林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

父・こんなこと

本年最後を飾るにふさわしい一冊が舞い込んできた。今秋、湯川書房の本がいろいろなところに出ていた時期があったらしい。そんななかにこの一冊が紛れていた。旧蔵書が処分されたのだろう(湯川さん自身が処分した可能性が高い)。歿後すぐにも限定本がまとめて現れたことがあったが、蔵書一代とはこういう意味なのだろうか。それもまたよし、である。

b0081843_2045965.jpg


b0081843_2045254.jpg

『幸田文随筆集』(角川文庫、一九五四年八月一五日)。「53」とあるのは昭和五十三年? こんな本があるのだからきっと幸田文と交渉があったのだろう。ただし『湯川書房・湯川成一の仕事』をざっと見てみたところ、幸田文の本は出していないようだ。出そうとしていた時期があったのかもしれない、あるいはそうではないかもしれない。単にファンだったとか。

それにしても幸田文は凄い。開いて一行読んだらやめられなくなった。父・幸田露伴の臨終および葬儀について事細かく綴った「父」と死後しばらく経ったようすを描いた「こんなこと」を収録。「父」の臨終の瞬間を描いた部分を少しだけ引用してみる。文中、小林は小林勇、柳田は柳田泉、武見は武見太郎である。

《診察を済ませ、先生は小林さんやほかの人と立ち話をしてゐ、私も送りに出てゐた。「色が変わつた!」柳田さんの声だつた。たちまち死色が顔から紅を奪つて行つた。武見さんが聴診器をあてたまゝ、やゝしばらく、「さう、心臓がとまりました」と云つた。
 父は死んで、終つた。》

「父は死んで」とあるが、父には「死ぬ」を用いるのが普通。「亡くなる」は用いない。露伴が死んだのは夏の暑い盛りだった。以下は歿後初めて迎えた正月について「こんなこと」の「正月記」、出だしはこうである。

《正月といふものを、私はちひさいときから楽しいものとばかりはうけとつてゐなかつた。楽しいことのかずかずはたしかにあつたが、家の中の空気はいはば警戒警報下のやうな不安な状態になつた。爆源はいつも父だつたのである。毎年、元日といふときまつて父は余計気むづかしくなつた。》

そして締めはこうである。

《今年は喪の正月であつた。かつて父に、家に伝はる文献を調べて家元たることを証してくれと頼んで来たのが縁で、古流の宇田川さんが毎年春の花をしてくれる。押しつまつて忙しい盛りを例年の通り来てくれたのを見て、喪の床だがなあと思つたのは私のあさはかさだつた。軸の無い床に茶の壁を背にして活けられたのは、ひそりと水仙たゞ二花。三ヶ日とも人は来なかつた。正月が無ければと願つたことは約二十年後になつて私にかなへられたわけだ。紙鳶の唸り、羽根の音、私の正月でない正月は寂しいものであつた。》

例によって旧漢字は改め、繰り返し記号は略した。
[PR]
by sumus_co | 2011-12-31 20:05 | 古書日録

恐ろしき私

b0081843_20102077.jpg

帰省中に少しだけ時間があったので香川県立図書館の「郷土コーナー」で調べもの、というか調べる前の下調べ、をしてみた。開架の棚を見ていると貴重書も差してあって喜ぶ。中河与一『恐ろしき私』(改造社、一九二七年六月二〇日)。この装幀が佐伯祐三なのだ。図版写真では知っていたものの手に取ったのは初めて。元は函付きのようだが、図書館の通例として函は捨てられている(著者寄贈本)。中河与一は明治三十年坂出町(現坂出市)生まれ。

b0081843_2010108.jpg

他に目にとまったのは黒島伝治。新鋭文学叢書『浮動する地価』(一九三〇年)と日本プロレタリア傑作選集『氷河』(一九三〇年)。黒島は明治三十一年香川県小豆郡苗羽村(現小豆島町)生まれ。壷井栄は隣の坂手村(現小豆島町)の出身。ざっと見たところ近代作家では菊池寛と壷井栄の本が多かった。菊池寛は別の階に記念室が設けられている。

