林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

採訪記その他

b0081843_19273536.jpg


立ててある左から時里二郎『採訪記』(湯川書房、一九八八年七月三十日、装幀=加川邦章)の函、本体、黄色いのが時里二郎『胚種譚』(湯川書房、一九八三年七月二十日、装幀=加川邦章、装画=北川健次)、その下になっている白い本が時里二郎『翅の伝記』(書肆山田、二〇〇四年四月三〇日二刷、装画=勝本みつる)。時里さん三昧。「森のことば、ことばの森」は昆虫三昧。詩にも昆虫世界がロマネスクな言葉で描かれている。

『採訪記』の細い帯は書肆ユリイカがよくやっていたもの。伊達は斜めに掛けたりもしている。湯川さんもこの細い帯が好きだった。『胚種譚』も湯川さん得意の折りジャケット。並装本にちょうど古本者がグラシン紙をかけるような折り方でマーメイド紙のジャケットを被せてある。『翅の伝記』の勝本みつる氏は『江戸川乱歩全集』(光文社文庫、二〇〇三〜六年、装幀=間村俊一)の表紙オブジェが印象的だった。

時里氏の詩については安易に引用できない。散文詩ということもあるが、簡単に切り取れない彫琢を感じさせるものがあるからだ。上記ブログの文体でそれはある程度うかがえるものと思うが、ご興味のある方は是非手にとっていただきたい。湯川版もまだ作者の手元に残部ありとのこと。

÷

b0081843_19495680.jpg


これも文庫堂での一冊、『国民之友』百拾九号(民友社、一八九一年五月二三日)。表紙が先日話題にした木口木版である。原画は原田直次郎(サインあり)で彫は「生巧館」。

b0081843_20112255.jpg


「時事」欄にロシアのニコライ皇太子の受難(大津事件)についての記事があった。明治二十四年五月十一日、日本来遊中のニコライが大津で警護の巡査津田三蔵にサーベルで斬りつけられた。『国民之友』百拾九号の発行日の十二日前のことだ。

《露国皇太子の創痍は、二ケ所なり、然れども共に頭髪の中に在りて、面部に顕はれず、故に癒合の後は、只た頭髪中に、二条の針痕を宿むるに過ざるべし、怨は刀痕に従て深かし、吾人は其刀痕の浅くして只カスリ創なりしを祝す、》

とはいえ黒岩比佐子「大津事件とロシア軍艦での午餐会ーーニコライ皇太子」(『歴史のかげにグルメあり』文春新書、二〇〇八年)によれば、傷は骨に達するほどだった。「時事」は続ける。

《驚報禁裏に達するや、我皇帝陛下は直に西に幸し玉へり、国民の各階級は皆総代を出して病を慰めたり、〔以下抹殺〕凡ての国民はその赤心を以つて露皇太子の負傷を痛恨せり、皇太子帰るに臨み、左の電報を我皇帝陛下に呈せり、
 当国に於て 陛下及臣民より受けたる懇篤なる待遇に付き更に真実感謝の意思を述へさる可らす余は 陛下及 皇后陛下か過日来表示せられたる厚情は決して忘却せさるべし〔以下抹殺〕》

我皇帝陛下は直に西に幸して(五月十二日京都入り)、ウラジオストックへ戻るという皇太子を神戸港まで見送った(十三日)。その後、神戸港にいたアゾヴァ号へニコライに招かれた明治天皇は艦上で異例の午餐会に参加した。それは十九日のことである。

この「時事」には十五日に露国皇帝(アレクサンドル三世)から電報が届いたとあって電文が引用されている。予定ではニコライは京都から東京へ向うはずだった。

《朕は一狂人の所為に依り日露の交誼を害すべからざるを信ず 皇太子平癒の上は速に東京に上るべき旨を皇太子に訓令したり》

黒岩女史の書では《本国の指令で、十三日に京都を出発し、神戸港に停泊中のアゾヴァ号に帰艦することになった》としてある。女史はニコライの日記を駆使しているので、そちらが正確だろうとは思うが、真相はどうであろう。

