林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Paris, 15 Nov. 2008, encore

b0081843_12565389.jpg


扉を押して入ると三十代の女性がパソコンに向かって入力中だ。きちんと整理されていながら、あまりに几帳面すぎない、乱雑さも残している。空いた壁にはアフリカの仮面がぽつんと飾られている。リストを見せると、まずアルトーを探し始めた。棚ではなく奥の間から取り出してきた。
「来る前に電話くれました?」
「え? いえ、してませんけど」
どうやら誰かからすでに打診があったようだ。
「ま、どっちでもいいわね。少し傷んでますけど、これです」
・ARTAUD Antonin, Pour en finir avec le jugement de Dieu, K éditeur, 1948
JJPに集中すると言いながら、ここではKエディター版のアルトー『神の裁きと訣別するため』をリストの第一に挙げていた。出されたのは枡形の本。ひと目、表紙の文字が気に入った。背が縦に割れて背表紙の一部が剥がれそうになっているのが問題だが、なんとかなるだろう。

『神の裁きと訣別するため』はラジオのための作品でその詳細については鈴木創士さんの河出文庫版解説を読んでもらうのがいちばんだが、下記でアルトーの朗読の一部が聞ける。You Tube には何でもあるものだ。

Antonin Artaud

ポヴェールの自伝によれば、Kエディターはラ・ユーヌ書店のベルナール・ゲールブラン(Bernard Gheerbrandt[または Gheerbrant], librairie de La Hune)が中心になって設立した出版社のようである。アルトーの『ヴァン・ゴッホ』や『Ci-git』も刊行しているし、雑誌『Revue K』も出していたらしい(1-2号がアルトー特集)。

女性は他の本を探しに地下室へ下りて行った。表の均一台に張り付いていた二人組の男性が店内を物色に入ってきて、ざっと棚を眺めた後で、店主のテーブルの前にやってきて、机の上にポンと置かれた『神の裁きと訣別するため』を見た。一人がそれを手にとって何かとなりの仲間につぶやいた。「へえ、これがアルトーのアレなんだ」とか何とか言ったのかもしれないが、聞き取れなかった。会話はフランス語だったが、アメリカ人かもしれないなと思って知らぬ顔をしていると、女性が戻ってきた。彼らの代金を受け取って(二人とも三冊五ユーロを買っていた)、やはりレジスターではなく、テーブルの抽き出しのあたりに置いてある銭箱から釣りを取り出して渡しながら「サンキュー」と言った。彼女もアメリカ人だと思ったにちがいない。ただ、そう言われた男性はちょっと微妙な表情をしたので、あるいはアメリカ人ではなかったのかもしれない。服装がどうもフランス人らしくなかった。

b0081843_14215427.jpg


書庫から出してくれたのはコクトー『カルト・ブランシュ』にジョイスの『ディーダラス』。ともに買えないと書いたエディション・ド・ラ・シレーヌ版。一冊くらい欲しいと思って探しておいた。他に、ジョルジュ・ペレック『物の時代』、ガスカール『街の草』『箱舟』である。『ディーダラス』は同じ版が二冊、一冊はかなり傷んでいるが半額だ。もちろん半額の方にする(これも悪い癖、いい方を買わないと!)。ペレックもペーパーバックの二種類(版元は別)を出してきた。どちらも事前に調べていたものの倍以上の値段30ユーロだった。これはひょっとして均一で見つかりそうだと思って(見つからないからこの値段なのだろうけど、いかにも見つかりそうな風情)パスすることに。

もう一点、一階の棚にあったトラッサールの『ロシアの大地の情景』を追加して、計算してもらう。アルトーが傷んでいる分を値引きしてくれて、それでもそこそこの買物になった。財布から現金を取り出して数えてみると15ユーロ足りないことが判明。仕方ないので15ユーロのトラッサールは棚にもどした(版元サイトで見ると14,50ユーロじゃん!)。

品切れが残念だったのはヴィーニュ書店が発行したエディション・ド・ミニュイの刊行書目録。ネット上では五百部限定で夏頃に刊行となっていたから、売り切れたようだ。住所を書いてくれ、見つけたら知らせるから、とここも熱心である。「日本だけどいいの?」「もちろん、問題ないわよ」というので住所とメアドをメモした。