同じ建物の四階に高松市歴史資料館があり「馬場景泉展 現代花鳥画の精華」が開かれていた。
b0081843_20522674.jpg

馬場は明治二十七年山田郡西植田村(現高松市西植田町)生まれ。本名石原藤三郎。十三歳で京都へ出て今尾景年の門に入る。昭和六年に高松へ戻り、花鳥画に専心するとともに県美術界の発展に貢献した。昭和二十九年歿。

とりたてて卓越した作家とは思えないものの、景年から「景」の字を許されただけはあって、それなりに見応えのある描写。兄弟子で三重出身の今井景樹と親しくしていたのだそうで、景樹の作品も並んでいた。

図録には猪熊信男(一八八二〜一九六三、東かがわ市松原の猪熊家の養嗣子、広島大学教授、宮内庁図書寮御用掛などを務め、古文書・古典籍の収集は恩頼堂文庫として知られる、猪熊家は白鳥神社の神職)や阿野赤鳥(一八九七〜一九七二、山田郡庵治村出身、香川近代詩の草分け的存在)らとも親交があったようなことが書かれていた。郷里についても知らないことばかりである。
[PR]
by sumus_co | 2011-12-30 20:39 | うどん県あれこれ

かっこいい本

b0081843_19531045.jpg


b0081843_1953325.jpg

先日、知人と話をしていて「どんな本が欲しいんですか?」と尋ねられた。あまりにストレートな問いかけに一瞬考えたが、「やっぱりかっこいい本だよね」と答えた。前々から本は読むものではない、などと折々に書いたりしてきた人間の答えとしては、当然だと言えば言えるのだが、はてさてカッコイイ本とはいったいどんな本なのだろうか? 

「○○ Bq 以上のカッコイイ光線を放射していればカッコイイんです」とは答えられないし、実のところ、答えられないからこそ探し求める意味もあろう。なんとか来る年もこちらの想定を超えるカッコイイ本を手にしてみたい。むろん読んで面白ければなおさらよろしい。もう一つ言えば、カッコよさは金銭の多寡に左右されない。そこが魅力でもある。

ということで最近頂戴したカッコイイ本を二冊紹介する。まずは塚本邦雄『小歌集 桃夭帖』(書肆季節社、一九九一年三月二三日)。政田岑生の造本だ。本文十六ページを八ページずつ折ってアンカットのまま重ね、それを書套で挟んでいる。綴じはない。そこに十首が収められている。

 塚はラピスラズリを埋めてきらめけり
 あはゆきのかひな飾らむ燦たるたまき

つづいて書肆山田のリーフレット『書肆山田の本と書肆山田』。創業四十年を越えたとか。こちらも同じ方からの頂き物。二〇一一年一〇月一五日発行。設計は菊地信義。さすが。二枚の横長の紙を観音開きになるように折ってそれぞれ八ページの十六ページに仕立ててある。薄い本はかっこいい。

b0081843_19525445.jpg


b0081843_19524467.jpg


今年アップしたブログ記事の古書の部からカッコイイと思う本や紙媒体を選んでみた。これでだいたい小生のカッコイイ基準が分かってもらえるだろうか。


北沢正誠編輯『象山先生詩鈔 巻之下』
http://sumus.exblog.jp/14821428/

大江満雄『海峡』
http://sumus.exblog.jp/15061571/

『大正十年度図書目録 辞書・参考書』
http://sumus.exblog.jp/15070024/

『アンリ・ミショオ詩集』
http://sumus.exblog.jp/15124955/

LE FIGARO, 20 AOÛT 1870
http://sumus.exblog.jp/16016032/

ゴタ派 第一号
http://sumus.exblog.jp/16571303/
[PR]
by sumus_co | 2011-12-29 20:40 | 古書日録

ローマ街から

b0081843_20182935.jpg

メトロのローマ駅下車。ステファヌ・マラルメが晩年を過ごし有名な「火曜日」のサロンを開いたアパルトマンがあるローマ通り(「街」と訳されるのが普通なのだが、お気づきのようにこのブログでは基本的に rue は「通り」としているのであしからず)。

