林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

晶文社図書目録

b0081843_19453286.jpg


『sumus』13号を刊行することはすでに岡崎、山本両氏らのブログで発表ずみだが、次号の目玉は『晶文社図書目録1973・5』の復刻である。岡崎氏が古書店で入手してあたためていた(?)もの。上の写真で奥に見えているこげ茶色の表紙。ブログ「本はねころんで」のvzf12576さんによれば、1970年版は黒、71年がオレンジ、72年が空色である。

73年版の目録をまるごと復刻するために晶文社さんにその許可をお願いしていたのだが、本日連絡があって「復刻していただいてけっこうです」という快諾を得た。これによってほぼ『sumus』13号の形がはっきりしてきた。復刻目録(本文52頁)、インタビュー、ゲストおよび同人の原稿、アンケートという構成になる予定。ゲストのひとり蟲文庫さんの原稿はもう届いている! 発行時期は同人原稿の入り方しだい。いずれにしても来年です。

÷

手前は本日頂戴した『ガニメデ』47号(銅林社、二〇〇九年一二月一日)と『gui』88号(田村デザイン事務所、二〇〇九年一二月一日、表紙=高橋昭八郎)。『ガニメデ』は初めて頂戴したが、野村喜和夫、天沢退二郎、岩成達也、金澤一志など小生でも知っている名前が同人に連なる。350頁の大冊だ。「編輯後記」(武田肇)にこうあった。

《本誌発行部数を三〇〇〇部から二〇〇〇部に縮少すると宣言したばかりだが、今號でまた元の三〇〇〇部に戻した。前號では多くの同人に約束の配当部数が行き渡らず、迷惑をかけた。ケチと努力も過ぎて中庸得べきものと悟った。》

編輯者(兼発行者)の苦労はこんなところにある。ちなみに「ガニメデ」はギリシャ神話に出てくる美少年ガニュメーデースのローマ読み。レンブラントが鷲(ゼウスの化身)にさらわれる赤ん坊としてガニュメデスを描いた絵はよく知られている。おしっこちびっているというレンブラントの時代ならではのリアルな描写だが。『ガニメデ』は三月書房が取扱っている。

『gui』で岩田和彦氏の連載を読むと「はち巻岡田」で某画廊主と飲んだようだ。懐あったかいのかなあ。奥成達さんの連載は國峰照子論、お元気そうで何より。

÷

古書目録もつぎつぎ届く。ほとんど買わないのだが、いただくのは嬉しい。『風船舎古書目録』3号、今回も労作だ。『屋嶋めぐり』宮脇開益堂、森田惣吉編、大正14……と出ている「宮脇開益堂」は現在讃岐(香川県)を席巻している新刊書店「宮脇書店」と関係があるのかもしれない。気になった。まだ注文していないけど。中野書店の「お喋りカタログ」もはや四号。単独目録でここまでオールラウンドなのも珍しいだろう。矢部季(季雄)の『香炎華』(巡礼詩社、一九二〇年)には目を惹かれた。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-30 21:00 | 古書日録

午后の海

b0081843_2049855.jpg


《(第八回文部省美術展覧会出品)/褒状/午后の海 山脇信徳 A》と書かれた絵葉書。AとあるからにはBやCもあるのだろう。百万遍の古本まつりで三枚二十円で買ったものの一枚。二箱あったほとんどが文展出品絵葉書だった。この類いの絵葉書は数がたいへん多いのであまり興味は引かれないが、今思えばまとめ買いしておいてもよかった。

山脇信徳(1886-1952)は高知生まれ、東京美術学校在学中に第三回文展(文部省美術展覧会)に出品した「停車場の朝」が入選し褒状に選ばれ話題になった。五年後のこの「午后の海」を友人の志賀直哉が「光を描く名人」と絶賛したという。

第八回文展の行なわれた大正三年は、横山大観らが脱退して日本美術院を再興し、石井柏亭らが「反文展の旗印を掲げて」二科会を結成した年。山脇は大正六年に日本美術院展に出品し、その後十二年には日本美術院を離れた小杉未醒らの春陽会の創立に参加、渡欧中の十五年には梅原龍三郎らの国画会創設に加わった。

