林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:宇崎純一資料( 38 )

少年少女不思議なお伽

b0081843_20171232.jpg


b0081843_2017699.jpg


b0081843_20165979.jpg

たいへん珍しい宇崎純一の装幀本を頂戴した。むろんこれまでの装幀本リストには出て来ない。ただし珍しいのはそれだけが理由ではない。

この表紙、見ての通りタイトルは『少年少女不思議なお伽』となっており、背に《巌谷小波著》と金箔押しで印刷されている。検索すると「日本の古本屋」で一冊ヒットした。それによれば、弘文社、昭和三年発行、初版函付。また国立国会図書館サーチによれば公共図書館および福岡県立図書館にもそれぞれ一冊所蔵されている。公共図書館本は一九三〇年、東京、弘文社発行。重版か。

どうしてこんなことを調べたかというと、本書には奥付がないのだ。初めは破り取られたのかと思った。しかし、よくよく見ると、どうもそうではないらしい。それより何より、本文が巌谷小波でもなく『少年少女不思議なお伽』でもないのである。要するに、表紙と見返しを別の本に貼付けてあるのだ。

本体の方は初島順三郎『小雀三羽』(童話新集第10編、中村書店、一九二一年)であった。

b0081843_2047281.jpg
大正十年から十一年にかけて初島は童話新集のシリーズを少なくとも十八編刊行している。他には昭和二年に『山羊のお母さん』『お庭の柿』『鶏の時計』『烏のお詫び』が出ているが(すべて中村書店)、それ以外については不明である。

本書のなかに「京都見物」というお話が収録されているので、いちおう目を通してみた。田舎者三人が京都見物に出かける。本願寺の本堂上がり口に立て札があった。

《と、見ると、その札には「波きものぬぐべし』と書いてあります、平三は考へたが、波の字がよめません、けれども読めないなどと云ふことは、今まで威張つてゐた自慢の鼻を曲げることですから、
『ウン、これはその、きものぬぐべしと書いてあるのだ。』》

ということで三人は裸になって本堂へ上がろうとして巡査に捕まり、理由が分かって大笑いになる。一休とんち話に出てくるギナタ読み(弁慶がな、ぎなたをふり回し…)のパロディである。

「ここではきものをぬぐべし」
  (ここで、履き物を脱ぐべし)
  (ここでは、着物を脱ぐべし)

それにしても本書、どうして羊頭狗肉本になったのか? 読者による手製本であることは間違いないようだが、表紙が気に入っていたのか、本文が気に入っていたのか。両方気に入っていたから、くっつけてしまったのか。あるいは……(可能性にはキリがないので、あとはご自由に)。
[PR]
by sumus_co | 2013-05-25 21:22 | 宇崎純一資料

生活風景

b0081843_2042057.jpg

和田斐太『生活風景』(マタン社、一九三六年一〇月五日)を入手。Mさんより宇崎純一の挿絵入りの本が「日本の古本屋」に出ていますよとお知らせいただき注文したもの。たしかに宇崎純一の「パアラア」と題されたペン画が掲載されていた。本の内容は愚にもつかないと言っては著者に失礼だが、芸術随想的なものがほとんど、最後に付されているシベリア経由でベルリンまで旅行した際の簡単な日記が目を惹くくらい。このとき鳥海青児が同行している(ということは昭和五年)。

和田はどうやら兵庫県の出身らしく、まず神戸へ出て、その後東京に住んだこともあるし、大阪に戻って大丸の装飾部に勤めていたようである。初めは画家を目指していたようだが、宣伝美術の方へ入って行った。著書は以下の通り。

小林一三氏に與ふ : 世紀の苦言 新東亞建設社編 新東亞建設社 1941.4.
日葡貿易史の研究 新東亜建設社 昭和16
優れたる政治と経済 大阪時事新報社出版部 昭15
知識人と文化 和田斐太 昭13.
生活風景 : 随筆集 マタン社 昭11
室内装飾画集 太洋社 昭和8
装飾文字 太洋社装飾研究所 大正14 
シヨーウヰンド装飾 芸艸堂 大正13