下の写真がローマ通り八十九番地あたり。写っていない右手には深く掘り窪められたサン・ラザール駅へ通じる線路がある。門扉の横に銘版(パリの歴史)が設置されており、マラルメがここに住んでいたことが記されている。上の写真は同じ建物一階の楽器店の飾り窓。
b0081843_20181987.jpg


b0081843_20172778.jpg

おそらくマラルメの部屋(五階だったそうだ)からこんな風景が見えていたか。鉄道(SNCF)の線路。
b0081843_20174033.jpg

こちらは蜷川譲『パリ文学地図』(角川文庫、一九六五年)の口絵に載っている写真。《ローマ街89番地5階の詩人の家の前》というキャプションになっている。たしかに《家の前》ではあるが、線路側で、小生の撮った線路写真の右端のあたりになるようだ。
b0081843_20441780.jpg

ローマ通から線路を渡ってコンダミーヌ通へ(マン・レイ歩きですでに紹介した建物あり)。ラ・フールシュ駅まで。さらにブロシャン駅からモワンヌ通〜レジャンドル通と歩く。表に漫画(BD、バンド・デシネ)がずらりと並ぶア・コントラリオ書店(a contrario は「逆に、逆の」という常套句らしい)。
b0081843_20171854.jpg

AからZまで書店(Librairie de A à Z)。
b0081843_2017858.jpg


b0081843_20165191.jpg

本のままに書店(Librairie Au Gré des livres)。変わった名前の古本屋が多い地域だなあ。
b0081843_20163227.jpg

町の本屋さん。文具、新聞雑誌。看板の色使いがパリらしい。
b0081843_20162618.jpg

[PR]
by sumus_co | 2011-12-28 20:18 | パリ古本日記

チュイルリー公園

b0081843_2041614.jpg

上はソルフェリーノ橋の欄干に取り付けられたたくさんの錠前。恋人たちの愛の証かな? 日本にも同じようなものがあると聞いたこともあるが、こんなところで目にしようとは。

メトロのチュイルリー駅で下車。リヴォリ通りに面した回廊にあるガリニャーニ書店(GALIGNANI)の前を通る。元はヴェネツィアの出版人だったようだが、十七世紀にロンドンを経てパリにやってきた。そこで英書の書籍を販売、出版、英語の塾のようなものまでやっていたらしい。大陸で初めての英語書店とうたっている。詳しくはホームページのヴィデオなど参照。
b0081843_20405640.jpg


b0081843_20404486.jpg


b0081843_13394810.jpg

目的はジュ・ド・ポム(写真美術館)で開催されているダイアン・アーバス展。街頭のポスターでやっているのを知ったのだが、今調べてみると二〇〇三年のサンフランシスコを皮切りに各地を巡回している大回顧展のようだ(日本には来ないらしい)。ラッキー! 

ダイアン・アーバスについてはかつて「書評のメルマガ」に書いたことがあるので、ご興味のおありの方はご一読を。

■林哲夫が選ぶこの一冊(25)現世のワンダーランドで

b0081843_2040224.jpg


b0081843_20401371.jpg


b0081843_2040192.jpg


b0081843_20394843.jpg

ジュ・ド・ポムの入り口にも書店あり。書店への入場は自由。
b0081843_20394180.jpg


b0081843_20393155.jpg

[PR]
by sumus_co | 2011-12-27 20:41 | パリ古本日記

マレー地区

b0081843_16465191.jpg

すでに紹介したモナ・リゼ(Mona Lisait)のシャトレ、オテル・ド・ヴィル店。ホームページによればパリ市内に九店舗あるそうだ。

ユダヤ書のタンプル書店(La Librairie du Temple CHIR HADACH)。向かいにはファラフェル・サンドイッチで行列のできる店がある。古めかしい建物の残るユダヤ人街の一角。初めて訪れた三十年前は寂れていたが、今はもう観光地化してしまってとても賑やか。
b0081843_16464066.jpg

