林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

生田花朝女三十年祭

b0081843_19594036.jpg


記載が前後するが、二十九日は大阪の高津宮で「生田花朝女三十年祭」の神事が執り行われた。本欄ではおなじみの橋爪節也さんが首唱、肥田皓三先生はじめ大阪研究の橋爪ファミリー集合の感あり。生田花朝女については当日示された死亡記事(毎日新聞、昭和53年3月31日朝刊)を引用しておく。

《生田花朝女(いくた・かちょうじょ、本名ミノリ、大和絵画家)二十九日午後七時五十五分、老衰のため、大阪市阿倍野区帝塚山[略]の自宅で死去、八十八歳。告別式は三十一日午後一時半から自宅で。喪主は養女美津子(みつこ)さん。

 二十四歳で、最後の大阪人といわれた菅楯彦(すが・たてひこ)に入門。絵はもちろん有職故実から万葉、源氏の古典まで勉強。絵は大阪風俗一本ヤリで取り組み、帝展九回落選のあと大正十四年に初入選。同十五年、大阪を代表するまつり「天神祭」を描いた作品で、女性で初めて同展の特選受賞、話題となった。

 自分の幼い日の思い出を、女らしいこまやかな筆でいきいきと描き、風俗画の第一人者といわれた。画壇につくした功績により昭和二十七年、大阪市民文化賞、同三十三年、大阪府芸術賞を受賞した。

 大阪の考古学の草分けといわれた生田南水の三女で、絵に夢中になったため結婚の機会がなく独身を通した。「こんだけ大きかったら、なんぼこんな時代でも、当分はどないもされへんやろ」と四天王寺と住吉神社に高さ一・八メートルもあるでかい父の句碑を建てたことも。“文化ルネッサンス”に情熱を燃やし、帝塚山の自宅はいつも千客万来だった。女の弟子はとったが、職業画家志望者は相手にしなかった。》

b0081843_20193053.jpg

肥田先生ご持参の雑誌『芽やなぎ』(昭和二十七年四月〜二十八年八月)。北新地の柳月堂菓子店の宣伝冊子である。花朝女の木版画で飾られており、たいへん愛らしいもの。

÷

上に引用した新聞記事は北川久氏の持参されたものだが、その死亡欄の下に「雑記帳」というコラムがあった。ある教材メーカーが誤字、あて字を募集したところ珍体験が集まったという内容。

《入院中の恩師に大学生が「墓(暮れのつもり)もおしせまり」と見舞状》

《「熟考」を小学五年生が「塾考」に。当て字では「戦争箒(放棄)」を代表に「博愛主義」が「薄愛主義」/「東洋漢字」(当用漢字)「耳話器」(受話器)「初女」(処女)などもあり、若い世代がいくら活字離れしているといっても、目を覆う惨状だ》

三十年前というと、小生も大学出たところ。ずーっと活字離れと言われてきたようだ。
[PR]
by sumus_co | 2008-03-31 21:07 | 古書日録

黒猫堂、最後の営業

b0081843_18495195.jpg


小雨だったが寺町までサッと出かけサッともどった。予告していたように黒猫堂の一日だけの再開日。着いたのが一時ごろだったので、すでに棚はスカスカになっていた。だいたいが落ち穂拾いが好きな方である(ちなみにミレーの絵について以前書いたように、落穂は貧しい人のために残しておくものなのだ、葡萄や林檎もしかり)。

それでもまだかなりいい本が残っていた。これが付値の半額となるとついつい手がでてしまう。嵐山光三郎『桃仙人』(ちくま文庫、一九九七年)が見つけもの。赤瀬川原平との対談は文庫だけに収録。カロの石川さんと最近の本屋の様子について雑談。カロではカレーをメニューに加えたそうだ。これまでは匂いが本に移るのを心配して控えていたそうだが、それは大丈夫だろう。カレーがあるのはありがたい。それにしても、やはり本棚は人柄だな、とあらためて思った。黒猫堂ご主人のご冥福をお祈りしたい。

