林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

スピン

b0081843_20534420.jpg

b0081843_2054617.jpg

b0081843_205625100.jpg


『復式スピン製造案内』と題されたパンフレット。これも口笛文庫で。表紙と製造機械の写真、そして挟まれていた実物見本。発行および製造販売は三菱洋行という会社名義になっているが、三菱財閥とは関係ないようだ(中に「私の履歴」という自伝が掲載されている、ただし「私」の名前さえ分からない)。こんなものまで買ってはいかんと、一旦、戻したが、よく考えると「しおりひも」を「スピン」ということと関係があるのではないかとハッとして思い直した。

しおりひも(栞紐)のことを英語では「ribbon bookmark(bookmark ribbon)」または単に「ribbon」あるいは「tassel」(房飾り状のもの)と呼ぶ。フランス語では「signet」。ドイツ語では「Lesebändchen」。「スピン」という単語を「しおりひも」の意味では使わない。どうして日本だけが今もって「スピン」という単語を使っているのだろうか。これは誰しも一度は疑問に思うこと。ちなみに『出版事典』(出版ニュース社、一九七一年)は「スピン」をこう説明している。全文。

《スピン spin 読みかけのページに挿んで目印にするためにつけた紐(ひも)。→しおり》

語源説明もなにもなし。そしてその語源のヒントがこの『復式スピン製造案内』の文言のなかに見えている。

《スピンとは一名真田紐或は平編紐とも云ふ貿易としては諸外国でスピンと云ふ名称で有ります》

刊行年が書かれていないので時代がはっきりしないものの、大正前期かな、という感じなのだが、とにかく、諸外国で「スピン」と呼ぶのだと明記してある。これをどう考えるか。英語の spin は「紡ぐ」「回転する」あるいはその名詞形。あるいは spin ではなく spindle と関係があるのかもしれない。スピンドルは綿糸や麻糸を紡ぐ「紡錘」のこと。また、そこからそれらの糸の長さの単位ともなっている。本当に貿易関係に「スピン」と呼んでいた時代なり業界用語なりがあったのか、「スピンドル」等を縮めただけかもしれないし、または別の誤解があったのかもしれない。

そこまでは不明だとしても、とにかく「スピン」という言葉が「真田紐」を意味する和製外国語として使われ始めたことをこのパンフレットが証明してくれたように思う。そしてその呼び方が製本業界でも使用されてそのまま受け継がれたに違いない。

÷

予想通り将棋名人戦は冴えていたはずの郷田の第六、七局の戦い方が納得できないまま羽生名人の防衛となった。これが羽生の強さか。

÷

早めの夏休み。明日から一週間ほど休みます。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-27 22:25 | 古書日録

進々堂

b0081843_2175111.jpg


百万遍ではどうも腹具合が急変する。以前もマクド(百万遍交叉点西北)へ駆け込んだことがあったが、今回は吉岡書店の百円棚から『現代詩鑑賞講座第十二巻明治・大正・昭和詩史』(角川書店、一九六九年)を、井上書店から『木曜雑記』を買ったあと、はげしくせき立てられたので、進々堂へ避難。事なきを得た。

コーヒー340円。アイスコーヒー一杯でパソコンを睨みつつ辞書を引いているお兄さんを横目に、ホッとしながら『詩史』をひもといた。下は「アナキスト詩人たちと萩原恭次郎(左から二人目、昭和二年)」という写真。

b0081843_218323.jpg


喫茶店? ポスターも気になる。この本は通史としては読みやすくてよさそうだ。古書価もけっこうしている。百円というのは裸本で線引アリだから。

京都市左京区百万遍京都大学北門前
営業時間:8:00-18:00
定休日:火曜休

[PR]
by sumus_co | 2009-06-26 21:25 | 喫茶店の時代

ハイカラ神戸幻視行

b0081843_20104381.jpg


西秋生『ハイカラ神戸幻視行 コスモポリタンと美少女の都へ』(神戸新聞総合出版センター、二〇〇九年、装幀画・デザイン=戸田勝久)を頂戴したので早速拝読。イナガキ・タルホと谷崎潤一郎『細雪』を中核として神戸にその足跡を記した文学者(一部美術家)を整理して展開してくれている。巻末の参考文献リストもひとつの神戸書誌となっており、一家に一冊備えておきたい、そんな本になった。主な登場人物は以下のごとし。メジャー、マイナーとりまぜてなかなかの神戸文学絵巻ではないか。

