林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧

七つ擲る

b0081843_2121029.jpg


リリアン・ハーヴェイ主演映画「七つ擲(なぐ)る」(Sieben Ohrfeigen, ポウル・マアテイン監督、1937、ドイツ)の広告が掲載された近藤書店(銀座五丁目、今はなき)の書皮。包んでいた本のタイトルは背の部分に書いてあるように『七宝の柱』(新潮社、一九三五年)、小島政二郎のエッセイ集である、たぶん、本は入手していないので断言できないが。

÷

阿瀧康さんより『ガーネット』55号を頂戴した。相変わらずの阿瀧氏の古本を中心とした日録が面白い。ただ今回は大橋政人氏の「松永伍一さんが死んだ」にも古本話が出ていた。練馬区の上石神井あたりで松永伍一は下宿屋をやっていたそうだ。若き日の渡辺武信や山本益博らも暮していたことがあるらしい。そこを訪ねた大橋氏は松永より谷川雁の詩集『天山』をもらった。

《その恐ろしく張りつめた詩行に圧倒された覚えがあるが、最終的には古本屋へ売ってしまった。そのころ池袋駅の東口を出てすぐのところに小さな古本屋があって、大抵の本は半値で引き取ってくれた。だから当時読んだ詩集は堀川正美の『太平洋』でも岩田宏の『グアンタナモ』でも、金がないので読むそばからみんな売ってしまった。いまから思うと本当にもったいないことをしたものだ。最後には「現代詩手帳[ママ]」のバックナンバーまで売ってしまった。よく、あんな薄っぺらな雑誌まで古本屋の親父さんは買ってくれたものだと感心する。》

時代がはっきりしないが、大橋氏は昭和十八年生れで、『天山』は国文社からピポー叢書として一九五六年に刊行されているから、だいたいそんな頃だ。『グアンタナモ』(思潮社)は一九六四年、『太平洋』(思潮社)も一九六四年刊。たしかに現在の古書価はかなりである。

《池袋駅の東口を出てすぐのところに小さな古本屋》は盛明堂であろう。架蔵する一九八一年の『全国古本屋地図』(日本古書通信社)には出ているが、八六年刊には見えない。池袋駅周辺では西口に古本屋が七軒、東口は一軒だけ。西口には文学書では知られた近藤書店もあったが、わざわざ盛明堂に持ち込んだ理由は何なのか、単に近かっただけだろうか。

÷

『ミュージック・マガジン』七月号「Art」欄で大城誠司氏が「ブックデザインの過渡期に活躍した才人「佐野繁次郎の装幀モダニズム」」と題して佐野展を紹介してくれた。やはりあれだけ数が揃うと壮観だという感想が出ており、展覧した甲斐があったナと思う。『ミュージック・マガジン』はウエッブ上にサイトがない。中村とうよう氏はまだ顧問格で出社しておられるようだが、そのへんにもこだわりがあるのだろうか。

÷

昼過ぎ、郵便局のCDから古本の支払い、ついで駅前のセブンでメール便を出したあとコピーをしていた(これが散歩みたいなコース)。コピー機のとなりにCD機がある。男がひとり操作していた。その後ろへメタボ体質でパパイヤ鈴木みたいな髪型の若い男が並ぼうとした。と、少し離れたところにいた背の高い女性が
「並んでます!」
と鋭い声を出した。
「なんで、そんなとこにおんねんや!」
とパパイヤがちょっとキレそうになってなじった。
「暗証番号とか見えたら悪いでしょ……」
女は答えたが、CD機から二メートル以上はあったので、さすがにパパイヤの言い分にも一理あると思った。おわり。
[PR]
by sumus_co | 2008-06-30 22:11 | 古書日録

新・文學入門

b0081843_21191950.jpg


いやあ、面白い。まあ、だいたいこのブログでは『sumus』メンバーの著作はベタボメすることになっている。しかし、これはまったくお世辞抜きで面白い。岡崎・山本の絶妙の掛け合いが、自然と笑いを誘うし、二人の興味・知識・持ち味の重なるところと、ズレるところとが、まさしく絶妙だ。すばらしい本になっていると、心底そう思う。

