林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


た一つ加へて削る春節祭

昨日、言及した岡崎公園近くの貸家をナベクエストに写真入りで紹介しています!

b0081843_2091123.jpg


左=『失われた時を求めて第一巻スワンの恋1』(淀野隆三+井上究一郎訳、新潮社、一九五三年)
右=『失われた時を索めてIIスワンの恋』(五来達訳、三笠文庫、一九五三年)

これら二冊はほぼ同時に刊行されている。新潮社版の「あとがき」には、《戦後、版権問題のやかましい時期に、新潮社は大きい犠牲を払つてプルーストの版権をとつた》と明記されている。「あとがき」を書いたのは二年ほど前まで三笠書房の世話になっていた淀野隆三である。

中島俊郎氏が『スワンの恋』の「あとがき」についての情報をくださったので、さっそく参照してみた。それによれば、昭和八年に『スワンの恋』、九年に『土地の名』が作品社から刊行された後、岩波文庫から全巻まとめて出版するという話があったそうである。しかし戦争によって実現には至らなかった。岩波文庫の企画が出たと同じ九年に五来訳三笠版のプルウストが次々と刊行され始めたことになる。淀野はびっくりしたそうだ。

第一書房の『文学』に『スワン家の方』が訳載された後、昭和六年に武蔵野書院から単行本にまとまったわけだが、そのときに第一書房の長谷川巳之吉が『セルパン』昭和六年九月号誌上でその翻訳をケチョンケチョンにけなした(その辺の事情は長谷川郁夫『美酒と革嚢』に詳しい)。

《(私はそつと私の頬を、豊かなそして新鮮な、私たちの子供の頬のやうな枕の美しい頬によせかけるのであつた。)——かういふ文章は此頃の仏蘭西文学の若い連中の多くが平気で恥を識らずに書いてゐる文章なのだが、仏蘭西文学をやつてゐるといふ事はそれ自体名文を書くといふ象徴なのに、斯ういふ悪文を平気で書いて本を作らうとする連中は文章の常識と語感とに於いて全くの無感覚者なのだ》(『美酒と革嚢』より)

対して淀野隆三が『作品』誌上において反論を試みようとした原稿がある(未発表)。それによれば、出来るだけ読み易くしようとはしたが、プルーストは寝転んで読めるようなものではなく、読者にも読む努力をそれ相当に払ってもらうつもりで翻訳した。鴎外式ではなく泡鳴式に原文脈を日本文脈に出来るだけ移植しようとした。そして、フランス人がフランス人のためにプルーストの読み方を教える文章(ヴァンデランによる)を引用することによってフランス人でも簡単には読みこなせない作品だと述べて、以下のように、ちょっと開き直っている。

《あの本には誤訳あり、欠点も無数にあることと思ふ。であるから尚更ら或る物識りが揚言したやうに最初の一頁で棄てて貰ふことは高いお金を出して買つた人のためにも損だと思ふ。ゆつくり読んで貰つて欠点を教へていただくこと、これが訳者の希望するところである》

淀野は英訳にも触れ、《これは立派な訳である。英国式にちやんと一流の解釈が行届いてゐて、その限りでは説明に落ちすぎたところが目に立つが、プルウストの特異さはイカンなく移されてゐる》と述べている。むろんモンクリーフの訳を指しているわけで、《説明に落ちすぎたところが目に立つ》というのは昨日小生が指摘しておいたと同じことだろう。この点についても中島氏は、『イギリス伝記事典』の Scott Moncrieff に関する項目の該当箇所を教えてくださった。

There are errors and omissions in the translation,but it is generally scrupulous, rendering Proust's rhythms and images with remarkable flair. His English has acquired a not inappropriate period flavour; although some feel that his version prettifies Proust, he creates in language an attractive and witty narrator worthy of the original.

まあ、恥をかくので訳さないけど、淀野隆三の見解とほぼ同じである。ちなみに長谷川巳之吉が読むのを抛り出したという一頁目の十六行目の文章(第二段落の冒頭)、その原文は以下の通り。

J’appuyais tendrement mes joues contre les belles joues de l’oreiller qui, pleines et fraîches, sont comme les joues de notre enfance.

「頬 joues」という単語が実際に連なっているのだから、訳さない訳にはいかないでしょう。ちなみに長谷川が引用している訳文中《子供の頬》となっているところは《子供の頃の頬》(『文学』第一号による)が正しい。

÷

ESさま
《ついたものだ》を《ついたものだった》に変更するという拘りぶり、どちらがより善いかは微妙ですね。翻訳は無限運動なり!?

KYOさま
mixi は閉じられていますから、どうしても仲間ぼめというか、コミュのやりとりもあまりに内輪的で他人が入って行けない部分がどうしても出てきますねえ。岡崎氏クラスがいつまでも逃げ込む場所ではないでしょう。ほとぼりをさますにはちょうど良かったかも知れませんが。
[PR]
by sumus_co | 2007-02-18 21:40 | 古書日録
<< 知らぬことばかり降り積む余寒かな 溜息もかはるがはるに春遠し >>