イナガキ・タルホ、谷崎、竹中郁、江戸川乱歩、横溝正史、戸田巽、酒井嘉七、小松益喜、中山岩太、小泉八雲、中河与一、正岡子規、山本周五郎、尾崎放哉、石川達三、小出楢重、堀辰雄、西東三鬼、大坪砂男、渡辺温、十一谷義三郎、淀川長治、野坂昭如、井上靖、久坂葉子。および「ハイカラ神戸」の分析。年表、引用文献。(文学地図があればカンペキだった)

さて、ここで問題です(神戸検定!)。上記のなかで神戸市内(現在の行政区分でよろしい)で生まれた人は誰と誰でしょう? あんがい少ないよ。ちなみにタルホは大阪生れ。谷崎はむろん江戸っ子だが、旧神戸市内には住んだことがないというのも面白い(阪神間で十数回転居しているが、現在の区分で神戸市内になるのは武庫郡=東灘区のみ)。神戸は異邦人の街なのだ。

マン・レイのネタをここでも発見。中山岩太夫妻はパリ時代にマン・レイの恋人だった頃のキキと知り合って遊ぶようになったそうだ。マン・レイその人とのつき合いはなかったらしいが。岩太は帰国(一九二七年)後『アサヒカメラ』に発表した短い論文にマン・レイの名前を繰り返し記しているという。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-26 20:51 | おすすめ本棚

古書 善行堂

b0081843_17361975.jpg

b0081843_17363038.jpg

b0081843_17365049.jpg

b0081843_1737062.jpg

b0081843_17371336.jpg

b0081843_17372387.jpg


諸事情によって善行堂のプレ・オープンに出かけられそうもないので、ちょっと準備中の様子を見に出かけた。ほんとに竹岡書店のすぐ近く(十メートルくらい西)。バスだと銀閣寺道で降りるのが便利かもしれない。京阪出町からなら歩いて十五分くらいか(かるい上り坂)。今どきな店がアレコレ並んでいる一区画で雰囲気もなかなかいい。

ちょうどソムリエ氏がいたので立ち話(椅子ひとつありません)。あれこれ心配事が絶えないようだが、そんな緊張感も開店までの楽しみのひとつだろう。見ての通りソムリエらしくおしゃれな空間。ここにどんなふうに本が詰まってゆくのか、それがこちらの楽しみ。プレ・オープン参戦を目指しておられる皆様のご参考までに多めに店内写真を披露しておく。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-25 20:12 | あちこち古本ツアー

井上書店

b0081843_2042383.jpg

b0081843_2043596.jpg


百万遍では以前からずっと存じ上げているが、店舗の方は通り過ぎることが多かった。今日はわりとゆっくり棚を見てみると、かなりうれしくなる並びだった。春山行夫の『木曜雑記』(林檎書院、一九四七年九月二〇日、装幀=山名文夫)を買わせてもらう。

b0081843_2081520.jpg


京都市左京区今出川通百万遍東入
[PR]
by sumus_co | 2009-06-25 20:11 | あちこち古本ツアー

シュルレアリスム絵画と日本

b0081843_20275326.jpg


速水豊『シュルレアリスム絵画と日本 イメージの受容と創造』(NHKブックス、二〇〇九年)を恵投いただいた。これは「シュルレアリスム絵画と古本」と言い換えてもいいような、目から鱗がボロボロのイメージ引用の元ネタを羅列したきわめて興味深い論考だ。

以前、古賀春江の有名な「海」(一九二九)に描かれている女性が絵葉書からのまる写しだったことがTV番組がきっかけで判明したことがあったが、この論考では古賀春江を中心に精細なイメージのルーツ探しが展開されている。古賀は『アサヒグラフ』とか『科学画報』とかごくふつうに流通している雑誌の写真をほぼそのまま使っており、コラージュといってもいい作画方法である。

本書ではシュルレアリスム絵画がどのようにして日本に紹介され、日本の画家がそれをどう理解してどのような作品を制作したかを、エルンストにおけるコラージュの素材について解説するところから始めて、まずは東郷青児と阿部金剛、そして古賀春江、福沢一郎、さらに三岸好太郎と飯田操朗について検討して終わっている。理論的根拠も丹念に紹介することにより戦前におけるシュルレアリスム受容の思想的な流れも理解できる好著と思う。

