林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


金子光晴詩集

b0081843_200224.jpg


村野四郎編『金子光晴詩集』(旺文社文庫、一九七四年、カバー=深尾庄介)。同じ旺文社文庫の自伝『詩人』(旺文社文庫、一九七五年)を久し振りで読み返した。金子には中公文庫に『どくろ杯』『ねむれ巴里』『西ひがし』という自伝三部作がある。三十代の頃にむさぼり読んだ。あるとき知り合いの古本屋の主がそれを知ってひとこと。

「金子光晴は青春時代に読むもんやろ」

おっしゃる通り(文学はオクテなんです)。金子自身が万年青年だ。『詩人』は中央公論社のものよりも、当然ながら省略も多いが、それだけに金子の人生が一望できる簡潔さがある。今回、読み返して、金子の一生が親に捨てられて(養子に出されて)拗ねた子供のヤケッパチ魂で貫かれているのがよく分かった。

収穫は百田宗治について。百田が登場しているのをすっかり忘れていた。金子が最初のヨーロッパ滞在から戻り、『こがね虫』を出版した後、同時期の新しい詩人たちにふれたなかにこうあった。少し長いが、メモ代わりに引用しておく。[ ]内は引用者註。

《その多くの新人をひきはなして、諸輩の上に出ることに成功したのは、やはりデモクラシーの時流に乗った若い百田宗治であった。
 百田のことは、それまでにも富田[砕花]の口からいつも聞かされつづけていた。彼はまだ、故郷の大阪にいて、大鎧閣という本屋につとめながら、詩を書いていた。ストリンドベリイの研究をしていた藤森という男と二人で、雑誌を出していた。藤森が死んで、百田がいよいよ東京に出てくるということになった。『ぬかるみの街道』[大鐙閣、一九一八年]という詩集が出て、はじめて僕は、百田の詩をよんだ。百田が東京へ出てくるということは、デモクラシー陣営にとっては心づよいことだった》

《上京してきた百田を、僕は早速見に行った。百田の妻しをりさんに会ったとき、二人の客あしらいのよさに、いい気になって、初対面の家に十二時過ぎまでしゃべって、電車がなくなり、巣鴨から牛込までてくてく歩いてかえった。
 百田のはなしぶりが、客観的で、乾いていて、声が時計のセコンドのようにきこえるので、
「君は、六角時計みたいな男だな」
 というと、彼は、すこし四角ばったじぶんの顔のことと解して、それはなかなかうまいと感心し、
「しかし、六角時計というのはない。あれは、八角時計や」
 と訂正した。》

大正六年に発足した「詩話会」が主体となって新潮社から雑誌『日本詩人』が出ることとなった(大正十年十月創刊)。その編集に百田が抜擢された。

《新人ではあるが、誰とも因縁の少ない百田が、編集をひきうけることになった。》《公器の責任者として公平な立場をまもろうとした百田は、日本詩人という雑誌に、じぶんの体臭、デモクラシーのにおいをつけたと言われまいと、必要以上に警戒した。》《そこで僕が金冠子という匿名で、毎月フランスの詩の翻訳をしたり、林髞をつれてきて、林久策という名で、ドイツの詩の紹介をしてもらったりしてお茶をにごした。雑誌のうらのカットも、僕が描いた。装幀のことも、配列も、新人のあつかいも、一応、意見を出してみることになっていたが、そういうことになると百田の方が上手で、格別、僕の方から新しい案もなかった。》

《作品の問題となると、僕と百田は折りあわない点が多かった。それは自明の理だったが、若い二人は、そのためにいつはてるともない議論を闘わした。僕の方でも遠慮して他の客のいる時には、口をつぐんでしまった。ただ、百田の食客をしていた山崎俊介が、ポーを耽読していて、いつも僕の方に味方した。百田の美点は、自説を固守しながらも、大局においては他人の立場も無視しないという点にあった。
 二言目には、「君、関西では、ものそのものの味を殺さんように料理をするよ。関東の味は、かやくが多すぎて、ものの味は殺されてしまう。君とちがう僕の詩は、ものの味を殺さんための淡白さや」
 と、自論をもち出すのだったが、僕はなんだか話がちがうとおもいながら黙ってしまった。鏡花ファンのしをり夫人も僕の方へついてしまうので、百田はいつも孤立の立場になって、遂に苦笑しておわる。関西の味かもしれないが、百田の詩は淡白がすぎて、水トンか、かき玉のようだと僕は考える。》

《百田が編集しているあいだ、『日本詩人』とはいろいろかかわりあいがあったため、友人の大藤治郎が、日本詩人の官僚主義を排して、玄文社から長谷川巳之吉のあとおしで『詩聖』を出すにあたって、
「二人でやろうじゃないか」
 と相談をもちかけたが、
「僕は、こんどはそっとしておいてほしいんだ。百田との義理があるんでね」
 といってことわる以外はなかった。なんだか政界人の内幕みたいで、いま考えてみるとへんてこりんな気持がしないでもない。》

ちなみに大阪の西区新町にある百田宗治文学碑に刻まれている「何もない庭」(一九二七年)は次のような作品。

  日がかげれば
  何もない庭はさびしい
  日さへ照つてゐれば
  万朶の花の咲きにほふ心地がする

÷

大阪案内ショートムービーに金秀吉「オダサクが愛した法善寺横丁」がアップされた。ほんとにそのまんまのダイジェスト。
[PR]
by sumus_co | 2008-02-27 21:30 | 古書日録
<< 大観堂 ベストセラーだって面白い >>