十月にミッシェル・ビュトールが来日していて、ロブグリエやサロートらヌーボーロマンの作家たちについて語った短いインタビューが朝日新聞(2008年10月18日)に載った。そこでこう彼は語っていた。

《ヌーボーロマンは運動ではなかった。代表もいなければ宣言も集会もない。めいめいが別々に書き、共通点はスタイルの実験性や細部の描写だけ。ほかには多くがミニュイ社から出版されたことくらい》

ということでミニュイ社の目録(第一部、1942-67)が欲しくなったわけだ。まあ仕方がない。所持金もなくなったことだし。本当は胴巻きにもう少し入ってはいたが。

サン・ミッシェル大通りへ出て新刊書店のジベール・ジョセフへ。改装したようで、一階のレジが木目調で美しくなっていた。階段を登りながら見ていると、ほとんどの人はカードで払っている。かつては何でも小切手で払うフランス人だったが、今は本一冊買うにも電車の切符を買うにもカードを使うわけである。ただし、小生が回った古本屋でカードを出している人間はいなかった、というかカードの読み取り機もなかったし、現金主義のようである。

b0081843_16493131.jpg


文学コーナーで日本人作家の棚をざっと見る。狭めのひと棚分あることはある。漱石、鴎外、荷風あたりから、とくに戦後作家は、多和田葉子だとか、こんな人までという翻訳が並んでいて、ちょっと驚かされた。多少の時差はむろん感じるが、悪くない紹介である。中国は日本よりも棚を広く取っていたが、翻訳書では圧倒的に英米作品が多かった。

ジベール・ジョセフは古本や見切り本も売っている。店頭は0,50ユーロから均一函がいくつも並んでおり、2ユーロあたりが良さそうだった。

b0081843_16494524.jpg


物乞いはやはり目立つ。犬連れが多いのでついホロリとしてしまう。

b0081843_16495982.jpg

[PR]
by sumus_co | 2008-11-30 15:01 | パリ古本日記

Paris, 15 Nov. 2008

b0081843_20482633.jpg


午前中はワーキング・ホリデイで滞在しているサチさんとメトロ六号線ナショナル駅で待ち合わせ、駅近くで行われるブロカント(brocante, 古物市)へ案内してもらう。ここにはプロの古道具屋は来ていない、いわゆる素人のフリーマーケットだった。マンションのような建物の一階だから出店の数も五十がいいところ。それでも開始早々から家族連れでにぎわっていた。本も多数並べられている。絵本やペーパーバックがほとんどだが、熱心に通えば何か拾える可能性もなくはない。ブロカントは各地で定期的に開催されており、開催日を知らせるサイトも開設されているのであらかじめ調べておくと便利。

b0081843_20394573.jpg


昼食後は単独で古本行脚。まずはノートルダム寺院にほど近いシェイクスピアー・アンド・カンパニーを目指す。住所としてビュシュリー通り(rue de la Bûcherie)をメモしておいたのだが、この通りは途中で公園のような敷地に分断されており、三十七番地を逆から探してしまったのでたどり着くのに苦労した。分かってみればいちばん目立つところにあるではないか。店頭で中国人の団体さんが記念撮影をしていた。他にもスペイン人のグループもいたし、あまりにも有名な観光スポットになってしまっている。で、つい入りそびれた。そういうところがヘソ曲がりの悪い癖だ。人が行きたがるところもいちおう見ておくべきだった。雨模様なので表の平台にもグリーンのシートが掛けられていた。

b0081843_20375073.jpg


b0081843_2038546.jpg


次に予定していたのがヴィーニュ書店(Librairie Vignes)である。直訳すれば葡萄畑書店だが、じつは店主の姓らしい。サンジャック通り五十七番地は、クリュニィ美術館、パリ第三大学(ソルボンヌ)のすぐそば。サンジェルマン大通りから曲がると葡萄色の軒テントが見えている。店頭の均一台もけっこう拾えるレベルで、一冊二ユーロ、三冊五ユーロという値の付け方。為替レートにかかわらず、現地の一ユーロはだいたい百二十円の感覚だと言われるようだが、古本に関しては一ユーロ百円とみてもピントはずれではないように思う。だから古本まつりでおなじみの一冊二百円、三冊五百円と同じことになる。

b0081843_20381731.jpg


b0081843_20382918.jpg

[PR]
by sumus_co | 2008-11-29 20:45 | パリ古本日記

Paris, 14 Nov. 2008, encore

語彙書店からぶらぶら歩いてデ・プレまで戻ることにする。リュクサンブール公園の並木道は佐伯祐三が描いているそのまま。

「リュクサンブール公園」(1927)

