林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 49 )   > この月の画像一覧

ムーミンランド

b0081843_2028819.jpg


ちんき堂さんで見つけた Tove Jansson『MOOMINLAND MIDWINTER』(PENGUIN BOOKS, 1973)。山室静訳は『ムーミン谷の冬』。英訳初版は Ernest Benn 一九五八年、ペンギンブックスの Puffin Books シリーズでの初版が一九七一年。イラストレーションが素晴らしい。

ちんき堂さんと少し雑談。最近、キビしいです、とのこと。元町駅前という繁華街に店があると、宅買いがほとんどないので、たいへんらしい。現在、二階に店舗があるが、上階に空き部屋ができて、上へ行くほど家賃が安いそうだ。このままの状態がつづけば、上へ移るかもしれないとか。「屋上にテント張ってたりして(笑)」……。

それにしても、いつ行っても、楽しめる棚作り。あれこれかなり買ったな、と思っても、千円少々。『彷書月刊』の8号から40号くらいまで、バラながら、数十冊が200円均一で並んでいた。これはお買い得ですよ(まだ、きっと残ってます! 急げ)。頑張って、という言葉はできるだけ使わないようにしているのだけれども、ちんき堂さんには、ぜひガンバッテほしい。

http://d.hatena.ne.jp/chinkido/

http://www.hyogo-kosho.net/shop/shop_data/store_015.html
[PR]
by sumus_co | 2009-02-28 20:51 | 古書日録

キクオ書店

b0081843_1710394.jpg


日本に関する海外文献を得意としている、と、その方面はまったく無関係なれど、ショーウィンドウに展示されている書物や版画・絵画類は、通りすがりに必ず見ておきたい優品が多い。表の平台から神戸元町の三星堂の社史を、喫茶店資料を探しているころに、偶然に見つけたのが、有り難かった。古本まつりの放出ぶりも、なかなかインパクトあり。

《戦前続いていたキクオ書店は一時商売をやめるのではないかと思うほど店内を放置してあった。近年[引用註=1976年頃]すっかり立ち直り、内容も充実した。主人にほめると令息が家業をつぐ決心をしてくれたので意欲を燃やしたといった。若い謙虚な青年で、前途を激励しておいた。》(脇村義太郎「京洛書肆街考」)

京都市中京区河原町通三条上る恵比須町430
[PR]
by sumus_co | 2009-02-28 17:17 | あちこち古本ツアー

惑星ソラリス

b0081843_2110894.jpg


砂の書さんよりメールいただいたので、引用しておく。なるほど、なるほど。なお蟲文庫さんは小生の郷里のあたりを通過されたようだ。のんびりした町だったでしょ。

蟲日記2/14登場の『ソラリス』は後年に出た海賊(ブートレッグ)盤だったと記憶してます。

正規に出たのは日本コロムビアと旧ソ連のメロディア・レーベルからのものです。メロディアといえば今は亡き神田の新世界レコードがある時期までは一手に引き受けていた記憶があります。

CD は今は亡き WAVE が Torso Kino から出ていた CD を自社レーベルから出していました。但しこれは大半が再録(再演奏)です。音がかなりキンキラしたデジタル音になっており、何とも言えぬ気がしました。唯一の聴き所は『ストーカー』のメイン・テーマ。

『ソラリス』『ストーカー』の音楽を手掛けていたE・アルテミエフは凄く影響を受けた音楽家です。特に後者の音楽/音響は秀逸です。『ストーカー』は個人的にはタルコフスキーで一番好きな映画です。

それとホドロフスキーの現況は以下に。

http://www.jodorowsky.be/

それから、蟲日記に度々登場する工藤冬里は極端にピアノが上手く(恐ろしい逸話の持ち主)絶品としか言いようのない演奏をします。バンド(マヘル...)も素晴らしく唯一無比の音楽を産出しますがもし機会があればピアノ演奏を一聴される事をお薦めしておきます。》

