林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 01月 ( 48 )   > この月の画像一覧

意匠絵葉書交換会 

b0081843_21222520.jpg
b0081843_21221790.jpg


「諸国風物 神社篇 意匠絵葉書交換会」の募集葉書。写真は広げたところ。二つ折りにすれば葉書大。合わせ目を小型の千社札のようなもので封じていた形跡がある。切手は一九二六年七月五日発行の富士山・二銭。募集の規定はなかなか厳しい。

《一、著名なる神社の印影を現し、そのお宮に因みたる(由来、伝説、行事、お祭、宝物等)絵葉書を製作の事

一、木版手摺に限る。粗悪なものは御断りします。

一、会費 一円二十銭。申し込みと同時に御払込を願ひます。払込無きものは整理上登録致しませんから後日の責任も持ちません。

一、万一当日までに作品不着の場合及び乱作のものは目録名簿より除名します。(此の場合は会費は返金せず。)》

消印は昭和八年九月二十日で申し込み締め切りが九月二十五日、しかも宛先は台湾台中である。《兼ねて、予告しておきました》とあるにしても急な感じはする。何かの参考までに送付したのかもしれない(?)。宛名の緒方吾一郎は台北帝国大学付属図書館の初代館長田中長三郎(1885〜1976)のペンネーム。田中は台湾日日新報社の社長河村徹らと昭和八年に「台湾愛書会」を作り、機関誌『愛書』を発行したそうだ(「第 9 回名古屋大学博物館企画展記録 本に貼られた小さな美の世界 蔵書票」で検索)。

送り主の二葉会・芳本倉太郎は明治三十二年九月二十三日大阪船場瓦町生まれ。雅号を倉多楼。文具や小間物を商っていたが、家業はもっぱら夫人任せで、切手・コイン・メダルの蒐集、各種玩具、宝船、木版葉書の創作交換、スタンプなどの趣味三昧に生きた。昭和初期に粋人たちが寄り集まって作っていた趣味の会のほとんどに名を連ねているという。「よしもと」では吉本興業と混同するので皆からは「よしくらはん」と呼ばれていた。(『藤原せいけんの大阪』創元社、一九九五年より)
[PR]
by sumus_co | 2012-01-31 21:20 | 古書日録

謹奉賀新年

b0081843_21164915.jpg
b0081843_21164176.jpg

年賀状ついでに大正六年一月一日消印の年賀状。切手面は以下の通り(だと思います、訂正歓迎)。

 引佐郡
 西浜名村日比沢
 石田平一郎様
 都田
  浜部訓

 謹奉賀新年
 大正六年一月一日

都田は現・浜松市北区都田町だろう。通信面には短歌。

 遠山雪
 嶺越しに
 雪の遠山
 見え初めぬ
 年の初日や
 今のほるらし
      訓

絵の落款は「仙湖」(もちろん絵とともに印刷、短歌は墨で自筆)。西沢仙湖(本名大石米二郎 1864-1914)だろうか? ならば本ブログでも「茶番」で登場している。
[PR]
by sumus_co | 2012-01-31 21:13 | 古書日録

2012年賀状

b0081843_17562513.jpg


b0081843_17562020.jpg

多くの賀状を頂戴した。御礼申し上げます。今年のベスト2です。
[PR]
by sumus_co | 2012-01-31 17:58 | 雲遅空想美術館

京都市区分地図

b0081843_20435864.jpg

「ご興味あるかと思い送ります」というメモが付いて送られて来た。京都の地図。大いに興味あります。ただ、表紙が補修されており、発行年や発行元の情報が失われている。

戦後の地図だろう。まず確かめるのは現・阪急電鉄京都線の名称。これがまだ「京阪神急行」である。昭和十八年十月から四十四年十二月までこの名前で営業していたから、その間のいずれかの時期ということは分かる。そしてその四条大宮と河原町間が開業したのが昭和三十八年六月。この地図では大宮までしか線路は描かれていない。それ以前である。

もう少し絞り込めないかといろいろ点検していると、大宮と西大路四条間にトロリーバスが通っている。「京都市交通図」に国鉄線、会社線、市電、トロリーバス、市バスの区別があって気づいた(地図上にはトロリーバスと明示されていない)。この四条通りのトロリーバスは昭和三十三年に梅津まで延長されたので、ならば、それ以前であろうと推測できる。

