林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

春興

b0081843_20375026.jpg


『coto』15号(キトラ文庫、kitora@sikasenbey.or.jp)が届いた。『古本屋を怒らせる方法』の主要なエッセイはここに書いたもので、連載はまだ続いている。今回は「神保町きんいつ五人男」の巻。昨秋、神田古本まつりへ参戦した記録(雨にたたられた)。

ウンチクのお気楽な話題とは違って、巻頭で発行人でもある安田有さんが「死の作法」というエッセイで「死に方」について感想を述べておられる。友人の自死、山折哲雄の尊厳死(断食死)から「なぜ人を殺してはいけないか」へ、そして『罪と罰』やテロリズムの問題に触れておいて安田氏はこう言い切る。

《無〈死〉への衝動は、加虐的であれ被虐的であれ、人の無意識のうちにある。ある契機を介してそれは発現する。自傷行為や他傷行為もその発現にほかならない。殺人を犯した少年にしろ。その死〈無〉の衝動に囚われてのことだと思う》

《いま私は、どのような死も尊厳的でないものはない、と思っている。私たち生者がそう思うならばである。「人の死は人の尊厳である」と深く心に感じたならば、人は人を殺したりしない》

まさに安田さんのような人ばかりなら今すぐにでも世界に殺人はなくなる、と考えるのは少し早計かも知れない。仮に「人の死は人の尊厳である」と皆が思っても、もし「人」が「人」でないなら殺してもいいではないか。「悪魔(サタン Satan)」とは本来は「敵」という意味だ。敵は人でなく悪魔なのだから殺して当然、そういうことになる。人間はやっかいだ。

÷

b0081843_21181365.jpg


『西田書店古書目録』11号に出ていた与謝蕪村の自筆草稿。新発見の句がある。むむ、当然ながら読めない……が、ネット検索でヒットした。

  燈を置かて人あるさまやうめの花
  具足師の古きやとりや梅の花
  柴刈に砦を出るや雉の声
  春雨や女ろ花なンと芽に出る

いちおう少し原文に沿って直しておいた。最後は「右夜半翁」らしい。最近は他にも屏風画や採点帖が見つかったりしている。S洞の百円均一にでもころがっていないものかなあ。というところでMさんの古本メール。

《大阪市内をうろうろして、何冊か買いました。珍しいかなと思うのは、「怨霊」エミール・ゾラ大正10年金星堂翻訳文庫裸本200円でしょうか。表紙には大島匡助訳となっているのに扉には関口鎭雄訳と記載されています。はて?国会図書館は関口の表示です。書窓会「まど展」の目録が届きました。かわほり堂が「新絵画の手本 改装本 初 宇崎純一 大3 5500円」を載せていました。安いのでしょうね。天神さんがもうすぐです。楽しみです。》

そうそう、先週、神戸でお会いしたTさんは、さんちかで川端康成の『山の音』(筑摩書房、一九五四年)を買っておられたが、今日、ファックスが届いたのには、調べてみると「けっこう高い本でした」とあった。さすがだ。
[PR]
by sumus_co | 2008-01-31 22:01 | 著述関連

風の人

b0081843_20204879.jpg


2008年1月30日初版第一刷発行
著者 佐田尾信作
発行 みずのわ出版
装幀 林哲夫

[用紙]
ジャケット リ・シマメ クリームホワイト 四六Y 130kg
帯     リ・シマメ クリームホワイト 四六Y 100kg
表紙    里紙 古染 四六Y 170kg
見返    里紙 鼠 四六Y 130kg

÷

佐田尾信作『風の人 宮本常一』(みずのわ出版、二〇〇八年)。みずのわ出版の最新刊。中国新聞に「生誕百年宮本常一という世界」と出して連載されたものにインタビューなど大幅に追加した内容である。詳細目次はみずのわ出版サイトにて。ひとことで言えばこうなる。

《宮本その人の評伝というより、宮本をめぐる人と時代の物語》

民俗写真家・芳賀日出男氏インタビューを面白く読んだ。現在、あちらこちらの宮本本で使われている宮本常一の肖像写真のなかでは芳賀氏のものがピカイチだろう。平凡社の『私の日本地図』というシリーズのうち三巻分を宮本とともに巡って撮影したり雑誌『太陽』の取材で同行したときのものだという。