感心したのは純一だけでなく、渡辺義知、鳥海青児、小西謙三、向井潤吉、水谷清、吉田謙吉、川口軌外、三雲祥之助、岡本唐貴、山田伸吉、高岡徳太郎の挿絵が一点から数点ずつ収められていることだ。だいたいが在野の美術団体の新進画家たちである。小生がすぐにピンと来ないのは三人。ググってみると、渡辺義知は東京銀座生まれ、二科会、戦後は日展に出品。小西謙三は吉原治良の友人で、ロシアで絵を学び、その小西の肝いりで吉原が絵本『スイゾクカン』(一九三二年)を出したという。水谷清は岐阜出身、早稲田中退、川端画学校から春陽会に出品し戦後は審査員になってる。とにかく和田の交友関係が想像される挿絵陣である。

b0081843_20415070.jpg

山田伸吉描く著者の肖像。山田伸吉については何度か触れたことがある


b0081843_20414438.jpg

宇崎純一「パアラア」


b0081843_20413755.jpg

山田伸吉「デツサン」


b0081843_20412880.jpg

鳥海青児「シベリア風景」

版元のマタン社(発行人=水谷川清、東京市京橋区銀座五ノ四ツチダビル)は外山卯三郎がブレーンだったようだ。外山の著者の他に、三岸好太郎の『蝶と貝殻(筆彩素描集)』(一九三四年)、瑛九の『眠りの理由(写真集)』(一九三六年)といういずれも瞠目すべき作品集を出している(巻末刊行書目による)。

そういう昭和初期の生きのいい若手画家たちに混じって宇崎純一が登場しているということについては、いろいろ考えさせられるものがある。まったくの想像に過ぎないが、同じ小野の出身だとか?
[PR]
by sumus_co | 2013-03-06 21:35 | 宇崎純一資料

いちょう並木

b0081843_1925196.jpg

『いちょう並木』(大阪市教育委員会、二〇一二年一〇月一〇日)十月号に橋爪節也さんが「華やかなりスミカズカード、スミカズ画の手本 またひとり、大阪の文化芸術の記憶がよみがえる」というタイトルで宇崎純一を紹介してくださった。表紙に大浦一郎さん所蔵の絵葉書がズラリ。これでまたスミカズカードが高くなるなあ……。
[PR]
by sumus_co | 2012-10-19 19:29 | 宇崎純一資料

大阪春秋秋号 大阪ロマンの画家・宇崎純一

b0081843_10193919.jpg

『大阪春秋秋号』(新風書房、二〇一二年一〇月一〇日)特集=大阪ロマンの画家・宇崎純一。留守の間に完成して届いていた。マジでこれは今現在望める最良の宇崎純一資料集成となっている。図版もたっぷり。スミカズをその生きた時代とともに立体的にとらえることができる。しかも本体定価1000円とは!(これを買わない手はないでしょう。部数はそう多くないと聞いているのですぐ売り切れると思います)

宇崎純一ノート 瀧克則
スミカズ君はタダの絵カキではない……宇崎純一の画業について 林哲夫
大正の小さな総合芸術 宇崎純一のカード・絵葉書 生田誠
スミカズと家村文翫堂 大浦一郎
スミカズの「ペン画」を読む 井渓明
スミカズと与謝野晶子の邂逅 大浦一郎
スミカズと波屋書房 高橋俊郎

波屋書房店主・芝本尚明さんに聞く 波屋に残ったスミカズの色紙
肥田晧三せんせいに、スミカズを聞く
三男・宇崎明男氏に聞く スミカズ画伯、昭和を生きる

スミカズと南海 大浦一郎
スミカズの眺めたミナミ風景 古川武志
別府漫画とスミカズ 平野芳弘
別府と大阪を結んだお伽船とスミカズ 堀田穣

なにわの画伯成瀬國晴氏に聞く(2)スミカズの絵って、どない思います?

スミカズと漫画 大浦一郎
"大阪の夢二"こと、宇崎スミカズは大阪画壇のどこに立っていたのか 橋爪節也

付録解説 宇崎純一画「幼年雑誌フタバ世界旅行双六」 香川雅信
宇崎純一略年譜+宇崎純一著作年譜[稿] 林哲夫
スミカズ展と参考文献 大浦一郎

宇崎純一のこと 豊田善敬
スミカズ画 別府ゆかりの絵葉書あれこれ
スミカズ展を終えて 林茂郎

付録はこちら宇崎純一画「幼年雑誌フタバ世界旅行双六」、これだけでも価値あり!
b0081843_10193212.jpg

大阪春秋 新風書房
http://www.shimpu.co.jp/osakashunju/
[PR]
by sumus_co | 2012-10-09 10:46 | 宇崎純一資料

