投稿キャンペーン

林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...
お気に入りブログ
最新のコメント
樽屋様 それは存じません..
by sumus2013 at 10:49
ときに気紛れから自分で自..
by 樽屋 at 22:38
もしお役に立つようでした..
by sumus_co at 11:34
現 丸亀市柞原町の福崎久..
by FUKU at 22:53
そうです。大きなフライパ..
by sumus2013 at 16:55
コックさんになったのはM..
by akaru at 13:50
左欄外の「お問い合わせは..
by sumus2013 at 14:42
御免なさい、私の書き方が..
by ひであき at 03:16
そうですか! 御教示あり..
by sumus_co at 21:04
本物かも知れません。可堂..
by ひであき at 05:03
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
本・読書ランキング
アート・デザインランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite


珈琲共和国

先日の『小さな蕾』四十八号(一九七二年六月一日)「薩摩磨崖仏」特集号を見ていると山内豊之が「珈琲屋の戯言」というエッセイを書いていた。喫茶店「ぽえむ」チェーンの創始者である。

《私が珈琲専門店を始めて五年になる。
 当初、家内と二人で何とか喰べていければいいと思って始めた商売であったが、今日では店数も五軒に増え、従業員も二十名を超えるようになった。》

と書き始め《最近珈琲店をやりたいからと相談に来られる方が大変多い》ために時間と労力を取られて困ると嘆く。さらに店の設計をデザイナーに頼んでマスタープランを出してもらって図面書きを断ったらデザイナーが怒り出したという話になる。この二つの話をアイデアよりも物質を重視する日本人の悪癖としてとらえ、こういう結論を導く。

《他人の知的な財産を充分尊重する気持を持つようになったら、私達一人一人の富、財産や幸福などというものに新しい価値観が生れて、より豊かな、より平和な社会が形成されるのではないかと思うのであるが、その考え方は間違いだろうか。》

《もし、そのような認識が進んだとしたら、少なくとも私は、招かざる客から解放され、仕事は快調に進み、女房も機嫌よく、そして、もっと余裕をもって少しはマシな文章も書けただろうと思うのである。》

山内と言えば『珈琲共和国』という機関誌を田村治芳さんから買っていたことを思い出した。ブログにも書いた(2007-08-24)。

『珈琲共和国』
http://sumus.exblog.jp/7343608


十八、二十二、二十三、二十四号の四冊(月刊、一九七三年六月〜十二月。逆算すれば創刊は一九七二年一月ということになる)。第二十四号巻頭の山内による「コーヒー党宣言」では六千部発行(実売二千)としている。寺下辰夫、伊藤博といった珈琲通の連載もあって熱っぽい雰囲気がムンムン。記事によれば「ぽえむ」のフランチャイズは一九七三年一一月中に二十一店になったというから『小さな蕾』の五軒から考えると二年足らずの間に十六軒増えた計算になる。それは鼻息も荒くなろうというもの。


考えるに、二年前の山内は《最近珈琲店をやりたいからと相談に来》る訪問者に仕事を邪魔されて閉口していた。ところが、ある日、これは商売になるとヒラメいて、その発想を転換した。珈琲店で儲けるのではなくフランチャイズ展開で儲けるという方向へ。アイデアを物質に変えたのである。その勢いをかって本も書いた。著書は以下の通り(NDL-OPAC)。

1. 実録珈琲店経営 / 山内豊之. -- 明日香出版社, 1974
2. 珈琲でまともに儲けろ / 山内豊之. -- 東京経済, 1976
3. コーヒー店戦争 / 山内豊之. -- 東京経済, 1977.3. -- (ビジネス戦争シリーズ)
4. 実録新珈琲店経営 / 山内豊之. -- 明日香出版社, 1983.10. -- (アbusiness)
5. 喫茶店は楽しさ商売 / 山内豊之. -- マイブックチェーン21, 1985.10

『実録珈琲店経営』は昔『喫茶店の時代』を書いているときに読んだ記憶がある。大阪の「食の図書館」で借りた。今、検索してみると、案外入手しにくい本になっているようだ。


■  [PR]
by sumus_co | 2011-08-26 21:26 | 喫茶店の時代 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumus.exblog.jp/tb/16179847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 海山に行かで市井に夏や了 石塚友二 長戸寛美 >>