宮本自身がたくさん写真を撮っていることは知られているが、芳賀氏によれば、宮本はバスの窓からガラスごしにでもパシャパシャとオリンパスペンのシャッターを切った。何か少しでも気になるものはどんどん撮った。ハーフのフィルム(一本で七十二枚撮れる)をメモがわりに使っていたそうだ。そしてベタ焼きのネガを見ながら原稿を書いたという。

《それから庭先に干してある洗濯物をよく撮っていましたね。洗濯物を撮ることは、御自分でも書いてますけれども、大体家族がどのくらいいて、どんな着物を着て、どういうふうに破れた物を使っているか、家の中をのぞかなくても生活がわかると言って撮っていましたね》

今ではデジカメがあってメモ代わりの写真は当たり前だが、当時、他の人には全然そういう発想はなかった。芳賀氏はそんな宮本を非常におもしろい人物だと思った。

《とにかくただものじゃない、着眼点が普通の学者じゃないぞと。そこで写真の被写体としての関心からカメラを向けていた。この写真がのちに役立つだろうとは全く考えなかった。そのときの興味で、宮本先生のものの見方の素晴らしさを写真に撮ったと思うんですよ。それが今頃になって役に立ってきているわけ》

そういうものなんだなあ。他には宮本の日記帳の話も興味しんしんだ。宮本が残した日記は13,178日におよぶのだそうだが、中村鐵太郎が全文翻刻して『宮本常一 写真・日記集成』(毎日新聞社、二〇〇五年)としてまとめられている。とにかく驚くべき記録魔だったようだ。

b0081843_20511431.jpg


『風の人 宮本常一」刊行記念として著者の佐田尾信作(さたお・しんさく)氏と龍谷大学教授・須藤護(すどう・まもる)氏のトークショー「宮本常一 多様なる実像」が海文堂書店で開催される。ふるってご参加ください。

■とき 2月11日(月・祝)午後3〜5時
■ところ 海文堂書店2階 Sea Space
[PR]
by sumus_co | 2008-01-30 21:08 | 装幀=林哲夫

吉岡実詩集

b0081843_1959644.jpg


b0081843_19592580.jpg


『吉岡実詩集』(書肆ユリイカ、一九五九年)。表紙の写真コラージュは浜田伊津子。浜田については、ググってみても、この詩集に関する事以外ほとんどヒットしない。口絵写真は雨宮俊夫撮影。小林一郎氏の「吉岡実書誌」によれば、雨宮とは伊達得夫がまれに使ったペンネームだということである。吉岡が岩間の水の流れ(?)をバックに小休止しているのだろう。右下隅に帽子を残したトリミングが伊達のセンスか。

篠田一士の解説のような文章が冒頭にあるが、あまり感心できる内容ではない。ただこんなところはあるていど同感してもいい。

《ここにはぼくたちを魅惑するレトリックはなにひとつとして書かれていない。ぼくたちに束の間のよろこびを与え、有頂天にするようなイメージはまつたく見当らない。もちろんイメージは豊かにあるが、それらは無雑作に投げ出され、しかも確乎としている》

《無雑作に投げ出され》たとも思われないけれど、たしかに動かしがたい無意味というものは感じられる。

吉岡はこの前年に出した詩集『僧侶』(書肆ユリイカ)で第九回H氏賞受賞を受賞した。五月九日に和田陽子と結婚。記念に小歌集『魚藍』(私家版限定七〇)を披露宴の出席者に配った。飯島耕一、岩田宏、大岡信、清岡卓行と詩誌『鰐』(書肆ユリイカ)を創刊。そしてこの「今日の詩人双書」の一冊『吉岡実詩集』が出た。多事な、しかし充実した年だったようである。

÷

今日は日野草城の忌日。凍鶴忌、銀忌とも。

  てのひらに載りし林檎の値を言はる  日野草城

  高熱の鶴青空にただよへり  日野草城

  ばら色のままに富士凍て草城忌  西東三鬼
[PR]
by sumus_co | 2008-01-29 20:44 | 古書日録

奇妙な告白

b0081843_2073963.jpg


b0081843_2075372.jpg


b0081843_208617.jpg


山村順『奇妙な告白』(国文社、一九五七年)。たかはししげおみ宛献呈署名と年賀状付き。山村順は竹中郁、福原清らと海港詩人倶楽部を結成していた。山村の詩集は以下の通り。