波屋書房レッテル

b0081843_1004199.jpg

宇崎純一の船の絵をあしらった波屋書房レッテル。
[PR]
by sumus_co | 2012-09-07 10:02 | 宇崎純一資料

大正ロマンの画家 宇崎純一を語る

b0081843_21372538.jpg

b0081843_19314738.jpg

・日時=平成24年9月1日(土) 14時~15時30分
・定員=80名(先着順)
・参加費=500円(晶子文芸館、ミュシャ館もご覧いただけます。)
・会場=堺市立文化館3階ギャラリー「もず」
・主催=公益財団法人 堺市文化振興財団、堺市立文化館

●申込み方法●
往復ハガキまたはE-mailにて、氏名(ふりがな)、住所、電話番号、どこでこの講演会をお知りになったかを明記の上、下記までお送りください。
※1通につき2名様まで申込みできます。

●満席でないかぎり、当日参加もできますので、どうぞお越しください。●

〒590-0014 大阪府堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館
「与謝野晶子文芸館講演会係」
E-mail:akiko☆sakai-bunshin.com
☆の部分を@にしてお送りください。

与謝野晶子文芸館
http://akiko.sakai-bunshin.com 
[PR]
by sumus_co | 2012-08-30 21:37 | 宇崎純一資料

松葉屋の吉岡千種

b0081843_19355436.jpg


b0081843_19354620.jpg

スミカズ・トークの下調べをしていて、珍しい記事を保存していたことを思い出した。『女学生画報』(女学生画報社)大正六年十月号に載っている「十月の松葉屋」。松葉屋はこの雑誌の主幹だった松阪青渓が経営していた女性向け(というか令嬢向け)の美術店である。写真向かって左が吉岡千種。大正九年に木谷蓬吟と結婚して木谷千種となる

同じく六月号には松葉屋開店を知らせる記事も載っている。平野町三丁目で六月七日に開店したのだそうだ。女学生画報社と同じ住所だからすぐ近所だったのだろう。「柳屋の東となり」ともある。柳屋は初め平野町にあった(明治四十三年開店、大正十年に南区畳屋町十四番地へ移転)。松葉屋では、絵日傘、花器、茶道具、化粧品などの他に宇崎純一の小品額仕立て「夏の女」を展示販売し、また島成園、岡本更園、松本華羊、吉岡千種らが彩筆をふるった「かきゑ袋」もあったという。そして

《我社の宇崎純一氏も氏が得意の筆を揮ひました》

というのである。《我社の宇崎純一氏》はビミョーな表現だ。確認し得たかぎり毎号『女学生画報』の表紙と挿絵を描いているのだから《我社の》スミカズでもおかしくはないが、社員待遇なのだろうか。

《スミカズ封筒 宇崎純一氏の封筒や便箋や、状袋には他の云ひ難いめづらしいやさしいそして新しい気分がします、最近意匠を凝らしたのが是亦いろいろまゐつて居ります》

「めづらしいやさしいそして新しい気分がします」というのは良い表現だ。

b0081843_19353882.jpg

こちらが松阪青渓さん。『モダニズム出版社の光芒 プラトン社の一九二〇年代』(淡交社、二〇〇〇年)に収められている明尾圭造氏の論稿より。大阪朝日新聞社に文選工として入り、記者になった(わりとこういう人はいるようだ)。大正六年に退社して松葉屋を開いたということだろう。

後にプラトン社が『女学生画報』をまるごと吸収して『女性』を創刊(大正十一年五月)するのだが、そのとき松阪は発行人となった。では、松葉屋はどうしたのか? 残念ながら、それは分らない。とにかく貴重な記事である。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-25 20:23 | 宇崎純一資料

渡辺与平

b0081843_19571729.jpg

季刊雑誌『大阪春秋』が宇崎純一特集を組んでくれることになった。そのために原稿を依頼されているのだが、どうも進まない。スミカズの画業というのはどういう位置にあったのだろうか、それが良く分からない。そこで渡辺与平と比較するために『長崎の美術3 渡辺与平展』(長崎県美術館、二〇〇八年)を入手した(某古書店ではけっこういい値段で出ているが、美術館にまだ在庫がある)。

