林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
お気に入りブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン  
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ふくしまと文豪たち

b0081843_19463356.jpg

菅野俊之『ふくしまと文豪たち 鴎外、漱石、鏡花、賢治ほか』(歴春ふくしま文庫29、歴史春秋社、二〇一三年二月二〇日)を恵投いただいた。深謝です。新島八重で大いに盛り上がっているような、いないような、そんな福島をまた別の角度から見つめることができるのが本書である。

著者の菅野さんとは『sumus』時代からのお付き合い。『サンパン』ではともに同人として名を連ねた。福島県立図書館の司書を勤めておられたが、何年か前に職を退かれ、フリーライターとして活躍しておられる。『サンパン』の発行元EDIからは菅野さん編集による『水野仙子四篇』(二〇〇〇年)が刊行されている。これは以前にも書いたことがあるように小生も一枚かんでいるのだ。

EDIの松本八郎さんから、顧問だった保昌正夫先生が、EDI叢書に女性の作家を入れたいとおっしゃっている、誰か適当な女性作家はいませんか、という相談があった(といっても、松本さんはいろんな人に相談していたのであって、小生にわざわざ相談したのではないと思うが)。ちょうど、菅野さんから水野仙子について書かれたものを頂戴して間もない頃だったということもあり、また筑摩の現代日本文学全集で水野仙子の作品を読んで感心していたこともあり、水野仙子という名前を挙げた。それを松本さんが保昌先生に伝えたところ「水野仙子、いいですね!」ということで正式に菅野さんへ執筆の依頼が実現した。

EDI叢書は一時期活躍したものの忘れ去られた作家を取り上げるのがその基本方針だ。しかも作品を復刊するだけでなく、きちんとした年譜や論稿も用意する。無名の女性作家の名前を挙げるだけなら何人でも、とは言わないが、ある程度は数えるられるだろう。しかし、誰も研究者がいないのでは、年譜も何も付けようにも付けられない。水野仙子の場合はまさにタイミングがピッタリだった。作品がいい、忘れられている、そして広く公にされていない研究も揃っている。小生自身はまったく何も手をだしたわけではないけれど、ひとこと口を出した、それが今でもちょっと自慢したくなるくらい嬉しいのである。

《不二出版から『女子文壇』復刻版が刊行された。仙子の投書家時代の初期著作調査が、これで一気に進捗するであろう。その内容見本パンフレットにも驚いた。『女子文壇』から巣立った女性の代表として、幾多の著名作家の中から先ず水野仙子の名を挙げているのだ。誌面紹介も彼女の小品「奥様の琴」を転載、広津柳浪の激賞文も収録してある。それだけ、仙子の名が知られてきたということであろう。EDI叢書の拙稿『水野仙子四篇』の上梓も、多少は貢献しているのかもしれない。》(「美しき身をたましいを投ぐーー水野仙子と若杉鳥子」)

菅野さんも控えめながら『水野仙子四篇』の衝撃力を自負しておられる。実際、日本の古本屋で検索してみれば分るが、水野仙子の著作や寄稿雑誌は目の玉が飛び出るほど(ちょっとオーバーだが、そうとうに)高額である。

とまあ、本書には当然水野仙子にもかなりの紙幅が割かれており、かっこうの水野仙子入門になっているから、どうしても以上のことはもう一度確認しておきたかった。下の写真は「少女の頃の水野仙子」。明治二十一年十二月三日岩瀬郡須賀川(現須賀川市)生まれ。

b0081843_19462649.jpg

本書は二部構成。第一部は、福島と関係のあった文豪たち、森鴎外、夏目漱石、幸田露伴、泉鏡花、宮澤賢治(とくに賢治と福島の関係には深い絆があったもようで、賢治に興味のある人達にとっては目からウロコの事実がザックザック。よほどの研究者でも見逃しているようなことがどんどん出て来る)、釈迢空、江戸川乱歩らがいかにして福島と関わったのかという事実調べ。これが退屈かと思いきや、菅野さんの真面目なようでいてユーモアを含んだ文体でスイスイ読まされて、あの作家にあんなことやこんなことが……という新知見が自然と身に付いてしまう。

例えば大正元年《八月二日から一か月間、軍医総監の鴎外が福島市で朝昼晩と鮎の塩焼きをパクつきながら、芸妓との情痴に溺れていたという"事実"》だとか、漱石『明暗』の小林医師は相馬出身の佐藤恒祐がモデルで、漱石が痔の手術をしたときの診療所の様子がそのまま小説に使われているとか、宮澤賢治は白衣の天使が好きだったとか…

《写真で見る限りだがそれらの女性に共通するのは、ふっくらとした体つきであったことだ。賢治は豊満系の女性が好みだったみたい。TVタレントでいうと柳原可奈子とか森三中のような、というのはいくら何でも言い過ぎだけれども。それからこれがポイントなのだが、看護婦さんが大好きであった。》(「宮澤賢治と阿武隈川、信夫山の短歌」)

感心したのは釈迢空の

 葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり

に対する解釈。菅野さんは《高校時代にこの短歌を読み、瞬時にして言葉による表現のすごさに開眼した》そうだが、それ以来その理由を深く自らに問い続けてきたそうだ。

《なぜかこの歌に惹かれて止まないのは、迢空の鬱屈した情念が隠匿されているせいではないかということに気づいたのは、彼の処女作小説「口ぶえ」を数年前に読んだ時であった。この作品は旧制中学生群像を描いた現代風に言えば青春学園小説だが、恋文を交し合う少年たちの同性愛、つまり「薔薇族」の物語である。》(「葛の花踏みしだかれてー釈迢空断想」)

小説「口ぶえ」(何とも意味深長なタイトルである、口笛を吹くために口をとがらせた形から連想するものがあるようだ)の、山藤の花を踏みにじるラストシーンとの類似からこう断定している。

《この詩句にはエロスの香りが秘められているのだ。清澄な響きの翳に潜むサディスティックなものを生理的に直感していたことが、この短歌に私が蠱惑された謂ではないかと、今更にして思い当たる。》

試しにこの歌をググッてみると、毒にも薬にもならない解釈がなされているのを散見するが、歌の解釈というのは、こうでなければならない。

第二部は水野仙子、若杉鳥子(美形だったという)、斎藤利雄(プロレタリア画家であり作家であった)、そしてすでに本ブログでも紹介した「H氏賞事件と北川多紀」(吉岡実登場!)により構成され、いずれも興味尽きない内容である。福島の豊かな文学的土壌に思いを馳せるかっこうの一書。

歴春うぇぶ
http://www.knpgateway.co.jp/knp/rekishun/main/index.html
[PR]
by sumus_co | 2013-03-04 21:16 | おすすめ本棚
<< ぐろりあ?そさえて 島尾敏雄と写真 >>