林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 47 )   > この月の画像一覧

『彷書月刊』9月号

b0081843_20343885.jpg

『彷書月刊』299号は「『彷書月刊』総目次前編1985-1996」。創刊は一九八五年十月号。あと一冊、300号での終刊が決まっている。

小生が同人雑誌ではない、まがりなりにも(失礼!)月刊の商業誌に書いたのは『彷書月刊』が最初だったということを今日あらためて確認できた。

一九九三年十月号から九四年三月号にわたって「神戸・古書店犯罪日録」を六回書いた。これは地震前に神戸に住んでいたとき。地震後に処分したのか手許に掲載誌が見当たらない。たぶん毎回二枚くらいの短文だった。R書房さんへ依頼があったのを「林さん、書かない?」というので引き受けた。むろんペンネームを使っている。

正式な『彷書月刊』デビューは一九九五年十月号「神戸だより(7)五十九冊の本」。これは震災についての連載エッセイの一回分(書き手は毎回変る)。連載の世話人をしていたのは古書店街の草の加納さんだったと思う。九六年一月号の「神戸だより 震災一年」特集でも加納さんが巻頭に「神戸の記憶 きれぎれのメモ」を書いており、小生も「元気ダシテ」を寄稿した。拙文はどちらも『古本デッサン帳』(青弓社、二〇〇一年)に収めてある。

今月号、坪内祐三さんはレストラン「豆の木」のことを書いている。神田の白山通りにあった坪内さんたちが出版記念会でよく使った店で、二〇〇三年に九段下へ移転したという。ここは小生も一度だけ連れて行ってもらった。二〇〇二年五月一日。六本木で個展をやっていたとき。

《「八羽」を出て白山通りの西側にある「豆の木」へ移動する。出版記念会などで使われる店。ワインとイタリアン。肴に田村さんの風呂掃除の話がぶりかえされる。『彷書月刊』巻末目録の注目作について、あるいは、五反田の古書展に高級外車で乗り付け、もっぱら均一本ばかり熱心に漁る紳士についてなど。石神井さん、ふたたび、今日は洗い物をしてないからと、しきりに気を揉んでいるので、安藤氏が携帯で阪神戦の結果をチェック。案の定、敗戦。虎ファンがっくり。月の輪さんにんまり。安藤氏、編集長らしく坪内さんをさえぎって支払いを済ませる。十一時三十分頃、店の前で解散。内堀さんと水道橋駅まで同道。》

文中《洗い物をしてない》というのは洗い物をすると阪神が勝つという石神井さんの個人的なジンクスによる。それにしても、このときにはいろいろな人に出会ったなあと感慨深し。

その内堀さんは目録頁に橋本平八『純粋彫刻論』(昭森社、一九四二年)一冊を掲載し、エッセイを添えている。目下、三重県立美術館で開催中、十月から世田谷美術館へ回るジョン・ソルト氏のコレクションによる橋本平八と北園克衛の展覧会について。『彷書月刊』のそもそもの始まりについて。「日本のシュルレアリスム」特集(一九八六年九月号)について。および諏訪優さんについて。

「ホンの情報」欄では季村敏夫『窓の微風』(みずのわ出版、二〇一〇年)を書影入りで紹介してくれた。有り難い。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-31 21:40 | おすすめ本棚

きゅうり

b0081843_16374876.jpg


b0081843_16373413.jpg


郵便局へ行くついでに、そのすぐ近くにある特売スーパーへ立ち寄った。レジに並んでいると、おばさんがきゅうりを買おうとしていた。レジのおネエさんはちょっとパニクっていた。きゅうりの数を間違えたようだ。もう一度最初から数え直しはじめた。となりのレジの方が早く進んだ。それもそのはず、カゴいっぱいのきゅうりなのだ。きゅうりだけしか入っていない。値段も打ち直した。1980円。きゅうりは3本99円だったから60本買った計算になる。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-31 16:50 | 写真日乗

古本のことしか頭になかった

b0081843_20201476.jpg


山本善行『古本のことしか頭になかった』Sanpo magazine 別冊vol.1(大散歩通信社、二〇一〇年八月二五日、ブックデザイン=朝日久美子、題字=岡崎武志)。『エルマガジン』に連載した「天声善語」を単行本にしたもの。プラスその後の展開やコメントを加えてあるのがいい。これによって鮮度が保たれ面白さが倍増した。

たとえばいきなり天野忠『我が感傷的アンソロジィ』(書肆山田)の追加コメントにこう書かれていてショックを受けた。

《大好きな『我が感傷的アンソロジィ』は、めでたく一五〇部限定の文童社版もこのあと入手できた。天野忠詩集も、『石と豹の傍にて』(白鮑魚社)、『肉身譜』(丸善株式会社京都店)と買い続ける。実は私、高い本も買っていました。》