小生も「ストーカー」は好きでした。最後のテーブルのシーンはちょっとした静物画のおもむきで思い出深いです。タルコフスキーはけっこうどれもハズレがないと思います。個人的には「アンドレイ・ルブリョフ」が一番ですけど。
[PR]
by sumus_co | 2009-02-27 21:17 | 写真日乗

後藤点

b0081843_2115447.jpg


ウェッジ文庫の話を出したので、岩本素白『東海道品川宿』(ウェッジ、二〇〇七年、装丁=上野かおる)を取り出して読んでみた。といっても今のところこれしか持っていないのだが。編集長が力を入れているだけあって、危なげのない筆致である。巻頭の、少年時代(明治中期)の学校や塾の様子などを回顧した「ゆく雲」はとくにいい。子供達が先生の本箱の抽き出しを勝手に開けて落款のセットを見つけて騒ぎ立てるところなど、いきいきと描かれていて感心した。

岩本が育った品川宿には、小さな床店の本屋しかなく、東京まで買出しに行く「使い屋さん」に頼んで、教科書などを買っていたという。

《孝経の次の大学、中庸、論語、これらは渋茶色の表紙を持ち、和紙ではあったが粗悪な紙で、こす[二字傍点]ると毛ば立ち、くたくたする本で当時一般に読まれた後藤点[ルビ=ごとうてん]と称するものであった。》(東海道品川宿四)

後藤点が本の種類のように書かれているが、もちろんそれは、返り点(訓点)のヴァリエーションのひとつで、江戸中期の儒者、後藤芝山(ごとう・しざん)が考案したもの。他に道春点、闇斎点、益軒点など多いが、後藤点がもっとも流布した。たまたま架蔵している『春秋』の一冊、題箋のところに「再刻後藤點」と明記されている。だから後藤点と呼ばれたに違いない。

b0081843_2025924.jpg

b0081843_2103475.jpg


これには刊記はないが、岩本の言う明治中期あたりものだろう。版そのものは江戸期かもしれないにしても、見て分かるように、そうとう擦り切れて、印刷が鮮明でない。繰り返し増刷された証拠。ちなみに後藤芝山(一七二一〜八二)は讃岐の人。高松藩主の侍講となり、藩校の講道館を設立した。
[PR]
by sumus_co | 2009-02-27 21:09 | うどん県あれこれ

三太郎

b0081843_19585430.jpg


昨日『彷書月刊』3月号、特集「労働と文学」が届いた。『蟹工船』ブームにあやかろうというわけだろうが、さすがのボリュームだ。特集はそれとして、南陀楼綾繁氏の連載に「文庫とブログで本の可能性を掘り起こす」と題してウェッジ文庫が紹介されていた。今、うわさのウェッジ文庫である。南陀氏はブログ「qfwfqの水に流して Una pietra sopra」の主がウェッジ文庫の編集長だということを教えてくれている。へえ、と思う。

《ブログの主の名は、服部滋さん(一九五一年生)。大学を卒業した後、「日本読書新聞」の編集者となる。その後、映画雑誌『イメージフォーラム』の創刊に携わる。これまでに十社以上の会社に属したり、フリーランスとして、雑誌や単行本を編集している。ウェッジには二〇〇一年に入社した。》

小生も「qfwfqの水に流して」については津田京一郎氏の「板倉鞆音捜索」(『spin』02掲載)にその渋い好みが紹介されていて、興味はもっていたものの、のぞいたことはなかったので、今回、最近の記事を読んでみた。

例えば「上司小剣コラム集出づ!」(09-01-18)では《コラム集に着目した書肆龜鳴屋の慧眼をたたえたい。》と書いておられる。なるほどシブイ。先日、ある古書店主から「龜鳴屋さんが『上司小剣コラム集』を出しました! びっくりしました。本は何度も売ってるけど、読んだことなかったです」という意味の感嘆メールが来たのを思い出す。龜鳴屋さんといえば、ここでも何度も紹介しているが、やはり凄腕の編集人であり出版人である。なんと、谷崎潤一郎偽作(「誘惑女神」)などで知られる倉田啓明の『稚兒殺し 倉田啓明譎作集』まで刊行しておられる。その刊行のきっかけが愉快だ。