ひとつだけ、その六に「新・文學全集を立ちあげる」となっていて、「立ちあげる」はないだろうと思ったのだが、387頁を読むと、そういえば丸谷才一・鹿島茂・三浦雅士『全集を立ちあげる』(文藝春秋、二〇〇六年)という本があった。あったといってももちろん小生が読むはずもないが、山本氏の発言を引用するとこうである。読む必要もないようだ。

《上林暁評価が低かったので、がっかりしてたんや。私小説をどうするかで、司会者の湯川豊が、滝井孝作、網野菊、藤枝静男、葛西善蔵、嘉村礒多、川崎長太郎の名前を挙げると、丸谷才一は、「そのへんみんなやめようよ」。そのすぐあと、鹿島茂は、「上林暁とか川崎長太郎とか、彼らはほんとに文章下手ですね」とまで発言している。これはあんまりや。》

それを受けて岡崎氏がこう続ける。

《岡崎ーーーだから、むしろはずしてもらってありがとう。それはこっちでもらいます、でええんと違うか。三人それぞれ魅力的な書き手やし、一人でもメンバーが違えば、また違ったものになったかもしれん。
山本ーーーなんや、ええかっこするやないか。おれだけ本当のこと言うて悪者みたいや。
岡崎ーーーこの世界で生きていくための処世術や。》

ネットで検索してみると、この丸谷才一らの『全集を立ちあげる』のタイトルに使われたことによって「立ち上げる」という新語が定着したと考える向きもあるようだ。それにしても岡崎・山本コンビのこのやんわりとした批難の調子が上方風というのか、「処世術や」がじつにピリリと効いている。そして二人が選んだ「気まぐれ日本文學全集」全六〇卷がさすがのラインナップ。小生も洲之内徹集を任されている。ダミーまでできていて今直ぐ本屋に並びそうだ。文学遊びの究極とでもいうのか、瓢簞から駒が出るかも知れない。工作舎は即座に断ったそうだけど(笑)。

÷

全六〇卷はいろいろ突っ込みを入れられそうで、それもまた読者の楽しみとなっている。「田中小実昌が入ってないのに景山民夫はいらないでしょう」などと。田中小実昌と言えば、娘さんの田中りえさんのHPというのを知人から教えてもらった。スゴイです。
「ガストハウス タナカ 田中屋」
http://www1.ocn.ne.jp/~riedesu/

÷

扉野良人『ボマルツォのどんぐり』の書評が朝日新聞読書欄に出ていた。うまく紹介してくれていた。

÷

内堀弘さんが『図書新聞』(2008年06月28日)に東京古書会館での佐野繁次郎装幀展について感想を書いてくださった。こういう言葉がいちばん嬉しいもの。
ひたむきなコレクション──『佐野繁次郎装幀図録』に西村義孝さんが蒐集の苦労話
[PR]
by sumus_co | 2008-06-29 22:06 | おすすめ本棚

詩人 創刊号

b0081843_20591651.jpg


雑誌『詩人』(矢代書店、一九四七年一月一日、表紙=庫田叕)。カナブンによれば六号まで出ているようだ。

1 1巻1号昭和22年1月号(1947年)創刊     
2 1巻2号昭和22年2月号(1947年)      
3 1巻3号昭和22年4月号(1947年)      
4 1巻4号昭和22年5・6月号(1947年)合併号     
5 1巻5号昭和22年8月号(1947年)     
6 1巻6号昭和22年11月号(1947年)

矢代書店は京都市中京区丸太町通河原町西にあった。発行人の矢代庄兵衛は、はっきりしないが、呉服商の矢代仁および回天堂薬局を経営していたようだ。ドイツロマン派文学研究の小牧健夫を顧問として出版に乗り出した。『随筆』という随筆雑誌も発行している。『詩人』の編集責任スタッフは長江道太郎と竹中郁(ともに詩人)。

これは『石神井書林目録』75号に出ていた。それにしても今回は椎の木社の本がかなり並んでいて興奮させられた。発禁の村山知義もスゴイ。昨今話題の小林多喜二『蟹工船』も出ていた。発禁前の削除本というのはそうとう珍しいらしい。こういうのを均一で見つけたいが、凡人ハンドでは無理とあきらめる。