さらりと書いているが、この三冊、そうとうにレアものである。高いとか安いとか、そういうレベルではない。また次のコラムに『1Q84』が出て来る。それはジャズのカセットブック。

《カセットブックのタイトルは『1Q84』だった。ジャズ好きの村上春樹のことだからこのカセットブックのことを知っていて付けたのかも。》

『1Q84』……まったくヒネリなしだな。『ノルウェイの森』は「イ」が違う(これは著作権の問題だろうが)。ちなみに「ノルウェーの森」(Norwegian Wood  This Bird Has Flown)は誤訳であることを訳者も認めているらしいが、この wood は森ではなく、ノルウェー産の木材(パイン)による内装だとポール・マッカートニーが証言している(ウィキによる)。むろん駄洒落好きのジョンがヴォーカルなのでそれ以外の意味もあったかもしれない。

二〇〇六年に買った古本ベストテンというのがまた凄すぎる。

・名言随筆サラリーマン 福田定一
・監禁 小林信彦 角川文庫 カバー金子國義
・貴女のためのアイディア 中林洋子
・黄色い楕円 北園克衛
・無名の南画家 加藤一雄 三彩社版カバー付き
・立志立功 幸田露伴
・田園記 井伏鱒二 作品社 装幀=佐野繁次郎
・星を撒いた街 上林暁
・枝の祝日 竹中郁
・世の中へ 加能作次郎 新潮社大正八年

番外編もあるがうらやましいので略す。

通読して思うのは、新しい文学の読み方、捉え方が巧まずに提示されていることだ。《新しい視点をもった文学史を出してほしい》という希望を述べたくだりがあるが、まさにこの本こそ、そのスイユ(敷居)に位置しているのではないか。とにかくオススメの一冊。装幀、組版、イラスト、すべてがシックに仕上がっている。



ここ数日「不肖の身」という言葉をよく耳にした。本来の「不肖」とは《父に似ないで愚かなこと》(広辞苑)。『史記 五帝本紀』(前一世紀)の堯、舜という英明君主たちの逸話のなかに出るのがよく知られている。

 堯知子丹朱之不肖,不足授天下(十七)

 舜子商均亦不肖,舜乃豫薦禹於天(二十六)

堯は息子が天下を授けるには不足だと見て、血縁のない舜に譲った。舜もまた息子は不肖だから禹に譲ったというようなこと。不肖が跡継ぎするのは良くないのだ。

ただし「不肖の父」という用例がないかというと、『孔子家語』(三世紀頃編集)の「七十二弟子解」にこうある。

 冉雍,字仲弓,伯牛之宗族。生於不肖之父,以德行著名。

単に「愚かな」の意味で用いられていたようだ。

もちろん日本でも《愚かなこと》《運の悪いこと》《自分の謙称》というふうに使われてきているから誤用というつもりはない。《運の悪いこと》という意味にとるのがいちばんぴったりくるのかなと思うだけである。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-30 21:30 | おすすめ本棚

高麗美術館

b0081843_175665.jpg


b0081843_17555157.jpg


b0081843_17553755.jpg


高麗美術館で生田誠氏および美術館のY氏と打ち合わせ。展示もはじめて拝見する。これは予想以上に凄い質量である。五年ほどの間にY氏が独力で蒐集されたとか。ここにも凄い人がいた。

夕食を熊野神社の近くで一緒に摂り、ジャズ喫茶のYAMATOYAへ。久しぶり。ここでもひとしきり生田氏の絵葉書談義を拝聴した。「Dig It! 」(Red Garland With John Coltrane)が耳に残った。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-30 18:01 | 古書日録

ちくま9月号

b0081843_13394963.jpg

阪急神戸線にて。昨年初夏ごろ。エッセイは文学忌について。



b0081843_22271493.jpg

「神田神保町書肆街考3」は蕃書調所の場所について。

《「四番御火除地」があったというのが初耳だ。この地名は先の嘉永二年刊の尾張屋版江戸切絵図には出ていない》

と書かれているが、架蔵の『江戸切絵図集 新訂江戸名所図会別巻1』(ちくま文庫、一九九八年三刷)すなわち嘉永二年再改の近江屋版江戸切絵図にはちゃんと「四番御火除地」が記載されている(上図)。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-29 13:46 | 装幀=林哲夫