『おそはる』海港詩人倶樂部 1926 
『水兵と娘』青樹社 1930 
『空中散歩』旗魚社 1932 
『花火』文童社 コルボウシリーズ 1950 
『奇妙な告白』國文社 1957
『枠』第一芸文社 1965

「たかはししげおみ」は高橋重臣で天理大教授。『漢訳漢名西洋人名字典』『ゲーテとトルストイ』などの共訳があるようだ。「たかはししげおみ」として『四季』に作品を発表してもいる。「あとがき」にはこうある。

《カットは、リンゲルナッツの詩集「秘密の子供遊戯の本」にある作者自身の描いたかなしき戯画。共に板倉鞆音氏の秘蔵本より拝借したるもの。/記して同氏の友情に心からの感謝を捧げたい》

板倉鞆音とリンゲルナッツについては『spin』02の津田京一郎氏の論考を参照されたいが、和田博文氏は「海港都市のモダニズム」(『ユリイカ』総特集・稲垣足穂、二〇〇六年九月)で海港詩人倶楽部が発行していた第二次『羅針』にはノイエ・ザハリヒカイトの気配が漂っており、板倉鞆音はエーリヒ・ケストナーやヨアヒム・リンゲルナッツを精力的に翻訳したとし、《ノイエ・ザハリヒカイトを代表する日本の詩集といえば、山村順の『空中散歩』(旗魚社、一九三二年)と村野四郎『体操詩集』(アオイ書房、一九三九年)の二冊だろう》と書いている。旗魚は「かじき」と読む。

戦後もなお山村のリンゲルナッツへの共感は変わらなかった。
[PR]
by sumus_co | 2008-01-28 21:30 | 古書日録

spin02 好評発売中

b0081843_17433878.jpg


目次
翻訳をめぐる意味と無意味をめぐって…………中島俊郎 + 鈴木創士
板倉鞆音捜索………………津田京一郎
エエジャナイカ 2  無用の書物………………北村知之
幻脚記 二  青空………………鈴木創士
淀野隆三日記を読む 二………………林 哲夫
みずのわ編集室 2………………柳原一徳

中島・鈴木両氏は、共通するところは多いのだが、まったく違うお二人のキャラクター・学識が噛み合っているようで噛み合ってないところが大いに楽しい。津田京一郎氏は知る人ぞ知る詩集・詩誌のコレクター。板倉鞆音の執筆雑誌を執拗に探求するその姿は古本者の鑑である。「エエジャナイカ」も絶好調。今回の幻脚記は小説だ(!)。淀野隆三日記はだんだん面白くなってきた。三高の教師たちのカリカチュアもある。例によって愚痴とイカリが爆発の「みずのわ編集室」、小出版社の実情と意気地が分かります。

表紙は鈴木氏所蔵の『クーピュール』より。パリの五月革命の様子。『クーピュール』を掲げる鈴木氏(上)、『セザンヌ』を示す中島氏(下)。

b0081843_16405035.jpg


b0081843_164158.jpg


◉取扱書店等の情報およびご注文は下記へ。
 みずのわ出版 定価 本体1000円+税
 http://www.mizunowa.com
 ISBN978-4-944173-47-1 C0095 ¥1000E


÷

◉待望の「spin 02」が到着。最初の座談会頁を読み終えたところ。神戸に行きたかったな。鈴木創士氏の小学生時代の話は、初めて知った。丸坊主あたまの話はよく聞いていたけれど(想像してみるが、うまく映像にならない)。神戸の中学生も丸刈りを強制されていたのかしら。[猫額洞の日々 2007-08-06 13:14]

◉5月の口舌バトル・・その臨場感さながらに雰囲気も内容もそっくり再現された出来上がりにとても感動しました。この装丁もすばらしい。好きです。又このような企画があれば・・はせ参じたいと願っています。[同級生より 2007-08-08 07:50]

◉みずのわ出版の雑誌、スピン第2号が出た。早速、巻頭の中島俊郎氏と鈴木創士氏のトークを読む。サバトの「死者」や、生田耕作さんのことなど、興味深く拝読した。表紙はシュルレアリスト達の雑誌「クーピュール」から引用。5月革命で車を横転させバリケードを築いたパリの街の写真の下段に「はっきり言って、意味ないんですよ」とあって、うなった……うまいな。鈴木さんは「ずっと死なずに生きてきたんですけど何の意味もなかった、それを日々感じる今日この頃です」と笑ったらしいのだが、5月に開かれた海文堂書店でのガチンコ対決に行かなかったので、詳しく判らなくて残念。しかし、お二人(司会は林画伯)の雰囲気は良く伝えられている。[マン・レイと余白で 2007-08-08]

