林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:貧乏こっとう( 19 )

アルマイトの弁当箱

b0081843_19454980.jpg


b0081843_19454345.jpg

クリスマスランチに。河原町通へ。丸亀うどん(はは、は)。ついでにオーパの八階にできた巨大ブックオフのぞく。初めて入ったが、迷子になりそう。洋書コーナーもすごい。画集の棚で足が止まってしまった。明らかに安すぎる大冊を求める(いずれ紹介しますが、いまはナイショ)。

そのあと烏丸通から高辻通りへ入って因幡薬師のすぐとなりにある「木と根」へ。喫茶店もやっているようだが、今日は陶磁器を中心とした展示だけだった。展示用の古い家具の抽き出しにそっとしまいこまれていたアルマイトの弁当箱を発見。売り物だったので有り難く頂戴する。そういえば、中学校時代はもっと大きなアルマイトの弁当箱を使っていた。冬場だと昼前に生徒たちの弁当を集めて蒸気で暖めてくれたことを思い出す。

b0081843_1959471.jpg

因幡薬師のラァシュ君はシェパード犬

b0081843_19453687.jpg

kitone/木と根
器、日用道具と喫茶室
http://hibiniki.kitone.jp

アルマイト弁当箱
http://kura-kyoto.at.webry.info/201006/article_2.html
[PR]
by sumus_co | 2012-12-25 19:59 | 貧乏こっとう

原色日本壜圖鑑 第〇巻

b0081843_1953768.jpg

b0081843_195315.jpg

庄司太一『原色日本壜圖鑑 第〇巻【はじめに】』(ボトルシヰアター、二〇一〇年五月二〇日)を頂戴した。びん博士として知られる著者の壜との出会いが語られている。他の巻に関してはこちらのサイトをご覧あれ。

かれこれ十年近く前になるが、小さな壜を描いた絵をある方が購入してくださった。その方の知人にものすごいボトル・コレクターがいらっしゃると伺った。この図鑑を頂戴して奇しくもその尋常ならざるコレクターというのが庄司太一氏であることに気づいたのである。

氏はもともと図鑑フェチであったという。

《昔から私は「圖鑑」というものがこの上もなく好きであつた。まだ小學校にあがる以前に、實家に近い西武新宿線の下井草驛前に三眞書房(註五)といふ本屋があり、そのニスの匂ひのプン[繰返記号]する本棚の上に保育社の『ポケツト圖鑑』を見つけて、母親にさん[濁点付繰返記号]ねだつたことを覺えてゐる。ちやうど大人の手のひらほどのサイズで、低學年用のものであり、値段は百五十圓ほどであつたらうか、ねばつた末に『貝のいろいろ』と『昆蟲のいろいろ』の二冊を買つて貰ひ、寝るときはいつも枕許において寶物のやうにして眺めてゐたものであつた。》

そしてアメリカに渡り、初めてボトル・コレクションの世界を知ったという。

《日本においては個人的妄想でしかなかつたはずのびんの世界が、その地ではすでに二十世紀初頭頃から價値あるものとして認められ、各州にはガラスびんを愛好するボトル・クラブまであつて、びんに關する書物も多數出版されてゐることを知つたのである。》

小生もイギリスの田舎町にしばらく滞在していた頃、公会堂のような場所で毎週末に開かれる蚤の市を楽しみにしていのだが、そこでは古いビンを売っている人がたくさんいた。飲料壜はもとより薬壜、インク・ボトルや哺乳瓶など種類が多いのにも驚かされた。その町の本屋(WHSmithだったと思うが)ではボトルコレクターのための定期刊行物を売っていた。ちょっと信じがたかった。蚤の市では小さなインク壜を二三買っただけで終わって深入りはしなかったが、英国のボトル熱の高さはたしかに感じた(今調べると一九七〇年代に急速に高まったものらしい)。

日本に帰ってからも古いガラスものには魅せられてきた。コレクションということではなくもっぱら絵のモチーフとして買っている。下の右は薬壜。段ボール箱ひとつにホコリだらけの薬壜が詰め込まれていた。それが骨董屋さんの店の隅においてあった。たぶん買い取ったばかりだったのだろう。一箱まとめて譲ってもらった。そのなかにこれがあったのである。下の左はどこで入手したのか忘れてしまった。ボディの文字は「JUICE」ジュース。高さ14センチ。他にひょうたん形のニッキ水の瓶も持っている。

b0081843_19525462.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-10-22 20:52 | 貧乏こっとう

