林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧

ぼくがすきな外国の変った漫画家たち

b0081843_203547.jpg

b0081843_20352362.jpg


必要あって『太陽』四〇九号(平凡社、一九九五年六月一二日)の植草甚一特集を見ていると「とっておきの漫画を見せてあげよう」という記事が目にとまった。植草が《終生手元においたお気に入りの漫画家たちの本》が紹介されている。そのなかにトポールの『Toxicologie』(Diogenes Verlag, 1970)が図版入りで挙っていた。タイトルは「毒物学」とでも訳すのか。

これを見て、そういえば植草には『ぼくがすきな外国の変った漫画家たち』(青土社、一九七一年、装本=長尾信)という著書があったはずだと思い出した。日本の古本屋で検索すると、かなりの数が出品されている。いちばん安い方から、後払いのところを選んで注文した。当然ここにもトポールが載っていると期待したのだ。この本は二十年ほど前に図書館で参照した記憶があったのだが、トポールの有無までは覚えていなかった。

b0081843_20343071.jpg

b0081843_20344490.jpg

届いた本を開いてびっくり。直筆サインが入っていた。このイラストサイン付きの本がずっと欲しかったんだな、ラッキー(!)。献呈した相手はおそらく漫画家の境田昭造(1928-1991)であろう。

ところがトポールの方はハズレ。いや、完全なハズレではなく、『Scanlans』(June 1970)の表紙が図版として掲載されていた。これはトポールの表紙画なれど(サインが読み取れる)トポールについての言及はなし。他にも

《フランスで人気のあるパロディ雑誌「ハラキリ」Harakiri の新しいところも観光客が棄てていったのを古本屋で見つけたが、ビックリするほど面白いので一年ぶん予約した》

などと書いてある。『Harakiri』についてはいずれ少し触れたいが、なるほど、植草甚一はロミの兄弟だったようだ。植草もまたアンソリット大好きの趣味の人であり、目利き(コネスール connaisseur)なのである。雑学でとどめておく、これが重要だ。それだからこそ古本遊びを、そして人生をサイコーに楽しめたにちがいない。
[PR]
by sumus_co | 2010-04-30 21:11 | 古書日録

名古屋で求めたマッチ箱

b0081843_14194560.jpg

b0081843_14195672.jpg


四月初めの「ブックマークナゴヤ2010」の一箱古本市で求めたマッチ箱。状態がいまいちだが三個百円だった。

 窓 長野干石映劇前
 coffee サントス 松坂屋前
 TEA ROOM. STAND BAR KOHARU トヨダビル・ウラ
 TEA ROOM 都始 毎日ビル新館地下一階
 coffee エトワール 毎日ビル
 喫茶エイト 新名古屋ビル東隣
[PR]
by sumus_co | 2010-04-30 14:49 | 古書日録

spin07 ブックイベントのたのしみ

b0081843_14391833.jpg


目次

ブックイベントのたのしみ
 南陀楼綾繁・石川あき子・郷田貴子・真治彩・次田史季

・三宮ブックスがあったころ…………平野義昌

・幻脚記六 ジャスミン・ティー…………鈴木創士

・巴里探墓日録 墓に◯◯をかけろ…………林哲夫

・淀野隆三日記(七)

・みずのわ編集室

 表紙=口笛文庫

 定価1000円+税金

÷

b0081843_17274233.jpg


01 間村俊一・山猫軒にて[残部少] 定価1000円+税金
02 飜訳をめぐる意味と無意味をめぐって[残部あり] 定価1000円+税金
03 佐野繁次郎装幀図録[売り切れ]
04 湯川書房湯川成一さんに捧ぐ[売り切れ]
05 古本屋を怒らせる方法! 海外編[残部あり] 定価1000円+税金
06 宇崎純一の優しき世界[残部あり] 定価1300円+税金

御注文は下記へ(東京堂書店、海文堂書店、他でも取扱っています)

みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
[PR]
by sumus_co | 2010-04-30 14:47 | spin news