上は三岸好太郎の「雲の上を飛ぶ蝶」(一九三四)。たとえばこの一番大きく描かれている蛾が加藤正世『昆虫標本整理法』(三省堂、一九三三年)の「ヤママユ」の挿絵(下)を模写したものだということを指摘している。この『昆虫標本整理法』は古書としてもけっこう高値が付いているようだ。

b0081843_2028411.jpg


実際のヤママユ
http://www.insects.jp/kon-gayamamayu.htm

ちなみに蝶と蛾の間には明確な区別はないらしい。見た目には違うんだけどねえ、種類が多いから例外だらけのようなのだ。

もうひとつ、マン・レイ・イスト氏はご存知だと思うが、『詩と詩論』創刊号(一九二八年九月)にデ・キリコ「詩人の出発」がブルトンの著書『シュルレアリスムと絵画』(ガリマール書店、一九二八年)から転載する形で図版掲載され、編集後記にこう書かれているという。

《さらにデ・キリコの簡単な紹介があり、彼がエルンスト、ミロ、マン・レイとともにシュルレアリスムの画家のひとりとして数えられていると伝えている》

ここにマン・レイの名前が挙っているのはちょっと気になった。マン・レイが日本で最初に紹介されたのは一九二六年一〇月、仲田定之助が『アサヒカメラ』誌上で論じたのが最初のようである(石原輝雄編書誌による)。なおブルトンの『シュルレアリスムと絵画』は大きな衝撃だったようで、ただちに瀧口修造によって翻訳され『超現実主義と絵画』(厚生閣書店、一九三〇年)として刊行された。

もうひとつ三岸に関することで面白いのは「蝶や貝殻はシュールレアリストの小道具としてしばしば見られるもの」という三岸好太郎作品に対する見解が正しくないことが指摘されていることだ。著者はシュルレアリスム絵画で蝶や貝殻をモティーフにしたものを見つけるのが難しいくらいで、《蝶と貝殻をシュルレアリスム特有のモティーフとする見解は、他ならぬ三岸の作品にもとづくところが大きいとさえ思われる》としている。

そんなものかな、と思ってマン・レイの図録を開いてみると、この作品が目に入ってきた。「蝶の屏風」と題されている(原題は「 La Paravent(衝立)」)。制作年は一九三五年か、とすれば三岸の絵を見て思いついたということになるのかな(!?)。ついでに言えば、速水御舟の「炎舞」は一九二五年制作。

御教示いただいた岸岱の「群蝶図」はこちら。
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/kotohira/49/index.htm

若冲にも「芍薬群蝶図」もある。
http://blogs.yahoo.co.jp/kuusan26bu/28659096.html

b0081843_2128339.jpg


そういう意味ではマン・レイが江戸絵画の蝶図を知っていた可能性も否定できない。パラバンという形式そのものが東洋のイメージではないだろうか?

またマン・レイには「貝と卵/ソラリゼーション」(一九三一)という作品もある。あるいはダリは一九二九年に「Le Grand Masturbateur」という絵を描いており、これは三岸好太郎の画き方にも似たところがあるのだが、その画面には貝殻がいくつも見つかる。特有のモチーフとまでは断言できないとしても、見つけるのはそう難しくない。ピカソにも蝶をコラージュした作品(一九三二)があるし。いずれにせよ、本書は最近の美術研究のひとつの典型であるだけでなく、現在の引用問題にもつながるテーマをもっていると思う。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-24 21:55 | おすすめ本棚

春陽堂月報 No.28

b0081843_20253424.jpg


b0081843_20254557.jpg


これも口笛文庫にて。300円だったか。『明治大正文学全集 第38巻 久保田万太郎篇 水上滝太郎篇』(春陽堂、一九二九年九月一五日)の月報のようだ。タテ23cm。九野豊彦、花柳章太郎、水木京太、下河辺一郎、蔵原伸二郎、漫画(上図ではない)の堤寒三が執筆している。内容にはとくにひかれるところはなかったが、このイラストにはマイッタ。記名もサインもない。

÷

名古屋リブロが前身のパルコブックセンター名古屋店から数えて20周年を迎えるそうだ。それを記念して「二十歳のための読書案内(仮)」なる小冊子を作るという。そのための【あなたにとっての「二十歳の本」】というアンケートが届いた。