かつて実見した作品の記憶があるのだが、その絵は検索してもヒットしない。不器用な画家だが、それはそれでいいかもしれない。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-29 21:37 | 古書日録

地獄変

b0081843_20305032.jpg


b0081843_2031447.jpg


芥川龍之介『地獄変』(文藝春秋社出版部、一九二六年二月一〇日五版)。新書サイズ(巻末には袖珍とある)。「地獄変」「きりしとほろ上人伝」「枯野抄」「竜」「首が落ちた話」「蜜柑と沼地」が収められている。ある古本屋の隅にポンと置かれていた。値段がついていなかった。尋ねてみると、店番のおばさんは「値段ありませんかあ?」とちょっと当惑気味だったが、
「いくらならよろしですか?」
と臨機応変なお答え。
「三百円でどうでしょう」
「背が割れてもうて……それでええですか」
「けっこうです」
ということで入手。
「古本屋が本の値段知らんいうて、なさけない話ですわ」
「いえいえ、そんなことないですよ(これ珍しい本です)」

今調べてみると大正十年(一九二一)に春陽堂ヴエストポケツト傑作叢書として同じラインナップの作品集が出ている(今現在、春陽堂版は「日本の古本屋」に二冊出ているが、文藝春秋社版は見当たらない)。

二篇セットの「蜜柑と沼地」のうち「泥沼」は絵の話。ロマン派的な暗い短篇である。話者は展覧会で小さな油絵一枚を見付けて釘付けになる(この小品を旧漢字旧仮名でアップしておられる方がおられたので一部をコピーさせてもらう)。

《不思議な事にこの畫家は、蓊鬱(おううつ)たる草木を描きながら、一刷毛も緑の色を使つてゐない。蘆や白楊(ポプラア)や無花果(いちぢく)を彩(いろど)るものは、どこを見ても濁つた黄色である。まるで濡れた壁土(かべつち)のやうな、重苦しい黄色である。この畫家には草木の色が實際さう見えたのであらうか。それとも別に好む所があつて、故意(ことさら)こんな誇張を加へたのであらうか。》

《しかしその畫の中に恐しい力が潛(ひそ)んでゐる事は、見てゐるに從つて分つて來た。殊に前景の土の如きは、そこを踏む時の足の心もちまでもまざまざと感じさせる程、それ程的確に描いてあつた。踏むとぶすりと音をさせて踝(くるぶし)が隱れるやうな、滑な淤泥(をでい)の心もちである。私はこの小さな油畫の中に、鋭く自然を摑(つか)まうとしてゐる、傷(いたま)しい藝術家の姿を見出した。さうしてあらゆる優れた藝術品から受ける樣に、この黄いろい沼地の草木からも恍惚たる悲壯の感激を受けた。》

そしてこの絵を描いた無名の画家はもう死んでいて、その上、気が違っていたということを通りがかりの美術記者から教えられる。

《これが無名の藝術家が――我々の一人が、その生命を犧牲にして僅に世間から購(あがな)ひ得た唯一の報酬だつたのである。私は全身に異樣な戰慄を感じて、三度この憂鬱な油畫を覗いて見た。そこにはうす暗い空と水との間に、濡れた黄土(おうど)の色をした蘆が、白楊(ポプラア)が、無花果(いちぢく)が、自然それ自身を見るやうな凄(すさま)じい勢で生きてゐる。……………
「傑作です。」
 私は記者の顏をまともに見つめながら、昂然としてかう繰返した。》

芥川はこの絵において具体的にどんな画家をイメージしたのだろうか。ちょっと読んだときは岸田劉生の草土社かとも思ったが、そうとばかりは言えないかもしれない。ゴッホであってもいいかもしれない。蘆と無花果とポプラという取り合わせも意味ありげではある。まあ、おそらく芥川の内面の風景なのだろうが。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-28 21:24 | 古書日録

林哲夫 読む人スケッチ展 29日最終日!