SUMMER OF LOVE

b0081843_20513728.jpg


b0081843_20512099.jpg


b0081843_2051558.jpg


『SUMMER OF LOVE Art of the Psychedelic Era』(Tate Publishing, 2005, Catalogue & Typeface design by A2/SW/HK)。テイト・リヴァプール他で二〇〇五年から六年にかけて開催されたサイケデリック時代のアートおよびカルチャー全般にわたって紹介された展覧会図録より。

一枚目はリチャード・ハミルトンによるコラージュ「Swingeing London 67」(1967-8)。ローリング・ストーンズの記事。下の方のカワイイお嬢さんはマリアンヌ・フェイスフル。ハミルトンはビートルズの「ホワイトアルバム」のデザインを手がけている。

二枚目はロバート・ウィテイカー(Robert Whitaker)による写真「Girl in a Shop Window」(1967)。三枚目も同じくウィテイカーによるアレン・ギンズバーグ(ハイドパークにて、1967)。ウィテイカーもビートルズの有名な写真を撮っているし、ビートルズすなわちサイケデリックの代表選手だった。

サイケデリック・アートはどうもアールヌーヴォの焼き直しっぽいところがやや貧弱だが、繁栄の時代の風を受けて音楽、政治、文学、カウンターカルチャーなどをひとまとめに巻き込んだところに意義があったようにも思う。

サイケデリック(psychedelic)という言葉は一九五六年にイギリスの精神分析医ハンフリー・オズモンド(Humphrey Osmond)からアルドゥス・ハクスレー(Aldous Huxley)への手紙のなかで初めて用いられた。オズモンドはカナダのウェイバーン病院で精神病の治療にLSDを用いる実験を行なっていた。その手紙では「サイコデリック(psychodelic)」と記されたが後に「サイケデリック」と改められた。

LSD(lysergic acid diethylamide)そのもは一九三八年にバーゼルの薬品会社Sandozの研究室でA.ホフマン(Hofmann)とW.A.クロル(Kroll)によって発見されたが、一九四三年四月一九日にたまたま経口したホフマンが世界で初めてLSDのトリップを経験することになった。ホフマンは自らその幻覚効果を実験し公開したため、以降サイコテラピーの新薬として実験が繰り返された。

一九五〇年代にはCIAが人体実験を行なったが、結局は一九六六年に合衆国においては禁止される。LSDカルトのグルであるティモシィー・リアリー(Timothy Leary)は五〇年代末にはじめて服用し、六三年に解雇されるまで、ハーバード大学で彼が指揮をしていた実験において用いた。リアリーの探求は宗教じみてきて「キリストの再来」というイベントをヴィレッジ・シアターで開催するなど、意識の変革こそが社会を大きく変えるのだと説いた。

というようなことは図録の解説による。ちなみに「サイケ」はギリシャ語のプシュケ(魂、息)から。「デリック」はやはりギリシャ語のデーロス(明らかな。目に見える。デリシャスとかデリカシーも同じ語源)から。ふたつをくっつけたもの。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-28 22:08 | 雲遅空想美術館

PICNIC LEE MILLER

b0081843_1373091.jpg


リー・ミラーの写真「ピクニック」(一九三七年)の絵葉書を頂戴した。写っているのは左からニュッシュとポール・エリュアール、ローランド・ペンローズ、マン・レイ、アディ。コート・ダジュールのムージャンにて

《ノースビーチよりこっそり残暑お見舞い申し上げます。こちらではだいぶ古本屋をまわりましたが、カリフォルニアワインで酔っぱらってしまっていたので、記憶もおぼろ……という体たらくです お元気で! カフェ・トリエステにて 無名権兵衛より》

う〜む。酒池書林ですか……。

リー・ミラーについては以前書いたことがある。
http://sumus.exblog.jp/9987502
[PR]
by sumus_co | 2010-08-28 13:17 | 雲遅空想美術館

上海呉淞路の至誠堂

b0081843_19373165.jpg

海外の書店の写真ということで思い出したのがこちら。上海呉淞路(日本人街)の至誠堂書店。

出光衛が閔行路八十六号で開業、その後、呉淞路の海寧路との十字口の南西角に移った。呉淞路は当時上海最大の日本人街。明治時代開業の土橋号や松本号(酒類食品店)、岩崎呉服店、玉屋呉服店、稲垣呉服店、日本堂書店、至誠堂書店、文房洋行、石橋洋服店、晩香堂薬房、日昇堂大薬房、天寿堂薬房、長沢写真館、池田屋、松川屋、浜田商店などの老舗が軒を連ねていた。他にも金風社、芦沢印刷(印刷)、井上、吉坂の写真館、千代洋行(写真機)、豊陽館、萬歳館、常磐舎(旅館)、六三亭、月廼家、新六三(料亭)、重松薬房、済生堂(薬舗)、里見医院、土橋号(酒店)、八百新(八百屋)、松風亭(菓子店)、樋口通関事務所などがあった。(主に「上海の北部虹口」による)

