木内てる子は彫刻家木内克の妻。佐伯米子は言うまでもなく佐伯祐三の妻。吉田ふじをは画家吉田博の妻。

他にも「献立十二ケ月」「重宝ノート」「季節の感覚」「ナンセンス・ルーム」まど毎月の記事があり、巻末に「新女性宝典」という何でも情報ページがかなりの分量になる。とにかくこれ一冊あれば、何か知りたいことはすぐに分るという寸法。今ならネット検索になるのだろうが。

b0081843_1922038.jpg

毎月の扉絵は夢二(上の図)や加藤まさを、岩田専太郎(下の図)、高畠華宵ら六人が二点ずつ担当している。

b0081843_19215375.jpg

下鴨の某店の均一箱に入っていた。今「日本の古本屋」にはそれ相当な金額で二点出ている。今年の下鴨は当たりが良かった。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-26 20:24 | 古書日録

松葉屋の吉岡千種

b0081843_19355436.jpg


b0081843_19354620.jpg

スミカズ・トークの下調べをしていて、珍しい記事を保存していたことを思い出した。『女学生画報』(女学生画報社)大正六年十月号に載っている「十月の松葉屋」。松葉屋はこの雑誌の主幹だった松阪青渓が経営していた女性向け(というか令嬢向け)の美術店である。写真向かって左が吉岡千種。大正九年に木谷蓬吟と結婚して木谷千種となる

同じく六月号には松葉屋開店を知らせる記事も載っている。平野町三丁目で六月七日に開店したのだそうだ。女学生画報社と同じ住所だからすぐ近所だったのだろう。「柳屋の東となり」ともある。柳屋は初め平野町にあった(明治四十三年開店、大正十年に南区畳屋町十四番地へ移転)。松葉屋では、絵日傘、花器、茶道具、化粧品などの他に宇崎純一の小品額仕立て「夏の女」を展示販売し、また島成園、岡本更園、松本華羊、吉岡千種らが彩筆をふるった「かきゑ袋」もあったという。そして

《我社の宇崎純一氏も氏が得意の筆を揮ひました》

というのである。《我社の宇崎純一氏》はビミョーな表現だ。確認し得たかぎり毎号『女学生画報』の表紙と挿絵を描いているのだから《我社の》スミカズでもおかしくはないが、社員待遇なのだろうか。

《スミカズ封筒 宇崎純一氏の封筒や便箋や、状袋には他の云ひ難いめづらしいやさしいそして新しい気分がします、最近意匠を凝らしたのが是亦いろいろまゐつて居ります》

「めづらしいやさしいそして新しい気分がします」というのは良い表現だ。

b0081843_19353882.jpg

こちらが松阪青渓さん。『モダニズム出版社の光芒 プラトン社の一九二〇年代』(淡交社、二〇〇〇年)に収められている明尾圭造氏の論稿より。大阪朝日新聞社に文選工として入り、記者になった(わりとこういう人はいるようだ)。大正六年に退社して松葉屋を開いたということだろう。

後にプラトン社が『女学生画報』をまるごと吸収して『女性』を創刊(大正十一年五月)するのだが、そのとき松阪は発行人となった。では、松葉屋はどうしたのか? 残念ながら、それは分らない。とにかく貴重な記事である。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-25 20:23 | 宇崎純一資料

亀のひみつ

b0081843_1924989.jpg

田中美穂さんの新刊『亀のひみつ』(WAVE出版、二〇一二年八月二三日、ブックデザイン=松田行正+日向麻梨子)が届いた。『苔とあるく』(WAVE出版、二〇〇七年)の姉妹編。苔本のときには紹介文に《「苔とあるく」はとりもなおさず「田中美穂と歩く」本なのである。》などと書いたけれど、この『亀のひみつ』もそれを踏んで言えば『田中美穂のひみつ』かもしれない。秘密の(というほどでもないかもしれないが)レアものプライベート(これはまちがいなく)写真が挿入されている! 蟲文庫ファンには垂涎の…(?)

b0081843_1924137.jpg

例によってジャケット裏に印刷されたクサガメのサヨイチくん。迫力。

蟲文庫の猫亀ショーからはじまって亀についてのさまざまなことが分りやすく図解されており、亀入門でありながら、そこはそれ、田中美穂の本、ほっこりのなかに笑あり涙ありのスロー・リーヴル(英仏混用!)になっている。

亀知識としては「亀が鳴く」は参考になった。「亀鳴く」は藤原為家(1198ー1275)の「川越のをちの田中の夕闇に何ぞと聞けば亀のなくなり」を典拠として『俳諧歳時記』(享和三年、一八〇三年)にも収められているということだが、近代では亀が鳴くわけないだろうと誰しも思い、こんな俳句もあるくらい。

 亀鳴くと嘘をつきなる俳人よ 村上鬼城 (鬼城句集)

しかし蟲さんはこう書いておられる。

《鳴き声ではなく、鼻息、といえばいちばんイメージしやすいでしょうか。擦過音(さっかおん)というのですが、伸ばしていた首を引っ込める時、肺の中の空気が一気に押し出されるために出る音です。この擦過音は、交尾の時など、何か亀自ら行動を起こそうとした時にも自然に発せられます。その場合は「ぷしゅっ」ではなく「かっかっかっ」という感じ。体の大きなゾウガメなら「ごぉーごぉー」。》

亀鳴く、というか「亀笑う」って感じ?

b0081843_19235172.jpg


b0081843_19234358.jpg

おなじみガケ書房の亀池や山下店長の亀親ぶりも見られるし、扉野氏が蟲さんに送ったブツも掲載されている。よくぞ、こんなものを……素敵だ。

まずは苔本同様ロングセラーになりそうな雰囲気がありあり。楽しく、うらやましい本である。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-24 20:04 | おすすめ本棚