◉北村和之くん「エエジャナイカ2 無用の書物」が読ませる。山口へ旅行し、香月泰男美術館を訪れ、香月がよく歩いた町をまた、歩く。そんな一節。「この町の朝や夜や夏や冬も見てみたいと、旅行者の気やすさで思う」という文章に目が釘付けになる。いい文章だ。美しい詩のようだ、と思う。[okatakeの日記、2007-08-08]

◉「書肆アクセス」にも寄って『spin 02』(みずのわ出版)を買った。コンペパンをかじりながら、北村さんの「エエジャナイカ」を読む。ほんとうに、いい。それにしてもトン子の見た夢には笑ってしまった[退屈男と本と街 2007-08-10 01:15]

◉拡大鏡を使ってざっと淀野隆三日記に目を通しましたところ水平社の話が出て、びっくりしました。当時三高生にも衝撃を与えたということがよくわかります。文中「浅沼」なる人物が散見されますが、これは私の同郷(鳥取)の先輩浅沼喜実氏です。同氏の遺著「さすらい人の風籟」(富士書店出版部、一九九〇年)所収の写真コピーして同封します。[松尾尊充]

◉淀野日記第二回を引入れられて拝見しました、[略]良家の坊んの思春期の煩悶、若き日の中村直勝先生、よく食事に行く菊水がどうやら現在の建物らしく、どれもこれも興味尽きません。[略]中島鈴木両氏との御鼎談は濃い中味に圧倒されます。ハイレベルな内容に沢山お教へをうけます。そのほか諸家の御寄稿に敬服しています。こんな高度な雑誌の存在することを驚きます。[肥田晧三]

◉「spin」2では、津田京一郎氏の『板倉鞆音捜索』を、興味深く読んだ。板倉鞆音の翻訳、文章を探し出しての報告なのだが、その熱が伝わってくる文章だった。板倉鞆音はそれに値する人物だと思う。板倉鞆音のことで知りたいことがあれば、津田さんに聞くことができるので、私は安心だ。私も何か雑誌を出すことがあれば、津田さんに頼もうと思っていたのだが、林さんに先をこされてしまった。リンゲルナッツを読み返したくなった。「古本ソムリエの日記 2007-08-14]

◉先日お送りいただいた『スピン』の鼎談、本当に面白く読みました。しかし、あの司会は誰にでも出来るものではないですね。さすが、でした。[石神井書林・内堀弘]

◉翻訳をめぐる意味と無意味をめぐって…………中島俊郎 + 鈴木創士
では神戸文化圏の奥行きの深さを知ることができる。どちらも林さんの個展でお会いした方々で中島さんはアセテートの本まで買ってくれた物腰の柔らかそうな人だった。しかし林さんを入れての鼎談の重量感はただものではない。生田耕作、アルトー、パンク、パリ、バリケード…学生のころより色々とお世話になっていた事物が実は神戸近辺で密接につながっていたのだと言うことがわかった。そう言えば初期の日本のパンクシーンでもフューとか関西系の音って重かったな。これを読んで筒井康隆の高校時代の自伝的小説を思い出した。いわゆるインテリ不良なのだが、どうも当方のような東京東部の人間にはない黒い部分があった。とにかくミッシングリンクがつながる対談だ。装丁は林氏。[アセテート編集者日記/2007年 8月 28日]
[PR]
by sumus_co | 2008-01-28 21:10 | spin news

PLAYBOY

b0081843_19584393.jpg


以前、『古本屋を怒らせる方法』の取材があったと書いたが、やっと出たマン。『プレイボーイ日本版』3月号。ラッキーにもクロサワ映画の総力特集。これは保存版かも。それにしても、老醜はさらしてナンボという気はするものの、晩年の作品はイタイタしい。

÷

先にブックファースト京都店でフェアー開催と書いたが、日程が決まったようなのでお知らせしておく。場所は四条河原町交差点北東角の「コトクロス阪急河原町」3F、担当氏のメールは以下の通り。

