林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


RIMBAUD

書肆アクセスの閉店が決定した。先日、思わせぶりに書いたショックなこととはこれである。すでに公になったようなので、発表するが、「どうして?」という気持ちでいっぱいだ。赤字だから……そんな理由で何でも片付け、切り捨てていいのだろうか。地方小のスタートの理念はそんな合理主義一点張りだったのか。今の世の中、こう言う人はいないのかい。

「お金もうけしなくて悪いですか?」

『sumus』創刊以来、ほんとうにお世話になっただけに、なんとか今からでも考え直してほしい。第5回書肆アクセスフェア「荻原魚雷が選んだ書肆アクセスの20冊」7月31日まで開催中!! お近くの方はぜひ買い占めに走っていただきたい。

今日は不在者投票(期日前投票)に出かけた。まったくひどいもんだ!

÷

うれしいことひとつ。すでにこれもあちこちで宣伝されているが、『「阿佐ヶ谷会」文学アルバム』(青柳いづみこ・川本三郎監修)の出版である。

2007年8月上旬刊行予定
ISBN978-4-901998-25-3
A5判・上製・356ページ(写真12ページ)
発行=幻戯書房
定価=3800円+税
装幀=間村俊一
印刷・製本=精興社

《戦前から戦後にかけて、中央線の阿佐ヶ谷で、作家や評論家、文学研究者、編集者らが集まる団体があった。「阿佐ヶ谷会」といわれるこの集まりには、井伏鱒二をはじめ、上林暁、木山捷平、太宰治、青柳瑞穂、外村繁らが参加し、ときに文学談議を行い、ときに将棋や酒を楽しんだ。
文学史・文壇史に足跡を残す「阿佐ヶ谷会」の唯一の資料集であり、中央線沿線に集った文学者たちの交流を生き生きと描き出した本である。》

かつて『ARE』10号に「文士の将棋熱」を書いた時に、あるていど阿佐ヶ谷将棋会関連の資料は読んだのだが、ここには未見の文章も多く採録されているらしいので、たいへん楽しみにしている。

÷

b0081843_1801198.jpg


b0081843_1803330.jpg


『coto』の最新号が届いた(下欄目次参照)。小生も「わたしの家ではないけれど」と題して家探しの顛末を発表しているのでご一読を。

他の人の記事もざっと読んだが、築山登美夫氏の「白人の上陸ーあるランボー論」が面白かった。小林秀雄のランボー論を素晴らしいとしながら、ある一カ所に難癖をつけるところから始まる。

《しかし、小林はこう書くーー「ランボオの名が、世に初めて紹介されたのは、一八八四年、ヴェルレエヌの『呪はれた詩人達』によつてである。この年ランボオは、アデンにゐて、アビシニヤの蛮族相手の商売に多忙であつた」(「地獄の季節」後記)》

小林が「蛮族」と書いている、その捉え方に築山氏は異議をとなえる。蛮族というのはヨーロッパ側からの判断である。幕末の日本を思い浮かべれば、われらもまた「蛮族」だったということになる。小林はそこを見過ごしている。あるいは当時、ひろくアジアに版図を広げつつあった大日本帝国にも共通する視点だったかもしれない。

ランボーは各地を放浪した後、紅海の港から港へと仕事を求めてうろついていた。一八八〇年八月、アラビア半島のアデンで商人に雇われ、十一月にエチオピアの内陸の町ハラル(Harar)へ送られた。珈琲、毛皮、ワックス、ゴム、象牙などを買い取ってヨーロッパへ輸出するのが彼の仕事で、商売は順調だったらしい。当時のハラルはエジプトに占領されていた。

長くなるので省略するが、外国とくにイタリアの干渉や皇帝と王との内部対立がからみあったエチオピアの状況のなかで、ランボーは武器をショア(Shoa)の王メネリクに売り渡すという大バクチを打つ。五百キロの道のりをキャラバン隊を組んで出かけ、安く買いたたかれながらも、なんとか金にはして、帰りには奴隷を紅海沿岸まで連れてくることに成功した。

ランボーが辿った道のりが現在アディス・アベバとディブチ間を結ぶ鉄道線路になっているというのだから、ランボーが生半可な商人ではなく、ある種、命知らずの冒険家だったということが分かる。結局、ランボーは商人として、あるいはハラルの外国人の世話人として快適に暮らし、現地の少女を教育して妻にしようとまでした(逃げられたようだが)。アラビア語もハラル語もペラペラだったという。

一八九一年に右膝が不調になりアデンの病院で悪性腫瘍と診断され、マルセイユへ送られてそこの病院で足を切断。妹イザベルにあててこんな手紙を書いている。この年の11月10日に歿。享年三十七。

《...Adieu mariage, adieu famille, adieu avenir ! Ma vie est passée, je ne suis qu'un tronçon immobile...》
さらば結婚、さらば家族、さらば未来、おれの人生は終わったよ、動かない輪切りになっちゃった。(拙訳)

ところで、かつてもう二十数年前になるが、京都の堺町画廊でエチオピアの王族だという画家の展覧会を見た覚えがある。コプトふうの主題を残しながら、現代的にアレンジしたものだった。ご本人は京都に留学(?)していたが、むろん蛮族であるはずはなく、ノーブルな方だった。エチオピアは古いキリスト教国であることをそのとき知った。

Rimbaud In Harar
Rimbaud.html
[PR]
by sumus_co | 2007-07-20 18:01 | 古書日録
<< 植草甚一主義 coto vol.14 >>