さらに「時事」によれば皇太子は十七日に天皇に向って《予は五月十九日乃ち火曜日露国に向て直に出発することに決定せり》と電報を打ったという。黒岩女史によれば、十八日に天皇は神戸の御用邸で午餐を差し上げたいと申し出た。おそらく電報を見て慌てたのだろう。しかしニコライ側近がそれを許さず、対してニコライ本人が艦上でお昼をいっしょにどうですかと提案したようだ。これまた天皇側近などからの猛反対があったが(拉致される危険がある)、天皇はそんなバカなと一蹴し敢えてニコライとの午餐に臨んだということである。

何とかこれで丸く収まったわけだが、その十三年後には日露戦争が起こり、その敗北によってニコライ二世(一八九四年即位)は窮地に立つ。窮地どころが革命後は処刑されてしまい、正式名誉回復が行なわれたのは昨年二〇〇八年一〇月一日だというから、まあ皇帝なんてなるもんじゃない。事件に対処するニコライの穏やかな行動からして皇帝には向かない性質だっただろうということは容易に想像できる。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-31 21:29 | 古書日録

カンラ第4号

b0081843_19122075.jpg


夏目美知子さんの個人詩誌『カンラ』(二〇〇九年七月二五日)。題字は明治の教科書から。挿絵は活字「し」(以前にも紹介した)。


《過去二十六年分のニューヨークタイムスを電子データ化するのに四年かかるという試算が出た。ところがつい先頃、最新のコンピューターシステムを使えば、それが二十四時間で出来るということになった。

なるほど。
では、私たちは、
野に花でも摘みに行きましょう。》(「あとがき」より)
[PR]
by sumus_co | 2009-07-31 19:21 | 装幀=林哲夫

武漢の皆既日食

b0081843_2142571.jpg


某氏より「武漢にてポケットデジカメで撮った写真です。」と送られてきたので遅まきながら御紹介する。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-30 21:42 | 写真日乗

文庫堂

b0081843_20152654.jpg


〒606-8176 京都市左京区一乗寺塚本町106ー2 白川ビル1F

美術工芸が中心だが、その他全般にいい本が安く手に入る店として定評がある。店頭のワケアリ均一もすばらしく、店内も見所たっぷり。レジ廻りに注目すべし。

b0081843_2016389.jpg


昨日買ったものではこの『趣味』十六号(趣味発行所、一九三一年四月一日、表紙絵=釈瓢斎)。瓢斎永井栄蔵は安芸市出身、朝日新聞記者、昭和四年から十年間「天声人語」を担当した。その末尾に添える時事俳句にファンがついて、俳句と詩歌と随筆の個人雑誌『趣味』を創刊(昭和五年)したそうだ。絵もよくしたというが、そうたいしたものではない。俳句もどうも……。いちおう引用してみるが。

 揺り落す薮の動揺みや春の雪
 ネキタイの色の浅さも春の宵
 春光や掃けばまた出る埃にて
 草餅や皿を抑へて摘みにける

随筆陣がいい。金田素堂「虚無僧考」はなかなか読み応えのある考証。先日の尺八コンサートに関して聞いた話を補完するのにもってこいだった。他には工藤九郎「雅邦翁臨終」が面白い。明治後期の画壇ではナンバーワンだった巨匠橋本雅邦が明治四十一年正月十三日に没した後、その始末に現金が必要になったが、現金がなかった。門弟の寺崎広業は自分のパトロンでもあった堂島の相場師・和久栄之助に雅邦遺品の雪村の絵巻を持ち込んで三万円都合してくれと頼み込んだ。明治末のことだから、今なら億の単位だろう。雪村がそれほど評価されている時代ではなかったが、和久はポンと金を都合してくれたという。

《米界の隻脚将軍、和久伊兵衛商店に、二人の見習店員が居た。年上を平次郎と云ひ、弟分を栄之助と云つて何れ劣らぬ元気者であつた。平次郎サンは東京米界の長老谷崎久兵衛氏の長男で、現今文壇の驍将谷崎潤一郎、同精二サンの兄さんである。栄之助サンは伊勢桑名米穀取引所理事長として令名のあつた名流下里家の御曹子だつた。後年見込まれて和久家の養子となり、乃父の業務を継承し豪快不覊で、成金神吉と鎬を削る闘士となつた。》