突飛なるものの歴史

b0081843_2191594.jpg

b0081843_2192558.jpg


ロミ『突飛なるものの歴史』(高遠弘美訳、平凡社、二〇一〇年四月二三日、ブックデザイン=鈴木成一デザイン室)は一九六四年に元版が刊行されている。高遠氏による詳細なロミの紹介を読んでいて、《ロミは「ビザール」誌の創刊時のメンバーであり》という一文を見つけて嬉しくなった。このところみょうにトポールにとらえられているのと、それを見計らったようにこの本が届いたのとが、まったく突飛(アンソリット)な結びつきではないところが、じつにアンソリットに思われる。

ロミは要するにシュルレアリストだった。トポールがシュルレアリストだったのと同じ意味で。本書はシュルレアリスムの戦後における重要性と限界を改めて感じさせる怪著である。下手な内容の紹介は控えたいというか、再録されている種村季弘による作品社版(一九九三年)の序文に尽きる。

《この本に遭遇した六〇年代の出版状況を思い出してみよう。私自身は当時G・R・ホッケ『迷宮としての世界』やJ・バルトルシャイティス『幻想の中世』にはじめてお目にかかり、同時に「ビザール」や「プレクサス」といった通俗シュルレアリスム的リトル・マガジンを読みあさっていた。玉石混淆、みそもくそも一緒くたにアンソリット趣味に入れ揚げていたわけだ。だからロミのように考古学者とディレッタントが同居して八方破れのごった煮をぐつぐつ煮立てている作家に出会っても、べつだん異とするには当たらないと思っていた。
 時代の潮流はしかし、まもなくマルクス主義や構造主義の構造分析に移行した。アンソリットなものにひたすら無邪気にびっくりしているだけではなく、それがどんな文化コードから成り立っているのかの分析が問われたわけである。それはそれでおもしろくないこともなかった。しかし大道香具師がぺらぺらと分析的能書きばかりをまくし立てて、いまかいまかと待っている肝腎のブツをなかなか見せてくれないのにーーやっと出てきたブツは見るからにガセネタということもあって、そこがまた一興ーー、いやいささかあきあきしていたのも事実だ。そこへひさびさのうさんくさいアンソリットがぬっとばかり登場。胸がすく。》

なんとも名調子で時代の変化と本書の位置付けまで見事に示した秀逸な文章である。《やっと出てきたブツは見るからにガセネタ》というくだりはおおいに共感する。その意味でロミは目利きなのである。目利きでなければシュルレアリストとしての存在意義はなかったわけだ。だから目利き特有の欠点も見え隠れするとも言える。

個人的には「ブノワ氏の交感性エスカルゴ」の紹介に耳を疑い目をみはらずにはおられなかった。つがいのエスカルゴ同志にはテレパシーがあるという仮説からエスカルゴの動物磁気の変化を文字盤に反映させて通信に使おうという発想である。

《この装置によって、どんなに遠くでも、考えたことを文字にしさえすれば、エスカルゴの電気ショックの働きでやすやすと、それを即座に伝えることができる。》

あれ? これってまさか携帯メールのこと。携帯の中にはエスカルゴが入っていたんだ(ってまさかね)。ブーソールと呼ばれるこの機械においては

《ごく小さいエスカルゴを入れて使う、せいぜい大きめの懐中時計ぐらいの携帯用ブーソールの大量生産も考えられた。》

やっぱり携帯電話にはエスカルゴが……なんて。とにかく時代とともに、ロミも書いているごとくに、突飛なるもの(アンソリット)がまったく突飛でなくなるじつに明瞭な一例を見た思いがする。

もちろんこんな面白ガセネタばかりじゃなくて、ダダからアルマンまでを紹介するアートの項目はかなり的を得た内容でロミの目利きぶりがよく分かる。とにかく、一度読んでもらえば、いや、見てもらえば小生の言いたいことは理解してもらえるだろう。高遠氏の訳文もよどみなく見事。完訳『Oの物語』(学習研究社 、二〇〇九年)も読んでみたくなった。ピンクの栞がまた凝っている。