モナ・リゼのマレー店。
b0081843_16462575.jpg

アルシーヴ・ド・ラ・プレス(Les Archives de la Presse)。「新聞雑誌の古文書館」と訳していいのだろうか。新聞や雑誌、ポスターなどが得意らしいが。国立古文書館のすぐ前にある。
b0081843_16461424.jpg


b0081843_1646532.jpg

ヴォージュ広場の東側トゥールネル通にあるギャラリー・アート・ジャングル(Galerie Art Jingle)。フェルナンド・コスタ(Fernando Costa)の新作展をやっていた。残念ながらまだ開いていなかったが、窓からほぼ全作品が見渡せた。セザールやアルマンをもう少しおしゃれにしたような感じだろうか。一九七〇年ドルドーニュのポルトガル移民の家に生まれたという。エナメルの標識などを構成した一種の立体コラージュ。けっこう気に入った。
b0081843_16455159.jpg


b0081843_16454185.jpg

[PR]
by sumus_co | 2011-12-26 16:47 | パリ古本日記

桑島玄二詩碑

b0081843_1619551.jpg


b0081843_16194476.jpg

香川県東かがわ市にある白鳥神社の松原。ヤマトタケルが薨去したのち魂が白い鳥となって飛来したと伝えられる神域である。およそ十万坪もあるそうだが、小生の卒業した中学校はすぐ隣。部活で走ったり、松原の絵を描いたりしたことを思い出す。ここに桑島玄二の詩碑が平成七年に建立されている。

b0081843_16192483.jpg

詩碑の表は桑島の晩年の連作短詩「旅の箇所」122、白鳥の松原をうたった作品が選ばれている。
b0081843_16191567.jpg


b0081843_16193598.jpg

裏面は以前コメントいただいたように衣更着信が「白鳥の詩人」と題して桑島のことを讃えている。碑文が読み取りにくかった。できればいつか拓本を取ってみようと思う。
b0081843_1619353.jpg


b0081843_16185436.jpg

桑島の詩碑から数メートル離れてもうひとつ岩倉美穂の句碑がある。

  獅子使ふ
  子に新藁の
  わらし編む

b0081843_1618456.jpg

碑文によれば岩倉美穂(本名・美代子)は大正十五年二月二十三日生まれ。東かがわ市水主(旧大川郡大内町水主)出身。農業のかたわら俳句に没頭し農婦の目で見た四季折々の事象を表現したという。
[PR]
by sumus_co | 2011-12-25 16:20 | うどん県あれこれ

La Muse endormie

b0081843_9264795.jpg

[PR]
by sumus_co | 2011-12-18 09:26 | 雲遅空想美術館

ソルボンヌ周辺

b0081843_20241553.jpg

コンパニー書店(Librairie Compagnie)はクリュニー美術館のすぐ前、パンルヴェ広場(Pl. P. Painlevé)に面している新刊書店。
b0081843_20235777.jpg

コンパニーと公園を挟んで向かい合うクリュニー書店(http://www.galaxidion.com/cluny/)。飾り窓に映っているのがクリュニーの建物(中世美術館)。
b0081843_20234693.jpg
b0081843_2023362.jpg

出版社リアナ・レヴィ(http://www.lianalevi.fr/f/index.php)の飾り窓。
b0081843_20232826.jpg

その並びに同じく出版社のピッパ(Pippa)。
b0081843_20231681.jpg

ソルボンヌ通りに入って出版社が数軒並ぶなかのPSN(Presses Sorbonne-Nouvelle)の書店ブティック・デ・カイエ(Boutique des Cahiers)。
b0081843_2023182.jpg

そしてソルボンヌ広場のヴラン書店(Librairie Philosophique J. VRIN)。淀野隆三もこの店の顧客だった。
b0081843_20225037.jpg
b0081843_20224337.jpg

ヴランと広場を挟んで向かい合うメゾンヌーヴ出版(Jean MAISONNEUVE)。古書店でもあるようだ。
b0081843_20223450.jpg

ソルボンヌ広場には寺院があってそちらへカメラを向ける観光客も多いなか、古本屋しか撮らないというのも、どうかと反省した。
[PR]
by sumus_co | 2011-12-17 21:26 | パリ古本日記