チェスをする人達。兵庫県の阪神電車の武庫川駅の近くの川原でやはり縁台将棋する人達が集まっているけれど、ほとんど雰囲気は同じだった。多少風景が違うだけ。

b0081843_13192927.jpg

b0081843_13194046.jpg

b0081843_13195141.jpg


リュクサンブール公園を抜けてフェルー通り(rue Férou)へ入る。ここにマン・レイのアトリエがあった。番地は2bis。今はどうだか知らないが、マン・レイ・イスト氏の『青い言葉と黒い文字』(私家版、二〇〇六年)によれば、スイス人のアーティストが使っているらしい。

b0081843_1320544.jpg

b0081843_13201581.jpg

b0081843_13202544.jpg

b0081843_1320343.jpg

[PR]
by sumus_co | 2008-11-29 13:33 | パリ古本日記

Paris, 14 Nov. 2008

b0081843_19592275.jpg


パリへ着いてからずっと天気が悪い。気温は予想していたよりも穏やかで過しやすかったが、毎朝のようにシャワーがやってきて、昼ごろ少し晴れたかと思うと、もう四時には薄暗くなる。さて四日目はメトロ七号線のレ・ゴブランへ。近くにゴブラン織りの工場(Manufacture des Gobelins)がある。ポール・ロワイヤル大通りとアラゴ大通りが交差する三角地帯にはマクドナルド・ハンバーガーの店があり、満員御礼の大盛況。フランス人は関西人と同じくマクド(MacDo)と略するようだ。

やや渋い色調のMマークを傍目にポール・ロワイヤル大通りをモンパルナス方面へ歩いて行く。並木のある広い歩道で、昨日のシャトー・ルージュの喧騒と一転ゆったりとしてはいるが、やや閑散とした雰囲気。途中に寿司店があった。今回のパリでもっとも目立ったのが日本の寿司屋、高級から宅配チェーンまで、いたるところに店を出していた。ヘルシー志向もあって受けているのだろう。五分ほど歩いたころ、白地に青いストライプの日除けが目立つ Librairie Vocabulaire(語彙書店)に到着。

b0081843_200389.jpg


この店は本が多い方だ。手前と奥の二部屋にびっしり。ただ床に積み上げるというようなことはしていない。前室の中央には円卓があり、ランプを囲むように本が放射状に並べられている。肘掛け椅子やタイプライター、壁に貼られた文筆家たちの写真、といったディスプレーも書斎らしさを演出する。奥でパソコンに向かっていた六十くらいの白髪の店主にリストを見せると、さっそく探しにかかってくれた。次の二冊はすぐに出てきた。

・BRETON André, Anthologie de l'humour noir, Jean-Jacques Pauvert, 1966
・VIAN Boris, Le dernier des Métiers, Jean-Jacques Pauvert, 1965

ブルトンの『黒いユーモア選集』そしてヴィアンの『最高の職業』ともにJJP版。『黒いユーモア選集』は一九四〇年のサジテール版(Editions du Sagittaire)が最初で、それもこの店は在庫しているらしいが、かなり高価だ。いずれ欲しいとしても今回は見送る。

b0081843_2012430.jpg


b0081843_2015033.jpg


b0081843_202327.jpg


リストの三冊目にバタイユの『青空』を挙げてあった。ところがこれがどうしても見つからない。「売れたかもしれんな……、どのサイトに出てたかね?」などとつぶやきながらあちらこちらの棚を探し、テーブルの上の本の堆積を移動させても、結局、出てこなかった。こちらはその間に本棚を拝見する。画集や絵本、音楽関係なども置いてあり首尾範囲は広いようだ。そのうち「こんなのどう?」と取り出したのがブルトンの『秘法十七番』。