「林哲夫 読む人スケッチ展」11月18日(水)〜29日(日)
[会期中24日(火)定休日]

深川いっぷく【調剤室ギャラリー】
http://www.fukagawa-ippuku.jp/

b0081843_16263100.jpg

[PR]
by sumus_co | 2009-11-28 20:18 | 読む人

側面観

b0081843_21352544.jpg


池元呦鹿庵『側面観 附逆臣之墳墓』(岡崎屋書店、一八九九年一一月二〇日再版)。三百円だったが、これはけっこう珍しい本かもしれない。

呦鹿庵池元半之助。『渓韻松声』( 一八九八年)、『魔言録』(一八九九年)、『新編俳句雄編』(一九〇〇年)、『鳴呼古遊君』(一九〇一年)、『嗚呼古英雄』『英雄僧日蓮』(ともに一九〇八年)、『マホメットの戦争主義』(一九〇三年)、『東株と大相場』(一九一九年)などの著書があるようだが、生没年など伝記的なことは検索しても出てこなかった。『側面観』だけ読むと警世家というような感じはする。「不規則なる生活」より、

《不規則千万なるは、我が社会生活の現況を以つて、最も太だしとなす。[略]然るに東京の夜や、如何。銀座街頭電燈の明滅たるころ、数寄屋橋の屋台店に人影を増し。浅草上野に鉄道馬車の鈴(ベル)絶ゆるころ、山下並に雷門前夜明しの車夫群をなす。紙屑屋、蕎麦屋、新聞配達、按摩針、稲荷酢(ずし)等、街頭橋上殆んど人跡の絶えしことなく、喧々噪々、三更猶ほ且つ半市街を為せるにはあらずや》

これが明治三十二年以前のことだから驚く。東京はすでに不夜城だった。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-27 22:00 | 古書日録

EX 蔵書票 LIBRIS

b0081843_20413877.jpg


『原野コレクションⅡ EX LIBRIS(蔵書票)―夢二から現代作家まで―』図録(関西学院大学博物館開設準備室、二〇〇九年一〇月一九日)。二〇〇七年に原野賢吉より関西学院大学に寄贈された厖大な蔵書票などのコレクションから構成された展示(展覧会は12月18日まで)。

エクスリブリスというのもまた一種独特の世界である。以前に木版画で蔵書票を作る講座を精華大でやらせてもらったくらいだから、小生も嫌いじゃないが、あまりのめり込みたくはない。この図録だけで、ざっと見ていても、夢二、棟方志功、芹沢銈介、恩地孝四郎あたりがやはりどうしても目立ってしまう。なかで、新鮮に写ったのが板祐生(いたゆうせい、本名板愈良(いたまさよし))、色が渋い。

ここに掲載されている熊田司氏の論考「蔵書票と日本人」には蔵書票趣味の淵源として検印紙が取り上げられていて、教えられるところが大だった。検印紙の古い例についてこう書かれていた。

《明治8年(1875)に、官板から民間の修静館に版元を移して刊行された『輿地誌略三篇』などが古く、民間刊行物にはじまった慣例であるが、明治14年(1881)刊の『小学唱歌集』の頃から政府刊行書にも見られるようになる。》

検印紙(証紙)には注意していたつもりだが、民間が先だったとは認識していなかった。官板の方が早いと思っていた。たしかに「奥付検印紙日録=明治十四年」を見ると『小学唱歌集』の他は民間ばかりである。これは認識を新たにしないといけない。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-26 21:15 | もよおしいろいろ

ちくま12月号

b0081843_20321171.jpg


あっという間に一年が経って十二月号となった。絵はパリのヴィーニュ書店。エッセイには古本屋と猫の話を書いたのだが、校正を終わった段階で、古書Duckbill発行の『遊心』八号を頂戴した。そこに「猫が来ました」という一文があって、ダックビルさんの店に鼠が出没するため、その防衛策として猫を飼うことにしたとあった。そういえばネズミも本の大敵の一つだ。まるで思いつかなかった。もう少し早ければ、書き足せたのに、と臍を噛んだしだい。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-26 20:38 | 装幀=林哲夫