ついでに元版の書影も探してみた。
b0081843_21581295.jpg

b0081843_21592717.jpg

[PR]
by sumus_co | 2010-04-29 22:06 | おすすめ本棚

下界の眺め

b0081843_17484723.jpg

b0081843_17485943.jpg

b0081843_174995.jpg

b0081843_17492182.jpg


題 名=下界の眺め 純粋小説全集第三巻
発 行=昭和11年2月25日
著 者=武田麟太郎
発行者=村田鉄三郎
印刷者=加藤保
発行所=有光社
装 幀=青山二郎
タテ=20cm(函)

上より函、表紙、背、扉
[PR]
by sumus_co | 2010-04-29 17:37 | 青山二郎の本

一色文庫

b0081843_11242610.jpg

b0081843_11243785.jpg

b0081843_1124479.jpg


うわさの一色文庫。島之内から移転してきた。たしかにいい本が手ごろな値段で出ている。本の選び方にセンスが感じられる。絵本やヴィジュアル系の図録・画集などの品揃えがいいし、そのわりに全然気取ってないのが好ましい。文庫、単行本も楽しめる品揃え。百円均一、五十円均一もかなり拾える。座りごこちの悪い、でもすてきな赤いソファーも好きだ。

大阪市天王寺区四天王寺1-13-11
Tel:06-6773-0881
営業時間:13:00〜20:00
定休日:水、木
[PR]
by sumus_co | 2010-04-29 11:32 | あちこち古本ツアー

四天王寺べんてんさん大古本祭

b0081843_16501091.jpg

b0081843_16502141.jpg

昨日と打って変わって好天に恵まれた。気温も二十度以上はあったろう。午前十時過ぎに到着。「あれ?」、百円均一の場所が変更になっていて慌てる。慌てたわりには、たいした収穫はなし。

b0081843_16503472.jpg

Mさんに会う。昨日も来ておられたそうだ。「雨じゃなかったんですか?」と言うと、四天王寺は傘をささなくてもいいくらいの小雨だったと聞いて驚く。京都は土砂降りだった。

クライン文庫さんの三百円均一が広くて質的にもいちばん拾い甲斐があるように思った。たぶん今日買ったなかではいちばんまともな本もここで。松居真玄訳『思ひ出「アルト・ハイデルベルヒ」』(近代文芸社、一九一三年)、装幀と挿絵は中沢弘光だろう。裸本だが、表紙も木版画刷で、折り込み木版画も入っている。

b0081843_1732025.jpg

発行者は森本謙蔵と金尾種次郎の連名。森本謙蔵の名前は東京帝国大学附属図書館の大正十四年七月一日付の職員録に同名人があるようだが、《昭和五年当時の明治大学図書館司書長の森本謙蔵と同一人物か?》(「日本語練習中」)とも。近代文芸社の住所=東京市麹町区平河町五丁目五番地は金尾種次郎の住所と同一であり、よって金尾文淵堂とも同じである。

b0081843_16504892.jpg

会場は埃っぽいのでいつもガムをかんでマスクをしているのだが、帰り際にガムを紙に包んでゴミ篭に投げ込もうとしたら、本が捨ててあった! かと思ったら、函だけ置いて行ったようだ。どれだけ軽くなるもんかねえ。
[PR]
by sumus_co | 2010-04-28 17:26 | あちこち古本ツアー

書影でたどる関西の出版100

b0081843_20275049.jpg

b0081843_202819.jpg

b0081843_20281633.jpg

b0081843_20282686.jpg

創元社の『書影でたどる関西の出版100』、印刷所へ入稿する前の最後の校正が届いた。一部の版面が動いていたりと、まだ直すところがいくつかあるが、この一年間かかっていた仕事の出口がようやく見えた感じ。

b0081843_20283935.jpg

『spin』07「ブックイベントのたのしみ」の方は印刷中。月末には出来上がってくる予定。海文堂書店での「ブックイベントのたのしみ 12月27日 海文堂書店」トークを収録した。他に平野義昌氏の「三宮ブックスがあったころ」も読み応え十分だ。なんか『ほんまに』別冊みたい(!?)。

http://sumus.exblog.jp/12409293/
[PR]
by sumus_co | 2010-04-27 20:38 | 著述関連

空しい祈祷

b0081843_1728372.jpg

b0081843_17281580.jpg


題 名=空しい祈祷
発 行=昭和21年10月10日
著 者=渡邊一夫
発行者=安藤円秀
印刷者=横尾弘明/国際印刷株式会社
発行所=財団法人勤労学徒援護会
装 幀=故六隅許六
タテ=18cm

