林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 10月 ( 47 )   > この月の画像一覧

湯川さん

b0081843_20334279.jpg


『湯川さん 親しかった人たちの回想 私刊本』(福永幸弘、二〇一〇年一〇月二五日)。湯川さんの、とくに大阪、老松町時代の様子がよく分かる。シャイでダンディな人柄をさまざまな逸話が髣髴とさせてくれる。

この本とは関係ないが、蔵書整理中に発見したメモ一枚。そこに湯川さんから聞いたちょといい話(でもないか)が書き留めてあったので紹介しておく。

堀田善衛の本をつくったとき。ということは『聖者の行進』(一九八六)だ。普及本を使って表紙だけ変えて特装本にした。限定百部。柄澤さんの木口木版画入り。

「やりたいことをやって不出来ならええけど、お金に困っていて十分な出来ではなかった」

その出版を祝う会があって上京した。そこへ池田満寿夫がやってきてズバリと言った。

「つまらん本をつくったね」

グサリときた。でも「本当のことやからしかたない」。湯川さんにはこういう思い(理想と現実の乖離に対する苦しみ)が常につきまとっていたようだ。

÷

Mさんより知恩寺報告あり。

《昨日は雨予報で中止だったR書店、9時丁度に到着したらすでに本を抱えた人が一杯居てあわてました。最初は中々拾えなかったのですが、どんどん追加されるのでそのうち手にあふれそうなくらい積み上げました。最終的に買ったのは、『歌舞伎への招待 正続』カバー付各300円硫酸紙で大切に保存されていたのでとてもきれいです。『モード案内・1、2』マダム・マサコ婦人画報刊各300円、『点』滝口修造S35年函パラ極美?500円、『さちゅりこん』花田清輝帯付き200円他です。沢山の荷物をぶら下げた山本さんと連れだって知恩寺に移動。昨日新潮社の現代仏蘭西文藝叢書堀口大学訳『夜ひらく』と望月百合訳『タイース』のカバー付きを3冊500円で拾ったK書店に行くも今日はだめ、同じく昨日3冊500円で『恩地孝四郎 色と形の詩人』を見つけたT書店では何とか『シムノンとメグレ警視』、『現代詩つれづれ草』清水哲男、『富岡多惠子詩集』(1967年版の分厚い本)の三冊が買えました。

 重い荷物を持って善行堂へ。『書影でたどる関西の出版100』を見せてもらい、思わず注文してしまいました。》

b0081843_20532572.jpg


b0081843_20531224.jpg


Mさん撮影。いいですね! Mさんに衝動買いしていただけるなら『書影でたどる関西の出版100』も期待できるゾ。いちおう明日、参戦する予定です。
[PR]
by sumus_co | 2010-10-31 20:55 | おすすめ本棚

生活考察02/男の隠れ家12月号

b0081843_99964.jpg


『生活考察』Vol.02出ました!
http://d.hatena.ne.jp/fiddle-stick/20101026

創刊号も良かったが、それ以上に面白い、粒よりの内容になっている。このメンツを集めた編集長・辻本氏の手腕を大いに評価する(小生は三月のパリ滞在について細かいこと書きました。雑誌詳細は上記のブログをご覧下さい)。

それから、京都の古本屋を紹介した雑誌が出た。取材先はアスタルテ書房と善行堂以外は編集部が決めたもので、テクストもすべてライターさんによる。

『男の隠れ家』
2010年12月号 本のある空間、本とある時間。
http://www.kakurega-online.com/backnumber/?bookno=201012
[PR]
by sumus_co | 2010-10-31 09:14 | 著述関連

本日開催、一箱古本市 in えいでんまつり

えいでんまつり。叡電の車庫でさまざまな催しが行なわれた。その一角に一箱古本市が開催された。朝は小雨だったが、開始時刻にはほぼ上がっていた。
b0081843_1951369.jpg


屋根のある車庫内。電車の外と車内とに別れて陣取り。小生は車内で店開き。この車庫ではライブとヨーヨーつりなども行なわれた。
b0081843_19511777.jpg