÷

阪急河原町の駅でのこと。通路のなかほどで立ち止まっている若い女性が、通行人の邪魔になっていた。老人が注意したのだが、すぐには意味が通じなかったらしい。すると幼稚園ぐらいの男の子が出てきて
「このひとKYやあ!」
と大きな声で言った。まわりの大人たちは思わず苦笑。

÷÷÷

カロの石川さんより以下のような告知をいただいたので転載します。
《とても急なのですが、来週の日曜日30日に、閉店してしまった黒猫堂を一日だけ、友人有志で営業することになりました。店頭の古書は最大50%OFFします。(最低価格が半額であとはお志でお買い上げいただくような形にしようと思っています)》

■bookshop黒猫堂、最後の営業をします
店主急逝により突然の閉店となってしまった黒猫堂。3/30(日)12:00〜19:00、店主の友人有志により1日だけの営業をします。店主が心をこめてつくりあげた空間で最後のひとときをお過ごしください。店頭の古書はほぼ閉店時のまま残っています。古書はセール価格で販売します(売上は、閉店にかかる費用に充てさせていただきます)。なお、カフェの営業はいたしませんのでご了承ください。

bookshop黒猫堂:
http://www011.upp.so-net.ne.jp/kuronekodo/
[PR]
by sumus_co | 2008-03-30 19:22 | あちこち古本ツアー

ギャラリー プチ フォルム

b0081843_17412616.jpg


b0081843_17414045.jpg


ギャラリー プチ フォルムの看板(2008年3月29日撮影)
大阪市中央区道修町3-5-1 明治生命道修町ビル1F
http://www.p8600.com/
[PR]
by sumus_co | 2008-03-30 17:44 | 佐野繁次郎資料

御身

b0081843_2064090.jpg


源氏鶏太『御身』(中央公論社、一九七〇年、装幀=佐野繁次郎)。淀野隆三日記の校訂をお願いしているY氏より、佐野繁次郎装幀図録にもれている一冊を頂戴した。ありがとうございます。『spin』03をお持ちの方はぜひ比較していただきたいが、15ページの264番が初版『御身』(一九六三年)のジャケットである。それは背文字が活字。上の一九七〇年版は手書き文字。六三年版の函の背文字をそのまま流用したようだ。奥付は以下のごとし。

  昭和45年12月1日 AJBC版第1刷
  発 行 所 中央公論社
  製作頒布元 全日本ブッククラブ

全日本ブッククラブ(1969〜73)については
http://www.transart.co.jp/ttt/index02.html
それにしても色々出てくるもんです。まだまだありそう。

÷

昨日の続き、でもないが、加能作次郎は明治三十一年に十三歳で能登の富来高等小学校を関節炎のために退学した。その夏、伯父入江万次郎に中学へ通わせてやると誘われて京都に出て来た。伯父の家業(宿屋・薬屋で四条通にあった)を手伝ったが、頼りにしていた伯父は十七歳のときに死去。代書人の書生など職を転々としながら夜学に通った。十七歳で大阪中央郵便局の臨時通信事務員となり、文学への志しを強くしていった。

ところが父の病気のため十八歳で郷里に戻り、漁師を手伝い、また役場の臨時雇いとなった。つづいて准訓導の資格を得て柳瀬尋常小学校に就職したのが十八歳。二十歳で上京。筆耕、牛乳配達などによって自活しながら早稲田をめざした。二十二歳で高等予科に入学、片上伸の指導を受ける。二十三歳で英文科に進学。二十五歳で処女作「恭三の父」を『ホトトギス』に発表。作家となる決心ができた。

二十六歳で早稲田大学卒業、早大出版部に入り、次いで博文館に入社。『文章世界』を編集する……とこのままつづけてもキリがないが、ここで言いたいのは、同じような境遇の詩人が金沢にいたということである。それは室生犀星だ。