二十歳のときの読書なんて思い出せないなあ。あんまり本は読んでなかったし。文学というようなことでは『限りなく透明に近いブルー』くらいか。村上龍は芥川賞受賞した当時武蔵美に在学(?)していたようだし。武蔵美への最寄り駅、西武線鷹ノ台駅前の新刊書店・松明堂(今はギャラリーもやっている)ではサイン会もあった。『1Q84』ほどじゃないにしても社会面的な話題になっていたので興味本位で読んだ。著者による装幀もダサイけど目新しい雰囲気はあった。

美術系の本ということなら、わりあい読んだかもしれない。ケネス・クラークの『ザ・ヌード』とか。ヌードとネイキッドは違うというところから始まっていた、それは覚えている、というかそれしか覚えてない、やれやれ(今はちくま学芸文庫で読めるよう)。ケネス・クラークならずっと後に読んだ自伝の方が印象深い、といいながらタイトル忘れてしもうた。ええっと……[検索中]……そうそう『芸術の森のなかで』(川西進訳、平凡社、一九七八年)、これは面白かった。ソルトウッドというケント州(イングランドの東南端)の小さな村の城に住んでいた少年時代の生活振りがとくに。これを覚えているのは、ソルトウッド城に行ったことがあるからだ。木立を抜けると中世風の小振りな城が現れた。今思えばあのとき小生は二十五歳だったのか。

二十歳のときに読む本三冊、コメント付きですぐに返信した(上の二冊は入ってないです)。絶版になってないか、それだけチェックした。冊子は九月にできるそうだから、まだずっと先の話。

÷

『spin』05に寄稿していただいた山内功一郎氏から六本木詩人会に参加することになりました、というメールを頂戴した。これから同人雑誌は同人サイトに変ってゆくのだろうか、あるいはもう変ってしまっているのかもしれないけど。山内氏の論考は「発狂も発光も――江尻潔の『逆木』から『るゆいつわ』へ」。

六本木詩人会
http://www.roppongi-shijinkai.net/
[PR]
by sumus_co | 2009-06-23 21:41 | 古書日録

鋭角・黒・ボタン

b0081843_204578.jpg


『鋭角・黒・ボタン 1960〜61年アヴァンギャルド詩集』(前衛詩人協会、一九六一年六月一日印刷、La couverture : 北園克衛)。これは200円や300円ではありません。

高橋昭八郎氏も寄稿しておられる。前衛詩人協会は北園克衛を会長としていた。主にVOUクラブ員から成り、また全国から前衛詩人たちが参加してもいる。例えば、当時は広島にいた政田岑生。森原智子さんの名前も見える。一九五八年版と一九五九年版、そしてこの三冊目が出た後に自然解散となったらしい。 高橋氏についての紹介文は下記のごとし。

《高橋昭八郎 Takahashi Shohachiro. 1933年生. 岩手県立黒沢尻高校卒. VOUクラブ員. 北上市諏訪町 浅沼方》

昭和八年生れでいらっしゃる。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-22 21:01 | 古書日録

ペ/ージ論

b0081843_19493082.jpg


高橋昭八郎『ペ/ージ論』(思潮社、二〇〇九年、装幀=著者)。『gui』でおなじみの高橋氏のヴィジュアル・ポエトリー。詩集といえども、たいていの詩集は読めばそれなりに意味が分かる。分かる分からないというのはこちらの勝手だから、表現しようとしていることが伝わってくる、とでも言い換えてもいいだろう。むろんまったく意味不明の詩もあって、それはそういう拒絶のスタイルでもあるわけだが、高橋氏のこの詩集に収められている作品は、意味が伝わってきそうで、こない。痒いところに手がとどかないような不思議な作風である。とても饒舌なのだが、何をしゃべっているのか聞き取れない、聞き取れるけど脳のなかを素通りする、そんなじれったさが、逆に快感かもしれない。

「あるか/のダブルだれ」から後半部分。

 おしゃべりの 中黒 エリプシス …
 ピリオド コンマ でもある
 カンマ コロン
 セミコロン
 ひっかけ 太かぎ 二重かぎ
 同じくチョンチョン
 だから だからと
 失礼しまぁすで
 ヨーグルトドリンクで
 まりちゃん見せて ちょっと ハイ帽子かぶって
 はやく ほら いけないよで
 ぐるぐる太まる 二重 三重まる
 黒まる 蛇の目 どっとっと
 ブルケイの見えない
 空から
 雨だれ だぁ
 雨だれ だぁ が
 二つ雨だれになり
 あるかのうるんだ目ぬらし
 荒鹿
 で あるか
 否か
 の耳だれになり
 ポパポパポーッと ぱぁーっと
 鳴いているか あるか
 の斜め二つ耳だれになって

 彫像のように
 ダブルだれになって

印刷用語で約物(やくもの)と呼ばれる記号活字の呼び名をモチーフにしていることはちょっと印刷をかじっていればすぐ分かる。ただ、そのファンタジーを共有するのは難しいし、共有する必要もない。ちなみに「中黒」は「・」、「エリプシス」は三点がベースラインに並んでいる記号。「ブルケイ」は波罫のこと。「雨だれ」は「!」、「耳だれ」は「?」。ひょっとしてかなりエロティックな描写かな?