長沢写真館発行。上の葉書では中央奥に「ナガサワ」ののぼりが下がっている。至誠堂の刊行物は下記のものがヒット。もっとたくさんあるようだ。

・鴛鴦譜 星野蘇山 至誠堂 1924.7
・上海市街地図 至誠堂 1924
・上海一覧 至誠堂編集部 1924
・上海地図 至誠堂 1925年7月3日
・江南一覧 山崎九市 至誠堂新聞舗 1931 2版
・大上海市街地図 上海至誠堂書店 1941

b0081843_1936166.jpg

同じシリーズのもう一枚。絵葉書の説明では「ガーデンブリツチ畔ブロードウエイビルチング」。これは現在も営業しているホテル「ブロードウェイマンション」の建設当初の姿であろう。

《建設が始まったのは1930年のことであり、1934年10月に完成した。かかった費用はメキシコドルで1000万ドルで、当時米ドルでおよそ340万ドルであった。このマンションは「もともとは1934年にイギリスの高級住宅ホテルとして建設された」という。このマンションは Ye Guang 地所不動産会社によって、セファルディ系ユダヤ人のヴィクター・サッスーン卿の支配する上海地所開発会社のために建築された。彼は他にもキャセイマンションや他のフランス租界に立てられたアパートを所持していた。他の二つの上海の高楼(パレスホテル、サッスーンハウス)のほか、これらの摩天楼はすべてバグダッド系ユダヤ人の所有であった。》(ウィキ)

ということは絵葉書も昭和九年ごろのものか。

b0081843_193719100.jpg

さらにもう一枚。上海「黄浦江の鳥瞰」。手前の公園が「バンド遊園」のようだからブロードウエイビルチング(ブロードウェイマンション)の上階から撮影した眺望にちがいない。
[PR]
by sumus_co | 2010-08-27 20:07 | 古書日録

島—瀬戸内海をあるく 第2集 2003-2006

b0081843_11381811.jpg


2010年9月1日発行

著者 斎藤潤
装幀 林 哲夫
カバー写真 小林恵
発行所 みずのわ出版

217×153mm

ジャケット ハンマートーンGA ホワイト 四六判Y目130kg
表紙 TS1 R-5 四六判Y目100kg
見返 TS1 R-5 四六判Y目130kg
[PR]
by sumus_co | 2010-08-27 11:41 | 装幀=林哲夫

花屋商会

b0081843_20521988.jpg

b0081843_2052830.jpg

N先生より珍しいレッテルの画像を頂戴した。「BOOK SELLER HANAYA SHOKAI SINGAPORE」とある。『漱石俳句研究』(寺田寅彦他、岩波書店、一九二五年)に貼付されているそうだ。「HANAYA」は「花屋」であろうと、あてずっぽうで検索してみると、出版も行なっていたことが分かった。

・辻森民三著『新嘉玻てびきぐさ』花屋商会書籍部、1926
・増淵佐平『実用馬来語辞書』花屋商会書籍部、1927
・藤野可護『模範馬日辞典』花屋商会、1941

大正十四年ごろのシンガポールで『漱石俳句研究』が売られていたと思うとちょっと不思議な感じがするが、まあ、小生がその方面に無知すぎるだけかもしれない。

b0081843_20515469.jpg

もう一枚、京都の島田圭文堂書房。かなり凝ったデザインである。次の岩波書店のレッテルは小生蔵。こちらも大正十四年の『ヘンリ・ライクロフトの手記』(藤野滋訳、春秋社、一九二五年九月一日五版)。本を売る書店として(今も書店経営はしているが)の岩波書店。

b0081843_2050780.jpg




「日本の古本屋メールマガジン」その94(8月25日号)で田村七痴庵「『彷書月刊』300号について」が配信された。

《『彷書月刊』の休刊はワタシの病気によるばかりでなく、いわば世間の動き、雑誌における広告収入の部分が、『彷書月刊』では古書目録掲載収入であったわけですが、それが、維持できないほど無くなってしまった。それにともない、購読者もへってしまったというのが原因でもありました。そして最後の御購読をおねがいする、そのひとつのバイタイが、メルマガの、13万人様デアル、というのもマコトに皮肉と思わざるを得ませんが、とりあえず、楽しく、ほがらかに、9月号がでますのが、8月25日。10月号休刊300号がでますのが、9月25日。この2冊で300号の総目次を特集の予定であります。》

全文は下記で読めます。
http://www.kosho.ne.jp/melma/1008/index.html
[PR]
by sumus_co | 2010-08-26 21:12 | 古書日録