《「誘惑女神」を偽作だと指摘した細江光氏は、啓明の諸作品について「倉田の作家的天分、学識が、ともに三流以下であることは、それらの文章を一読すればあきらかである。」とバッサリ切って捨てておられますが、龜鳴屋は縁あって作品を一読、捨てたもんでもないんじゃないと、奈落の底から拾い集めて一本にまとめることにいたしました。》

こういう人がいるから世の中おもしろい。

また「本とつきあう法」(09-02-11)には堀江敏幸がエッセイ集『回送電車』に「古本のなかにさりげなくはさまっている紙切れが好きだ」と書いていることから、古本に挟まれていたものへと話を広げ、そして

《最近入手した「漂流物」についても書いておこう。はじめて出遭った珍品である。本は内田魯庵の『貘の舌』、大正十年に春秋社から発行されたものである。はさまっていたのは竹製の耳掻き。なんの変哲もない安っぽい耳掻きで、元の持ち主が栞代りにはさんでおいたのかもしれない。耳掻きねえ、と指でつまみあげ、ふとその頁を見て思わず莞爾(にっこり)した。章題には「貘の耳垢」と書かれていた。》

……うまいサゲである。

すると、ちょうど、まったく偶然にも、ブログの読者の方より、《正木不如丘「三太郎」春陽堂刊を求めました。中から10×20cmぐらいの当時(大正?)の婦人の写真2枚出てきました。以前、林さんが古書から出てくるモノの蒐集をされていると「暮しの手帖」に書かれていたように思います》ので差し上げます、というメールをいただいた。なんというタイミング、その現物が上の写真である。大正時代(?)のプリクラ(これは商標登録されているが、使ってもいいらしい。なおプリクラを生んだアトラスは業務用ゲームからの撤退を発表したそうだ)。ペンダントか何かに入れておくためのものか(?)。

送ってくださった某氏は一九五〇年代に病気療養中、ラジオから「三太郎」の朗読が流れていて、BGMがラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」だったということまで記憶されておられるが、その原作が読みたくて、ずっと探しておられたそうだ。結局、知っていながらまだ使ったことのなかった「日本の古本屋」にトライしてみると、あっけなく入手できたという。そしてこんなオマケも付いてきた。古本は運び屋なのだ。
[PR]
by sumus_co | 2009-02-26 21:08 | 古書日録

赤尾照文堂 平安堂書店

b0081843_1212535.jpg


河原町通りの西側、賑やかな歩道にあったショーウィンドウ、そこには全面に文学関係の全集が並べられていて、全集なぞセットで買ったことのない者にとっても、その前を通るたびに、なにか頼もしい気持になったものだ。また入ってすぐ左手にあった文庫棚はかなりいいものが拾えていた。数年前に上のような店構え、ちりめん小物かざり屋の二階部分が書店、になってしまって、ちょっと入りづらい。入ってしまうといい本が並んでいて感心するのだが。

京都市中京区河原町通六角下ル山崎町256

b0081843_1213790.jpg


大正期創業。美術書専門。硝子戸には復刻古地図をいくつも貼付けてある。ここもめったに入らないが、以前、なにか展覧会カタログで手頃なもの見つけた覚えがある。赤尾照文堂のすぐ北を西入る。

京都市中京区六角通河原町西入ル
[PR]
by sumus_co | 2009-02-26 12:14 | あちこち古本ツアー

EQMM の北園克衛

b0081843_21243862.jpg


『EQMM』第六巻第八号(早川書房、一九六一年八月一日、表紙=上泉秀俊)。トンカ書店の入口に『EQMM』が百円で積み上げてあった。挿絵で誰か……と思って、めくってみたら、北園克衛が四冊あったので求めた。なかなか力の入ったレイアウトで、一冊に十数点も掲載されている。他に、難波田龍起や村井正誠の号もあった。