÷

『洲之内徹文学集成』の「忙中閑」(『記録』第七号、一九三七年一一月)に松山時代の若き洲之内を取り巻く雰囲気がよく分かる描写があった。

《夜、小説研究会のために『女の一生』を読みかけると岡本純、村上峯保の二人が来る。二人が帰った後、二頁程読むとM姉、M姉が帰ると教会の帰りだといって聖書を持ったFさんが来る。硬い感じの赤い縞のセルがお下げによくうつっている。袖口から手を引き込むようにして肩をすくめて、大きな眼を少し上眼使いにして坐っている。
 僕のところには大抵の晩は二人か三人の来訪者のないことはなく、それで本を読みはじめるのは十一時になる。これも閑故の忙しさである。
 M姉はカイエ・ダアルを披(ひら)いてピカソを見て居る。何かのはずみに、矢張りスペイン人でなければ出来ない仕事だと思うとピカソのことを言ったら「つまり血の問題というわけね」と皮肉な笑い方をされる。何か言いたいが、言っても仕様がないというお互いの気持である。『シュタット・ウンド・レヴォルチオン』の原本を僕のところから持って行ったのはこの人である。一向返して来ない。返して来ない気持がよくわかるから僕も返してくれと言わない。今でもこう云う本になると、お互いに私有物という気のしないのは可笑(おか)しなものである。》

お下げの似合う大きな眼を少し上眼使いにする少女Fさん、まさに洲之内好みと言えよう。それにしても『カイエ・ダアル』まで書架に備えていたとは。やはり坊ちゃんだ。『カイエ・ダール(Cahiers d'Art)』 はギリシャ人のクリスチャン・ゼルヴォス(Christian Zervos、1889-1970)が一九二六年にパリで創刊した美術と文学の雑誌。一九六〇年に終刊。フランスの現代美術を三十年間にわたってプロモートした。

オランダのデン・ハーグにある古書店 ANTIQUARIAAT J.A. VLOEMANS にいろいろ美術建築関係の雑誌がアップされているなかに『カイエ・ダール(Cahiers d'Art)』も見える。
[PR]
by sumus_co | 2008-06-28 21:55 | 古書日録

ふるさとの海

b0081843_17254415.jpg


ふるさとの海 瀬戸内海の人・町・暮らし
なぎさの記憶2

2008年6月25日初版第一刷発行

著 者 田中慎二・荒木肇(写真)
    三藤和之・古河竜彦(文)
発行所 みずのわ出版
[PR]
by sumus_co | 2008-06-28 17:27 | 装幀=林哲夫

白い建物

b0081843_20435256.jpg


松本竣介「白い建物」、一九四一年あるいは四十二年頃の制作。洲之内コレクション(宮城県美術館蔵)。国電の水道橋駅を後楽園側から見た図という。戦時下、太平洋戦争に突入していた時期、昭和十六から十九年にかけて竣介は最も充実した作品を残している。

先日のギャラリートークで強調しようと思って、舌足らずになってしまったけれども、フェルメールが戦争の時代に生き、モランディも第一次と第二次大戦間に重要な仕事をした。これは彼らの絵から直接的にはうかがい知れない。のんきな絵とも見える。しかし、どんな絵描きだって戦争のない時代を生きたことはないはずだ。そもそも戦争のない時代がなかったのだから当たり前だろう。今だって戦いは絶え間なく続いているし。

÷

『洲之内徹文学集成』をあちこち読んでいる。例えば、小説「ある受賞作家」(『新潮』一九七一年六月号)に神田神保町が出てくるので引用してみる。

《神田では、駿河台下から今川小路のほうへ向かって歩いた。[略]ある店で、彼はポオ全集を見つけて、しばらく手にとって、それを眺めていた。今日、授賞式で貰った金を彼は持っている。石崎は買うかな、俺なら買うがな、と思いながら、僕は傍で待っていた。しかし、彼はやがて本を本棚に戻して、また店を出た。軒並みの店を丹念に覗いていったので、神保町の交叉点を渡るときには、交通信号の赤青の燈は、もう完全に夜になった街の空の暗さの中で輝いていた。交叉点を超えてから、また何軒目かの店で私は、本多秋五の「戦争と平和」論を見つけて、それを買った。何年も前から、いちど読みたいと思っていた本であった。金を払っているとき停電して、その界隈がまっ暗になり、それをしおに、本屋歩きを切り上げた。》