犀星は、実の父母は主人と女中の関係で、義理の父母が内縁で、兄姉妹がすべて貰い子という、ふしぎな家庭で育ち(生涯、この境遇をテーマとして小説や自伝を書いた)、明治三十五年、十三歳で金沢高等小学校を中退し金沢地方裁判所の給仕となった。中略。二十一歳ではじめて上京、児玉花外や北原白秋らの詩人たちと面識を得、飲酒や遊びを覚え、書物を売ることを覚えた。暮らしが立たず、金沢と東京を行き来することが重なった。

  ふるさとは遠きにありて思ふもの
  そして悲しくうたふもの

と、これは金沢で書いた詩の余りにも有名な一部分。萩原朔太郎と意気投合して雑誌を出したりしているうちにいっぱしの詩人の仲間入りをしたのだが、詩では飯が食えない。そこで小説を書くことを思い立った。大正八年に「抒情詩時代」という自伝的小品を『文章世界』に送り、首尾よく掲載されたのである。ということで、ここで加能作次郎とつながった。作次郎は大正六年に『文章世界』の編集主任になっていた。犀星の処女短篇を認めたのは作次郎である。

これに気を良くした犀星は翌月、登竜門『中央公論』に「幼年時代」を投稿した。見事、滝田樗陰の目に留まり、一気に人気作家に成り上がったのである。苦学した二人の作家の歩みの違いと交錯がなんとも興味深い。

÷

古書通信社が東京古書会館前のヤギビルに引っ越したそうだ(3/21)。
[PR]
by sumus_co | 2008-03-26 21:11 | 古書日録

佐野繁次郎素描展

b0081843_20283785.jpg


近所の桜。もうかなり開花している。『彷書月刊』4月号、特集「大正十年書生生活 岡本一平『人の一生』を読む」。まずは扉野良人「大衆の読書 民衆の読書」を読む。子供が学校へ行くのは当たり前だったという鶴見俊輔さんの発言から、加能作次郎の小説「世の中へ」で丁稚時代の主人公が本を読ませてもらえなかった話へと進む。扉野氏は「学校へ行かないのがわりあい普通の状態」という世界が近代日本にも当たり前にあったことを「世の中へ」が教えてくれるとし、

《海に囲まれた能登の一漁師であったことが、なにより近代の大衆をしのぐ近代以前の民衆まで、文学者加能作次郎の筆を届かせていたのではないだろうか。》

と結んでいる。ただ《近代以前の民衆》が「学校へ行かない人々」かどうかは分からない。明治時代の初等教育はけっこう普及してたからね。

÷

b0081843_2262262.jpg


「佐野繁次郎素描展」の案内状を某氏より頂戴した。ギャラリー プチ フォルム(当時の住所=大阪市東区伏見町)で開催されたもの。惜しくも年度が不明。「PARIS COMMENT ALLEZ-VOUS ?」と副題がある。年譜によれば、佐野は一九八二年にパリに出かけたので、その後あたりではないだろうか。深謝です。
[PR]
by sumus_co | 2008-03-25 22:11 | 古書日録

LIVING WITH BOOKS

b0081843_19482197.jpg


ALAN POWERS『LIVING WITH BOOKS』(MITCHELL BEAZLEY, 2006)。初版は一九九九年で、よく売れたらしい。ペーパーバック(といっても 28×23cm、だから上の表紙写真は周辺が切れている)の初版。某氏より頂戴した。

本のある暮らし……本と本の置かれた状況を写真をメインに構成してあり、細部のオブジェクトまでひたすら楽しい。章立ては以下のごとし。

  書斎
  ホーム・オフィス
  階段および変わった場所
  本で飾られた部屋
  台所
  ベッドルーム・風呂・トイレ
  備考(本の保存・手入れ、自分で本棚を作る)

著者のアラン・パワーズは一九五五年生れ。ケンブリッジで歴史を学び、美術史家となった。おもに二十世紀イギリスの建築を研究し、ブック・ジャケットについての著書もあるそうだ。グリニッチ大学教授。ポロック玩具博物館館長。