つづいて入った汎芽舎でも北園克衛カバーのクイーン『最後の女』(ハヤカワ・ミステリ文庫、一九七六年)が100円だったし、こういう偶然はちょっとうれしい。北園・ハヤカワ、ありそうで、探してみると、あんがいないもの。一九七六年の創刊時から手がけており、病床で最後までしていたのもハヤカワの仕事だったそうだ(金澤一志氏による)。一九七八年六月六日歿。『EQMM』第六巻第八号から北園カット・ギャラリーを。

b0081843_21544090.jpg

b0081843_21455851.jpg

b0081843_21461156.jpg

b0081843_21462249.jpg

b0081843_2154518.jpg

[PR]
by sumus_co | 2009-02-25 21:48 | 古書日録

汎芽舎(神戸元町)

b0081843_21143059.jpg


番外というか、神戸へ出かけて季村敏夫氏、港大尋氏のライブを聞いたので、せっかくだから開演前にトンカ書店、ちんき堂、に加えて汎芽舎(はんげしゃ)をのぞいた。オープン三年になるというが、初めて入った。トンカさんも、汎芽舎さんも、ちんき堂の元店員とか。ちんきグループである。ここは LP、CD の方がメインだが、古書も悪くない。安藤鶴夫の『ごぶ・ゆるね』(旺文社文庫、一九八〇年)などがあったのでありがたく買わせてもらった。

http://hangesha.shop-pro.jp/
[PR]
by sumus_co | 2009-02-25 21:22 | あちこち古本ツアー

記憶表現論

b0081843_1458589.jpg


『記憶表現論』(昭和堂、二〇〇九年、造本・装幀=間村俊一)。

[序] 記憶のアクチュアリティへ・・・・・・・・・笠原一人
[映画]記憶のエコノミーに抗して・・・・・・・・・細見和之
[文学]エチカ、地上の声・・・・・・・・・・・・・季村敏夫
[音楽]コール&レスポンス、あるいは友愛の記憶・・港 大尋
[写真]受動としての写真・・・・・・・・・・・・・宮本隆司
[美術]戦争が終わって転々とするものについて・・・木下直之
[展示]空間の中の時間・・・・・・・・・・・・・・寺田匡宏
[都市]環境ノイズエレメント・・・・・・・・・・・宮本佳明
[建築]メモリアルを超えて・・・・・・・・・・・・笠原一人

記憶表現論とは、要するに、表現について考察するということである。いくつかのジャンルに分けて気鋭の書き手たちが、互いに共鳴しながら、それぞれの興味のありどころを深く掘り下げており、読み応えのある論集となっている。

個人的には木下直之氏が、まず防衛庁が防衛省に昇格した折りの、六本木から市ケ谷台への移転から説き起こして(《信じ難いほど巨大な庁舎が用意された》!)、遊就館(旧陸軍)と教育参考館(旧海軍)に触れつつ、トレンチアートにたどりつく、というかトレンチアート展を提唱する流れに興味を引かれた。トレンチアートはトレンチコートの、まあ、親戚といっていいだろう、トレンチ(塹壕)で兵士たちが産み出したオブジェのことである。遺影や遺言ばかり展示しないで、そういうトレンチアートに目を向けよ、ということらしい。

《われわれが「美術」と呼んでいるものの大半は、死と向き合う時間の中から生まれた造型表現にほかならない》

この木下氏の指摘には大きく頷く。

昭和堂学術ネット
[PR]
by sumus_co | 2009-02-25 16:23 | おすすめ本棚

ちくま3月号

b0081843_11424634.jpg


http://www.chikumashobo.co.jp/blog/pr_chikuma/
[PR]
by sumus_co | 2009-02-24 11:43 | 装幀=林哲夫