÷÷

1月29日頃から2月末まで、弊店3階フェア台にて
地方小流通センターの本、元径書房の原田奈翁雄さんの個人誌、
京都では編集グループSUREさん、阿吽社さんの「こぺる」「APIED」さんの本などとあわせて展開いたします。

志をもって出版活動を行う編集集団の本を紹介し、
大手出版社だけでなく、こんな面白いグループもいるということを
広く知ってもらうのが、今回のフェアのテーマです。

÷÷

また三省堂書店神田本店での地方小フェアーは26日から開催中とのこと。大手書店によるこういうフェアーの試みはたいへん有り難いことである。どちらもお出かけのさいにのぞいていただければ何より。B1stには一度ならず行くつもり。3F人文書はなかなかですゾ。
[PR]
by sumus_co | 2008-01-27 20:10 | 著述関連

鶴の鬱

b0081843_1455526.jpg


間村俊一『句集鶴の鬱』(角川書店、二〇〇七年、著者自装)をようやく手にする事ができた。なんとも豪奢な造本である。いちばん驚かされたのは「リ・シマメ」というざっくりした上質紙を本文用紙として用いていることだ。じつは小生も先日この紙をジャケット用に指定したところだった。本文に使うのか……。しかもそれがしっくりときている。活版刷はよって『たまや』のごとし。一頁一句の文字に使われているのは二号活字(22ポイント相当)。書体は内外文字印刷によるが、築地五号明朝がベースだろうか。あるところではインクが黒々と文字の端に溜まって光っている。とくにノンブルなどの小さい文字の印圧はまちまちであって、そういう物質的な余裕を楽しむ余地が残されている。だがそれは表紙布を特注したとか紙を漉いたという無粋な限定版趣味とはかけ離れていて、レディメイドの用材の範囲内においての遊びの果てだというところにまた間村大人らしいこだわりのなさとこだわりの在処を示しているようで何ともうれしくたのもしいことである。

大人の発句は拙著『古本屋を怒らせる方法』でも取り上げたように秀逸。評言無用。

湯豆腐やもうひとりゐる氣配して

二人目ものつぺらぼうなり土手の雪

饅頭の薄皮に差す冬日かな

口長き魚喰ふ町の寒さかな


b0081843_14484914.jpg

[PR]
by sumus_co | 2008-01-27 14:48 | おすすめ本棚

砂の枕

b0081843_10163112.jpg


b0081843_10164794.jpg


久し振りに武庫川の街の草を訪ねる。去年は一度も来なかったかも。当然だろうが、全体的には本がかなり動いているような気がした。以前になかったのが上の棚。堀口大学『砂の枕』(第一書房、一九二六年、長谷川潔版画)他、朔太郎らの第一書房の本。荷風『墨東綺譚』(岩波書店、一九三七年、木村荘八挿絵)、久保田万太郎『春泥』(春陽堂、一九二九年、石井鶴三木版画)など、この並び、ちょっとしたものだ。石川淳の単行本も何冊かあり、写真左端の『夷斎饒舌』(筑摩書房、一九六〇年)はたしか1050円と割安だった。

とはいうものの以上は見るだけ。棚の前に積み上げてある本のなかにいつもいいのが混じっている。本日は森山大道『犬の記憶』(朝日新聞社、一九八四年)を発見。カバーに少難あり、帯なし、本文美で安かった。喜んで買わせてもらう。もう一冊『吉岡実詩集』(書肆ユリイカ、一九五九年)も手頃な値段だった。じつは朝のトイレで『ユリイカ』特集・森茉莉(二〇〇七年十二月)の中村稔「私の昭和史戦後篇24」で伊達得夫とユリイカの話を読んだところだったのだ。既成の書物からの引用が多い原稿なのだが、実際に伊達と親しくし昭森社のビルを知っている方だけにその証言は貴重。これも何かの暗示だろう。買わないわけにはいかない(でもないか)。

b0081843_1039126.jpg


三ノ宮へ出てさんちかの古本即売会(二日目)のぞく。けっこうゆっくり見たがとくになし。すでに予算は消費していたし。口笛文庫のコーナーに前田出版の再版『二十歳のエチュード』があってかなり迷った。表紙が破れてちぎれ(失われてはいない)、記名がある。むろんこれも伊達得夫の編集した本だ。迷ったすえに断念。口笛さん、ごめん。またいずれ店の方で何か買わせてもらいます。