表紙の写真は日本風の本棚。壁に円の模様あり。茶碗、湯のみ、筆、奉書紙、そして将棋盤と駒(なぜかケンビシの酒枡に入っている)。下は Ron Arad 作の「Bookworm」(本の虫!)。

b0081843_2015245.jpg


÷

鶯がしきりに鳴いていた。このところマイ・ブームのマイルス・デイヴィスの「MY FUNNY VALENTINE」(1964)を聴きながら仕事をしていると、窓の外から、相の手のように、鶯が鳴く。ふしぎに合うのだ、これが。ウグイス・ジャム。このCD、最初に聴いたときには、さっぱり感心しなかった。基本的にムーディな曲は苦手なのだが、これはピリピリしたところもふしぶしにあって、聴き直すたびに良くなって来る。メンバーも最高でまとまりもすごくいい。
[PR]
by sumus_co | 2008-03-24 20:39 | 古書日録

浅草ぐらし

b0081843_1765961.jpg

b0081843_1771192.jpg


浅草ぐらし[表紙、扉]

昭和23年7月15日発行

著 者 林芙美子
発行者 梅山 糺
発行所 実業之日本社

目次裏頁に《装幀 佐野繁次郎》
[PR]
by sumus_co | 2008-03-23 17:17 | 佐野繁次郎資料

薄田研二還暦祝賀公演

b0081843_211329100.jpg


薄田研二の劇団のパンフレット表紙(1958年10月・B5判)の存在を濱田研吾氏よりご教示いただいた。
[PR]
by sumus_co | 2008-03-23 17:10 | 佐野繁次郎資料

無名作家R氏の弁

b0081843_20912.jpg


林芙美子『浅草ぐらし』(実業之日本社、一九四八年七月十五日、装幀=佐野繁次郎)。某氏より「『spin』03に載っていない佐野本があるんですけど、買ってもらえませんか?」と言われて、即座に「買います!」と答えたのだが、それが今日届いた。

『spin』03なら8ページ目に入れるべき表紙で、予め分かっていれば、ぜったいカラー図版にしたと思う。書かれているフランス語は何か出典があるのかもしれない。

 RUBÉFIANT 
 SOUT LE VENT(正しくは SOUS LE VENT)
 PACIFIQUE

「平和の風に頬を赤らめながら」とでも訳すのだろうか。フランスのウィキによれば、sous le vent は船舶用語で「風をいっぱいにはらんだ帆の下」。他にはゲランの香水の名前、ス・ル・ヴァン群島(仏領ポリネシア、および中米アンティーユ諸島に同名の群島がある)、セリーヌ・ディオンとガルーが歌った曲の名、だそうだ。

内容は林芙美子の短編集で、ざっとタイトルを見ると「無名作家R氏の弁」というのが面白そうだったので読んでみた。貧乏文士の日常をサッと叙述しているだけだが、原稿料の具体的な記述が参考になる。

《一緒になつて二日位もすると、
「いつたいどれ位収入があるの?」
 と、訊くのであつた。
「いくら位と云つて、月、四五百枚は原稿を書くよ」
「まア素敵! 四百枚としても一枚五円としたら、まア二千円ぢやないのウ……」
「だつて君反古も出来るよ」
「ぢやア半分反古になつたつて千円ぢやない?」
「そンなになるもンか!」
「ぢやア八百円位?」
「いゝや」
「ぢやア六百円位?」
「うゝん」
「まア、ぢやア三四百円位にはなるンでせうねえ?」
「どうしてどうして……」
「あらア二百円位……」
「うゝん」
「ぢやア一足飛びに七十円?」
「僕の頭脳を君はそんなに信用するのかね」
「おやまア! ぢやアこれきりよ、三十円はかせぐでせう?」
「どういたしまして」
「まア、ぢやア無収入なの?」
「さうだよ」
  [略]
「たまには売れることもあるにはあるさ、だけど、一枚の値段が安いのだからねえ……」
「いくら? 五銭なの十銭位?」
 彼女もけつして高い方から競つてはゆかなかつた。
「うん、一枚三十銭で売るンだよ」
「まア、何て失礼なんでせうねえ、菊池寛つて文士は一枚五十円位つて云ふぢやないの、貴方のが三十銭だなんて、まア可哀想だわ……」》

