林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:装幀=林哲夫( 114 )

神戸市戦災焼失区域地図復刻版

b0081843_19175619.jpg


題 名=神戸市戦災焼失区域図 復刻版 
発行日=2013年8月15日
著者等=日本地図株式会社
発行所=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
パッケージデザイン=林哲夫

《小社ではこの度、「神戸市戦災焼失区域図 復刻版」を刊行いたしました。

これは、戦中の国策統合会社であった旧・日本地図株式会社により、1946(昭和21)年6月に刊行された「神戸市戦災焼失区域図」(天地382mm×左右1080mm、縮尺20,000分の1)を原寸通りに復刻したもので、アジア太平洋戦争下、度重なる空襲により焼失した地域が赤色で示されています。近代以降、1945年の空襲と1995年の阪神淡路大震災で二度にわたって灰燼に帰した旧六大都市・神戸の、昭和戦中期の街区、町名を今に伝える貴重な資料でもあります。

なぜに神戸の戦災焼失区域図を山口県の版元が、といいますと、小社は阪神淡路大震災後の1997年12月に私(柳原)の「一人出版社」として創業して以来、東日本大震災・福島第一原発爆発事故後の2011年9月に山口県周防大島に移転するまでの足掛け15年にわたり、神戸で出版活動を続けてまいりました。「神戸・ユダヤ人難民1940-1941」(金子マーティン著)、「山上の蜘蛛-神戸モダニズムと海港都市ノート」(季村敏夫著)、「神戸の古本力」(林哲夫・高橋輝次・北村知之編)など、神戸関連書も数多く手掛けてまいりました。今回の復刻地図は小社が神戸でやり残した仕事の一つです。戦時下を生きぬいた世代が次々と世を去り記憶の風化が進むなかにあって、いま、非戦を誓った日本国憲法が改定の危機に直面しています。そのような状況のなか、都市に刻まれた戦争の記憶を掘り起こし次代に伝えるために、これだけは出しておかねばならないという考えで、刊行に踏み切った次第です。

良好な状態で残る「神戸市戦災焼失区域図」の原本は貴重ゆえ、古書市場でも滅多に出回ることはありません。これでは一般の市民のみなさんの目にふれる機会はまずありません。資料は一般の市民が求めやすい価格で、広く行き渡ることが肝要です。

今回の復刻部数は1000部。定価2100円(税込)に設定されていただきました。取次に納品していますので書店でのお取り寄せも可能ですが部数が限られており、時間もかかります。直送が早くて間違いないです。小社までメエルにてご注文いただきましたら送料サービスにてお送りいたします(恐れ入りますが、振替手数料はご負担願います)。何卒よろしくお願い申し上げます。

http://mizunowa.com/book/book-shousai/kobe-map.html

海文堂書店日記 
2013-07-31 みずのわ 戦災 & 福島、フクシマ
http://d.hatena.ne.jp/kaibundo/20130731
[PR]
by sumus_co | 2013-08-15 19:28 | 装幀=林哲夫

報道写真家福島菊次郎とゆく

b0081843_17295326.jpg


b0081843_17294056.jpg


b0081843_17293275.jpg


b0081843_17292410.jpg


b0081843_17291657.jpg

題 名=My Private Fukushima 報道写真家福島菊次郎とゆく 
発行日=2013年8月15日
著者等=那須圭子 写真・文
発行所=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫

寸法等=B5判並製 タテ257mm

ちょうど一年前に同じ著者・那須圭子さんの『平さんの天空の棚田』を装幀させてもらった。頑張るおじいちゃんシリーズ第二弾(勝手に命名!) あの福島菊次郎に那須さんが迫っている。話題の人・山本太郎氏も登場。
[PR]
by sumus_co | 2013-07-29 17:36 | 装幀=林哲夫

ヨーロッパ退屈日記

b0081843_2195232.jpg

多田進さんより伊丹十三『ヨーロッパ退屈日記』(新潮文庫、二〇一二年版)の多田さんカバー・ヴァージョンが届く。む、ふっふっふっ。いいですねえ。多田さんらしいシンプルな文字配り。写真が生きている。