・BRETON André, Arcane 17, Jean-Jacques Pauvert, 1971

この初版は一九四五年の Editions Brentano's(ニューヨーク)で、四七年にサジテール版が出ている。15ユーロなので飛びつく。ブルトンが二冊になった。自伝によれば、マルキ・ド・サドをはじめとしてポヴェールの出版活動は常にブルトンによってもっとも強く導かれてきた。しかしポヴェールは、いつでも会えるのに、なかなかブルトンに会おうとはしなかったようだ(けっこう人見知りである)。一九五五年になって初めてポヴェールはフォンテーヌ通り42番地のブルトンのアパルトマンを訪ねた。そこに飾られているオブジェに少々ヘキエキしながらもブルトンとの強い絆を感じたそうだ。そのブルトンの部屋が You Tube で見られる。五階までの階段がキツそう(といっても、われわれのステュディオは八階なのだった)。

Par la fenêtre d'André Breton

いくらさがしても青空は見えない。パリの天気と同じだなどと思いながら「無ければしかたないですよ」と言った。
「どこかにあるはずだ。パリに住んでるのか? 電話教えてくれ」
「いや、もうすぐ日本に帰りますから」
「いつ帰る?」
「来週です」
「なら、それまでに見つかるかもしれない、番号書いて」
熱心に言うのでステュディオの電話番号を売上表の隅に記入した。「ブックの香り」もそうだったが、A5くらいの紙に今日売れた書名と値段を手書きで書き留めて帳簿代わりにしている。なぜかレジスターというものがない。釣り銭も用意していない。だから、できれば小銭、せめて10ユーロ札、5ユーロ札は用意しておいた方がいいようだ。コインは2、1ユーロ、および50、20、10、5、2、1サンチームがあるが、2と1ユーロが使い勝手がよかった。
「写真とってもいいですか?」
「もちろんだよ、東京でも宣伝しといてくれ」
いかにも古本屋という主人のいい店だった。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-28 21:11 | パリ古本日記

Paris, 13 Nov. 2008, encore

b0081843_20143326.jpg


コタン小路が「ブックの香り」書店のすぐそばにある。ユトリロが描いて有名になった場所。画像検索すると三点「コタン小路」出てくるが、画面左の汚れた壁は下の写真になる。ほぼそのまま百年近く保たれている。

b0081843_20195226.jpg


コタン小路の階段を登ればサクレ・クール寺院に近づくが、観光はそのくらいで、とにかく古本、古本。まずは表の平台。だいたい2ユーロあたりから10ユーロくらいまでの本。ブックという英語を店名に使っているだけあって英語のペーパーバックがかなり混じっていた。

b0081843_2027321.jpg


本を紐でぶらさげているのが面白い。

b0081843_20275297.jpg


店内はこんな感じ。たぶんまだ新しい店なのだろう。本の量もそう多くはない(といってもパリの本屋で本が山積しているというのは今回は見なかった。けっこうすっきりした店が多いようだ)。見やすくてとてもいいが。

b0081843_20281351.jpg


「ボンジュー」と入ると、パリではまずたいてい「何かお探しですか?」と問われる。「ちょっと本を見せてください」と言えば、それはそれでいいのだが、とりあえず「このリストにある本をインターネットで見たんですけど?」とリストを差し出すのが手っ取り早い。そういう客はきっと珍しくないのだろう、主人はさっと立ち上がってすぐに店の棚から二冊を抜き出した。自伝ともう一冊はJJP版のボリス・ヴィアン『心臓抜き』。

・PAUVERT Jean-Jacques, La Traversée du livre, Viviane Hamy, 2004
・VIAN Boris, L'arrache-ceour, Jean-Jacques Pauvert, 1968

b0081843_2033425.jpg


どちらも状態が良い。二冊で22.50ユーロ。とりあえず支払って、棚を見せてもらう。すでに購入予算はネット検索で消費されるべく組み込まれてしまっているので、即興的に買う余裕はほとんどないのだが、やはり棚を物色するのは楽しいもの。すると、昔、日本で二の足を踏んだジュネが目に入った。後版だが8ユーロなので追加する。これは初版が一九五六年で同じジャコメッティの表紙(判型は微妙に異なるようだ)、むろん初版ならとても手が出ない。

・GENET Jean, Le Balcon, Marc Barbezart L'ARBALETE, 1983

b0081843_203346100.jpg


ちなみに本の値段はかなり高価なものでも表紙を開けたところの遊び紙か扉の右上角に鉛筆で書いてある。この店で特徴的なのは2ユーロ均一を除いてほとんど全ての本にビニールカバーをかけてあること。今回廻ったなかでそこまで徹底していたのはここ「ブックの香り」だけだった。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-27 20:28 | パリ古本日記

Paris, 13 Nov. 2008

b0081843_20271840.jpg


ピエール・エルメ(Pierre Hermé)というチョコレート店でマカロンを買う妻に付き合った。表の飾り窓にはダリの写真とダリの髭を象ったチョコレートが並べられていた(!)