午前十時、開店、かいて〜ん。
b0081843_19504376.jpg


車内には十六店ほど。魚雷(文壇高円寺)くんと向かいあう。砂の書さんも。
b0081843_19502320.jpg


外にも同じくらい出店。知った顔も、ちらほら。車外の方が人が群がる率は高かった。売上げはどうか分からないけれど。
b0081843_1950962.jpg


山本将軍の降臨なり。文壇高円寺の箱から加藤一雄『京都画壇周辺』をアッサリさらったあたりはさすがだ。
b0081843_19494284.jpg


本の並びとしてはこの箱がいちばん凄かった。ガケ書房の古本棚に出店されておられると聞いて納得。
b0081843_19475565.jpg

終了直前の午後四時前には投げ売り状態になった。客層がつかみきれず、ヴァラエティゆたかに取り揃えて行ったが、予想したよりも売上げはあった。親子連れが圧倒的に多く、ついで鉄道ファンの人たち(彼らは鉄道関係のものにしか興味を示さない典型的なタイプで、ちょっと圧倒されました)。ビフォアー百万遍とアフター百万遍の方々もそこそこ目につきました。後は若い人たち(学生さんか)は熱心に見てくれた。ごくろうさま。

b0081843_1711946.gif


【日時】平成22年10月30日(土) 10:00-16:00(雨天決行)

一箱古本市inえいでんまつり 店主さん一覧
http://gakegake.blog.eonet.jp/default/2010/10/in-d7c6.html

【「一箱古本市」に関するお問合せ】
電話:075-724-0071(ガケ書房)
メール:eide.hitohako@gmail.com

b0081843_858023.jpg

[PR]
by sumus_co | 2010-10-30 08:21 | もよおしいろいろ

古典 松雲堂月報

b0081843_21161881.jpg


『古典 松雲堂月報』第三冊(鹿田松雲堂、一九二八年一〇月二五日)。中之島図書館のサイトにこうあった。

《明治23年5月、大阪・安土町の古書肆・鹿田松雲堂、二代鹿田静七【号:古丼(こたん)】は、一説に日本初と言われる販売目録「書籍月報」を発行した。その後、書名を「古典聚目」と変えて三代静七【号:餘霞(よか)】、四代静七(名・文一郎)に受け継がれ昭和18年まで50年以上に亘り発行された。100号には幸田成友、内藤湖南、今井貫一等が賛辞を寄せている。これは近代大阪の古書販売史上の金字塔である。》

この『古典』は四代静七こと文一郎の発行になり、主人自身も「書林日抄」を執筆している。巻頭に新村出(しんむら・いずる)「上野物語のこと」。新井白石が少年の頃、万治二年(まんじ、一六五九)三歳で『上野物語』を筆写したという『折りたく柴の記』の記述について、およびそのときチビ白石は『伊曾保物語』をも読んだのではないかと空想する話。

次に載っている幸田成友(こうだ・しげとも、露伴=成行の弟)の「和蘭だより」が面白い。

《無事去月十八日マルセーユ上陸巴里を経て当市に入り候。巴里市には三泊したゞけに候が一日は本屋まわりを試み一日は田舎者然と見物いたし候。店なく、まるで事務所のやうな本屋あり、書架について本を見ることなど少しも出来ず、名古屋の其中堂然たる有様、然もその事務所は二階にあり、ガランとした階子段を上り、戸をあけると、それが本屋といふ訳、名高きグートネルが、その始末、何んだか図書館の事務所へ入つたといふ姿なり。店のあるは却つて小さな本屋なり。目録は頻繁に出す目録以外の本を出して之はいかゞ様とすゝめるやうな目にはまだあはず。時間は土曜日午後と日曜終日は休業なれば、日本の如く今日は日曜で休みだから本屋まわりをしやうなどゝいふ事は全く出来ず、本屋へ行くには用事をかいて行かねばならぬ訳に候。すべて事務的にて無駄話も出来ず尤も当方語学不得手の為も有之候。主人公店先に出てゐるは小さな店のみ、大きな店は番頭まかせ、当市ナイホフといふ本屋は一寸丸善の姿にて階下の右手には新刊書左手には古本の陳列室あり羊皮の表紙の本キレイに陳列せられ居り候。代価は目の玉のとび出る程なり。二階以上へはあげてくれず候。ブリルと申すライデンの本屋で目録の校正摺を送つて貰つたのは少々成功、併し御得意には皆この伝をやると見えたり。尚追々申上べし(下略)/(一九二八・七・三〇和蘭ヘーグにて)》

それから「書林日抄」にはこうある。

《弊堂は『書籍雑誌に関する展覧会』を協賛する意味で荒木書店と連合で十月三日白木屋八階で大即売会『古本市』を催した、当日は新例を開いて三十銭、五十銭、八十銭 一円、二円等和洋書の均一大廉売を行ひ非常な盛況で、当日は折悪しく秋雨のふりしきる日となつたがそれにもめげず開会前より詰めかける熱心な愛書家で会場はたちまち満員となり破天荒な均一売は一層の人気を喚んで異常な歓迎を受けた、又当日柳屋も同所で短冊展を開いた。(写真は古本市の盛況)》

b0081843_206428.jpg

白木屋(しろきや)は《1921年(大正10年)10月1日 - 大阪堺筋に地上9階建ての大阪店が完成》(ウィキ)だそうだ。昭和三年の三十銭均一は今ならいくらだろう、1500円均一くらいか(?)。和本が中心、デパート展だからそんなものだろうか。

