林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


つぎつぎと書に手をつける梅雨入前

[6月4日のつづき]

晩鮭亭さんに声をかけられる。辰野隆『燈前茶後』(日本出版共同、一九四九年)の著者献呈署名本をくださるという。有り難く頂戴する。渡辺一夫装幀本。
b0081843_2085363.jpg

つばめさんに関口良雄『銀杏子句集』(三茶書房、一九八一年)などをいただく。これは三茶書房で今日求めたものだそうだ。まだ在庫があるらしい。装幀山高登。

  夏夕べ東京に昔川ありし  銀杏子

b0081843_2014514.jpg

次は買ったもの。吉田健一『日本について』(大日本雄弁会講談社、一九五七年)。松田正平の装幀。松田は近年すっかり有名になったが、洲之内エッセイで初めて知った人は多いだろう。400円。
b0081843_20184918.jpg

『串田孫一著作集1/山』(大和書房、一九六七年)、黒い函と赤い表紙の対比がとても洒落ている。著者自装。
b0081843_2116114.jpg

右文書院の青柳氏、岡崎氏に会う。岡崎氏が工作舎の石原氏を紹介してくれる。『気まぐれ古書店紀行』のユニークな本のアイデアを出した方である。

「林哲夫が選ぶ書肆アクセスの40冊」フェアーにちなんだ会を畠中さんが企画してくれたので放心亭へ集まる。岡崎、魚雷、セドロー向井、青柳、柳瀬、ハマダ、日用帳、肥後、内田夫妻の諸氏にウンチクと畠中さん。今夕、岡崎氏と古本対決(?)をする黒岩比佐子さんも参加してくださる。午後四時から五時半頃まで賑やかに。にぎやか過ぎて、お店の人に
「トーンを下げてください」
と注意されてしまう。下はフェアー中にお買い上げいただいた方に差し上げる小冊子。選んだ本について短いコメントをつけているので、ぜひ入手していただきたい。
b0081843_20435933.jpg

UBC会場へ戻ると、『文字力100』の売れ行きが良くて、サイン本がなくなりそうだ。さっそく残りにサインを入れて展示する。五十冊がほとんどなくなるといううれしい誤算。

神奈川近代文学館で扶桑書房さんのレクチャーを聴いて、書庫を見学してきたというヨシケン氏に『神奈川近代文学館年報2004年度』(二〇〇五年)をいただく。

向井くんが退屈男さんを紹介してくれる。いかにもフットワークが軽そうな若者である。

b0081843_20592564.jpg

そこうしているうちに、午後七時過ぎ、岡崎・黒岩トークが始まった。観客は六十人弱。ちょうどいいかんじ。黒岩さんの『伝書鳩』(文春新書、二〇〇〇年)が岡崎氏の目に留まったことから二人の関係は始まり、五反田や神田の古書展で顔を会わす仲になった。okatakeの日記を検索すると、《黒岩比佐子》は2005年10月14日に、それ以前《「伝書鳩」比佐子さん》が2005年9月17日に初めて出ている。このときは五反田で二人してお茶を飲み、黒岩さんが書評の御礼にとごちそうしている。

黒岩さんの古書道は伝書鳩の資料を集めるところからスタートした。今ではもう立派な古本者になっておられるようだが、ということは、まだ六年ていどのキャリアなのだ。「古書の森日記」を拝見すると、とうていそうとは思えないレベルにまで到達しておられる。

村井弦斎との出会いも伝書鳩がきっかけで(村井弦斎に『伝書鳩』という小説がある)、カナブンに死蔵されていた段ボール箱何十という村井弦斎資料を発見して「これだ!」と思い、徹底的に調べ尽くした(まったくの自腹)、出版のあてもなく1000枚の原稿を書いた、それを600枚ていどまで絞り込んで『「食道楽」の人村井弦斎』(岩波書店、二〇〇四年)にまとめ上げた。これも持ち込みだというからすごい。その甲斐あってサントリー学芸賞受賞。

それまではしがない(失礼)フリーのライターだった、『アイ・フィール』(二〇〇四年冬号)の岡崎・角田対談をまとめたのも黒岩さんで、そのときが初対面だったらしい。むろん特集には黒岩さんの名前は出ていない、まったくの黒岩黒子。岡崎氏も彼女のことを認識していなかったそうだ。

『伝書鳩』はそんなに話題にはならなかったが、非常に濃い少数のマニアから絶賛された。そのなかの一人、あの岡林信康から感想の手紙が届いた(現物持参されていた)。鳩が大好きで、自分でこういう本を書きたかった云々の内容で、以後、二人はハト友達になったとか。意外だなあ。

黒岩さんはこういう場所でしゃべるのは初めてだというが、そうとう場慣れした感じで落ち着いて見えた。練達のインタヴュアーだから少々のことではひるむことはなさそうだ。今後ますますその活躍が期待される書き手である。

トーク終了後、岡崎氏の紹介が絶妙だったこともあり、会場に用意されていた『伝書鳩』は、文字通り、飛ぶように売れていた。

『彷書月刊』田村さんに声をかけられる。
「おもしろかったよ、今度の本」
「ありがとうございます。身銭で買っていただいて」
「誤植、一カ所あったよ、ふふふ」
……でしょうね、一カ所ならオンの字でございます。

岡崎氏、黒岩さん、黒岩さんの関係者三方、晶文社のTさん、静岡の書店の方、火星の庭さん、ウンチクで升屋へ。日曜日なので神保町は休みの店が多い。晶文社の水害について面白い話をいろいろ。火星の庭では俳句熱が高いらしい。ウンチクの俳句を楽しみにしてくださっていると聞いて赤面する。仙台へ吟行に行こうかなあ……(おだてられるとすぐその気なる悪い癖)。

十時過ぎに解散。今夜は春日の東横インに泊まるので、同じ方向の黒岩さんと三田線に乗り、文春新書の編集長細井さんの話など。古本道の精進を祈って春日駅で別れる。

ホテルでTVをつけると、サッカーW杯日本代表の練習試合、対マルタ戦をやっていた。1-0でなんとか勝つ。試合が近いのでまあこんなものだろう。シャワーを浴びて就寝。
[PR]
by sumus_co | 2006-06-04 09:00 | 東京アレコレ日記
<< 声高を咎められたる麦酒の罪 測鉛を深深闇へ薔薇にほふ >>