その後、ようやく三日目にして古本屋へ向かう。もちろん、盲滅法、古本屋をめぐるというような冒険はやりたくてもできないし、時間と予算が限られたなかで、どうすればいいのか、これは考えておいた。言葉もおぼつかない(といっても日本でも古本屋ではそう会話は必要ない、しゃべっていると本が見られない)。日本でも同じなのだけれど、とにかくテーマを決めることだ。そうすれば、自ずと自分の趣味に合った本屋なり書物なりが決まってくるのではないか、それを探して歩けばいい。

ではテーマは何にするのか? これは前々から心に期するところがあった。『神戸の古本力』(みずのわ出版、二〇〇六年、p42)にバタイユの『Ma Mère』(1966)を図版として載せてあるが、神戸の長田でこの珍本を入手して以来ずっとその版元ジャン・ジャック・ポヴェールがひっかかっていた。この版元を軸にしてパリで古本を探したい。版元探しは高桐書院や甲鳥書林で経験済みだから、その面白さも分かっていた。よし、今回はジャン・ジャック・ポヴェールをキーワードに準備しようと検索を始めたのが出発の一月ほど前だった。

できればジャン・コクトーが関係していた EDITIONS DE LA SIRENE あたりを集めてみたいという気持もあったのだけれど、何分、高価である。もちろん高価といっても大先生方がお求めになられるようなレベルではない。しかし日本で均一本しか買わない男がいきなり何百ユーロもするような本は買えないのだ。その意味でジャン・ジャック・ポヴェールは、一部の刊行物を除けば、おおよそ普通の値段で流通している。

そしてまた版元の主であるジャン・ジャック・ポヴェールが二〇〇四年に自伝を出版していることも知っていた。先ずその自伝を手に入れたい。『LA TRAVERSEE DU LIVRE』(Viviane Hamy, 2004、「書物横断」とでも訳するところか)。最初に足を運んだ古本屋でまずこの本を買う、それがスタートだ。

b0081843_20595016.jpg


その店はラメー通(Rue Ramey)の L'Odeur du Book(ブックの香り)。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-26 21:09 | パリ古本日記

Paris, 12 Nov. 2008

b0081843_2017213.jpg


時差ボケがつづくなか、二日目は妻の買物に付き合った。彼女は下調べが完璧だ。時差ボケをものともせずに七区のエコール・ミリテール(陸軍士官学校)にほど近い商店街で、パンはここ、バターはそこ、フロマージュはあそこ、ジャンボンはどこ、ショコラはどこそこなどと次々購入。荷物持ちに徹する。さらにサン・オーギュスタンのオジェ(Augé)という酒屋で「軽くて飲みやすい赤」を入手。ここは有名店のようで、客が絶えず、店内はボトルで埋め尽くされ、エレベータで地下のカーヴ(穴倉)から取り出してくるようなところ。アメリカ人が段ボール箱入りを何ケースも車に運び込んでいた。そんなところで安酒を買う。むろん店のお兄さんは顔色一つ買えず即座に「トレトレボン(とても美味しいです)」と一本差し出した。九ユーロ。このへんで昼食時間となりパリのファラフェル・サンドでは元祖と言われるシェ・マリアンヌまで足を延ばす。オテル・ド・ヴィル(パリ市庁舎)からけっこう歩いたユダヤ人街にある。これは前回来たときに行列ができていて断念した店だったけれど、今回はガラガラで、ちょっと悪い予感がしたが、その通りイマイチだった。実はその十メートルくらい先に現在まさに行列のできている店があったのだ。こと食に関してパリの行列は信じてもいい。

この後、とんでもない災難に遭うのだが、それはまた『spin』にでも詳しく書くつもりなので省略。上の写真は Rue Cler の Contretemps(不時の出来事、思いがけない故障)という新刊書店。美術書や写真集などをこういうふうにディスプレイしている店が目立つ。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-26 20:23 | パリ古本日記

