林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ナジャとお雪

b0081843_20442361.jpg

今日は荷風忌。昭和三十四年四月三十日朝、市川市八幡町の自宅で死んでいるのが見つかった。胃潰瘍の吐血による心臓麻痺と診断されたという。七十九歳に余ることおよそ五月。

このところアンドレ・ブルトンの『ナジャ』をガリマールのフォリオ(一九八四年版)で読んでいたのだが、ようやくに読み終わった。和訳はたしか二十年以上前に途中までトライして、その後、古本屋に売り払ってしまったので、内容はほとんど何も記憶していなかった。ブルトン一流の分かり難い文章(主語がとらえがたく、まるで日本語の古文を読むよう)、とはいってもエッセイなので、なんとか読み終えられた。墓参りまでしておいておかしな話だが、ブルトンは著述家というよりもコネスール(目利き)として存在感のある人物と思っているので読破の必要性を感じなかったのだ。読んでみてあらためて気づいた、これはまるで墨東綺譚じゃないか!。

もちろん荷風が墨東綺譚を擱筆したのは昭和十一年で、ナジャよりも八、九年も後のことになる。しかし似ているのだ。まず何より、二人は街をよく歩いている。歩きながら観察している。ちょっと前に流行ったフラヌール(flâneur、散歩好き、のらくら者)という言葉がぴったりの人種である。

On peut, en attendant, être sûr de me rencontrer dans Paris, de ne pas passer plus de trois jours sans me voir aller et venir, vers la fin de l'après-midi, boulevard Bonne-Nouvelle entre l'imprimerie du Matin et le boulevard de Strasbourg.

ボン・ヌーヴェル大通り、「マタン」の印刷所とストラスブール大通りの間で三日以上私(ブルトン)に出会わないということはないだろうというような意味。「マタン」は新聞紙。ポワッソニエール大通りにあった。一九一〇から二〇年頃には百万部を越える勢力を誇っていたが、ちょうどこの時期、一九二〇年代の後半には部数が激減していた。一九四四年に廃刊になっている。いずれもパリ市内東北部(十区)東駅からサンドニ界隈ということになる。そのあたりを毎日のように目的もなくぶらついていた。芝居や映画を観たり、蚤の市をひやかしたり、廃墟をぶらぶらしたり。

一九二六年十月四日の夕方、ブルトンはユマニテ書店でトロツキーの著書を買った後、ラファイエット通りをたどってオペラ通りへ向っていた。ちょうど仕事の引け時でサラリーマンたちが帰り支度に忙しかった。とても革命なんぞは起りそうもないようすだ。ある交差点で、こちらへ向ってやってくるみすぼらしい身なりの若い女と目が合う。その目に惹き付けられて、声をかける……とこれがナジャとの出会いだった。ナジャはロシア語ナジェージダ (надежда 希望、期待)を縮めた呼び名である。そしてこの不思議な女性との不思議なつき合いが始まる。

荷風がお雪と出会ったのは六月末の夕方。その日、荷風は小説の舞台にしようと浅草から玉の井へ街を観察に出かける。すると

《あたりが俄に物気立つかと見る間もなく、吹落ちる疾風に葭簀や何かの倒れる音がして、紙屑と塵芥とが物の怪のやうに道の上を走つて行く。やがて稲妻が鋭く閃き、ゆるやかな雷の響につれて、ポツリポツリと大きな雨の粒が落ちて来た。あれほど好く晴れてゐた夕方の天気は、いつの間にか変つてしまつたのである。》

だが、荷風はあわてずにいつも持ち歩いている傘を拡げる。

《いきなり後方から、「檀那、そこまで入れてつてよ。」といひさま、傘の下に真白な首を突込んだ女がある。油の匂で結つたばかりと知られる大きな潰島田には長目に切つた銀糸をかけてゐる。わたくしは今方通りがゝりに硝子戸を開け放した女髪結の店のあつた事を思出した。》

というような馴れそめで、女の仕事場に毎日のように出入りする仲となるのである。
[PR]
by sumus_co | 2011-04-30 20:52 | 古書日録
<< ナジャとお雪2 カンディンスキーと青騎士 >>