林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


季刊本の手帖21〜30

b0081843_18402686.jpg


b0081843_18402083.jpg
前田愛「東ベルリンの「舞姫」」。ジャルパックで前田が東ドイツを一週間で駆け抜けた。森鴎外『舞姫』の舞台である東ベルリンの街並みを自分の眼で確かめるというのが目的の一つだった。まずウンテル・デン・リンデンの有名な並木通りへ。《冷やかな物憂さが立ちこめている、人通りもまばらなウンテル・デン・リンデンの大通りをブランデンブルク門へと近づくにしたがって、リンデンの若芽の香りがかすかに感じられてきた。その香りだけが、何か気恥しい想いをかりたてられるほどに、なやましい精気を発散させているのだ。》……とここを読んで先頃亡くなったディートリヒ・フッシャーディスカウの「菩提樹」を思い起こした。あの名唱はやはり忘れがたい。

次に鴎外が最初に下宿したマリエン通りを訪ねる。森鴎外旧居である旨の碑板がはめ込まれているが、その記述が間違っていることについて(検索すると現在では森鴎外記念館がブランデンブルグ門の近くの Hermann Matern 通りにあるそうだ)。つづいてアレキサンダー広場へ。《鴎外が下宿していたはずのクロステル街九十七番地は、テレビ塔の真下、下駄ばきアパートのあたりという見当がついた。『舞姫』の太田豊太郎がエリスと出会う古寺のモデルに擬されているマリエン教会は、完全に復原されてはいるものの、まわりの近代的な建築とは、何ともちぐはぐな景観をつくりだしている。赤裸に剥がれた中世がさらしものになっているといった風情であった。》

b0081843_1992349.jpg
《明治二十一年の厳冬を迎えた太田豊太郎が、四階のエリスの家から見おろしていた街路は、こうした凸凹の舗道であったにちがいない。「クロステル街のあたりは凸凹坎坷[とつおうかんか]の処は見ゆめれど」とある条りである。黄昏どきの影がたれこめているこの陰うつな路地に足を踏みいれたとき、私はごく自然に『舞姫』の世界へと通ずるタイムトンネルの入り口に立っているような想いにとらえられた。エリスと太田豊太郎の暮らしは、たぶんおたがいが身をすりよせずにはいられない、侘しさをただよわせていたのだとおもう。》

b0081843_18401233.jpg
富士正晴「書庫」。まずは司馬遼太郎が書庫を中心にして新居を建てたはずなのに書庫よりも住居の方面に力が入っていて使い勝手が悪いと不満をもらした話。そして『VIKING』の津本陽は和歌山で建て売り業をやっていたが、津本が《富士さん、土地を都合しなさい、そしたら、家はただでわたしが建てて上げますと、びっくりするような申し入れを本気でした》話。しかし富士は断る。《ぼろの家でもいいから、本の背中が読める位の広い家が買えたらその方がええんやとわたしはいったが、もし、そんな家が買えても、沢山の本を動かせて家移りすることを思うと、わたしは想像するだけでくたびれる。》、津本は空いている庭を利用すれば建たないこともないとさらに提案するのだが《うちの伸子(次女)が花を咲かしてよろこんでいるのでなあ》という理由をつけてウンと言わない。津本はあきれて帰ってしまった。

《桑原武夫の家にも新しい書斎がある。もっとも、書斎のベッドの上まで、本が乱れ積みされているはいるが。ベッドの上の乱れ積みの方がまだしもで、わが家はもう十年もしたら、本の中に小さくなって飯を食い、眠りということになるかも知れぬという気がしているが、十年も生きてたまるかという気がしていないでもない。》

この二十二号には井上究一郎「エトナを見る」というややセンチメンタルなエッセイも収められている。

b0081843_1840690.jpg
寺崎浩「小田嶽夫のこと」。《私たちは世界大戦の時、徴用されて大阪城へ集合を命じられた。私は井伏鱒二、小田君らと大阪へ行った。私は井伏、海音寺らと共にマレー派遣組であり、小田君は高見順らと一緒のビルマ派遣組であった。この二組は兵舎も同じであったし、乗せられた船も同じアフリカ丸であった。
 そしてサイゴンで小田君たちと別れた。
 一年経って、私たちは東京へ帰るためシンガポールへ集結させられた。ジャワへ行った組、ビルマ、マレー組、ヒリピン組が一つに集められた。その中でビルマ組が一番貧弱な防暑服姿であった。私はすぐ小田君を迎えて呑んだ。小田君たちは物資が手に入らなくて困った、と語った。ジャワ組が一番立派な身なりだった。》

b0081843_1840090.jpg
竹之内静雄「杜詩一句山水一幅 三好達治の死」。君山狩野直喜の揮毫した「九日藍田崔氏荘」の杜詩の解釈をめぐって三好達治の詩人的なこだわりを描く。《「一人だけ好きな詩人をあげよと、言われれば、日本では萩原朔太郎。/中国では、蘇東坡」》という言葉は竹之内に強い印象を与えた。

b0081843_18395432.jpg


b0081843_18394623.jpg


b0081843_1839396.jpg


b0081843_1839328.jpg


b0081843_18392173.jpg

[PR]
by sumus_co | 2012-05-25 20:09 | 古書日録
<< 本の手帖31〜40 「紙と束見本」大阪展 >>