文中、谷崎平次郎は谷崎兄弟の兄ではなく従兄である(谷崎潤一郎詳細年譜)。そんな羽振りの良かった栄之助もその三年後に没落して九州有田へ隠棲したという。

もうひとつ。字矢満門(ペンネームでしょうねえ)「頭巾を脱ぐ」に京都の「にしんそば」が登場している。四条南座の隣の店(「総本家にしんそば松葉」のことか)。

《久しく京に居た人々に云つて見ましても知つて居る人は少い様です。
「にしんそば」は普通のそばに干した、にしんの長い奴を其侭、大概二本づゝ入れてあるのです。つまり一疋のにしんを一杯のそばに入れて喰はせるのです。上の方と尾の方がお鉢の縁を越へて朽ちた砲身の様に「ニユツ」と突き出て居る様はあまり見て好いものでは御座いません。》

などと書いてある。「にしんそば」はそもそも明治中期に始まったようで、字矢満門の書き振りからすれば《京の代表的な味として親しまれてきました》(松葉HP)のは戦後のことのようだ(?)。

http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000108430.html

いろいろ楽しめて、もちろん百円。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-30 21:24 | あちこち古本ツアー

ちくま8月号

b0081843_18284884.jpg


もう店頭に出ているようだが、こちらは色校正紙である。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-30 18:29 | 装幀=林哲夫

善行堂

b0081843_2031029.jpg

b0081843_2032569.jpg

b0081843_2033743.jpg


一乗寺から白川通を通って善行堂へ。雑誌取材が終わったところ。取材記者は元エルマガの T 氏だった(わが家にも取材に来てくれた)。ソムリエ氏といくつか打ち合わせ。頼んでおいた某雑誌を受け取る。淀野隆三の関係である。開店以来、絶好調の様子で何より。近所の人達も立ち寄ってくれるようになったとか。ブックファーストでの絶版文庫もよく売れたらしい。まあ、まだ一月経ってないからねえ、楽観は禁物だが、上々のスタートであろう。

b0081843_2034968.jpg


『Sanpo magazine』3号を手にする。76頁なのに盛りだくさんな内容にまずビックリ。巻頭は渋ビル特集。1950〜70年代のビルをウォッチングするという! たしかに高度成長期特有のインターナショナル(というか無国籍)スタイルが今となってはみょうに新鮮。ソムリエの「神戸古本修行マップ」も楽しそう。森内憲「お墓と本と」は掃苔記、梶井基次郎、織田作之助、谷崎潤一郎、稲垣足穂の墓を訪ねて独自の格付けを(!)。関西には近代作家の墓が少ないそうだ。矢木明「京阪ジャズ街道をゆく」などジャズ・ネタもあります。組み方もゆったりした感じでますます好調。

クリケット日和(大散歩通信社の日常)
http://d.hatena.ne.jp/cricket007/
[PR]
by sumus_co | 2009-07-29 20:44 | あちこち古本ツアー

竹頭木屑

b0081843_2024533.jpg


昨日の宮田重雄『竹頭帖』のタイトルは油絵画家による水墨画会の名前からきているという。

《その時、会の命名を頼まれた私は、友人の内田水中亭(誠)に相談した。
 彼は私の話を聞くと言下に
「竹頭会としなさい」と云つた。
「チクトウ?」
「そう、竹の頭さ」
「どういう意味だい」
「竹の切れつぱし、チクトウ、モクセツと云う言葉があるんだ。モクセツは木の屑。役に立たないものという意味だ」
「ひどい会名だね」
「ところがあとがあるんだ。その竹の切れつぱしや、木の屑を貯めておいたら、後で船を作る時に、大いに役立つたという、支那の故事があるんだよ。だからいいじやないか」
「そりや、いいね。しかしずいぶんガクがあるんだな」
 と云つたら、水中亭はイヒゝゝと彼独特の笑いをして、
「実は、この間露伴先生に聞いて来たばかりだ」と云つた。》