これは「旅の本屋のまどが選ぶ「本と(ふた)旅」」のために多田さんが制作された期間限定ブックカバー。

b0081843_219456.jpg

写真は誰あろう小生の撮影である。期間限定とは言え、自分で装幀した本以外で「カバー写真 林哲夫」とクレジットが入るのは初めてのこと。画とはまたちがった嬉しさがあるというもの。ちなみにオリジナルはこちら伊丹十三のイラストおよび装幀(本文挿絵も)。多才な人だった。

b0081843_2193796.jpg

元版は一時期架蔵していたが、売り払って久しい。今、ちょいと拾い読みしてみる。洒落た文章家だ。

《どうしてパリはこんなに奇麗なんだろう。緑と、黒と、茶色と、グレイ、それに少量のオレンジやコバルトや黄色のある町。人々は、グレイや黒やいろんな茶色の革なんかを着て歩いているねえ。あれは、街にあわせてるんだ。連中は、街を上等の外套みたいに着こんでいるんだ。
 どうしてパリはあんなにうまくいってるんだろう。どうして東京はあんなに駄目なんだろう。日本人っていうのは駄目な種族なのかね。》

伊丹の知るパリよりも現在のパリはずっと明るくなっているだろう。上等の外套、伊丹のイメージは黒っぽいグレイか。今のパリは街全体が白っぽい灰色あるいはベージュ色になってしまい、なんだか軽くて物足りない感じだ。一九七六年と七九年に滞在した頃の暗澹たるパリが懐かしい。

旅の本屋のまどが選ぶ「本と(ふた)旅」
b0081843_21101016.jpg
b0081843_2110250.jpg

[PR]
by sumus_co | 2013-07-20 21:35 | 装幀=林哲夫

里山 いのちの譜

b0081843_20293387.jpg


b0081843_20292642.jpg

【ジャケットおよび表紙】

題 名=里山 いのちの譜
    中国山地の暮らしを訪ねて 
発行日=2013年4月8日
著者等=文:正本眞理子
    写真:金山一宏
発 行=みずのわ出版
http://d.hatena.ne.jp/mizunowa/20130316
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫
ジャケット図版=杉谷冨代「樹のはなし」

用紙等=ジャケット MTA+FS 菊判T目93.5kg 4°マットPP
    表紙 NTほそおりGA 朱 四六判Y目 100kg 1°
    見返 NTほそおりGA 朱 四六判Y目 130kg
    本文 MTA+FS 菊判T目76.5kg 4°写真頁ニス引
    ヘドバン A9
    スピン A5

寸法等=上製 タテ217mm
[PR]
by sumus_co | 2013-03-16 20:34 | 装幀=林哲夫

長寿社会を生きぬくために

b0081843_1423829.gif
【カバー全体】

題 名=長寿社会を生きぬくために 
    医療と健康をめぐる66講
発行日=2013年3月25日
著者等=江里健輔
発 行=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫

用紙等=カバー ミセスB オフホワイト 四六Y目 135kg
    表 紙 リ・シマメ クリームホワイト 四六Y目 180kg
    見 返 STカバー れんが 四六Y目 115kg

寸法等=並製 タテ187mm
[PR]
by sumus_co | 2013-03-08 14:09 | 装幀=林哲夫

こころの匣

b0081843_1675651.jpg


b0081843_1681925.jpg


b0081843_1683280.jpg

『こころの匣』特装本。戦時中に仕立てた着物の布を使用した。各一冊。製本は免手製本。文字と箔の指定をした。

b0081843_2064049.jpg

題 名=こころの匣
発行日=2013年1月25日
著者等=伊藤伸子
発行者=伊藤伸子
製 作=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫
装 画=小谷大樹

用紙等=カバー ミセスB オフホワイト 四六Y目 135kg
    表 紙 NTラシャ ベージュホワイト 四六Y目 100kg
    見 返 NTラシャ 灰鼠 四六Y目 130kg
    扉   NTラシャ うすクリーム 四六Y目 100kg
    帯   ヴィンテージゴールド カッパー 四六Y目 63kg
    スピン A5
    ヘドバン A9
寸法等=四六判丸背上製 タテ194mm
[PR]
by sumus_co | 2013-02-04 16:12 | 装幀=林哲夫

宮本常一離島論集第二巻

b0081843_1772730.jpg

題 名=宮本常一離島論集第二巻
発行日=2012年12月25日
著者等=宮本常一 著
    森本孝 編
発行所=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫
寸 法=216×153mm

用紙
ジャケット マーメイド しろ砂 四六判Y目115kg
表紙 NTラシャ くち葉 四六判Y目100kg
見返 NTラシャ 濃茶 四六判Y目130kg
別丁扉 タント0-56 四六判Y目100kg
[PR]
by sumus_co | 2012-12-14 17:10 | 装幀=林哲夫