この他に《化粧品問屋で出している大衆雑誌で、夏の増刊号に私の小唄が載つてゐるのであつた。/「あゝあれ、そうね、五円はどうかしら、三円位はくれさうね」》とか《私は考えてもゐなかつた実話小説の懸賞に一等当選したのであつた。懸賞金は三百円となつてゐる。私はこの時位地球が愉しく考へられたことはない》とぬか喜びして、いざ雑誌社に出かけてみると《卓上にならべられた金は結局七十円で、百枚書いたあの原稿の事を考へると、まア貰ふだけでもと、案外腰が弱くて、社を出ると、私は私に腹が立つのであつた。あと二百三十円はどうしても貰はねばならぬ》と思ったりするのである。七十円を持ち帰ってみると、大家から立ち退きを催促されていて、親子三人蒲団すらない荷物をかかえ借家を出、深川の木賃宿に泊まる。
「ねえ、七十円も懐にあるかと思ふと、随分心丈夫ね」
とのんきな妻であった。

文中に「十銭スタンド」と出るので、昭和十年前後であろうか。一円は現在の三〜五千円程度だろう。

÷

ボアソナードタワー
[PR]
by sumus_co | 2008-03-22 21:18 | 古書日録

富本銭

b0081843_20275354.jpg


b0081843_2028932.jpg


『新撰古錢大鑑』(久保田豊編、大地社、一九三三年)。富本銭(ふほんせん)または富夲銭(ふとうせん)は七世紀に作られた貨幣である。708年に発行された和同開珎より古いとされているようだが、これは一九九一年に藤原京で見つかって以降のことで、われわれの学校時代にはむろん和同開珎が日本最古の貨幣だと教えられた。

歴史はコロコロ変わる。教科書に堂々とカラーで掲載されていた足利尊氏や源頼朝の肖像画が近年では別人だとされてしまった例もある。昨日の季村さんの言う、書かれたものが歴史だ、という話からすれば、歴史は書き換えられるものでもある。

で、数日前に新発見として発表のあった富本銭は「富」に「ワ」かんむりを用いるなどこれまで全国で見つかった富本銭とは字体が違うそうだが、上の本にはその「ワ」かんむりの富本銭が掲載されている。ということはとっくに見つかっていたということになる。上の本の挿絵の元ネタはおそらく寛永十年(1798)版の古銭目録『和漢古今泉貨鑑』だろう(と早とちりで思ったが、コメントでご指摘いただいたように、書体が異なっている)。そこにはこういう説明がある。

《冨本七星銭 按ズルニ此銭大小一様ナラズ 大ナル者ハ極メテ厚ク製作甚巧ナリ 径リ八分 重サ一銭六分 小ナル者ハ製作佳ナラズ 径リ七分五厘 重サ九分 共上下ノ文ヲ冨本ト云 左右七星アリ 富本ノ本字皆夲(タウ)ニ作ル 宇野宗明 其文字ノ誤リヲ知ラズ 返テ冨夲(フタウ)ト称ズ 冨本ト云ハ厭勝ノ文ナルベシ 夲ハ走ルナリ 冨ヲ走ラシメバナンゾ厭勝ノ文ナラン 近世ノ俗皆 宇野宗明ガ説ニヨツテ 専ラ冨タウト云モノハ 愚ノ甚シキニアラズヤ》

著者は福知山藩主・朽木昌綱。現在では誤字というよりも「夲」は本の異体字だとされているようだ。「富本」は唐代の『芸文類聚』が引く『東漢観記』の「富民之本在於食貨」(民を富ませる本は食貨に在り)に由来するとか。

÷

太田さま
森有礼は明治19年に高等小学校で英語を正課に取り入れた人でしたね。漢字・漢文ももちろん中国から輸入したわけですから、国語を英語やフランス語にまるごと変えて何が悪い、ということでしょうか。そうそう陸軍はフランス語でした。大杉栄は陸軍幼年校時代にフランス語を習ったことがきっかけでアナキストになったとか(?)。
[PR]
by sumus_co | 2008-03-21 21:34 | 古書日録