林蘊蓄斎の文画な日々
by sumus_co
カテゴリ
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
京のお茶漬け
東京アレコレ日記
佐野繁次郎資料
宇崎純一資料
渡邊一夫の本
青山二郎の本
spin news
読む人
パリ古本日記
写真日乗
あちこち古本ツアー
装幀=林哲夫
著述関連
画家・林哲夫
雲遅空想美術館
淀野隆三関連
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
貧乏こっとう
ほんのシネマ
以前の記事
2017年 03月
2016年 11月
2016年 01月
2014年 02月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
more...
フォロー中のブログ
フランス落書き帳
フランス美食村
退屈男と本と街
ニューヨークの遊び方
gyuのバルセロナ便り ...
奥成達資料室blog版
空ヲ洗フ日々 十谷あとり
浅生ハルミンの『私は猫ス...
古書渉猟日誌
bookbar5
わたしつくるひと
猫額洞の日々
トスカーナ オリーブの丘...
フォロニアム
昨日の続き
モンガの西荻日記
往来座地下
天音堂★山口ヒロミ工房_...
NabeQuest(na...
フランス古道具 ウブダシ
Mの日記@古本T「たまに...
日常と夢の記憶
Gallery Shim...
and so on...
亡兎観現世
石のコトバ
ボローニャに暮らす
糸巻きパレットガーデン
Kumatetsu Ga...
Muntkidy
Lenzgesind
奈良 智林堂書店  
うらたじゅんの道草日記
高遠弘美の休み時間・再開...
ネジ式
さし絵のサイン
机の上で旅をしよう(マッ...
森のことば、ことばの森
新潟絵屋Blog
オックスフォード便り
白 の 余 白
Madame100gの不...
ツレヅレナルママニ(みど...
関西の出版社
めぐり逢うことばたち
古本万歩計
りはびりカメラ
ムッシュKの日々の便り
Books & Things
ちらしDMコレクション
ネコと文学と猫ブンガク
daily-sumus2
最新のコメント
今はネット古書行脚でしょ..
by sumus2013 at 20:41
学生時代は、カンダの古本..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 07:34
御教示に深謝です。蓜島氏..
by sumus_co at 08:37
「『正誤正刪『日本近代文..
by MY at 11:05
了解いたしました。
by sumus_co at 08:30
神谷様 御教示に深謝いた..
by sumus2013 at 20:06
神谷道一と神谷由道は親子..
by 神谷 at 15:59
kikiさま コンドルで..
by sumus_co at 15:53
ジャン・コクトーだなぁ。..
by 根保孝栄・石塚邦男 at 06:59
先日来、調べごとをし..
by kaguragawa at 22:13
メモ帳
お問い合わせはこちらまで

本を散歩する雑誌 [スムース]
洲之内徹略年譜
『書肆アクセスの本』
ほんまに日記
恵文社一乗寺店
Calo Bookshop & Cafe
貸本喫茶ちょうちょぼっこ
BOOKONN
奥付検印紙日録
とらんぷ堂
書肆砂の書
みずのわ編集室
みずのわ放送局
エエジャナイカ
蟲文庫
古書日月堂
海月書林
田中栞日記
古書の森日記
日用帳
なえ日記
lady pippon
古書現世店番日記
海ねこ的日々の暮し
m.r.factory
ナンダロウアヤシゲな日々
内澤旬子・空礫絵日記
四谷書房日録
森茉莉街道をゆく
ねこそぎ記念
本の街日記
リコシェ
旅猫雑貨店
津田明人
北方人日記
柳居子徒然
駅前糸脈
日々のあわ.。o○
晩鮭亭日常
空想書店書肆紅屋
bibliomaine mod
autographes et …
BiblioMab
Le blog de Yv
Le Monde
Gibert Joseph
bnf
BRITISH LIBRARY
Galaxidion
Library of Congress
Strand Bookstore
The Book Design Review
penguin blog
Mark Simonson Studio
modernmechanix
くうざん本を見る
神保町系オタオタ日記
ma-tango
jun-jun1965
書物蔵
スローラーナー
本はねころんで
漁書日誌
城戸朱理
町家古本はんのき
古書ダンデライオン
Kanecoの日記
吉岡実の詩の世界
qfwfqの水に流して
古本屋ツアー
清水哲男
Automat svět
細馬宏通
中野晴行
古通・編集長日誌
昭和初期抒情詩と江戸時代漢詩のための掲示板
喫茶・輪 
古本ときどき音楽
本と暮らす
ウロボロスの回転
表現急行
tundowの日記
盛林堂日記
フクヘン
ですぺら
花森安治の装釘世界
文壇高円寺
ぶろぐ・とふん
medievalbooks
マン・レイと余白で
okatakeの日記
古本ソムリエの日記
最新のトラックバック
京都印刷発祥之地 記念碑建立
from 印刷見聞録|からふね屋|京都
本を散歩する雑誌 [スム..
from 相互に旅をする人
土曜日のブックオフ
from 古本万歩計
[書評][詩歌に寄せるエ..
from 読書百篇
第33回西荻ブックマーク
from 西荻ブックマーク
北野武似の少年は夏休み、..
from 月の風ノート
【ライト兄弟】についてブ..
from 最新キーワードチェック!
『田辺茂一と新宿文化の担..
from じんぶんや「紀伊國屋書店と新宿」
美の名言
from 美の名言
横尾忠則の小説
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