京都駅前に京都中央郵便局がある(烏丸通七条下ルの旧庁舎。新庁舎移転は昭和三十六年)。この名称は昭和二十四年から(旧称は七条郵便局)。また工芸繊維大学前というバス停もあって、この大学も昭和二十四年からなので、とりあえず昭和二十四年から三十三年までの間に刊行されたと考えていいだろう。

きっちりと描かれたおもむきのある地図だ。スキャンしなかった右側の頁に同じ地域の町名色分け地図が展開している。全体をざっとめくっていると、町名を茶色のサインペン(?)で囲んでいるところが目についた。おや、北園町ではないか。
b0081843_20435026.jpg


b0081843_2210074.jpg

旧蔵されていた方は北園町にご縁がおありだったか、はたまた天野忠のファン?
b0081843_20433050.jpg

山田稔『北園町九十三番地 天野忠さんのこと』(編集工房ノア、二〇〇〇年一一月一五日二刷、装幀=平野甲賀)より。

《メモ程度の日記によれば、私が初めて天野家を訪問したのは八二年八月三日のことであった。
 前々日、渥美半島に上陸した台風八号が富山へ抜けた後も天候は回復せず、不安定な、もどり梅雨のようなうっとうしさが続いた。その日、他に用事があって街なかに出かけた私は、三時すぎ河原町三条のふたば書房で涸沢純平さんと落ち合った。涸沢さんは以前に『砂漠の椅子』を売ってもらった礼を述べにその書店に立ち寄ったのだそうである。
 タクシーで北園町のバス停のところまで行った。そこからは直ぐである。三月に最初の偵察をおこなって以来、私は天野家の前を何度か通っている。右どなりの古い家の、黒く煤けた表札に「辻田右左男」と出ているのを発見して驚いたこともある。中学(府立京都一中)で地理を習った先生で、後に奈良女子大に移ったと聞いていた。もう故人のはずだが、表札はそのままになっている。》

『砂漠の椅子』は大野新の詩論集のタイトル。なお辻田右左男の生没年は1907-1997ということなので、一九八二年には存命だった。

《表通りに面した小さな冠木門の前に立った。横長の門灯に平仮名で「あまの」と書かれているのをながめた。門のところからのびる路地の奥はしんと静まりかえっている。いよいよ「動物園の珍しい動物」を見物する、期待と緊張の一瞬である。ベルを押し、たがいに先を譲り合うようにしながら格子戸を開けて中に入った。》

情景が目に浮かぶようだ。つづきは『北園町九十三番地』をどうぞ…。
[PR]
by sumus_co | 2012-01-30 20:44 | 京のお茶漬け

わたしの小さな古本屋

b0081843_20351317.jpg

田中美穂『わたしの小さな古本屋 倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間』(洋泉社、二〇一二年二月一五日、デザイン=井上亮)。

ときおり理科系の名文家というのが出るもので、例えば寺田寅彦みたいな人だが、蟲文庫さんもまさにその系統に属する随筆の名手であろう。そういうふうに感じさせない、ふうわりとした分かりやすい文章が、人柄というか生き方そのもののようで、なんとも心地よい風がこの本のなかに流れているような気がする。

「置きっぱなしのブローティガン」や「文学全集一掃顛末記]だとか「聖書の赤いおじさん」あたりは大好きだ。でも印象的なくだりは「木山さんの梅酒」のここ。木山捷平の墓参に行こうということになった。

《今回同行してくれたKちゃんは、わたしよりひと回りほど若い友人で、東京の音大を卒業したばかりのピアノ教師なのですが、生まれも育ちも、笠岡とは山ひとつ隔てた井原市で、しかもおじいさんの代からという木山捷平ファン。地元を題材にした作品によく登場する備中弁も、当然ながら実にナチュラル。その素朴で愛らしい人柄といい容姿といい、本人には内緒で、「絶滅危惧種」に指定している、見本のような木山文化圏の娘さんです。
 そういえばつい先日も、わたしの店でお茶をすすりながらこんな話をしてくれました。
「うちのおじいちゃん、最近歳とってきて、山でよう狐につままれよるんよ」
「狐につままれるいうて?」
「よう知っとるところで迷うたり……、雨が降ったら昼でも狐が出るけん山へ行っちゃいけん言うんじゃけど」
 わたしは、「ふうん、それぁ困ったなあ」などと相づちを打ちながら、「おじさんの綴方」のはじめのほうで、その翌朝には疫痢で亡くなってしまう弟が、「もう往のう(行こう)や、兄さん。おそくなるとこんこが出るけん」と兄をせかす場面を思い浮かべました。
 この辺りは、二一世紀に突入したいまでも、まだ辛うじて、こんなふうに狐が暮らせる場所でもあるのでしょう。》

