林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


うづらと夜のノートルダム

b0081843_1956954.jpg

洲之内徹『絵のなかの散歩』に「鳥海青児「うづら」」という一編がある。例の《買えなければ盗んででも自分のものにしたくなるような絵なら、まちがいなくいい絵である》という名言(?)から始まっている絶妙なエッセイだ。

写真家の土門拳が、まだ洲之内徹が田村泰次郎経営の「現代画廊」で番頭をしていたとき、「うづら」を売りたいと言って持ち込んで来た。洲之内は一目で惚れ込んだ。かつて田村は土門にこの絵を手離すときにはぜひ買わせて欲しいと申し出ていた。しかし、このとき「うづら」を見た田村は「死んだ鳥では売れないだろうな」とつぶやいた。洲之内はそれを耳にして自分が買えば絶対売らないと土門を説得する。ところが土門の妻が絵を売るなと言い出したということで絵は宙ぶらりんなまま現代画廊で預かることになった。しばらくして土門が画廊にやって来て、やはり売ると言う。応対した洲之内は田村には内緒で自分で買うことを決心し、土門を口説き落とした。この絵を買ったことは誰にも言わないつもりだったが、ある日、作者である鳥海青児の家へ遊びに行ってつい話してしまう。

《すると、傍で聞いていた美川きよさん[鳥海の妻]が、
「土門は怪しからんわねえ」
 と、少し気色ばんで言いだした。
 美川さんの言い分はこうである。土門さんの言うとおり、あの絵はずっと鎌倉の家の玄関に掛っていて、見るたびに土門さんが欲しがったが、鳥海さんはどうしても売るとは言わなかった。すると、とうとうしまいに、それでは貸してくれと言って持って行ったが、帰った後で見ると、座布団の下に五千円敷いてあった。
「いくらあたしたちが貧乏していても、あの絵を五千円では売りませんよ」
 と、美川さんは言い、
「だから、売るんだったら、うちへ返してこなければならないのよ」
 と言うのであった。
 鳥海さんのほうは笑って、
「そうは言っても、うちへ持ってきたんじゃ五千円だからなあ……、いくらだった?」
 と、私の顔を見た。
「十万円でした」
「どうだい、あの絵を俺に売らないか?」
 作者の鳥海さんにそう言われて、いやとは言いにくかったが、私は断った。
「そんな殺生な、ぼくはあの絵を買おうとして馘になりかかったんですよ、売るくらいならそんな無理はしませんよ」》

というような訳で「うづら」は以後ずっと洲之内の手許にとどめられた。結果、現在は宮城県美術館が所蔵している。

b0081843_1956299.jpg

美川きよ『夜のノートルダム』(中央公論社、一九七八年四月三〇日)をざっと読み返してみると、土門拳が二度ほど登場している(よく目を通せばもっと出ているかもしれませんが)。一度は、鳥海が美川の和服姿を二十号で二枚描いた翌日にやって来る。

《運悪く翌日、土門拳がひょっこり訪ねて来た。
「鳥海先生でも、やっぱり奥さんは奇麗に描くんだなあ」
「やーめた」
 鳥海はその二枚を乱暴に塗りつぶしてしまった。》

もう一度は、生活を作家である美川が支えていたので「髪結いの亭主」でいいのかと美川の方が心配になり、土門拳に売り展ではない個展を企画してくれるところを探して欲しいと頼むところ。土門は東京画郎で回顧展形式、求龍堂画廊で新作展を斡旋したという。

b0081843_19555576.jpg

麻布飯倉片町での鳥海と美川夫妻(『日本の名画・鳥海青児』講談社、一九七四年、下も同じ)。かつて島崎藤村が住んでいた隣の土地だった。鎌倉雪の下からここに移ったのは昭和二十七年。鳥海は「セザンヌが描きそうな所だな」と気に入ったという。当時はまだ各所に焼け野原の草茫茫の土地があった
ところが、いざ引越となって、運送トラック代の工面ができない。仕方なく八畳間一杯に積み上げてあった本を売った。

《古書、絵の本は手放したがらぬので、私の小説本を売り払った。トルストイ、バルザック、チェーホフ、ジイド、森鴎外、徳田秋声、恩師水上滝太郎の全集をも加えた。買える時が来たら、また買える。しばしの別れと、いさぎよく愛着を断ち切った。一万三千円に売れてトラック代は出た。》

全集にいちばん値段が付いた時代である。そのおかげか、この飯倉という新しい土地で鳥海は「畠」や「春の段々畠」などの力作を次々と生み出していった。
[PR]
by sumus_co | 2013-09-09 20:51 | 雲遅空想美術館
<< 会田綱雄と吉岡実 重訂詩韻含英 >>