定本古本泣き笑い日記

b0081843_119567.jpg
b0081843_1185713.jpg
b0081843_1184939.jpg
b0081843_118416.jpg

著者が店主を務める京都・古書善行堂にて独占先行発売中! 青弓社版「古本泣き笑い日記」の刊行から10年を経て、原稿量、書影とも大幅に増補したうえでの決定版です。

古書善行堂店主ブログ 古本ソムリエの日記
http://d.hatena.ne.jp/zenkoh/

題 名=定本古本泣き笑い日記
発行日=2012年12月25日
著 者=山本善行
発行所=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫

用紙等=カバー パミス 白 四六Y目120kg
    表 紙 GAえんぶ 焦茶 四六Y目100kg
    見返し GAえんぶ 焦茶 四六Y目130kg
    別丁扉 パミス 白 四六Y目120kg
寸法等=上製 タテ186mm ヨコ123mm

古書店レッテルをジャケットに使うことは最初から決めていた。『sumus』創刊号がやはりレッテルを何十枚か並べて表紙に置いたもので、それが泣き笑いエッセイのデビュー媒体だから、いい記念になると思った。ただ同じように並べたのでは面白くない。えり抜きのレッテルを散らすような形にしてみた。黄色は著者の希望である。白、クリームの地色でプレゼンしたところ、もっと色を強くというので、クリームを黄色に変えた。これでぐっと締まったように思う。ひとつの見所は表紙の背。凸のエンボスである。ちょっとないでしょう?
[PR]
by sumus_co | 2012-12-11 11:21 | 装幀=林哲夫

平野遼水彩素描集

b0081843_1928029.jpg
b0081843_19275283.jpg
b0081843_19274649.jpg
b0081843_1927384.jpg

題 名=深夜、雷鳴のなかでしきりに鳴き続ける野犬の遠吠えに、
    ふと永遠を思っていた 平野遼水彩素描集
発行日=2012年11月24日
著者等=平野遼 著
    平野清子 編
発行所=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫

用紙等=スポットライトFS ナチュラルホワイト 菊判T目 77.5kg
    表 紙 キクラシャ 濃鼠 四六Y目69.5kg
    見返し キクラシャ 濃鼠 四六Y目125kg
    扉本文共紙 スポットライトFS ナチュラルホワイト 菊判T目77.5kg
寸法等=上製 タテ232mm ヨコ189mm
[PR]
by sumus_co | 2012-09-16 19:34 | 装幀=林哲夫

われ、決起せず

b0081843_19161110.jpg

題 名=われ、決起せず――聞書・カウラ捕虜暴動とハンセン病を生き抜いて 
発行日=2012年9月25日
著者等=立花誠一郎 語り
    佐田尾信作 編
    柳原一徳 写真
発行所=みずのわ出版
http://www.mizunowa.com/index.html
装 幀=林哲夫

用紙等=カバー ミルトGAスピリット スノーホワイト 四六判Y目135kg
    表 紙 ハーフエア リネン 四六判Y目90kg
    見返し レザック96オリヒメ ミルク 四六Y目130kg
    
寸法等=上製 タテ189mm ヨコ232mm

昨日(13日)、新刊があがってきた。この本の写真をワシが担当した。全点67判のモノクロフィルムで撮影、いつもお世話になっている大阪・南森町のケイアートの大将にバライタ紙でプリントしてもらった。
全国に13ヶ所あるハンセン病国立療養所も、高齢化した入所者が次々と世を去っていくにつれ、あと10年乃至20年のうちにすべて消滅する。らい予防法が廃止された現在にあって、「絶対隔離・絶対断種」の時代は過去のものとなり、いま撮影したところで、見るからに苛酷な生活実態は写ろうはずがない。それでも、この世から消滅する直前にある療養所の静寂が支配する空気感は、それはそれで撮り残しておく必要があるのではないか。記録されなかったことは、いづれ、無かったことになる。
苛酷な体験を淡々と語る立花氏と聞き手(そして、本の読み手)との間に立ち入らないこと、写真が語りすぎないことを心がけてみた。写真作品としては物足りないとみる向きもあろうが、これもまた、記憶を伝えるための記録の一手法と考える。

[PR]
by sumus_co | 2012-09-16 19:25 | 装幀=林哲夫