そしてこの後に内田誠の著書『落穂抄 : 露伴先生に聞いた話』(青山書院、一九四八年)からその具体的な出典などを引用して説明している。元の話は晋書の陶侃伝に出ている。陶侃は東晋(西暦319〜419)の大司馬・長沙公、要するに大将軍だった人物。詩人の陶淵明は陶侃を自分の曾祖父だと述べた四言詩を残しているらしいが、実際のところは分からないようだ。

で、上の本は大槻如電編『校訂曾史抄 上』(三木書店)。上巻に刊記はないが、明治三十年発行のようだ。「曾史」は元の曾先之が十八史(十八の史書)からダイジェストを作った『十八史略』のこと。そこに「陶侃伝」も出ている。竹は船に釘として用い、木屑は雪解けでドロドロになった道に撒いたのだという。一見、捨てるしかないように思える品物でも取っておけば使い道はあるものだというエコな故事。まさに古本者には使い出のあるお話ではないか。この本もそんな一冊、本日役立つことになりました!

じつはこれ「尋常中学校漢文科教科用書」である。ということは「竹頭木屑」については、おそらく明治三十年頃以前の漢文初学者ならたいてい知っている常識だったに違いない。ところが、宮田重雄(明治三十三年生)も内田誠(明治二十六年生)も習っていなかった。う〜む、このへんの世代から教育方針が変ってきたということになるのかな、教育史には疎いので断言はしないけど。

÷

『gui』87号が届いた。いつもコメントいただく岩田和彦氏の連載エッセイは映画「おくりびと」と珈琲店の話題。最近の珈琲本も列挙されている。続いて奥成達さんの連載を読んでいるとこんな文章があった。

《随分以前に読んだヴァレリーの言葉に「後ろ向きになって前へ進む」というのがあって、前後の脈絡なしにこれだけがいつも浮かんでくる。詩はなべて前へ掘り進むよりも、自分の後ろ影ばかり掘っているような気がする。》

《「後ろ向きになって前へ進む」という言葉はヴァレリーの言葉なのだそうだが、坪内祐三氏のエッセイ集のタイトルにも『後ろ向きになって[ママ]前へ進む』(晶文社/二〇〇二・八)という一冊がある。》

b0081843_2132563.jpg


「後ろ向きで前へ進む」はヴァレリーの『ヴァリエテ 精神の政治学 Variété , la Politique de l'esprit』に出てくるフレーズ。

《Nous entrons dans l'avenir à reculons》

残念ながら『ヴァリエテ』を架蔵しない。ネットでフランス語のテクスト(プレイヤッド版など)が読めるかと探してみたが、まだ著作権が切れていないので全文は閲覧できないようだ(?)。もちろん、この言葉はあまりに有名で、さまざまに引用されていたけれど。

ただ直訳すると「われわれは後じさりして未来へ入って行く」ということなので「後ろ向きになって前へ進む」というのとは微妙に違うようだ。その意味するところは「ごく近い過去の出来事から未来を予測するというのはますます危険になっている、人類は自らとてつもない冒険に突入している、だが、どこへ行くのだろう?」というようなことらしい。一九二〇年代(要するに第一世界大戦の後)にこういう心配をヴァレリーはしていたのである。

こんなとこまで来ちゃいましたよ。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-28 21:57 | 古書日録

竹頭帖

b0081843_21392019.jpg


宮田重雄『竹頭帖』(文藝春秋新社、一九五九年、装幀=石原龍一)。西日本新聞に連載したエッセイを福原麟太郎が認めて文春の車谷弘に推薦したと「あとがき」にある。宮田がパスツール研究所で学んでいた昭和初年のパリ(昭和二〜五年)、戦後再訪したパリ、息子の晨哉が送って来るパリ便り、戦時中の中国での軍医生活、時事的な話題など、じつに達者な筆致である。

「ルオーに絵を貰った話」を引用してみよう。師の梅原龍三郎から紹介されたパリ在住の福島繁太郎夫妻と親しくなる。夫人は福島慶子である。福島はルオーの早くからのコレクターだった。ルオーが福島のアパルトマンにある絵を手直しにやってくると聞かされた宮田は同席させてもらい助手のようなことをする。