文中「石崎」は石崎晴央で、新潮社の第一回同人雑誌賞を受賞(一九五五年)した実在の人物。大江健三郎が「飼育」で芥川賞を受けたとき(一九五八年上期)にも石崎は候補に挙っていた。これはもうほとんど小説というよりもエッセイである。私小説になり切らないところが、洲之内の、論争好きな性格、正直さから来ているのかも知れない。それはともかくとして、神保町が停電した光景は今となってはちょっと想像し難いものがある。

÷

本日は個展の残務整理をいろいろと。それから、鈴木地蔵さんの本の装幀。オビのレイアウトを仕上げてしまい、これで終了。書名は『文士の行蔵』。「行蔵」(こうぞう、かうざう)とは『論語・述而』にある言葉で「行」(世に出る)と「蔵」(退き隠れる)、ひいては世に処する態度のことを謂う。勝本清一郎、久保田万太郎、上林暁、古木鐵太郎などシブイ文士たちを取り上げておられる。まさに地蔵の行蔵である。乞うご期待。
[PR]
by sumus_co | 2008-06-27 21:55 | 雲遅空想美術館

洲之内徹文学集成

b0081843_20364546.jpg


先日、刊行予告を紹介した『洲之内徹文学集成』(月曜社、二〇〇八年、装丁=大橋泉之、編集=大西香織)が届いた。「全小説+文芸評論+単行本未収録のエッセイ」から成る。昨年の気まぐれボックスセットとこの本があれば、ほぼ洲之内徹の文業が見渡せることになった。絵画コレクションは求龍堂から『洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵』(監修=原田光)が出たところだし、洲之内徹歿後二十一年、ますますモテモテになっている。

この本のいちばんの取り柄は同人誌『記録』(昭和十一〜十五年)に発表された洲之内徹の評論とエッセイだろう。これはもう読むのが楽しみ。一部はかつて大倉宏さんからもらったコピーで読んだが、二十代の洲之内はすでに気まぐれエッセイ(『芸術新潮』での連載開始は六十一歳から)の原型を書いていたんだと感心したものだ。

つい最近、あるところで、『洲之内徹が盗んでも自分のものにしたかった絵』を監修された原田光さんに初めてお会いして親しく御挨拶する機会を得た。とても気さくなお人柄とお見受けしたが、当たり前のことながら、その風貌はやはり洲之内徹の影を宿しているようで、内心ひそかに感銘するところがあった。
[PR]
by sumus_co | 2008-06-26 20:29 | おすすめ本棚

個展終了御礼

b0081843_1941563.jpg


最終日。ギャラリーの前に乗り付けられた「真っ赤なポルシェ」。2シーターのガブリオレ。ミッドシップのボクスター986。おもむろに車から降りた男性、エグザイルのボーカルATSUSHIがバンダナを巻いたような風体で、つかつかと画廊に入って来た。

男は「おー」とか「うー」とか発しながら広くもない画廊をゆっくりひと回りして、
「素晴らしい! 全部買わせてもらっていいですか?」
とブラックカードをちらつかせながら言い出すではないか。あまりのことにあたふたしながら「はいはい、もちろんです。今日は最終日なんで、もう展示は終わりにします。すぐに降ろしてお包みしますから、少々お持ち下さい」などと浮かれていると目が覚めた。

÷

白日夢はそんなところで。なんとか無事に終了することができました。ご来場くださった皆様に御礼申し上げます。ご来場いただけなかった皆様にも、また場所を改めて展示する機会もあると思いますので、その折りにどうぞいらしてください。お待ちしております。
[PR]
by sumus_co | 2008-06-26 20:02 | 画家・林哲夫

窓 林哲夫油彩画展、本日最終日

b0081843_9244641.jpg

b0081843_9123513.jpg

b0081843_20242537.gif

◉窓 ISTANBUL, BOLOGNA, PARIS 林哲夫油彩画展
 6月14日(土)〜25日(水)正午〜午後7時(最終日午後6時まで)
 火曜日は午後5時まで
 ギャラリー島田

◉林が会場に詰めている予定日は下記の通り
 14(土)、15(日)、18(水)、21(土、トーク)、22(日)
 25(水、最終日)
 

  そこにあるのは 
  あなたの窓であり
  わたしの窓だ 
  そして
  あなたの窓でなく
  わたしの窓でもない
  さらに
  それは
  窓でさえないかもしれぬ
                     田村治芳「窓」より