会場でTさんとばったり。サンマルク・カフェで雑談。静文夫の遺稿詩集を遺族の方に問い合わせて入手したとのこと。原稿がたまっているのだが、なかなか本にしてくれる出版社がないという話など。

三ノ宮駅山側の茜屋珈琲店でみずのわ氏と打ち合わせ。茜屋は何店舗もあったような気がするが、いまここだけだそうだ。ブレンド700円。三点ほど展示されていた小松益喜のスケッチが良かった。

b0081843_1154081.jpg


のんちゃんで海文堂書店主催のワリカン新年会。昨年トークショーでお世話になった中島俊郎さん、鈴木創士さんを囲むかんじで八人ほど。焼き鳥とハリハリ鍋。古本を見せていると、鈴木さんがなぜか『犬の記憶』に反応して「いいな、いいな」というので原価で譲る(お買い得でっせ!)。

ランボーの新訳に挑戦する予定とかで、既成の翻訳をケチョンケチョンにけなして意気軒昂。いちばんやり玉に上がったのはかつてTVレギュラーだった訳者。中島さんまで、あれはヒドイねと賛同。小生つとめて粟津訳を援護するも却下、ということで、これは鈴木訳を待望するしかないでしょ。個人的にはやっぱり故郷のアルデンヌをよく知らないと訳せないような気がする。ちなみに中原中也、西條八十、金子光晴らの詩人たちもランボーを翻訳している。そういえばユリイカからも中也の翻訳したランボー詩集が出ていた。本日は首尾一貫ユリイカ・デーなり。

F岡店長は急逝された黒猫堂さんとむかし京都で飲んだ話をしんみりと。遅くなって泊めてくれと頼んだが、あっさり断られたとか(トーゼンだ)。想い出だけが「リアル」なのものとして残るのか。
[PR]
by sumus_co | 2008-01-26 11:33 | 古書日録

京都〇七五

b0081843_19251060.jpg


mille booksが発行元となって四月に刊行される予定の雑誌『京都〇七五』の取材があった。きょうとおなご、じゃなくて、きょうとぜろななご。市外局番。むかし『03 Tokyo calling』(新潮社、1989年12月〜1991年11月)という雑誌があったのを連想したが、そんなバブリーな話ではなく、おなじみ「cafe de poche」とtrico+に集う人たちが編集する。ちょっとこだわりのある京都雑誌になりそうだ。

《タイトルには、京都の人から見た観光都市ではない普段の街「京都」を、外から見る人は今まで知らなかった「京都」をとりあげ、誌面に反映させていきたい》

ということで、京都に住む人の「お出かけ道具」特集に駆り出されたというわけ。カバンのなかに入っている物からこの一品を教えて欲しいというもの。えーと、それは何かというと、まあ、誌面をお楽しみに。明日はソムリエ氏のカバンをのぞくとのことです。
[PR]
by sumus_co | 2008-01-24 19:50 | 京のお茶漬け

絵本千代宝

b0081843_20381917.jpg


『新菜箸本撰』5号(「心斎橋」研究同人、二〇〇八年一月十三日)が届いた。橋爪節也編集長、今回は本来の研究分野(?)である江戸時代の心斎橋にタイムスリップ!

・『諺臍の宿替』ことわざをとくとくととくわざのこと……橋爪節也
・恐るべきねずみざん 曉鐘成、算法で新年のごあいさつ……橋爪節也
・「正遷宮のつくり物」と心斎橋筋……相蘇一弘
・心斎橋文人録……肥田皓三
・順才橋筋金太郎町の書林……橋爪節也
・新年そうそう絵口合の種しこみ……いかのきのめあえ

まじめなのか、単に駄洒落好きなだけなのか、まったくおもろいもんをつくりはる。上図は肥田先生の論考に付けられた挿絵より、阿波屋文蔵が版行した『絵本千代宝』。北尾重政の絵本の版木を買い取って合羽刷で色彩を加えて改めて刊行したものだという。

《色ざしが綺麗で、絵本の表紙も阿波文独自の美しい絵模様の良質のを付け、大阪の出版物としては傑出した仕事をのこしている。幕末から明治へかけては書籍より錦絵の出版が多くなった》

色の微妙にズレたところがまたよろしいなあ。
[PR]
by sumus_co | 2008-01-20 21:10 | おすすめ本棚