壷中天

b0081843_20323727.jpg


北川桃雄『壷中天』(圭文社、一九四七年九月二〇日)。神保町古書モールにて。カバー欠、百円。これは京都市東洞院錦小路上ルにあった圭文社の出版物ということで、嬉しい一冊。圭文社には富士正晴と天野忠がごく短い期間ではあるが在籍していた。この書物も天野忠と藤井滋司のふたりの編集者の「あとがき」が付されていて、それがまたじつにいい文章なのだ。

自筆年譜によれば、天野は昭和九年に同人雑誌『リアル』を北川らといっしょに始めている。また北川は天野夫妻の仲人でもあったし、『京都襍記』(矢貴書店、一九四三年)の編集も紹介してくれた。

《文学雑誌「リアル」をやり初めてしばらくした頃であつたらう。はにかみ家で、寧ろその狭苦しいかたくなな自分の部屋に浸り込んで、外に出ようとしない私を、手を引つ張るやうにして世間を見せようと、何彼と骨を折られたのも、北川さんだつた。文学雑誌を出すといふことも、北川さんにとつては、たつた一人の愛児を喪くされた余りにも深い傷手から、懸命に立直らうとする、悲痛な努力の試みであつたに違ひないが、私も亦、抗らがひ難い運命といふ敵に対つて、無茶苦茶にしがみつきたくなるやうな、孤独の世界からの立直りを必死に何者かに求めていた時代だつた。》

藤田加奈子氏によれば、天野忠と藤井滋司は京都一商在学時に詩の同人雑誌を通して知り合った。藤井の同級生には山中貞雄もいた。

《卒業後、山中はマキノ撮影所に入り、天野と藤井は昭和三年にそろって京都大丸に入社。天野が戦時中まで十数年勤めた一方、藤井は二年で退社し、その後、山中のあとを追って映画界に入っている。敗戦を経て、和敬書店と圭文社に立て続けに短期間勤めて、天野と藤井はふたたび行動をともにしたのだった。圭文社では富士正晴との出会いがあった。》

とこれは先日予告した関西出版の単行本ために藤田女史にお願いした和敬書店についての原稿からの引用である。『壷中天』には高木四郎の挿絵も入っており、高木は和敬書店の出版物の装幀や挿絵を多く手がけた画家、天野と藤井とともに三人組と言っていいのだろうと思う。天野は藤井滋司の他界の翌年、文童社を版元として追悼文集を編纂した(『藤井滋司を憶う』昭和四十六年七月刊)。

b0081843_2143263.jpg


拾い読みしていると「机上のもの」という随筆が目にとまった。机上にある硯箱、水滴、万年筆、文鎮、灰落し、鈴、そして机について書いている。

《机。 締切りに追かけられて、原稿をいそぐ仕事台としては、学生の時から二十年来使ひ古した、このラワン材の書生机が、やはり私の性にあふ。京都・大和・本郷、そしてこの井ノ頭と、私についてまわつて、傷だらけ、しみだらけだ。京都だけでも、幾度か、トラックや牛車に積まれる憂目にあつてゐる。私は今黒っぽい丹波紬の手織布をそれにかけてやつてゐる。高さも大きさも私にあふのか、ほかの机を使ふ気にならない。》

《実際、なまけものの私には、机は仕事の場所として、なかなか寄りつきにくい所なのである。けれども、この世のうるさい事から放たれて、好きな本を読んだり、とりとめもない妄想に耽つたりする時、それは最も「心やすき片隅」となるのである。》

ということで小生の机の上で書影を撮ってみた。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-25 21:25 | 古書日録

故湯川成一の仕事再評価

b0081843_20471716.jpg


東京へ発った日に届いていた『京都新聞』(二〇〇九年一一月一六日)。行司記者が熱心に取材していただけあって、うまくまとめられている。湯川書房をまったく知らない人にもちゃんと通じる記事になったことを喜ぶ。杉本秀太郎さんのコメントが入ったのがよかった。