《ルオーの頭は当時から、すつかり禿げていた。六十歳位であつた。その禿げ頭に慶子さんが差出すおしぼりをのつけて、机に向かい、机上に平らにした彼自身の作品ーーそれは裸婦だつたーーに健腕直筆で、筆を加えるのである。黒い強い線を引き……サイエー……という掛声をかける。つづいてすぐパレットナイフをとつて、今引いた黒線を削り取る。こういう手法を何度となく繰り返しているうちに、あの当時の陶器の肌を見るような強烈なマチエール(画肌)が出来上つて行くのであつた。私は傍らに坐り、ルオーの命令で、パレットに絵具をしぼり出す助手の役目をした。》

画商のヴォラールが生活の面倒をみていたが、コレクターとしては福島の他にスイス人の蒐集家があるだけだったという。宮田は帰国する際にルオーに唐墨を贈った。ルオーはそれをたいへん気に入りポケットにも入れず、手にもって帰ったという。そして御礼に絵を贈ると約束した。帰国して三年ほど経ってからルオーから絵ができたと手紙が届いた。ちょうどパリにいた硲伊之助に頼んでも持ち帰ってもらった。それが十号大のガッシュ作品「聖骸布」だった。

b0081843_22183818.jpg


「聖骸布」がどんな作品か知りたくなった。しかしルオーの画集などは架蔵していない。かろうじて『現代美術13 ルオー』(みすず書房、一九六四年四刷)があったので、めくってみると、なんとまさに宮田の「聖骸布」が掲載されている。東京個人蔵、48×39cm、グワッシュと唐墨、という説明から宮田に贈られたものだとすぐに分かった。

b0081843_22182587.jpg


この『現代美術13 ルオー』月報には高田博厚がルオーの想い出を寄稿している。一九三七年から五七年までの長い付き合いだった。五七年に高田は帰国、ルオーは翌年亡くなっている。目を惹いたのは次の記述。戦後すぐ、高田がドイツからパリに戻った一九四七年頃、

《その頃彼の一家は住宅難のせいか、ロシュフーコー通りのモロー美術館に住んでいた。それから間もなく現在の十二区のエミール・ジルベール通りの豪勢な住居に移った。》

モロー美術館にルオーが住んでいたというのは意外だった。モローはルオーの師匠でもあるわけだから、縁がないわけではないけれど。モロー美術館はモローの旧宅、パリでも屈指の印象的な美術館である。

Musée national Gustave-Moreau
http://www.musee-moreau.fr/
[PR]
by sumus_co | 2009-07-27 22:48 | 古書日録

自動車文庫

b0081843_21145784.jpg


『姫路市立図書館報しろかげ』第8号(一九五八年三月一日)より「ブックモビールしろかげ号」。新しく自動車文庫が作られたという記事。トヨエース一九五七年型ライトバン。ボデーの色はグレーに赤にコバルト。三十人以上の団体で申込めば、三十冊以内の本を一ヶ月間貸し出す。毎月一回決まった日にその地域の小学校へ駐車し、団体の管理者から借りる、というシステムだそうだ。借りたい本は管理者に知らせておく。

自動車文庫、移動図書館はイギリスで始まったらしいが、直接のお手本はアメリカのメリーランドで一九〇五年にワシントン・カウンティの無料図書館の最初の司書メアリー・ティットコム(Mary Titcomb)が始めたブック・ワゴンだそうだ。荷台に本を積めるように改造した二頭立ての馬車だった。写真は下記サイトに。

Bookmobile History
http://homepages.nyu.edu/~mg128/History.htm

b0081843_2115845.jpg


日本では戦後すぐに導入され始めている。ウィキによれば、昭和二十三年に高知県立図書館、鹿児島県立図書館が導入し(下記註参照)、翌年、千葉県立図書館が「ひかり号」を運行して一躍知名度が上がったそうだ。京都市立図書館は昭和二十六年に「青い鳥号」(昭和三十九年から「こじか号」に)、京都府立は昭和四十一年から「あゆみ号」を、大阪市立は昭和四十二年から「まちかど号」を稼働している。東京都は昭和二十八年に「むらさき号」を導入したが区部での運用は二〇〇五年に終了した。

なんだか当たり障りのない車名ばかりかと思えば、最近は、長岡市立図書館の「米百俵号」(元「ながおか号」)、富山市立図書館の「よまんまいかー号」(カーが洒落になってるのかな)などもあり、讃岐の高松市立図書館は「ララ号」である。ランニング・ライブラリーの略ですと!