そしてこんな視覚詩もある。

b0081843_19494111.jpg


「々」ばかりで成り立っている。「々」は「同の字点」あるいは「おどり字」と呼ばれる。もしこの詩をピッポさんが朗読するとなったら「同の字点、アキ、同の字点、同の字点、アキ、同の字点、同の字点、同の字点、アキ……」なんて読むのだろうか、読むわけないか。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-22 20:35 | おすすめ本棚

スパイに用心

b0081843_210195.jpg


『ホーム・ライフ』六巻十二号(大阪毎日新聞社、一九四〇年十二月一日)。表紙は川口軌外(1892~1966)。一九二〇年代のパリに十年近く暮らした画家である。この表紙もなかなかいい。当時のグラフ雑誌らしくタテが34cm近くあるのでスキャンできず、雨模様の玄関先で撮影した。どうやってもちょっと光ってしまう。

中野正剛や岸田国士の書斎、ピストン堀口、李鴻章の孫の李国熊(北京随一の読書家とか)、マラソンの孫基禎の暮らしぶりなど興味深い記事ばかり。なかでも「帝劇改組」という見開きは、帝劇が内閣情報部に身売りしたという内容。

b0081843_2101331.jpg


《表玄関の広間は昔と同じ待合所には違ひないが面会人も要談も凡そ異なる世界の現出だ》とキャプションのある写真の一部。「防諜」「退すなスパイ」「スパイに用心」などのポスターに目が釘付け。宮本百合子は御用提灯が描かれた防諜ポスターを覚えていたようだが、他にもいろいろな種類があったらしい。

雑誌の内容は思いのほか迎合的ではない。「編輯室」という後記に北尾鐐之助がこう書いている。北尾は上方ライターの代表のひとり。

《それに厄介なことには、防諜の取締から、ちかごろは六甲あたりの山麓に警官が出張してゐて、一々カメラ携帯の登山者を物色しては、現像を警察でやらねばならぬやうな有様である》

《先達て、ある海岸地方へ行つて、特別建築の写真を撮つてゐたら、村の少年が交番所へ密告して、警官を連れて来たのがあつた。問題はことなく済んだけれど、日本のこどもたちの純真な心に、さういふ猜疑の眼で人をみることを覚えさせてもよいのか》

加藤秀俊『昭和日常生活史1-モボ・モガから闇市まで-』にはこうある。加藤氏昭和十五年当時十歳。

《街頭には「パーマネントはやめましょう」という標語が目につきはじめた。その趣旨はパーマネントというのが西欧的であるのみならず、エネルギーとして電気の浪費につらなる、ということにあったらしいが、無知にして無邪気な小学生、とりわけ男子生徒は街角でパーマネントをかけている女性を見かけるとおおきな声でポスターの文句をそのままオウムがえしに叫ぶのであった。「スパイに用心カメラマン」というのもあった。これもおなじことで、カメラをぶらさげている人を見つけると、そう叫ぶのである。いまにしておもうと、まことにこどもっぽい行為であるが、本人がこどもだったのだからしかたあるまい。とにかくそんなわけで、日本社会はだんだんと軍事一色に塗りつぶされてゆくのである。》

子供は大人の鏡である。純真かどうかではなく、生きる知恵だろう。そして北尾は「編輯室」をこう締めくくっている。

《本誌も、来春からは、新体制にふさはしく“ホームライフ”の誌名を直訳して“家庭生活”と解題し、新しい世紀に向つて進行をつづけることになつた、いつさいただ不言実行である》

÷

『scripita』12号が届いた。内堀弘「予感の本棚」は野口冨士男について。野口は昭和八年に紀伊國屋出版部に入っていた。野口が関係していた同人雑誌『現実・文学』や『文学青年』の書影(日本近代文学館所蔵)にシビレる。
[PR]
by sumus_co | 2009-06-21 22:11 | 古書日録