初出『早稲田古本村通信』のエッセイが八篇収められている(加筆・補正あり)。もちろんそれは古書現世の向井氏の編集だが、何を隠そう、向井氏と蟲さんをくっつけた(いや、そういう意味ではなく。でも、そういえば、二人とも独身だけど)のはかくいう小生なのだった。向井氏の『早稲田古本屋日録』(右文書院、二〇〇六年)の装幀を依頼されたとき、蟲さんが谷中で撮影した猫の写真を使おうと提案したのである。二人はそれまでに一度対面はしていたようだが、一線を越えさせたのが小生なのであります。それからまる六年になる。本書はそこからスタートして結ばれた上質な果実なんじゃないかな、とちょっと自慢げに書き記しておく次第。

蟲日記にその当時のことが書かれているのでご参照あれ。

蟲文庫(ムシブンコ)蟲日記の2006年02月をクリック。
http://homepage3.nifty.com/mushi-b/
[PR]
by sumus_co | 2012-01-29 21:15 | おすすめ本棚

APIED VOL.19

b0081843_2034960.jpg

『アピエ』19号(アピエ、二〇一二年一月二五日、表紙装画=山下陽子)が届いた。鴎外と森茉莉がテーマ。小生も書かせてもらっているが、じつは昨年の三月に書いたので、原稿そのものはどうということはないにしても、巻末の筆者近況がまったくトンチンカンになってしまっている。善行堂の連載原稿でも『根津権現裏』がもうすぐ新潮文庫に入るとあって、おやおやという感じなのだ。地震の影響もあったろうが、それはそれとして、いくらア・ピエ(à pied=徒歩で)でのんびりしているといっても、いや、のんびりついでにちゃんと直すように指示して欲しかった。

その点を除けばいつもながらの多彩な内容で飽きさせない。それぞれの書き手にそれぞれの鴎外や茉莉が宿っているというのがよくわかる。小生は「百円の鴎外二題 美奈和集と新斥歌」と題して下鴨で百円で拾った『改訂美奈和集』(春陽堂、一九〇六年)と『鴎外選集第二十一巻日記』(岩波書店、一九八〇年)の「北游日乗」から新斥歌(にひがたうた)を取り上げた(昨年二月に新潟で個展をした記念です)。新斥歌についてはブログでも取り上げてあるので参照いただきたい。

北游日乗
http://sumus.exblog.jp/14850739/

APIED
http://apied.srv7.biz/apiebook/index.html
[PR]
by sumus_co | 2012-01-29 20:31 | 著述関連

天神橋筋商店街

b0081843_1924387.jpg
b0081843_19235441.jpg

カンテレ(関西テレビ)のビルに入っているメビック扇町で高橋善丸さんのブックデザイン展を見た後、天神橋の商店街を南森町の駅まで下る。ちょっとした古本ストリートになっている。

古本エンゼル書房。
b0081843_1922332.jpg

古書専門店・天四文庫。商店街から少し東の路地へ入る。
b0081843_19221379.jpg

矢野書房。いつ行っても見所の多い店。
b0081843_19222777.jpg

天牛書店。店頭は50〜300円。かなりいい。
b0081843_19224069.jpg

ハナ書房。美術書ならここ。本日は臨時休業。出張中とか。ビルの中なので商店街沿いの看板を見逃さないように注意。
b0081843_1923282.jpg

b0081843_19225556.jpg

駄楽屋書房。中まで見る時間がなかったが、良さそうだった。
b0081843_19231169.jpg

ブックマート天神橋三丁目店。
b0081843_19232282.jpg

もう一軒、古本エンゼル書房。
b0081843_19232933.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-01-28 19:34 | あちこち古本ツアー

エリック・ギルのタイポグラフィ

b0081843_21252220.jpg

『エリック・ギルのタイポグラフィ』(多摩美術大学美術館、二〇一一年)が届いた。文字をデザインすることへのこだわり具合がひしひしと感じられる。

拓本(乾拓)もいろいろ掲載されており、そのなかにペール・ラシェーズにあるオスカー・ワイルドの墓碑銘も含まれていた。彫刻はジャコブ・エプスタインだそうだが、文字はエリック・ギルだったのだ。今はキス・マークにまみれているけど…。
http://sumus.exblog.jp/13011843/

