北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...
お気に入りブログ
最新のコメント
樽屋様 それは存じません..
by sumus2013 at 10:49
ときに気紛れから自分で自..
by 樽屋 at 22:38
もしお役に立つようでした..
by sumus_co at 11:34
現 丸亀市柞原町の福崎久..
by FUKU at 22:53
そうです。大きなフライパ..
by sumus2013 at 16:55
コックさんになったのはM..
by akaru at 13:50
左欄外の「お問い合わせは..
by sumus2013 at 14:42
御免なさい、私の書き方が..
by ひであき at 03:16
そうですか! 御教示あり..
by sumus_co at 21:04
本物かも知れません。可堂..
by ひであき at 05:03
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書ランキング
アート・デザインランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite


田端抄


矢部登『田端抄』(書肆なたや、二〇一二年一月)を頂戴した。四六の本文二十頁という小冊子ながら、引き締まった文体によって著者の郷土である田端界隈への愛情が語られる。好著。矢部さんの私家版はこれまでも以下のようなものを紹介してきたので参照されたい。

『眩暈と夢幻 結城信一頌』
http://sumus.exblog.jp/15842494/
http://sumus.exblog.jp/10695114/

矢部登『空無頌 津軽輕一間舎本書目』
http://sumus.exblog.jp/13277677/

宵曲柴田泰助を軸にして芥川龍之介、香取秀真、大槻文彦、正岡子規、久保田万太郎などが次々引用された文章は田端、根岸、滝野川を舞台としたボン・ヴュ・タン(古き良き時代)の文学散歩を彷彿とさせる。矢部さんの個人的な記憶も鮮やかに挿入されている。例えば次のようなくだり。

《大槻文彦のことを書いた高田宏『言葉の海へ』が出たときであったから、三十三年前になる。父が新聞広告を示して、「この本を購ってきてくれないか。植木屋をしていた爺さんは、金杉の大槻文彦の邸の庭樹の手入れをしていた。」というのであった。その本は、いま、書棚にあってなつかしい。》

喫茶店文献もあったので転記しておこう。

《田端駅のホームを見下ろす崖上に出ると、前方が大きく開ける。いまは表口の崖のかどを切り崩してビルが建つが、以前その崖上には喫茶店アンリイがあった。店内からの展望がとてもよかった。
 徳田一穂『秋聲と東京回顧』にこの喫茶店が出てくる。
 大正十四年、徳田一穂は父秋聲につれられて芥川龍之介の家を訪問した。
 そののち、五十余年の星霜をへて尋ねた田端に昔日のおもかげはなく、芥川の家の跡は荒れ果てた空地になっていた。徳田一穂はそのとき、アンリイに立ちよって、父秋聲への思いをめぐらす。》

田端をよく知らないので、田端と聞くと長谷川利行の「田端変電所」を連想してしまうが、その絵を描いた当時(大正十一、二年頃)、利行は日暮里あたりに住んでいたようだ。関東大震災で一時郷里の京都に戻った後、大正十五年に再び上京したときにも京成電車の道灌山駅近くに下宿した。《日暮里と田端の中間の三角州のどぶ川にとりまかれた、日蓮宗中山派の寺の物置小屋に棲んでいた。》(熊谷登久平『長谷川利行』)という。

ところで、最近の東京ではこんな都内おける地方美術とでも呼ぶべき展覧会が続いている(いた)。

「渋谷ユートピア 1900 - 1945」渋谷区立松濤美術館 
深沢索一「代々木風景」一九二五


「池袋モンパルナス展」板橋区立美術館 
一九四四年一月六日撮影、左より井上長三郎、松本竣介、麻生三郎、薗田猛、真鍋(金子)英雄


「都市から校外へー1930年代の東京」世田谷文学館 
桑原甲子雄「渋谷駅前」一九三九年


田端についてはかつてこういう記事も引用していた。参考まで。

石井柏亭「道灌山」
http://sumus.exblog.jp/7501804/

■  [PR]
by sumus_co | 2012-01-17 21:40 | おすすめ本棚 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumus.exblog.jp/tb/17634048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 郷土趣味 第二号 2階の古書市 >>