さて、百万遍の初日に行かないのは何年ぶりだろう。明日は「一箱古本市 in えいでんまつり」にトチゲキー!! 電車庫なので雨は関係なし。蔵書整理中ゆえの思い切った放出だ。期待してもらっていいです。
[PR]
by sumus_co | 2010-10-29 21:06 | 古書日録

もっと気楽にお願いします

b0081843_1448516.jpg

秋野癸巨矢(きくし)さんは画家・秋野不矩さんのご長男である。扉野良人くんの伯父さんにあたる。京大の哲学科美学美術史を卒業後、大映宣伝部、笑いの王国、宝酒造宣伝課の勤務をへてフリーランスの編集者として活躍された。現世人類探検会、国際老子研究会を創設。マクロビオティック機関誌『コンパ21』編集長。

二〇〇八年に亡くなられた。要するに遺稿集なのだが、遺稿集にしておくのはもったいない。「皇紀二千六百年夏と基督降誕暦千九百四拾五年夏」は傑作。難しげなタイトルに反して少年時代の京都、三条通り蹴上げ周辺での日々がいきいきと綴られている。

秋野癸巨矢さんの膝でニコニコする扉野くんのお父さん。扉野くんは上の写真の少年です。
b0081843_14483889.jpg


b0081843_1447580.jpg


もっと気楽にお願いします 秋野癸巨矢著作集
2010年11月7日発行

著者 秋野癸巨矢
装幀 林 哲夫
装画 秋野癸巨矢
発行 秋野美樹

195×132mm

背  ジャガードGA スノーホワイト 四六判Y目100kg
表紙 タント N-55 四六判Y目100kg
見返 OKミューズバナナ ショコラ 四六判Y目120kg
別丁扉 パミス 白 四六判Y目100kg
[PR]
by sumus_co | 2010-10-29 15:01 | 装幀=林哲夫

お久しぶりな床と壁

b0081843_15242089.jpg


かなり本を減らして、引越した時点に近いところまで戻した。床が見えてきた。もうひとふんばりしてダンスができるように……(する必要はありませんが)。

b0081843_14445887.jpg


と、その左はまだこの状態。これも低くする必要あり。ただし文庫本棚が全体が見えるようになって、ある意味、便利になった。本はやはり背が見えないと使えない。
[PR]
by sumus_co | 2010-10-29 14:46 | 写真日乗

文庫創刊広告

段ボール箱をつぶしていると、いろいろなモノが出てくる。すっかり忘れていたが、こんな広告まで切り取っていた。いずれも朝日新聞。すべて処分する予定ですのでもし「欲しい」というものずきな方いらっしゃれば左の「メモ帳」欄「お問い合わせ」よりメールください。お送りします。早い者勝ち。あしからず。

1997年4月10日 幻冬舎文庫創刊
b0081843_1949175.jpg


1997年12月5日 小学館文庫創刊
b0081843_1948482.jpg


2000年1月1日 岩波現代文庫創刊予告
b0081843_19482947.jpg


2000年1月14日 岩波現代文庫創刊
b0081843_19481350.jpg


2000年9月5日 学研M文庫創刊
b0081843_19471667.jpg


2000年1月12日 王様文庫創刊
2002年6月14日 福音館文庫創刊
2000年10月15日 双葉文庫10月の新刊(創刊じゃないです)
b0081843_19465093.jpg

[PR]
by sumus_co | 2010-10-28 20:16 | 古書日録

書影でたどる関西の出版100

b0081843_1457017.jpg


本日届きました。やっと完成しました。目次、記事の一部は立ち読みできますので、下記からどうぞご覧下さい。

創元社の本 > 書籍詳細 書影でたどる関西の出版100
http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=20153

◉このブログでの関連記事を集めてみました。

書影でたどる関西の出版100 見本
http://sumus.exblog.jp/14187606/

書影でたどる関西の出版100 検印紙
http://sumus.exblog.jp/14124642/

内容見本が出来ました
http://sumus.exblog.jp/13597335

書影でたどる関西の出版100 束見本
http://sumus.exblog.jp/13503809/

入稿する前の最後の校正
http://sumus.exblog.jp/13217117/

フルカラー出力の校正
http://sumus.exblog.jp/13147188/

本日ようやくゲラが届いた
http://sumus.exblog.jp/12636683/

『書影でたどる関西の出版100』に落ち着いた
http://sumus.exblog.jp/12664135


◉内容に関する記事

『倚松庵随筆』
http://sumus.exblog.jp/14224579

パノラマ「セダンの戦い」
http://sumus.exblog.jp/14033864

『理論と鑑賞 現代美術』
http://sumus.exblog.jp/13995982

『古本屋』
http://sumus.exblog.jp/13768084

『自己陶酔』
http://sumus.exblog.jp/13673714

天野忠『重たい手』
http://sumus.exblog.jp/13387780
[PR]
by sumus_co | 2010-10-28 15:28 | 装幀=林哲夫