Paris, 11 Nov. 2008

b0081843_10372826.jpg


b0081843_10374615.jpg


10日ほどパリで古本屋を廻ってきた。あまりいろいろなことを考えず、予算も無いなりに、なんとか都合をつけた。しばらくその報告をしてみたいと思う。上の写真は宿泊したステュデオ(短期貸しの家具付きアパートのようなもの)の窓から。サンジェルマン・デ・プレのドラゴン通、繁華街のどまんなかにある。次は窓からかろうじて見えるサンジェルマン・デ・プレ教会。

b0081843_14224433.jpg


b0081843_10571326.jpg


ただし八階(日本風に数えて)、エレベータなし。パリではアサンシュール(エレベータ)があれば上階ほど高級、なければ上階ほど貧乏人が住むと決まっている。この建物の八階というのは屋根裏部屋のまだその上に建て増しをした、いわば「屋根上部屋」。七階までは階段も木製なのだが、八階へはコンクリートになっていることで、最近の増築だとすぐに分かる。眺めは……いい。ただし屋根ばかりしか見えない。

b0081843_10381046.jpg


サンジェルマン・デ・プレを含む六区、いわゆるリヴ・ゴーシュには出版社や古本屋が集まっている。その意味では神田神保町に似ているが、一方で、有名ブランドのショップもたくさんあって、青山、六本木あたりと較べることもできなくはない。観光客も多いし、庶民的な雰囲気も残って活気のある場所だ。上記ステュデオは知人が毎年のように使っているということで紹介してもらった。しばらくはパリでの本にまつわるあれこれを書き留めておく。

b0081843_21143831.jpg


b0081843_21145585.jpg


ドラゴン通りとその中ほどにあるカイエダール画廊。一九二六年、クリスチャン・ゼルヴォスが後に妻になるイヴォンヌ・マリオンの画廊の隣で美術雑誌『Cahiers d'art』の刊行を始めたのである。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-25 14:52 | パリ古本日記

LA MOTOCYCLETTE

b0081843_176250.jpg


マンディアルグ『ラ・モトシクレット』(nrf Gallimard, 1963)。ジャック・カーディフ監督が一九六八年に映画化しており、その一場面をあしらったジャケット。モトシクレット(生田耕作訳は「オートバイ」)に跨がる金髪の女性。マリアンヌ・フェイスフル。ローリング・ストーンズが彼女のために「As Tears Go By」という曲を作るなど60年代の代表的ポップ・アイドルの一人。テープ跡がいただけないが、けっこう気に入っている。

÷

所用のためしばらく休みます。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-10 17:11 | 古書日録

麿赤兒 ガドウィンの河を渡るとき

b0081843_20241850.jpg


b0081843_20243334.jpg


写真=宮内文雄、文=麿赤兒『麿赤兒 ガドウィンの河を渡るとき』(ランダムハウス講談社、二〇〇七年)。アートディレクター=長友啓典、表紙文字=黒田征太郎、ブックデザイン=上浦智宏(K2)。

チョーカッコイイ写真集。じつはこれ、先日のテレコムスタッフのカメラマンである宮内氏の作品集である。撮影の合間の雑談で、麿赤兒氏のファンから大駱駝艦の所属カメラマンとなったということをお聞きしていた。しかも当時(七〇年代後半)、麿赤兒氏は阿佐ヶ谷の馬橋稲荷のすぐそばのアパートに住んでおり、神社の境内で稽古をしていたそうだ。宮内氏は頻繁にそこを訪ねていたという。拙著『古本屋を怒らせる方法』の「阿佐ヶ谷ビンボー物語」を読んでいただければ早いのだが、小生は七〇年代終わり頃、その馬橋稲荷の参道脇のアパートで管理人をしていたのである。同じアパートに麿氏が住んでおられたという記憶はないが、ニアミスはあったかもしれない。この神社はけっこう歴史があるようで神楽の舞台も備えられていた。

÷

b0081843_20422331.jpg


百円の『ピカソ陶器・石版画展覧会』図録(毎日新聞、一九五一年)、梅田阪急百貨店で開催されたときのもの。提供が文藝春秋新社となっている。執筆は益田義信と富永惣一。フジカワ画廊、梅田画廊、土井福應堂(画材)の広告あり。ピカソが好きなわけではないが、この表紙が気に入った。
[PR]
by sumus_co | 2008-11-09 20:52 | おすすめ本棚