金継ぎ

b0081843_19354094.jpg
b0081843_19353324.jpg

買物ついでにラトナカフェでランチ。食事が出るまで『暮しの手帖』58号を見ていると「はじめての金継ぎ」という記事があった。割れた陶磁器を金と漆で繕(つくろ)うことを金継ぎと呼ぶ。だいぶ前になるが、姉小路通りの職人さんに皿かなにかを繕ってもらった。器の割れやカケ、ヒビなどそのままにしておくと、使うに使えないし、見場もはなはだしく悪い。ところが、金で継ぐとちゃんと様になる、どころかいっそう立派に見えるから、あら不思議。もちろん使うに不自由はない。皆様お試しあれ。

下に掲げた皿はどちらもウンチク・コレクション。染付け皿は中国のものだろう。青磁は高麗か? そこそこ古い。染付け皿はアロンアルファ(?)のようなもので接着されている。青磁の方はどうしたことか中途半端な継ぎ方だ。これなどきちんと直せばいい器なんだけどなあ。

b0081843_19352611.jpg


b0081843_19351714.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-08-09 19:49 | 貧乏こっとう

ブルー・アンド・ホワイト

b0081843_20101558.jpg


b0081843_2010728.jpg


b0081843_2095842.jpg

軟陶のカップとソーサーだが、セットではない。カップは二十年程も前に求めたもの。ソーサーはつい先日、二百円だった。ソーサーの裏面には「1790 Avon Scenes Palissy England A Royal Worcester Ltd Subsidiary」と焼き付けられており、検索してみるとイギリスのパリッシー窯(Palissy Pottery Ltd)で一九六〇年代に作られたものらしい(Palissy Avon Scenes China)。パリッシーは一九五八年に英国最古の窯元とされるロイヤル・ウーセスター(Royal Worcester Ltd)に吸収された。

カップの方はもっとずっと古いように思えるのだが、窯元のマークもなく、このブランコ遊びの模様はよく見かけると思いつつも、知識不足のため素性は分からない(ご教示を乞う)。

検索してみると、ほとんど同じ図柄(左右反転した図)がゴブラン織のタピスリに見られる。
フレンチ・タペストリー 『ブランコ遊び』

十八世紀のタピスリにおける主題のひとつだった。
Le Retour de Tobie Tapisserie de la La Balançoire Tapisserie de Beauvais


フラゴナールが有名なブランコの絵を描いている。
J.-H. Fragonard, Les hasards heureux de l'escarpolette (la Balançoire) (1767).

ワトーにもブランコを描いた銅版画がある。
La technique de la gravure sied parfaitement à la délicatesse du trait d’Antoine Watteau (1684-1721).

ぶらんこ(ポルトガル語 balanço から?)は「ふらここ、ぶらここ」とも言い春の季題。鞦韆(しうせん)、秋千、半仙戯(はんせんぎ)とも。
[PR]
by sumus_co | 2012-04-04 20:52 | 貧乏こっとう

絵絣

b0081843_17105682.jpg

絵絣と言えば、だいたい鶴亀、唐草、菊花などおめでたい模様や文字が多いが、これはモダンな花瓶に花を挿した図柄である。わりあい新しい作なのかもしれない。はなびらの散ったところに作者のセンスを感じる。

三年かそれ以上ぶりに歯科医院へ行った。かぶせがポロリと取れたため。先生は久しぶりなのでレントゲンを撮りましょうと言う。レントゲンの撮り方も以前とは違うし、何よりも画像が診療椅子の前に備えられたけっこう大型のディスプレイにくっきりと表示される。歯並びが悪い。

それをじっと見ていた先生は、浮かぬ顔でこう言った。

「どこにも虫歯はないですね…」

患者としてはひと安心だ。この先生には三年以上前に奥歯を抜いてもらったことがある。じつに鮮やかな手並みであった。名手と言っていいだろう。かぶせを取り替えるのなどちょちょいのちょいであった。そんな先生にとっては三年以上来ていない人間に虫歯が一本もないのはかなり心外だったに違いない。もう一度つぶやいた。「虫歯はないですね(おかしいなあ)」

しかし、それで終わったわけではなかった。歯周ポケットに歯垢がたまっています、と。まずは全体の歯垢のおそうじ。やはり三年以上のブランクは大きい。それなりに気をつけて磨いているつもりでも歯垢は積み重なっているようだ。血みどろのお掃除となった。

さらに日をあらためて歯周ポケット掃除にかかる。一度に奥歯三本から。これから何回も通わなければならないし、それなりに費用もかさむ。「歯周病になったら怖いですよ〜」と歯科技工士のお姉さんに脅されたので仕方がない。これがまた、ほとんど力技というか、先の曲がった金属で歯周ポケット(要するに歯茎と歯のすきま)内の歯垢をゴリゴリゴリと削ってゆくだけなのである。幸い痛みはそうでもなかったけれど、思わず肩に力が入って、終わった後はぐったりとなった。ふう。