与平はスミカズと同年の明治二十二年十月十七日、長崎市生まれ。京都市立美術工芸学校を卒業して上京、太平洋画会研究所に通った。明治三十九年頃からコマ絵(新聞や雑誌に掲載するカット)を発表し始め、四十一年には文展に入選。四十二年、渡辺ふみ子と結婚。四十三年『コドモ 絵ばなし』(一致堂書店、青裳堂書店)、『ヨヘイ画集』(文栄閣書店、春秋社書店)を刊行。四十四年の年末頃から体調を崩し、四十五年六月九日肺炎により死去。コマ絵画家として竹久夢二と人気を競っていたが、あまりにも早い死のために長らく忘れ去られていた。

同時代を同世代として生きたスミカズも二人の影響を強く受けただろう、とくに渡辺与平に共感するところが強かったのだと思う。さて、下に当時のコマ絵を並べてみた。一点を除き、与謝野晶子文芸館のスミカズ展に出品されている大正時代のスクラップブックから(兵庫県歴史博物館蔵)。スミカズ、与平、夢二、プラス1の四人の画家の作品である。最後の四点は同一作者(四点に共通するこのサインはこの画家としては異例のものと思うので、あえて並べてみた)。答えは明日。

b0081843_19563392.jpg
b0081843_1956885.jpg
b0081843_19555854.jpg
b0081843_19554340.jpg
b0081843_19553632.jpg
b0081843_19552385.jpg

b0081843_1958149.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-08-04 20:52 | 宇崎純一資料

宇崎スミカズと華やかな大阪出版文化

b0081843_19351016.jpg


b0081843_1935036.jpg
写真=与謝野晶子文芸館提供(無断転載禁止)

b0081843_19582077.jpg

b0081843_19581346.jpg

《おかげさまで、なんとか開催することができました。展示しきれないくらい資料が集まりましたので、8月には思い切った展示替えをする予定です。また、今年の夏の節電対策のため文芸館は土日を除き入館料は無料です。併設のアルフォンス・ミュシャ館も見応えがありますので、多数の方に来館していただきたいです。》大浦一郎氏

平日無料とは有り難い。暑気を逃れてスミカズ詣でと参りましょう。
[PR]
by sumus_co | 2012-08-04 20:47 | 宇崎純一資料

スミカズ展を見る

b0081843_2015663.jpg


b0081843_20145948.jpg


b0081843_20144943.jpg


b0081843_20144398.jpg


b0081843_20143515.jpg


b0081843_20142061.jpg

先週末から始まった「宇崎スミカズと華やかな大阪出版文化」展を見るために堺市まで出かけた。JR大阪駅から乗り換えなしで行ける便もあり、また環状線から天王寺で阪和線に乗り換えてもいい。予想以上に便利なところ(大阪駅〜堺市駅まで290円)。堺市駅下車すぐ堺市文化館。

展示はスペースと展示品の都合で前半後半に分けられるというので、まずは前半を見ておこうと思ったのである。後半はお盆が終わってから。また9月1日には瀧克則さんと小生のスミカズについてのトークショーも予定されている(これについては来月あらためて告知します)。

ショーケースに肉筆類(ペン画、色紙、デッサン等)、書籍類、雑誌、絵葉書、そしてスミカズの肖像写真などが並ぶ。ご子息の元から新たに若い頃(おそらく明治末か大正初めだろうか、二十代でまだトレードマークのロイド眼鏡はかけていない)の写真が提供されていた。これは貴重である。他にもいろいろな発見があった。まあ、あまり細かいことを書いても仕方ないのでそれらは省略。規模としては一昨年の大阪市立図書館の展示の方が大掛かりだったかもしれないが、今回はとても丁寧に編集されており、壁に張り出された関連の写真、絵手本や雑誌誌面などの拡大コピーもスミカズ理解を助けてくれるだろう。

欲を言えば、与謝野晶子関連の展示物のある場所にも並べてもらいたかった。例えば、与謝野夫妻が使っていた家具が展示されているスペース。これはかなり広いので、家具と調和を乱さない程度に色紙や絵葉書などを展示すれば今の倍ぐらいは並ぶのではないか。あまり駄々をこねても仕方ないが。

いずれにせよ、ゆっくり落ち着ける展示空間になっていることは間違いないので節電の折から、是非お運び願いたい。アルフォンス・ミュシャのコレクションも同じ館内で見ることができる。

上の写真は大浦コレクションから。展示されていると思うものを選んだ(多数並んでいたので勘違いがあれば、あしからず)。
[PR]
by sumus_co | 2012-07-20 20:50 | 宇崎純一資料