トルコを旅したのはもう三年近く前のことになる。そのときの印象をやっと絵にすることができた。とはいってもほぼイスタンブール限定で、とくに窓ばかりをクロースアップで描いてみた。イスラムの歴史的な建造物が実に精緻な作りであるのに反して、庶民の住居はまったく無造作、こだわりのなさに満ちていた。そこがトルコではいちばん面白かった。その庶民的な気質が如実に現れているのが窓なのである。

ただし上の案内葉書に使ったのはパリの窓。まだ今みたいにきれいに塗り替えられる以前のパリである。戦前のパリを訪れた人々は、大杉栄にしろ、横光利一にしろ、佐伯祐三にしろ、小出楢重にしろ、パリが真っ黒な都市であることに一様に驚いている。佐伯はそれを見事などす黒い作品に結晶させたわけだが、小生が一九七〇年代の終わりに初めてパリに着いたときにもパリの昏さはまだかなり残っていた。空家が目立って荒れていた。しかしそれを描こうとしても、どうも描けない、どう描いてもパリは描かれ過ぎているので陳腐さが漂うのだ、ああ松島や、松島や、というようなものか。今回、それを多少なりとも迂回してなんとか形にしてみた。

窓だけに、ちょっと覗きに来ていただければと思う。

b0081843_925172.jpg

[PR]
by sumus_co | 2008-06-25 09:45 | 画家・林哲夫

サンパン第14号

b0081843_2016844.jpg


『サンパン』第14号、六月初めにできていたが、紹介するのが遅くなった。巻頭が森山道太郎「蓬莱屋と帖面舎」。矢部登氏が蓬莱屋の森山氏の談話をまとめている。書肆山田の山田耕一が庄司浅水の紹介で訪ねて来て、書肆山田の本を作ることになったというところにとくに興味をひかれた。「帖面舎本書目」によれば書肆山田の受託製作だけでも二十九冊挙っている。矢部氏によるこの書目も労作である。

西村義孝「垂水書房と天野亮と吉田健一と」の七頁にわたる「垂水書房出版一覧」もさすが西村氏と唸らせられるできばえ。帖面舎と垂水書房のリストの両方に登場する著者に福原麟太郎の名前がある。なるほど。

荻原魚雷「古山高麗雄 二十八歳の幻のデビュー作を読む」もすごい。『古本暮らし』の出版祝いとしてもらった『雄鶏通信』一九四九年十一月号に「プレオー8の夜明け」のプロトタイプともいうべき「裸の群」が掲載されており、それはいままで知られていなかった資料だった、という内容。他も力作揃い。

購入については東京堂書店の地方小リトルプレス・コーナーまで。
東京堂書店

÷

紀伊國屋書店の『scripta』8号が届く。内堀弘「予感の本棚」第十二回は銀座紀伊國屋書店のビルの写真が見つかった話。これには驚いた。『銀座復興〈大銀座〉の街並から』(銀座文化史会、一九九五年)に載っていた。昭和六年の紀伊國屋書店銀座店と同じ場所で昭和四年に撮影した警醒社書店の建物も。しかもそれらふたつとも西村伊作の西村建築事務所が建てたものだったという。ますます驚いた。警醒社書店の建物には他に、福永書店、文化生活研究所、そして西村建築事務所が置かれていた。『scripta』は紀伊國屋書店で入手されよ。

÷

さていよいよ明日が個展の最終日となる。午後五時まで。駆け込み観覧してください!
[PR]
by sumus_co | 2008-06-24 22:16 | 古書日録

個展あと三日

b0081843_2142298.jpg


今日は知人が来るというので予定を変更して神戸へ出勤した。会場には例によって拙著および装幀本も並べている。知人は本をごっそり買ってくれた。これも有り難い。「絵が買えないから」とは言わなかったのもいい。すでに持参くださった方々には失礼ながら、個展へ菓子折りを持って来られると取扱いに難儀する。手ぶらが一番です。

均一台だけのぞいた皓祥館書店とあかつき書房。阪急三ノ宮駅の西口で降りて南へすぐにある。どちらもきちんと整理の行き届いた店である。

b0081843_22007.jpg


b0081843_220169.jpg

[PR]
by sumus_co | 2008-06-23 22:00 | あちこち古本ツアー