「アンソニー・ジョージ・ニューの墓石」(1912)の拓本。
b0081843_2125165.jpg

モノタイブ・コーポレーションの書体見本。ギル・サンズ(Gill Sans)。
b0081843_2125426.jpg

ヘイグ&ギル印刷所の木活字印字見本(1934-35)。見事に刷れている。
b0081843_21245790.jpg

左頁は出版カタログ『ゴールデン・コッカレル・プレス1926年秋』。右頁は『カンタベリー物語』(1929)の紙葉。
b0081843_21245177.jpg

ギルの著書、左頁上より『邪悪な三位一体 UNHOLY TRINITY』(Hague & Gill, 1938)、『ズボンと最も貴重な装飾 TROUSERS AND THE MOST PRECIOUS ORNAMENT』(Faber & Faber, 1937)、右頁上右は『タイポグラフィ論 AN ESSAY ON TYPOGRAPHY』第二版(Sheed & Ward, 1936)、中および下は同初版(1931)。
b0081843_21244420.jpg

邦訳書『衣裳論』(創元社、一九五二年)、『金銭と道徳』(創元社、一九五三年)、『芸術論』(創元社、一九五三年)、いずれも増野正衞訳。三冊連続で刊行しているところは創元社もやるじゃないか(印税を払わなかったというコメントもいただいたけれど)。
b0081843_21243436.jpg

先日の略歴で気になったのはプロテスタントの牧師の息子でありながらカトリックに改宗したというくだりだった。本書収録の指昭博「エリック・ギルのカトリック信仰と私家版運動」によれば、プロテスタント国家のイギリスでも十九世紀にはカトリックへの回帰現象が生じていた。とくに同世紀末におけるカトリック改宗は《社会や芸術の現状・体制への批判であったといえる》そうだ。そしてさらに二十世紀初頭のギルにとっては社会主義思想と呼応するものであった。

《社会主義とカトリック信仰は、相互に影響し合い、強化し合ったとされる。産業社会(資本主義)の矛盾に対して社会改良を目指すという方向性で、両者は一致し、ギルはカトリック信仰に社会改革の道を見いだしたのである。後年、ギル自身が述べるところでは「自らが作り上げた宗教が、のちに古くからあるものであることがわかった」のであり、自らの理想がカトリック教会と同じであることを認識したのである。》

ギルの宗教観に賛同はできないのだが、それはそれとして、プロテスタントの聖書には挿絵がほとんど用いられなかったという事情を考えれば、モリスのケルムスコット・プレスをはじめ、ギルも含めて私家版運動によって生み出された書物が旧教の絵画性を好んだというのはじつに納得しやすい議論だと思う。
[PR]
by sumus_co | 2012-01-27 21:25 | おすすめ本棚

声あげて燃えるぞ

b0081843_20392236.jpg

ちょうど今の季節にぴったりの色紙を掲げてみた。杉山平一さんの「ストーブ」から。ストーブの絵入り。以下は全詩集による全文(「今に」と「を」がある)。『夜学生』(第一芸文社、一九四三年)に収録されている。

 行く道は次々にふさがり
 僕の胸は暗い石炭で一杯だ

 けれども燃えるぞ
 今に声をあげて燃えるぞ

b0081843_20391468.jpg

新詩集『希望』(編集工房ノア、二〇一一年)を紹介する朝日新聞の記事(二〇一一年一一月二七日)。「90歳で死ぬと思っていたのに、97歳になっても詩を書いている。自分でもびっくりしますなあ」
b0081843_2039581.jpg

このストーブ色紙を求めたのは昨年の下鴨でのこと。汗が吹き出すような暑さのなかで、燃えたぞ、燃えたぞ。額縁も付いていた。ところがプラスチックでできた安物だった。あまりにみすぼらしいので色紙を囲むマットの部分にペーパーバックの反故紙でコラージュを施した。少しはましになった。

ついでながら写真に写っている左上はトポールがパリの美術学校で開いた回顧展のポスター(一九八六年)。隣は紹介済みの生田耕作ホゴ原稿。その下はフロベール『聖アントワーヌの誘惑』のルドンによる挿絵をポスターにしたもの。
[PR]
by sumus_co | 2012-01-26 20:48 | 古書日録

足跡

b0081843_1735175.jpg


b0081843_17351117.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-01-26 17:35 | 写真日乗