お姉さんが「歯垢がやわらかくてサクサク取れますね。ものすごく固くて取りにくい歯垢もあるんですよ、人によっては」とほめてくれた。喜ぶべきことなのだろう、ね。
[PR]
by sumus_co | 2012-02-26 17:41 | 貧乏こっとう

茶碗

b0081843_13445796.jpg


b0081843_13445088.jpg

茶の湯にはまったく無縁な人間だが、茶碗はひとつふたつ持っている。これはいつどこで手に入れたのか、はっきりとは思い出せない。ただ、堀尾貞治さんの作品だということは間違いない。「さ」のサインも入っている。堀尾さんのかなり前の個展のときに売っていたのだろうか、買ったという記憶もないのだが。茶碗としてはまあ赤ちゃんみたいなものながら、堀尾さんらしいところも見えて嫌いじゃない。

今、よくよく見ると、茶碗の胴に林哲夫と鉄釉で小生の名前が書かれ白い上薬で半ば隠されている。さっぱり覚えていないが、そうすると注文して作ってもらったものだろう。それも覚えていないとは、もうろくしたなあ…。

b0081843_1344424.jpg

こちらは去年の暮れに一個100円で求めた猪口(煎茶ですか?)。なんということのない、ありきたりのしなもの。だがちょっといい感じ。日本酒も煎茶もほとんどたしなまないけれど、小皿の代わりに使ったりしても面白い。
[PR]
by sumus_co | 2012-01-03 13:58 | 貧乏こっとう

瓶、壜、ビン

b0081843_206543.jpg

モランディにならってボトルばかりの絵を描いてみようかと思いつつ、なかなか試みるにいたらない。もう少し小さい薬瓶ならなんども描いたことがあるのだが、大壜はまだ形にならない。次のシーズンに向けて描いてみようかな……。

b0081843_2055687.jpg

左は古道具屋で。何の壜だったのか? 

真ん中はワインボトル。パリの有名なレストランのオリジナルの銘柄(ただし日本でも売られている)。拙宅を訪問された方がその店の古くからの顧客で手土産にとパリから下げて「来られたらよかったんですが、百貨店で買いました(笑)」という感じで頂戴したもの。その方いわく「最近、あそこのシェフも年取ったのか、料理の味が変ってねえ、しょっぱくなってるですよ、なんでもかでも」と。むろんわれわれなどには縁のない高級店なので(検索すると日本人向けお試しランチが190ユーロらしい。1ユーロは本日103円)今後も出かける心配はないため、そんなこともあるんだなあと興味深く拝聴しただけだった。

ところが、その数日後、あるところで知人の女性と話していると、なんと息子さんがその有名店の厨房で働いているというではないか。パリの知られたレストランおよびパン屋、お菓子屋には、たいてい一人くらいは見習い日本人が入り込んでいる。「そうですか、それはそれは奇遇ですね、最近、味が塩からくなったという話を聞いたばかりですよ」と言ってみたら、「そうなの? このあいだ、息子が帰ってきて、料理してくれたんだけど、塩からかったのね。若いからかな、と思ってたけど、そうなんだ」と納得されていた。

ただボトル(ブーテイユ)は大量生産ではなく手作りふうの重厚なものである。

右のボトルがいちばん気に入っているのだが、どこで手に入れたのか忘れてしまった。舟の形の大きな気泡が美しい。壜の底に

 GOPPEL & Co
 FRIEDRICHS

とある。ワインボトルでないようだ。
b0081843_2054886.jpg


b0081843_2053443.jpg

[PR]
by sumus_co | 2011-10-01 20:49 | 貧乏こっとう

MADE IN TANZANIA

b0081843_1952165.jpg


b0081843_19515185.jpg

義母から譲ってもらった木造の彫刻。たしか誰かにアフリカ土産として貰ったものと聞いたように思う。PCの周辺を写した写真にときどき登場しているのでお気付きの方もおられよう。

背面に「MADE IN TANZANIA」のシールがある。時代的にはおそらく一九七〇〜八〇年代か(土産を貰う時期ということで)。一般にマコンデ彫刻と呼ばれるものらしいが、現在ではアート作品としてまた土産物としてさまざまなスタイルで制作されているらしい。材は黒檀だという。