途上国の人々との話し方

b0081843_14404269.jpg


途上国の人々との話し方 国際メタファシリテーションの手法
2010年10月25日発行

著者 和田信明 中田豊一
装幀 林 哲夫
発行所 みずのわ出版

210×148mm

ジャケット NTほそおりGA 新スノーホワイト 四六判Y目100kg
表紙 NTほそおりGA 新スノーホワイト 四六判Y目170kg
見返 NTほそおりGA 濃鼠 四六判Y目130kg
[PR]
by sumus_co | 2010-10-28 14:45 | 装幀=林哲夫

馬耳東風

b0081843_22291557.jpg


与謝蕪村「春風騎旅図」(明和八年=一七七一)。

昨日のつづき。いろいろコメントいただいたので。

「猫に小判」、「犬に論語」、「馬の耳に念仏」はだいたい似通った意味である。英語には「死んだ馬に賛美歌を聞かせる Sing psalms to a dead horse」というのもあるそうだ。人間にとって価値あるものでも動物には価値がない、またはそれと同じような対比で人間同士の関係を諷しているのだろう。

ただ「馬の耳に念仏」は「馬の耳に風」のヴァリエーションだとされ、元は李白「答王十二寒夜獨酌有懐」に出ている「有如東風射馬耳」(すなわち馬耳東風)に由来すると言われている。友人から届いたその不遇を嘆くたよりに対して、李白が、寒い夜に一杯やりながら、そうだそうだと同感して答えた作。「馬耳東風」前後の部分だけ引用してみる。

 吟詩作賦北窓裏
 萬言不直一杯水
 世人聞此皆掉頭
 有如東風射馬耳
 魚目亦笑得
 請與明月同
 驊騮拳跼不能食
 蹇驢得志鳴春風

《北窓》は冬の間は閉じておく。その裏で作詩するのだから逆境ということを示すのだろう。《吟詩作賦》はおそらく政治的なマニフェストだとみていい。ところがそんな言葉を連ねても一杯の水ほどの価値もない。世の中の人はみんな「ノー」と頭をふりながらこれを聞く。まるで春の風が馬の耳に当ったときのようだ。白い目(魚目は馬または馬の目ともとれる)が笑うので秋の明月をいっしょにと願っても、名高い名馬はまるくうずくまったまま食べることすらできない。足の悪いロバだけが望みをもって春風にいな鳴いている。(以上まったく手前勝手な解釈ですのでご教示を乞い願います)

馬は、寒くてちぢこまっていた耳に生暖かい春の風が当ったから、くすぐったくて首を振るのであろう。そのさまを「ノー」という否定の仕草にたとえている。例えば選挙のための辻説法と考えれば、誰も賛同してくれない泡沫候補の心境だろうか。「猫に小判」とは違うようだが「犬に論語」とはやや共通する。『論語』も基本的には世に容れられなかった挫折者の立場から語られた正論なのだから。

李白は『唐詩選』が一般に流布した江戸初期から日本では有名になったらしい。「馬の耳に風」や「馬の耳に念仏」はそれ以降にパロディとして現れたと考えていいのかもしれない。

もうひとつ、薔薇のことだが、昨日の図を見ると、八重の立派な花である。ワイルド・ローズとはまるで違う栽培品種のようだ。たぶん「神聖」というよりも、観賞用として育てた高額な薔薇を豚にエサとして与える、そういう金銭的な観点からの諷刺ではないだろうか(?)。新旧約聖書に「薔薇」は出ていないようなので。ところで豚バラって、これも食べられるね。

 *

書斎の段ボール箱(本の詰まった)五十個へらそう個人キャンペーン中。めったにないことだが、あちらこちらの古本屋さんに買い取りをお願いしている。振替用紙を同封して送りつけるという単純なやり方。現状でだいたい二十箱分なんとかした。あとは芦屋に何箱か送れるし、十二月にかけて各地で参加予定の一箱古本市が少なくとも三回はある。それにしてももう少しましな本を持っていたつもりだったが、たいしたものがないのに、あらためてガックシ(!)
[PR]
by sumus_co | 2010-10-27 21:04 | 雲遅空想美術館