2011年極狭私的見聞録

b0081843_1717923.jpg


b0081843_1653399.jpg

松崎天民の葉書。消印が読めないけれど「講談社」宛はがきを転用していることから大正時代の末頃と考える。一九二五年に社名を「大日本雄弁会講談社」と改称しているため。ただし小川菊松によれば、「講談倶楽部」の発行にあたっては創刊以来「講談社」の別名を用いていたそうで、時期の特定の根拠にはならないのでは、という読者の方よりのご指摘をいただいた。おっしゃる通り。昭和になってからの可能性の方が高いかもしれない。宛名の畑耕一は東京日日の記者をへて大正十三年に松竹キネマ入りした劇作家、小説家だろう。先生と書いているところからすれば記者時代とは考えにくいか? 天民より八歳下だし(年齢はコトバンクによっていましたが『現代俳句辞典』角川書店に従って訂正しました。明治十九年生まれ、昭和三十二年没)。文面は以下の通り(「十六夜会」および「臥床」は読者の方よりご教示いただきました)。

 十七日の遊行ゼヒお伴
 いたしたい心持で居ます
 この四五日風邪臥床、
 やつと今日起き出ま
 した、十六夜会にも
 思へば御無沙汰つづき哉

  ***

湯川さんと親しくされていた方より「2011年極狭私的見聞録」というお便りを頂戴した。本、美術展DVD、CD、の分野に分けて今年印象に残った作品を列挙しておられる。

《これは、湯川さんが「季刊湯川」発行中、「みすず」のアンケートを本だけでなく、音楽、美術に拡大したものをやりたいと、言われて、二人で交換していたのですが、その内「生活に追われて……」音楽会は行けなかったと、本だけになり、その後、本も消え、賀状のみになりました》とのこと。その方は湯川さんを囲む人たちに送っておられたそうだ。

その方のリストで一番上に書かれているものだけ引用する。

本/村上春樹『雑文集』新潮社
美術展/川崎毅展(東洋陶磁美術館)
DVD/トーマス・ハンプソン「マーラーの歌曲・パリ シャトレ座ライブ」
CD/崎川晶子「アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳」

せっかくだから小生も今年を振り返ってみる。展覧会は振り返るほど見ていないが、ダイアン・アーバスは良かった。アートフェアーの熊谷守一も。他には松尾神社の神像や刺繍ポジャギとチョガッポ展。

新刊書はちょっと狭すぎる選択かもしれないけれども個人的に関わりのあったものが印象に残る。

・いまそかりし昔 築添正生 http://sumus.exblog.jp/15080564/
・評伝ジャック・プレヴェール 柏倉康夫
 http://sumus.exblog.jp/16484549/
・三條廣道辺り 石原輝雄 http://sumus.exblog.jp/15981220/

映画はDVDや録画で見たものばかり。印象深いのは先日パリから戻るときに飛行機のなかで見たゴダールの「軽蔑 LE MEPRIS」(1963)。すごく新鮮だった(もちろんずっと昔に見ているのだが)。素人みたいな下手くそな映画だが、それが「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のすぐ後で見たからか、妙に魅力的だった。バルドー、いい。

CDでは例のハイデガーの朗読はちょっと外せないが、音楽で繰り返し聴いたのはゲンズブールのベスト盤「ゲンズブール・フォーエヴァー」とエリック・クラプトンの1990年のベスト盤「ERIC CLAPTON STORY」。季村さんおすすめの ZAZ もよかった。

古本収穫もだんだん狭くなって買った本の数は昨年よりもさらに減った。

・生田耕作反故原稿 http://sumus.exblog.jp/14800128/
・植草甚一年賀状 http://sumus.exblog.jp/15137302/
・黄葉夕陽村舎詩後編 http://sumus.exblog.jp/15332935/
・詩人 2〜4 http://sumus.exblog.jp/16305128/
・松崎天民葉書
・アカツキ マキノ五 新聲社 1902
・Misérable Miracle アンリ・ミショー 1956
・Celui qui ne m'accompagnait pas モーリス・ブランショ 1953
・Jacques Prévert Collages 1982 http://sumus.exblog.jp/17346127/
・絵葉書(飯田衞、国枝金三、鍋井克之)http://sumus.exblog.jp/15091472/
[PR]
by sumus_co | 2011-12-17 17:15 | 古書日録