今ざっと検索しただけではこれとそっくりな像は見つからなかったが、似ているものはいくつかあった。現在の主流はもっとシュールレアリスティックな、あるいはマンガっぽいキテレツな作風である。これは縦に引き延ばされていながらもリアルさを失っていない。この顔にそっくりの日本人の知り合いがいて、あの人の祖先はタンザニアかと思ったりしたほどである。

b0081843_19524160.jpg

こちらは Twins Seven Seven「Nigerian Beat」(King Record, 1991)のCD。アフリカつながりというだけのこと。ある古本屋で何か買おうと思って粘りに粘った末に、何もなくてこのCDを買った。それ以来けっこう頻繁に聴いている一枚。

トゥインズ・セヴン・セヴン(Prince Taiwo Olaniyi Oyewale-Toyeje Oyelale Osuntoki)は一九四四年ナイジェリアに生まれて、まず美術家として知られたそうだ。

《その一方で、トゥインズ・セブン・セブンは、ファーマーであり、かつてはボクサーで、サッカープレーヤーでもあった。そして、政治家であり、カーキチ・スピード狂がわざわいした1982年12月の交通事故で大腿骨折をするまでは、素晴しいダンサーでもあった。そして自作自演のミュージシャンであったし、いまもある。》(川田順造「解説」)

驚くべきマルチ・タレントぶりだ。ネット検索してみると、今年二〇一一年六月一六日に亡くなっている。彼の美術作品は独特ではあるが、あまり好きになれない。ミュージックの方がいい。

b0081843_19513880.jpg

『L'Art de l'Afrique occidentale』(Union Générale Éditions, 1967)。この表紙はナイジェリア西部で十三世紀頃に制作されたブロンズ像、高さ24センチ、イフェ考古博物館所蔵。十三世紀というと日本は鎌倉時代か。このリアリズムはアフリカ彫刻のなかでは際立っているように思う。

b0081843_20573058.jpg

もうひとつ、アフリカの地図を出してお勉強、といってもこれは明治二十七年(一八九四)の『萬國地理初歩巻之下』(集英堂)。アルチュール・ランボオが地中海沿岸からアビシニアあたりを奔走していた時代の勢力図である。

タンザニアは東海岸、この地図ではザンジバルと書かれている「ジバル」のあたり(もうすこし内陸まで)。例のキリマンジャロ山がある。ナイジェリアは中西部、「ギ子ア灣」(ギニア湾)へニジェール川とベヌエ川が流れ込んでいるデルタを中心とした地域になる。
[PR]
by sumus_co | 2011-09-03 21:28 | 貧乏こっとう

みんぺいやき

b0081843_20364151.jpg


b0081843_20365258.jpg

市中で用事を片付け、姉小路通寺町西入ルにある骨董均一台からこの珉平焼(みんぺいやき)の小皿を買った。明治期のもの。目立つ窯キズがあるが、食卓ではなくパソコン・デスクに置いて小物でも入れたらちょうどよい。渋い黄色が目を楽しませてくれるだろう。店内に無傷の同様な小皿があって、そちらは二千五百円也だった。

《珉平焼〈みんぺいやき〉は、江戸後期の文政年間(1818~30)、淡路島の南端、三原郡伊賀野村(現南あわじ市北阿万伊賀野)で賀集珉平〈かしゅうみんぺい〉が創始したやきものです。京都の陶工尾形周平〈おがたしゅうへい〉を招き、京焼の色絵陶器技術とそのデザインを導入しました。天保年間後期(1838-44)頃には阿波徳島藩の御用窯になったとされています。

珉平焼の特徴はその製品の多様性にあり、京焼の色絵陶器写しや中国陶磁写し、さらには漆器や金属器を写したものまで作られています。これだけ幅広いバリエーションのやきものを生産した窯は、江戸後期の国内では他に知られていません。珉平の没後は甥の三平や淡陶社がその製陶技術を引き継ぎ、明治期の国内外の博覧会に出品し、海外にも輸出し販路を広げました。また近年には、明治から大正時代にかけての窯跡付近の発掘調査が行われ、これまで不明であった珉平焼の新たな側面が明らかになりつつあります。》(兵庫陶芸美術館のHPより)

  *
[PR]
by sumus_co | 2011-07-23 20:56 | 貧乏こっとう

b0081843_11232355.jpg

間道(かんとう)は古く渡来した織物にちなむ縞模様の名称であるが(広東からとも)、意味するところが広くて、具体的にこれが間道だとは限定しにくいようだ。昨日の「高級手焼きおかき」包装紙は単に「棒縞」でいいのではないだろうか。特別な呼び名があるのかどうかは知らない。

縞は代表的な文様である。こんな小きれなどを集めて喜んでいる。ハデな縞二点はインド。いずれ佐野繁次郎じゃないけど、装幀の材料にでも使えればいいかなと。
[PR]
by sumus_co | 2011-03-28 11:29 | 貧乏こっとう