林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 09月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


いまなぜ青山二郎なのか

b0081843_11541299.jpg


b0081843_1212560.jpg


b0081843_1214427.jpg


白洲正子『いまなぜ青山二郎なのか』(新潮社、一九九二年六刷、初版は一九九一年)。これも面白い一冊だ。まず、この本ができた経緯について書かれているが、それは昔の編集者の執念を感じさせるエピソードである。

『新潮』の編集者・小島喜久江が訪ねて来て青山二郎のことを書けという。他の出版社にも頼まれているからと断る。一年後、小島はまたやってくる。その次の年も次の年にも同じ頃にやってくる。青山二郎のアの字もいわない。そういうことが五六年つづき、小島は停年になりましたと挨拶にくる。「つきましては」やり残した仕事をしとげたいという。さらに一年が経って、医者に通っているのでうかがえないが、原稿をお願いしますという手紙が届く。白洲は返事を書く代わりに原稿用紙を拡げる。

つづいて青山二郎再評価のきっかけをつくったえびな書店の古書目録や『青山二郎文集』(小沢書店)に触れて蝦名氏の文章「装幀家としての青山二郎」に疑問を呈する。

《蝦名さんは同じ文章の終りに、昭和二十七年に壷中居で青山さんは装幀展を開き、三好達治が讃辞を贈った、それを機に「装幀家の看板を静かに下したと見るべきであろう」といっているが、ジィちゃんは装幀家の看板なんか上げたことも下したこともない》

そして洲之内徹の『セザンヌの塗り残し』における青山二郎像に筆は移る。

《「絵から何かを感じとることと、絵が見えるということとは違う。」絵を見るのには修練が要る。では、眼を鍛えるにはどうすればいいか。「私の場合、それは眼を頭から切り離すことだと思う。批評家に借りた眼鏡を捨てて……自分の裸の眼を使うこと。考えずに見ることに徹すること」ーーこれは青山さんの持論でもあった。》

まあ、絵がうんぬんではなく、突き詰めれば結局は自分をみつめるということに尽きると思うのだが、何とでも言わせておこう。

《洲之内さんは、青山二郎を知らなかった。が、昔からある信仰のようなあこがれは感じており、装幀した本もいくつか持っていた。
「だからといって、青山二郎を装幀家と思っていたわけではない。装幀もやる誰かという感じ。」》

《洲之内さんは、青山二郎をどこかに片づけたくはなかったのだ。塗り残しのままでおいときたかった。それはまた洲之内さん自身の塗り残しでもあったのだ。》

白洲はこんなふうに洲之内をもちあげているが、洲之内の青春時代における青山二郎は装幀家などでは決してなかったはずで、装幀家などとは思いもよらなかったろう。洲之内は絵でも人でもすべてその地点から照射する、帰らざる風景のなかから。洲之内の「裸の眼」には生涯その風景が写っていたに違いない。批評家の眼鏡など借りられるわけがないのだ。

巻末に「青山二郎の日記」が引用されている。昭和八〜九年頃。ケッサクである。例えば

《中原と酒をのむより中原と会つて酒になつた後で酒をのみたい》

むろん中原中也のこと。中也と飲んでは酔えなかった。青山は読書家だから、なんとなく芥川龍之介のアフォリズムを連想させるようなところもあるが、青山の心根がどこまでも真っ直ぐだったということはよく分かる。

《昔の人のやうに自分のタコでものを感じ取らねばならぬ。
「頭が悪い」
宜しい。とんびのやうに僕は飛ぶだけだ。》

÷÷÷

将棋の加藤一二三元名人が猫に餌やり裁判で負けた。加藤氏は若くして名人挑戦者となり天才の名をほしいままにしたが、大山名人全盛時代に当って念願が果たせず、ようやく名人の位についたのはずっと後年であった。

東京に住んでいた頃(ということは一九七〇年代の終り頃)一度だけ中央線の電車の中で加藤九段(当時)を間近で見かけた。つり革を持って立っておられたが、瞑目してなかにぶつぶつつぶやいていたようにも記憶する。クリスチャンとしても知られていたのでひょっとして詩篇でも暗誦していたのかな。とりあえず強く印象に残っている。
[PR]
by sumus_co | 2010-05-15 12:02 | 青山二郎の本
<< COFFEE SHOP 桃太郎 >>