ブログを始める以前、自分で渡邊一夫の装幀というサイトを作っていたことを思い出した。二十数冊しかまだアップされていないが、『空しい祈祷』の昭和二十四年版が出ているので御覧下さい。

http://www.geocities.jp/sumus_livres/watanabe2.htm

青山二郎もそういえば作っていた(!)。まだまだあるので目新しいものを出して行こう。

http://www.geocities.jp/sumus_livres/aoyamajiro.htm
[PR]
by sumus_co | 2010-04-27 17:35 | 渡邊一夫の本

池内友次郎など

b0081843_19585031.jpg

『彷書月刊』5月号が届いた。松尾邦之助特集とはシブい。しかし松尾邦之助は面白い。ジャーナリスト流の文章はやや物足りないところもあるものの、激動の実際面を広く見聞したというところに強みがある。パラパラやっていてこの写真が目にとまった。『フランス・ジャポン』四巻二〇号(日仏同志会、一九三六年五・六月号)掲載で高浜虚子夫妻がパリを訪れたときの記念写真。

前列左から二番目が高浜虚子。後列右から二人目が松尾邦之助。その松尾の隣、向って右端が池内友次郎(いけのうちともじろう)。虚子の次男として東京に生まれ、慶應義塾大学予科中退の後、一九二七年にフランスに渡りパリ音楽院に入学した。作曲家・音楽教育家であり俳人でもある。

b0081843_19583346.jpg

どうして池内友次郎にひっかかったかというと、先日も紹介した同人雑誌数冊のなかに池内を戴いて発行されていたガリ版刷りの俳句雑誌『白土』第二巻第七号(白土社=佐賀県西松浦郡有田町、編輯兼発行人は玉秋梶原隆一、一九四七年八月一五日)がまぎれていたからだ。池内のことをちょこっと調べた。すると直後に『彷書月刊』が届いたというわけである。

『白土』には星野立子の「近詠」も掲載されている。

 法師蝉子無き妻無きときはなし  友次郎

 涼風にふりむき人眉をあげ  友次郎

 病葉の一面に散り菩提樹下  立子

÷

b0081843_1959481.jpg

もう一冊ガリ版の『明治大正歌書研究』第一冊(一九二六年一〇月五日)もあった。雑賀重良(さいかしげよし)の個人雑誌。和歌書のコレクターとして知られたらしく、雑賀重良旧蔵書として名古屋市蓬左文庫に近代短歌を中心に江戸から近現代までの和歌書約18,200点が所蔵されている。

後記に明治大正歌書解題編纂の補助のために発行するとし、いずれ活版でまとめたいと書かれているが、『明治短歌研究』(一九二八〜九年)という著書がその一部になるのだろう。他に『明治大正尾参歌書目録』(日光堂、一九三七年)、『尾三歌書年表』(日本歌書年表編輯所、一九七三年)の編著がある。

売本、求本のリストも載っている。主な記事は現物調査に基づいた見地から他の研究者の論文などの表現に訂正を迫る短文。たとえば白秋の『桐の花』の三版から「ふさぎの虫」一篇が《削除されて居る事に気付いて居られる方は未だほとんど無いらしい》というような指摘である。

ところが、じつは小生もこの『桐の花』の三版を持っている。確認したところ「ふさぎの虫」はちゃんと収録されているし、挿絵も初版同様に貼り込み。どうしてだろうか。雑賀氏所蔵本にはそれがなかったことは間違いないようだが……。古本は一冊だけ見て云々してはいけないと、あらためて自戒。

÷

大正十五年と昭和二十二年のリトルプレスに触れたところで、今日配信された「日本の古本屋メールマガジン」(平成22年4月)に載っている畠中理恵子さんの文章を紹介しておく。《この三月から東京堂書店ふくろう店に担当の棚「地方小出版(物)、リトルプレス」ごと引っ越しまた路面で働き始めた》ことについて書いておられる。
[PR]
by sumus_co | 2010-04-26 20:52 | 古書日録