《「とてもダンディで本が大好きで穏やかな人。好き嫌いははっきりしていて気に入らない本は出さないという人だった」》

『湯川書房・湯川成一の肖像』を刊行した伊東康雄さんのまとめの言葉も効いている。

《「本は本来、大事にされるべきもの。大切に造られた限定本ならなおさら50年、100年と残っていく。デジタル化で本が消耗品になった今、『本の姿はどうあるべきか?』を追い求めた湯川さんの思いが、人々の間に響いているのではないか」》

本が本来大事にされるべきものというのはまさにそうだと思う。ただ、デジタル化によって本が消耗品となったという意見には頷けない。デジタル化以前すでに消耗品になっていたことは少し古本をいじれば分かることだ。デジタル化がもっと進めば、本はまた宝物にもどるだろう。

《来年3月には大阪市のギャルリプチボワで展覧会が予定されている》ともあった。湯川書房ゆかりのアーティストたちが作品展を開くということは漏れ聞いていたが、ギャルリプチボワなら見に行ける。今から楽しみにしておこう。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-24 21:08 | 古書日録

2009年11月19日 丸の内・上野・渋谷

b0081843_19444665.jpg


b0081843_19445842.jpg


東京駅丸の内口。煉瓦建の駅舎は現在改修中。この少し南にある「ヴィロン Viron」にてバゲット・レトロドールを購入せよという指令が某所から出ていたたため帰洛前に立ち寄った。見た目はまずまずのようだったので、レトロドールとファリネとパン・ド・カンパーニュを買うことに(味もまずまずといったところ)。

今調べてみると、「ヴィロン Viron」というのはパリの南西ボース(Beauce, 大聖堂で有名なシャルトルがある地方)で一八一五年に創業したというフランスの製粉会社「Les Minoteries Viron」の粉を使っているところからきているらしい。ヴィロン製粉はレトロドールというバゲット用の粉を製造し、レトロドール・ファミリーを作ってそのフランスの伝統的な味を普及させているようだ。
http://www.retrodor.com/index2.htm

b0081843_19451218.jpg


その後、荷物をコインロッカーに預けて、昨夜、トークにきてくださったNさん夫妻に是非見ておくように勧められた、上野の国立博物館で開催中の「皇室の名宝」展へ。駆け足で。「春日権現験記絵」が素晴らしいからとのことだったので、それだけを目指す。入場制限で10分待ちだった。案の定、ショーケースの前は一様に中高年の来場者で占められており、とにかくも人の垣根をぬって「春日権現験記絵」だけは目に焼き付ける。

b0081843_20514057.jpg


人物の描写はやや固めか。絵師は高階隆兼(たかしな・たかかね)とされているが、複数の手が入っていることは確か。工房作だろう。風景や植物の描き方はかなりの手練を思わせる。水鳥のシーンはじつに楽しい。庶民から貴族まで、モチーフとして選ばれた画面、またさりげなく人間的な仕草を織り込んだ構成も見事。鎌倉時代の日常の暮らしを眼前に見る思いがした。

b0081843_2132264.jpg


銀座線上野から半蔵門線三越前で乗り換え清澄白河へ。深川いっぷくへ戻り、T氏と合流。渋谷のウィリアムモリスへ案内してもらうことを約束していた。ウィリアムモリスは半蔵門線渋谷と表参道のちょうど真ん中あたり。表参道駅からだと中村書店の角を北へ(右へ)曲がり、最初を左へ入って次の路へ出る少し手前右側二階。おいしい珈琲と渋い内装に感服。ギャラリーとしても活動しており、毎年六月に本に関係した企画展をやっておられるそうで、来年は『ちくま』の表紙画展をやらせてもらえることになった。いろいろ話しているとオーナーの方は武蔵美の油絵出身、しかも同じ時期に在学していたことが判明。人のつながりはふしぎである。

半蔵門線で大手町、丸ノ内線で東京、夕刻の新幹線にて帰洛。
[PR]
by sumus_co | 2009-11-22 21:22 | 東京アレコレ日記