採訪記その他

b0081843_19273536.jpg


立ててある左から時里二郎『採訪記』(湯川書房、一九八八年七月三十日、装幀=加川邦章)の函、本体、黄色いのが時里二郎『胚種譚』(湯川書房、一九八三年七月二十日、装幀=加川邦章、装画=北川健次)、その下になっている白い本が時里二郎『翅の伝記』(書肆山田、二〇〇四年四月三〇日二刷、装画=勝本みつる)。時里さん三昧。「森のことば、ことばの森」は昆虫三昧。詩にも昆虫世界がロマネスクな言葉で描かれている。

『採訪記』の細い帯は書肆ユリイカがよくやっていたもの。伊達は斜めに掛けたりもしている。湯川さんもこの細い帯が好きだった。『胚種譚』も湯川さん得意の折りジャケット。並装本にちょうど古本者がグラシン紙をかけるような折り方でマーメイド紙のジャケットを被せてある。『翅の伝記』の勝本みつる氏は『江戸川乱歩全集』(光文社文庫、二〇〇三〜六年、装幀=間村俊一)の表紙オブジェが印象的だった。

時里氏の詩については安易に引用できない。散文詩ということもあるが、簡単に切り取れない彫琢を感じさせるものがあるからだ。上記ブログの文体でそれはある程度うかがえるものと思うが、ご興味のある方は是非手にとっていただきたい。湯川版もまだ作者の手元に残部ありとのこと。

÷

b0081843_19495680.jpg


これも文庫堂での一冊、『国民之友』百拾九号(民友社、一八九一年五月二三日)。表紙が先日話題にした木口木版である。原画は原田直次郎(サインあり)で彫は「生巧館」。

b0081843_20112255.jpg


「時事」欄にロシアのニコライ皇太子の受難(大津事件)についての記事があった。明治二十四年五月十一日、日本来遊中のニコライが大津で警護の巡査津田三蔵にサーベルで斬りつけられた。『国民之友』百拾九号の発行日の十二日前のことだ。

《露国皇太子の創痍は、二ケ所なり、然れども共に頭髪の中に在りて、面部に顕はれず、故に癒合の後は、只た頭髪中に、二条の針痕を宿むるに過ざるべし、怨は刀痕に従て深かし、吾人は其刀痕の浅くして只カスリ創なりしを祝す、》

とはいえ黒岩比佐子「大津事件とロシア軍艦での午餐会ーーニコライ皇太子」(『歴史のかげにグルメあり』文春新書、二〇〇八年)によれば、傷は骨に達するほどだった。「時事」は続ける。

《驚報禁裏に達するや、我皇帝陛下は直に西に幸し玉へり、国民の各階級は皆総代を出して病を慰めたり、〔以下抹殺〕凡ての国民はその赤心を以つて露皇太子の負傷を痛恨せり、皇太子帰るに臨み、左の電報を我皇帝陛下に呈せり、
 当国に於て 陛下及臣民より受けたる懇篤なる待遇に付き更に真実感謝の意思を述へさる可らす余は 陛下及 皇后陛下か過日来表示せられたる厚情は決して忘却せさるべし〔以下抹殺〕》

我皇帝陛下は直に西に幸して(五月十二日京都入り)、ウラジオストックへ戻るという皇太子を神戸港まで見送った(十三日)。その後、神戸港にいたアゾヴァ号へニコライに招かれた明治天皇は艦上で異例の午餐会に参加した。それは十九日のことである。

この「時事」には十五日に露国皇帝(アレクサンドル三世)から電報が届いたとあって電文が引用されている。予定ではニコライは京都から東京へ向うはずだった。

《朕は一狂人の所為に依り日露の交誼を害すべからざるを信ず 皇太子平癒の上は速に東京に上るべき旨を皇太子に訓令したり》

黒岩女史の書では《本国の指令で、十三日に京都を出発し、神戸港に停泊中のアゾヴァ号に帰艦することになった》としてある。女史はニコライの日記を駆使しているので、そちらが正確だろうとは思うが、真相はどうであろう。

さらに「時事」によれば皇太子は十七日に天皇に向って《予は五月十九日乃ち火曜日露国に向て直に出発することに決定せり》と電報を打ったという。黒岩女史によれば、十八日に天皇は神戸の御用邸で午餐を差し上げたいと申し出た。おそらく電報を見て慌てたのだろう。しかしニコライ側近がそれを許さず、対してニコライ本人が艦上でお昼をいっしょにどうですかと提案したようだ。これまた天皇側近などからの猛反対があったが(拉致される危険がある)、天皇はそんなバカなと一蹴し敢えてニコライとの午餐に臨んだということである。

何とかこれで丸く収まったわけだが、その十三年後には日露戦争が起こり、その敗北によってニコライ二世(一八九四年即位)は窮地に立つ。窮地どころが革命後は処刑されてしまい、正式名誉回復が行なわれたのは昨年二〇〇八年一〇月一日だというから、まあ皇帝なんてなるもんじゃない。事件に対処するニコライの穏やかな行動からして皇帝には向かない性質だっただろうということは容易に想像できる。
[PR]
by sumus_co | 2009-07-31 21:29 | 古書日録
<< フランス装考 カンラ第4号 >>