[註]書物蔵「日本で最初の「配本車」についての、日本で最初のエントリ」に異説の紹介あり。
http://d.hatena.ne.jp/shomotsubugyo/20090803

÷

Mさんより、すばらしい収穫のメールあり。

《今日はちょっと珍しい(私には)本に出会いました。場所は北大阪急行の某駅の近くです。店頭の文庫台にいやに小さな本が積み上がっているのでとりあげてみたら、小山書店が1955年に出したポケット・ブック・コレクションでした。サイズは丁度文庫の半分。一葉、藤村、鴎外、漱石等まず読むことはないでしょうが余りに可愛いので全部いただきました。9冊。それから店内2階の100円台から『ある客間での物語』宇野千代昭和16年スタイル社カバー欠? 裏見返しのレッテルは「第三書店」(大阪市北区梅田町二)、それから古そうな雑誌を抜きだしたら『薹大文學』編集兼発行人薹大文學会(薹北市富田町薹北帝国大學内)右代表者矢野禾積となっています。矢野禾積は矢野峰人でしょうが、昭和19年11月号には矢野の「アーノルドの英文學観(一)」とか「西鶴雑話二」瀧田貞治等が収録されています。この時期に国内ではとてもこんな雑誌は出せなかったのではないかと。雨に降られたりきつい日光にあたったりとくたびれましたが、満足です。》

台湾帝国大学の雑誌ですか! まったく知りませんでした。検索してみると、矢野は『文芸台湾』『台湾文学』などにも関係していたようですねえ。いやいや、参りました。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-26 22:13 | 古書日録

百艸句稿 朱泥

b0081843_2195989.jpg


岸百艸『百艸句稿 朱泥』(岸百艸、一九七六年春)。足立巻一の序文がある。

《中学を出るころから文学と映画に熱中し、嵩じて阪妻プロダクションの脚本部にはいり、『開化異相』などを書いたりしたけれど、嫌気がさすとプイとやめた。新国劇上演の『廃刀令』や『サンデー毎日』に載った小説『草賊石川五右衛門』の作者でもあったが、いつのころからか元町通りの露路の古本屋のおやじになり、それもいまはやめて気ままに暮らしている。このことはすでに『大衆芸術の伏流』という本に書いたことがある。》《百艸さんは一見無愛想で不貞腐れているけれど、真にやさしく寂しい男なのだ。》

句は悪くないが、とくに称揚するほどでもない。いくつか引いてみる。

 うつくしき嘘を愉しみメロン喰む

 元町の凍の煉瓦は研がれおり

 昔ながらの居留地の夏や洋犬(かめ)曳きて

 詩を語るかたみに寒き影を踏み

 おとこありけり日にけにつぎて菊を買う

b0081843_21421831.jpg


巻末「後記」にいわく《昭和二十一年かぎり句筆を折って陋巷に隠れること二十年いまや神戸史学会に拾われて郷土史家の末席をけがしているのは一重に落合重信氏の輓推に拠るところである。/時も時昭和四十九年頃から男女十二三人の知人が相寄って私に作句の手ほどきをしてくれとの要望があった。私は二十年間の空白があり内心忸怩たるものがあったが遂に動かされて一年有半再度の褄がさねをよぎなくされた。》

何部制作されたのか、署名入りのうえに本文にあちらこちら誤植訂正、ルビ、改稿が施されている。まったく偶然に「日本の古本屋」でヒットしたのだが、こんなものがに出ているとは思いもしなかった。

この後、神戸市立中央図書館にまったく同じ題名の句集が所蔵されていることに気づいた。

書名 朱泥 : 百草句稿||シュデイ : ヒャクソウ クコウ
著者 岸百草||キシ ヒャクソウ
出版 神戸 : 岸百草 , 昭和36年10月
大きさ 203p ; 21cm

昭和三十六年にも出していたのか。小生架蔵本の頁数は173である。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-25 21:55 | 古書日録